医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

不倫の意味すら分かっていないらしい頭の弱い今井絵理子。不倫とは一線を越えることではない。不道徳な倫理のことを不倫という。

稲田朋美がやっと辞任(本来であればクビにすべき)したと思ったら、あろうことか民進の蓮舫まで、まるで自民と打ち合わせしたかのように辞任。

森友、加計問題、自衛隊の日報問題でやっと盛り上がり、次の閉会中審査では野党がもっと安倍を追いつめてくれるかも、安倍を辞任まで追い込むかも、と期待したところだったのにもかかわらず、蓮舫の辞任劇で閉会中審査や臨時国会の召集もすべておじゃんになったというではないか。

この秋には憲法改悪に突き進むと公言した安倍(戦争)晋三をそれまでに辞任させ、解散総選挙まで追い込むことだってできたというのに、本当、民進にはただただ怒りを覚える。

というか、民進の最大の癌は野田佳彦。
こいつが鳩山由紀夫氏を引きずり降ろして総理になった時に、民主の公約だった仕分けた(廃止すると公約していた八ッ場ダムなど)無駄な公共事業を復活させ、消費増税もしないと公約していたにもかかわらず10%に上げることを決め、原発再稼働廃止も延期させた。
自民党の公約をそのまま通した極右の犯人なのだ。
その野田を幹事長にした蓮舫も蓮舫だが、今回もしらっと自民党を手助け。
本当、いい加減にして欲しい。
これだから民進は国民から支持されないというのにまったく、またやりやがったという感じで開いた口も塞がらない。
もう国民は誰も民進など信用していないんだし、右翼民進は自民と政策が同じなんだから次の選挙では潔く全員自民から出馬したらどうなんだ??(維新の会もだが。あっ、小池ファーストもだが)
まぁ、今のままいけば、現自民党議員らも次があるかどうかは分からないが、、、というか、、、確実に減らすでしょう。

そして、ここにきてまた自民党議員の不祥事、ゲス不倫が発覚。
本当に自民党は話題(悪い方、良い話は皆無)が尽きないという感じだが、今度は元スピードの今井絵理子だそうだ。
そもそも芸能人は皆、高級売春婦らしいので(以前BAZOOKA、暴露ナイトでやっていましたね)お股は緩いのだろうとは思っていたが、議員に当選してわすぐやらかすとは驚きだ。

ちなみに、、、私も昔スカウトされたことがあるが、最初は14歳の時だった。
どこの事務所か忘れたが(多分、有名な事務所だったと思う)、そのスカウトマンは家まで来て私の親を説得したのだが、親は絶対に反対。
私の芸能界入りを絶対に許さなかった。
その後も数回そういうことがあったが、家は親が芸能界を毛嫌いしているということと、それを見て私の芸能界への興味も無くなったということで、怪しい世界に入らずに済んだのだが、芸能人の覚せい剤事件やこういうことを見ていると、家の親の判断は正しかったと改めて思う。
それからネットでも「今井は頭がユルいとは思っていたが、お股もユルいのか」と言われているようですね。
そういえば、自民党と芸能界の先輩でもある三原じゅん子も元愛人で、議員になってから元愛人に「お金返せ」訴訟を起こされていましたっけ。
自民の女性議員はお股がユルい人ほど出世するようだから、ひょっとして今井も出世するかもですね。

その今井絵理子お相手となっているのは、これまた自民党の地方議員で橋本健という人物らしい。
ワイドショーなどではこの人のことをエリートなどと紹介していたが、歯科医師でエリート??、、、、歯科医師のどの辺がエリートなのかちょっと意味が分かりませんね。
そもそも歯科医師というのは、医師になりたくても頭が足りなくて仕方なく歯学部を選んだ人ばかり。
なので、歯科医師になった時点でもう既に落ちこぼれていると思うのですが、、、、給料も勿論医師から比べると歯科医師は激安です(就業場所にもよると思うが給料は30万もないらしい。が、歯科医院を経営している人であればいくらでも患者からぼったくれる)。

ちなみに、世の中色んな資格はあるが、苦労しないと取得できない資格ほど給料が高く、ちょっと頑張れば取れる程度の資格ほど給料が安いということになっている。
で、橋本健氏のどの辺が一体エリートなんでしょうか、、、、私にはさっぱり分りませんね~。

話は戻り、そしてこの橋本氏、「4年ほど前から夫婦生活は破綻していた。」と記者会見では言っていたが、2歳の子供がいるとのこと。
ということは、この人、愛のない夫婦生活(夜の)を送っていたということか??
そりゃ~「違うだろ、違うだろ~」と誰もが思うはず(ここで豊田がこれを言えば最高なんだが)。
まぁ、自民党議員らは皆、安倍に習って息を吐くように嘘をつくのでこの不倫議員2人のことも誰も信じないでしょうね。

というか、、、普通、不倫(不道徳な倫理を短縮して不倫という)するような不道徳な人間であれば、日本以外ではとっくに議員辞職に追い込まれているところ。
まぁ、この2人、恐らく次の選挙には確実に消える思うが、
自民は、パソコンをドリルで破壊し、証拠隠滅をする議員(小渕優子)がいたり、SM大臣がいたり、ワイロ議員がいたり(甘利)、重婚議員がいたりパンツ議員がいたり、覚せい剤議員がいたり(北海道で逮捕されている)と、本当犯罪者(もしくは倫理観のないお金目当て)議員ばかりだな。
  1. 2017/07/29(土) 20:37:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三と閣僚と官僚ら、閉会中審査で嘘を丁寧に説明。 自民、官僚らによる集団的隠蔽権の共謀

まず、加計学園の一件で問題になった点をおさらいすると

2015年4月2日3時~4時 
今治市職員が首相官邸を訪問
目的は「獣医師養成系大学の設置に関する協議だった」ということが、今治市から開示された文書で発覚。

2016年8月3日
内閣府から今治市職員に対し、メールが送付される。
内容
「各者でスケジュールの共有を図り、当事務局からも、そのスケジュールに合わせ、進捗を確認できる体制をつくるべく(中略)
今治市のスケジュール表を作成願います。」

翌日8月4日
今治市が作成したスケジュール表には「H30.4月開学予定」「(2016年12月に私有地の)無償譲渡案」と書き込まれる。

2016年10月31日
獣医学部新設の認可が下りていないにもかかわらず、理事長である加計孝太郎は獣医学部予定地のボーリング調査の申請書を今治市に提出。

同日、早急に今治市はボーリング調査を承諾。
土地調査開始。
加計の特区の事業者が決定される。
ということは京産大の脱落前に、加計の開学スケジュールが決定したということになる。

大学設置許可申請書の締切日である2017年3月31日
加計学園は、まだ認可が下りていないにもかかわらず今治市(愛媛とともに補助金は支給される)に建設費の補助金96億円を申請。(その他獣医学部用地16.8ヘクタール36億7400万円を無償で譲渡されている)
今治市の市長である菅良二は、これまた申請日と同じ日に交付を決定。
しかしその建設費の見積もり内容は、文科省基準の約6倍の金額だった。
今治市はこの水増し請求金額(補助金詐欺)について、何の調査もせずに交付を決定した。(安倍内閣と今治市長の共謀)

この加計による水増し請求について文春記事で明らかになった内容によると、多くの学校(保育を含め)を抱える加計学園はl岡山理科大学以外すべて赤字だった。
しかも、今まで加計に支払われてきた補助金はなんと500億円(国からの補助金も含め)にも上り、それらの補助金によって、今まで加計はなんとか倒産を免れてきたという。(よって、今回の建設費水増し請求も、赤字の補填が目的ではないかと疑われている)
2015年度の収支だけで、加計の千葉科学大学は約4億4千万円、倉敷芸術科学大学は約6億5千万円の赤字。(文春調べによる数字)

加計、まだ認可が下りていないにもかかわらず工事を4月に着工。

おさらいはここまで。

これで獣医学部新設は加計ありきじゃなかったと??

これまで何の調査もせずに、行政を歪めてまで強引に進められてきた加計の獣医学部新設。
が、今年になってから、地方の運動家の人や野党議員たちの調査によって、いろんな事が明るみになってきた。

この問題についての今回の閉会中審査でもやはり、安倍閣僚らと官僚らは相変らず嘘をつき、都合の悪いことは「記憶にない」と繰り返すのみだった。

支持率が危険水域まで下がっている自民党らは、これをもってしても何一つ変わっていなかったのだが(変るとも思っていなかったが)
つい先日「国民の皆さんに丁寧に説明する」と豪語したばかりの安倍戦争(晋三)は、今回もただ丁寧に嘘を説明しただけに過ぎなかった。
これを目にした国民は、ますます安倍の関与を確信したことだろう。

それと今回の審査で一番えげつないなと思った事は、右翼議員らによる執拗な前事務次官 前川氏攻撃だった。

森友事件から続き、これまで安倍自民らは官僚と共謀し、徹底的に文書を隠蔽してきた。
文書を出したとしても、のり弁と言われる黒塗状態で提出、
その上閣僚、官僚らはさんざん国会で虚偽答弁を繰り返してきた。
にもかかわらず、右翼議員らは重箱の隅をつつくように、前川氏のちょっとした間違いを責め立て始める。

前事務次官だった前川氏はペーパーも用意せずに、誰のアドバイスも受けずにしっかりと前を向いて誠実に答弁していたのだ。
実に立派な姿ではないか。
その堂々とした立派な前川氏答弁に比べ、しどろもどろな安倍晋三。
おまけに息を吐くようにその時その時で嘘をつくから、もはや自分が過去にどういう発言をしたのかすら覚えきれていない安倍晋三。
こういう安倍の姿をみて国民皆が思ったはずだ「お前(安倍晋三)は総理の席を退き、前川氏にその席を与えよ」と。

にもかかわらず、相川らず空気の読めない自民党、特にくず代表議員の青山繁晴は、意味のない前川氏攻撃を繰り返す。
こういう嫌がらせ行為も加わって自民党は支持率をどんどん落しているというのに、そういうことすら青山繁晴を含めた右翼議員らは気が付いていないらしい。
まったく、バカにもほどがある。。

自民らや右翼議員らはまず、偉そうな事を言いたいのであれば、官僚が準備したペーパーなしに、官僚のささやき(アドバイス)なしに国会に立ってみたらどうだ?
自民や右翼議員は、前川氏の猿真似すらできないと思うが。

それから、偉そうなことを言う前にまず自民は黒塗文書の黒塗を外して提出し、身の潔白を証明してからものを言え!!と言いたい!!


それと、そもそも国家戦略特区制度自体がそもそも巨悪の根源なのではないのか。
どこになにを作るにしても、お金を支払うはめになるのはそこに住む地元住民なのだ(加計の件では愛媛と今治)から、地方の税金が使われるものに関しては、安倍ではなく地方の住民たちがそれをやるかやらないかを決めるべき。

にもかかわらずそこの地元住民の了解なしに、賛否の投票もなしに、国で決めたからと言って獣医学部新設を地方に押し付け(しかも安倍たちの悪巧みがバレる前に早急にやれと急がせる)、支払いまで押し付けること自体がそもそもおかしい。

こんなやり方はそもそも民主主義でもなんでもない。

こんな悪だくみによる特区制度は今すぐ廃止にするべき!!

そしてもし安倍が、「H30年(加計獣医学部)開学に合わせてスピードアップ」してやりたいのであれば、安倍が自分のお金で土地代金36億7400万円と水増し建設費用96億円を出し、加計を援助してやればいい。

安倍が、加計のためにしてやりたいのであれば、自分でお金を出してやれ!!

安倍、加計に年1億くらいのお金を使わせて接待させていた?
秘書官と今治市の面会を隠ぺい!安倍首相の嘘は「1月20日に知った」だけじゃなかった!

  1. 2017/07/26(水) 11:11:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一番下に動画を追加しました。完全にプロパガンダ。沖縄で起きた少女暴行事件の犯人はアメリカ軍人ではなく沖縄の人だった。安倍晋三ら右翼による大日本帝国復活(アメリカからの独立計画)のために「アメリカ悪という嘘」に騙さている日本国民。それと、よる相変らず質問から逃げまくる菅義偉。民間だととっくにクビになっているレベル

今日、
「稲田大臣、21日辞任が決定的」内閣官房長官 記者会見 2017年7月20日午前

このようなタイトルの動画が出ていたのでわくわくしながら覗いてみるも、その内容は相変わらずの菅ののらりくらりの答弁だった。しかも、いつものごとく傲慢な態度で上から目線。
そして、いつものことだが結局は何もまもとに答えない、すっ呆けて逃げるという無能っぷりをまた見せられた。



8月の内閣改造で稲田は防衛大臣から外れるようだが、今まで散々虚偽答弁を繰り返し、数々の問題を起こしてきた稲田朋美をこのまましれっと閣僚から外しただけで、菅も安倍も国民は納得する思っているのか。
本当に甘いというか、、あり得ない。

まぁ、問題閣僚は稲田だけではなく安倍内閣全員なのだが
これが一般企業で起きたことだったならば、とっくに全員クビになっているレベルだ。
まぁ、こんな人間しかいない会社だったならば、会社はとっくに倒産しているレベルだが。

というか、、、また自民、公明の悪だくみで今年度も軍事予算は過去最高レベルまで跳ね上がった。
国はまたもや大大赤字。

国民誰もが望まないお金の使い方をされ、これで納得がいくわけがない。
おまけにその上、安倍晋三、昭恵は会社のお金(国の財産)まで盗み(森友は頓挫したので、今のところは加計その他もろもろ)、ちゃっかりお友達に贈与。
盗みまで働いたのだから安倍夫妻および関係者を全員お縄にしなければとうてい国民は納得できないだろう!!(菅は共謀罪。そういえば、政治家こそ共謀罪を適用するべき)

そういえば、、、
この安倍晋三、昭恵らの重大な犯罪と比べると、お隣韓国の元大統領の事件はなんて小さかったんだろうと今更ながらに思うわ。
ホント、日本は腐りきっているとしか言いようがない。
が、
日本が腐ったのは今に始まったことではない。
明治時代に突然「私は神だ」と宣言して日本に天皇が現れ、まるで神気取りで人々の上に立ち(説明しなくても分かるだろうが、終戦後(第二次)、アメリカによって天皇は「私は神ではない」宣言をさせられたた。その後、表面上では国民は天皇独裁の虐政から開放された。がしかし、現在も天皇の親族によって国会は乗っ取られたままなのだから実質は何も変わっていない)、人々を奴隷にし始めてから長い年月が過ぎた。

敗戦後、アメリカのお陰で一応、表面上日本は民主主義にはなったことにはなってはいるが、今までおいしい思いをしてきた支配者ら(天皇家と元貴族)がそうそう簡単に利権を手放せるわけがない。
そんなに簡単に人は変れるもんじゃないということ。

ということで、未だに国会は天皇家の血筋に乗っ取られまま(安倍も麻生も)なので、明治時代からの独裁と現在とは何も変わらない。
それどころか安倍は、天皇支配による独裁国家時代の大日本帝国(極悪な明治憲法)を復活させようと悪巧みを働き、共謀罪を強行採決させてしまった(周知の事実)。
あっ、しまった。また長くなった、、、すまん、すまん。

とにかく、本当に日本が民主主義になったことを証明するめには
今や国民から大人気の東京新聞の望月衣塑子記者あたりが総理にでもなるくらいのことが起きないと、「やっとこの国は民主主義を勝ち取った」とは言えないだろう。

あっ、それとひとつ注意することがあるので書いておきますね。
これからいくら苦しい事が起きようと、ロシアには絶対に頼っちゃいけませんよ。
ロシアはダメです!!
なぜならばシリアを見てください!!
金正恩のような独裁者であるアサドを助けるためにシリアに軍事介入したロシアは、反政府の人々に対しても爆弾を投下し、罪のない人々を大勢虐殺しています。

右翼連中はうまいことを言って「アメリカ悪」という嘘をばら撒き(思い出してください。第二次世界大戦もこれと同じ理由で国民は騙され、アメリカと無謀な戦争をされられた)、国民に恐怖心と憎しみを植え付け、支配するためにアメリカ離れを起こそうと企んでいます。
そして、国民にとっては暗黒時代だった大日本帝国時代を復活(共謀罪の復活は明治憲法の復活)させようと企んでいます。
そして、安倍の第一の目的である大日本帝国復活の日には、天皇右翼らはきっとロシアからの支援を受けようとするはずですからその時には絶対に右翼には騙されてはいけませんよ。
日本がロシアなんかに軍事介入された日には、反安倍は全員ロシア軍に殺されます。
だから、このことだけは絶対に忘れないでください!!
ロシアが殺しているのはISISだけじゃありません!!反アサド(反政府)の人々も大勢殺しているのですから。

つまり、日本はアメリカとの同盟関係を切って独立したらダメだ!!ということです。
そんなことをしたら、今よりも最悪の状態になることを絶対に忘れないでください。
そして、ロシアを知る為にもできれば、シリア情勢を勉強してください。





エルドリッヂ×モーリー「沖縄と在日米軍」


  1. 2017/07/20(木) 22:40:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐ろしい体験 その2

昨日の続きですが、一応前回の内容を短くまとめて書いておきます。
ある詩人の話ですが、その詩人は中隔欠損で心臓が悪く、その影響で腎不全も患っていると私に説明。
そしてその詩人は以前、友人に誘われ教会に行ったことがあり(聞いてみると、残念ながらその教会はカルトとして世界的にも有名な教団の教会だった)キリスト教にはいいイメージを持っているとのことだったので、そこでクリスチャンである私は教会で行われた講演会の話が録音されたディスクを送ってあげる事にした(念のため書いておきますが、それは無許可のものではなく、以前教会から300円で購入して持っていたものです)。
その時にその詩人は体調を崩しておりあまり動けない様子だったので、ディスクと一緒に手作りの料理を送ってあげることにした。
そうしたところ、メールで「タッパ買わなきゃ」という意味不明のメールが送られてきた。

タッパくらいの買い物をいちいち他人に伝えること自体がまず変なのだが、その後もおかしな会話は続く。
前回の内容はざっとこんな感じ。

あまりにもタッパ、タッパとうるさい詩人についに私は根負けし、90円で売られているタッパを送ることを約束。
するとその詩人はメールで一言「楽しみ」と。
後で考えるとその詩人、最初から自分でタッパを買う気などさらさらなく、最初から私にタッパを贈らせるつもりで「タッパ、タッパ」と大騒ぎをし、私に要求していたのではないかと思わざるを得ない。

そして、たかが90円のタッパを北海道から東京に送らされるはめになった私にお礼を言うわけでもなく、「悪いからいいよ」と遠慮するわけでもなく、「じゃあ、悪いからせめても着払いで」という言葉も全くなしだ。
この時点で、私はその詩人にけっこうムカッとしていた。

そして、自分の詩を掲載している本をさりげなく紹介(全然有名な人でもなく、それで生計を立てられるほどの収入もない様子だった)。
一応、ブログに載せていたその詩人の詩を数か所読んでみた(勿論、無料のもの)。
その内容は主に、詩人がまだ乳幼児の時に家を出てしまい若くして亡くなった母のことや、これまたその詩人が20歳くらい(18歳だったかな、忘れました)の時だったかに亡くなった父のこと、そして自分の病気に関する詩が多かったが、それを読んだときに中隔欠損は嘘だな、と確信した。
そして、ブログには自分の病気は心筋症(だったか忘れたが、とにかく中隔欠損ではない病名が書かれていた)だ、と。
おまけに精神疾患も持っており(本人はうつ病と記していたが、別の精神疾患のような感じが、、、)長い間、薬も服用していた(現在は不明だが)、と。

肝心な詩の内容はというと、、、正直ゾッとするような内容だった。
父に関する詩の内容では、
まず自分は父のことが好きであると強調した上で、病床にあり余命いくばくもなく弱り切っていた父親に対しても平気でむごい仕打ちをする(とにかく冷たい。常に自分の気持ちを満たすことを優先し、周囲のことなど全く我関せずで究極の自己中心)。
そして、父親が亡くなってから35年以上(正確にはわからないのでだいたいですが)経ち詩人となった現在でも、親の恥ずかしい過去を詩と共に暴露し、今もなお父親を辱め続け(どこまでが本当の内容なのかは不明ですが)、子供の時に持ったであろう父親に対する恨みを延々と死んでもなお晴らし続けているその姿に正直、背筋が凍ってしまいそうな冷たい印象を持ちました。
正直、このような行動には愛情のひとかけらも見当たりません。が、本人は父親を愛している、と。
その辺に、この詩人の心の中の深い闇みたいなものを感じ、正直ゾッとした次第です。
それから、母親に対する詩にも別な怖さみたいなものを感じましたね。
なぜならば、それは母親に対する詩というよりは、恋い焦がれる女性に贈っている詩のように見えたからです。
なんだろうな、、、詩の内容にはところどころに異様なエロさが含まれていて、それが母親への詩だと思うととてつもなく気持ち悪い気分になるのです。
まだまだ他にも異常だと思えることろはあるのですが、、、詩に対する感想はこのくらいにしておいて

その辺りで私はどんでもない過ちに気づいてしまったのです。
それは詩人に送った講演会のディスクのことなのですが、私はそれを1枚送ってあげたのですが、よくよく見るとそのディスクは2枚セットになっており前半、後半の2枚に分かれていた。
が、私は1枚(半分)しか送っていなかったことに気が付いてしまったのです。
それで、仕方がないのでまた残り半分を送ることにしたのですが、、、

その時(10月)に、その詩人から「(送った料理を)完食しました~。とうもろこしが美味しかった」とだけ書いたメールが送られてきました。
その送ったとうもろこしというのはシーズン最後のとうもろこしだったので(北海道では生のとうもろこしは9月一杯くらいで販売終了になる)、そのメールが来た時にはもうスーパーにとうもろこしは売っていませんでした。
私はその詩人に催促されないよう念のため、もう北海道ではとうもろこしの収穫時期は終わったのでもう売っていないから、ということをしっかりと伝えました。
その後で、ディスクが2枚セットだったんだけど私の勘違いで1枚しか送っていなかったから残りのもう1枚送ることと、以前約束したタッパを一緒に送ること、そしてついでに(最後に)そのタッパに食べ物を入れてあげることを詩人に伝えました。

そうしたところ、詩人から返って来た返信メールには
「とうもろこしもお願いします」と。
私はわざわざ「とうもろこしはもう売っていない」と伝えたにもかかわらず、です。
そこでさらにむっとした私は
「とうもろこしの収穫時期はもう終ったので、生のとうもろこしは売っていないって伝えましたよね。生でない冷凍とうもろこしならばどこで買っても同じだから自分で買ってください。つまり、とうもろこしは送りません。」とメールで返しました。

こいつには無制限にいつまでもたかられまくられそうだと感じた私は、荷物を送る前に一つの条件をつけました。
その詩人が多分、絶対にしないだろうな、という条件です。
「それをしたらならば確認のメールをして下さい。それをしたならば、私は荷物を送りましょう。」と

それは何かというと、、、
聖書を買うこと、です。
その詩人、元々聖書は持っていたそうなのですが、自分の家が火事になったときに焼けて聖書も何もかも全て失ってしまったとのことだった(どこまでが真実なのかもはや不明だが)。
それで私は気の毒に思い、電子で聖書全巻(買ったものではなく自分で作成したものですが)を送っていましたが、電子だと目が疲れるから無理だのなんだのとごねた。
しかも、その時も愚痴だけでお礼の一言も全くなし。
その流れもあったので条件は「聖書購入」とした。

そもそも私は布教の意味でディスクを送ったり(おまけで料理もつけましたが)それをしたのですが、私が食べ物を送った後にその詩人は自分のブログに「私は皆さまの善意によって支えられています」と訳の分からないアピール。
まるで、自分の詩人活動はファンの皆さまによって支えられています。と人々が誤解するような書き方をその詩人はしたのです。

やられたと思いましたね、
そもそも私はその詩人のファンでもなんでもなく、むしろ不快になる詩だな、くらいにしか思っていたにもかかわらず、です(そして、さりげなくその感想は伝えていましたが)。
にもかかわらず、私の布教活動のためという意図が全て変えられて(隠されて)しまい、自分は援助してもらった、というところだけアピールされ、まんまと善意が利用されしまったのです。
そのことにも正直むっとしていましたので、敢えて、あなたが本当に聖書を買ったならば荷物を送りましょう、という条件を付けたのです。

その後の詩人の返信はというと、、、またもや訳の分からない内容の言葉が
「だって、タッパ」と一言、、、
もう本当に意味が分かりませんが取り敢えず、「だから、タッパはあなたが聖書を購入し、私がそれを確認できた後に贈ります。」
と。

本当もうお手上げでした。

あれから半年以上も経ちました。
私も一切連絡をしませんでしたが、タッパ詩人からも連絡は来ていません。

世の中、勿論人にたかろうとする人ばかりではありませんが、たかろうとして近づいて来る人がいることも確かです。

皆さんもどうかご注意ください。
まぁ、そんな心配は必要ないか。
  1. 2017/07/18(火) 15:24:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

信じられない出来事

昨日まで高かった気温が今日は一気に下がり24°。
寒い。
これが、冬の低い温度からの春先の温度の上昇ならば暖かいと感じるものだが、34°くらいあった気温からの低下だとけっこう寒く感じる。

そういえばかなり前になるが、真夏の暑い日に秋冬用(に見えた)の長袖のジャケットを着用し、涼しげに元気よく歩いている黒人の方を見かけたことがあった。
手ぶらで歩いていたので旅行者ではなさそうだったが(その場所も、旅行者が徒歩で通るような場所でもなかった)、恐らくかなり暑い地域から日本に来られた方だったのだろう。
まぁ、気温が40°~50°くらまで上昇する地域に住んでいる方々からしてみれば、日本の夏の暑さなどはどうってことはないだろうし、どんな猛暑であってもむしろ日本の気候は「快適」だ、くらいに感じているのかもしれません。

知り合いのインドネシア人(早稲田卒の大学院生だった)なんかも、どんなに猛暑日であっても一度も「暑い!!」と言ったことはなかったかな、、、、そういえば「寒い」ということも言ったことがなかったような気がするが。

それに比べると日本人は夏になると「暑い!!暑い!!」、冬になると「寒い!!寒い!!」と子供のように大騒ぎしすぎのような気がする。
外国人から比べると案外日本人は軟弱(我が儘?忍耐がない??)なのかもしれません。

勿論暑い日に、水分と塩分の補給を欠かせば熱中症にもなり命の危険もありますが、それさえきちんとしていれば赤道直下に住んでいる人から比べれば日本なんかは全然過ごしやすい方なんじゃないでしょうか。

まぁしかし、熱中症の心配といっても、相手が子供や老人ならばそういう心配も必要かもしれませんが、いい大人であればちゃんと自己管理くらいは出来ますからね、不必要な他人による過干渉はいい迷惑になるかもしれません(他人の生活に干渉し、あれこれと陰口を言うのは日本人の悪いくせかもしれませんね。特にそういうのは田舎に多いかも。全員じゃないだろうけど)。

あっ、そういえば、逆に過干渉して欲しいって子供みたいな人もたまにいますね。
そういう人は、人に対する依存が強過ぎるというか、全力で他人によしかかっていくというか、、、

これは私が経験したことなのですが
以前、心臓が悪く(中隔欠損と私には説明したが、その人のブログには心筋症だったかな、別の病名が書かれていたので騙された感があるが)、腎不全でもあるという人(詩人)と知り合いました(どこまでが本当なのか疑問だが)。

私も医療過誤が原因ではありますが、心臓と腎臓を患っていることもあったのでその人に同情しました。
また、私はクリスチャンなのですが、その人も、以前教会に行ったことがあり教会には良いイメージを持っていたということもあって、それで少々親切にしようかと思ったのです。
たまたますごくいいクリスチャンの講演会のディスクがあり、
本人も「聞いてみたい」ということだったので、一緒にちょっとした食べ物(料理した物)を入れて送りました。
なぜならば、たまたまその詩人がその時に体調を崩し、あまり動けないでいるようで独り暮らし(助ける人がいない)、ということだったので食べ物も入れたのです。(が、花火大会に出掛けたりもしていたし、お酒も大好きとのことだったのでどこまで本当なのか分かりません。9割増しくらいに大げさに伝えているのかもしれません)

その人にディスクと食べ物少々の荷物を送った直後、「もし同じものが食べたい場合はレシピをお教えします。」という内容のメールを送りました。
そして、荷物が届けられた直後に本人から返信が届いたのですが、そのメール内容には常識では考えられないような驚きの一言が書かれていました。
一言「タッパ買わなきゃ」と。

はぁ???です。
私自身も病気で動けないことを伝えていたにも関わらず、タッパ買わなきゃってこれどういうこっちゃ??と。
また料理を作って送れという催促か?とも思いましたが、
まぁしかしその時は、また料理を送って欲しいとはっきりと言って要求してきたわけではないし、こちらは、送った食べ物がまた食べたい場合はレシピを教える、と伝えていたので(要するにまた送ってあげるとは一言も伝えていない。その気はなかったので)、まさか要求じゃないだろう、と理解することにしたのです。

まず、タッパを購入することを私にいちいち伝えて来ることもかなりおかしかったのですが、
その後もおかしな会話は続きます。
タッパ付きガラス容器はどこに行ったら買えるのか?と。
その人の居住区にまったく足を踏み入れたことのない私にそんなことが分かるわけありません。(要するに質問者の家の近くにどんな店があるのか私は全くわからない状態)。
なので、何なの?この人、と思いながらも「100均とか、、それかたいていどこのスーパーでも売っていると思うけど」と一応受け答えはしたのですが、その後もまたしょうもない質問は続きます。
「探したけどなかった、どうしよう??」等々、、、
どうしよう、って、、、それを一体私にどうしろと??という感じて本当に疲れました。

売っていなければ諦めればいいだけ、もしどうしても欲しいのならアマゾンで検索して自分で探せばいいだけだと思うのですが、依存度が高い人はまったく相手の状況など考えません。そして、ひたすら自分の要求を一方的に押し付けてきて、それを他人に達成させようとします(要するに我が儘)。
ちょっと長くなったので今日はここまで。
続きは次回

  1. 2017/07/17(月) 19:55:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ