医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

北見市から札幌市へ 治療経過


いのこ歯科に通院中、インプラント埋入手術後、白血球が1万を越え、激しい嘔吐、流れる汗、職場で立っていられなくなる程具合が悪くなりそのままストレッチャーで運ばれ内科に即入院となった。

内科系はどこを検査しても異常がなかった。
歯科、歯の異常な痛みを除いては、医科では異常はなかった。

この一件を猪子光晴氏に伝えるも「僕じゃない」と。
検査もせず、なんの説明もなしである。

後に、裁判所で「医療過誤で刑事告訴と民事提訴をしないで欲しい」と言っていたのだから自分の治療が原因だった事は十分把握していたということになる。
こんな卑劣な歯科医師に捕まると、一生生き地獄である。


さて、H17年夏、他歯科医院の紹介で、北海道大学病院の歯科口腔外科、松沢祐介氏宛に手紙が出された。

その手紙を持参し北大に行ったが、松沢祐介氏は不在であった。
受付事務員から、馬渕亜希子氏でもいいかと聞かれた。
せっかく来たのに帰るのももったいないと思い、とりあえず馬渕亜希子氏の代診を受ける事にした。

初診で、痛みを訴えるも無視され歯形(スタディモデル)を作成。普通、初診であれば大抵レントゲンを撮られるが(痛みの訴えがあるのだし)しかし、デジタルカメラで写真は撮ったが、レントゲン、パノラマ撮影がなかったので違和感があった。

言われるままに、次回予約を取る。

ここでも不思議なのであるが、普通であれば、私は松沢祐介歯科医師の患者なのだから、他の歯科医師(馬渕亜希子氏)が代診したとしても、次回は主治医となるはずの松沢祐介歯科医師の診察に回す筈なのであるが、この馬渕亜希子氏、よっぽど自分に患者がいなかったのか不明であるが、その後もずっと、私を自分の診察の予約に入れた。
私にとっては実にありがた迷惑な話しであった。

次回の診察日、前歯部の仮歯が作成されていた。
いのこ歯科での悪質な噛み合わせを上げる治療で、前歯部の仮歯を入れると激しい痛みが出現するようになっていた為、不安はあったが、馬渕亜希子氏の言われるままに装着した。
但し、接着剤で固定はされなかったので、仮歯はすぐ自分でも外せる状態であった。
しかし、激しい痛みは10分もしないうちにまた出現した。
一旦、仮歯を外したが、馴れた方がいいのかと思い我慢して装着していた。

そしてその夜、痛みは更に激しくなり、滴り落ちる程の汗が流れ出、シャワー後のように髪の毛がべちゃべちゃになる程であった。
同時に激しい腹痛が起こり、トイレに行った。
気がついたら、どれだけ時間が経過していたかわからないが、お尻をだしたままトイレの床に倒れており体が冷たくなっていた。

私はトイレで意識を消失したのだ。
しかし、不幸中の幸いだったのは、積み上げてあったトイレットペーパーがぐっちゃり潰れていたので、トイレからそのままに落ちて床に頭を打ったのではなく、一回トイレットペーパーの上に落ち、頭をぶつけた後床に倒れ込んだたようだった。
お陰でアザはできなかったが、頭にたんこぶができ数日痛かった。
顔面も、ぶつけた腫れではない別の腫れが出てしまっていた(仮歯が合わない原因で出た腫れ)。
当時の職場の同僚皆にも、この気絶事件はたっぷり話した。

しかし、この馬渕亜希子氏、原因を突き止めることなく、患者の顔面を腫らしたまま、歯根処置の科にさっさと私を回してしまった。
本当に無責任な人間である。

しかし、馬渕亜希子氏は、無責任なだけではなかった。

その後、カルテとレセプトを開示して驚いたが、これらも全て内容が改竄されていた。
おまけに、撮っていないレントゲン、パノラマ写真を偽造して提出してきたのだ。
はっきり言って犯罪であるが(証拠隠滅罪、証拠捏造)、この馬渕亜希子氏の上司である教授は 戸塚 靖則氏である。

戸塚靖則氏の指示、または許可なくこのような大胆な犯罪を犯せるとは考えにくい。
そしてレントゲンの偽造、カルテ及びレセプトの改竄は、馬渕亜希子氏だけではない。
松沢祐介歯科医師も、開示して発覚したが、レントゲンの偽造、カルテ及びレセプトの改竄を行っている。
このような組織犯罪に、教授である戸塚靖則氏と、病院長である福田諭医師も関わり行われた事件である。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/01(金) 10:32:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<不公正 | ホーム | 違法行為>>

コメント

「いの」に返信


いのって猪子光晴本人か?

あんたバカか?
白血球1万以上は異常なの、正常じゃないの。
そして、入院して抗生物質の点滴を毎日投与しているんだから「異常無し」ではないの!
薬剤を投与すれば必ず疾患名を記載しなければならないってこと知らないのか?アホだな。
炎症反応の原因は消化器内科の疾患では無かったってだけ。
しかも、あんたが歯科医師ならば、歯科の疾患以外の白血球の異常値の原因の特定なんて法的に出来るワケがないでしょ?
嘔吐の原因も、特定するのはあんたの免許では不可能。
それをやった場合はあんたは医師法違反だよ、わかってんのか?

それと、オタクの弁護士は裁判で医療過誤を認め、刑事告訴をしないで欲しいって和解を求めてきたけど知らないのか?
おまけに、あんたは裁判に負けたことも知らないのか?
そして、この後のことも知らないようだけど、北大病院でも猪子光晴の医療過誤を認め、再手術が必要との診断だったけど。
それと、北見警察署の赤塚刑事に告訴の相談をしているって話しだったよね、すぐ北見警察署に電話して確認したら「そんな話は聞いていない」って言ってたけど何回嘘をつけば気がすむ?
まったくガキじゃあるまいし。
ちなみに北見警察署には、「裁判では私が勝訴しているので、もし猪子光晴が私を告訴した場合は、偽証罪で逆告訴してやるからすぐ連絡して欲しい」と伝えてあるけど。
あれから1年以上経つけどどうした?
告訴したいならしなさい、逆告訴してやるから!!

でももう誰もあんたの言葉は信じないと思うよ。

それと、全然反省してないんだ、本当に呆れるわ。

  1. 2014/04/11(金) 20:46:04 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/8-c87aff86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)