FC2ブログ

医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

北海道で起きた大規模な地震の震源地はまたもや自衛隊基地。そして安倍晋三はまたもや大嫌いな幽霊官邸にちょうどよく待機しており、夜中の3時頃だったにもかかわらず地震後2分で指示出しを完了させた。こんな事は、予め準備していないと絶対に不可能である。それから、大イスラエル計画(2030年人類滅亡計画)は必ず失敗する。について

2018 年9日6日午前3時過ぎ、北海道で大規模な地震が起きた。
勿論、私の所も大揺れに揺れた。
しかし感謝な事に、この地震によって壊れたものは何一つなかった。
勿論、私もかすり傷一つ負っていない。

ただ、既にもうご存知だとは思うが停電はあった。
地震が起き、それが治まっからすぐにネットで震度を確認した後電気は止まってしまった。
しかし、いつもより車の通りは少ないなとは感じたものの、地震の夜が明けて日中になってもけっこう外では車が走っていたようだったので、信号機はちゃんと機能しているのだろう、と思っていたのだが、念の為その後、なにげなく夜8時頃に大きな通りまで出て見に行ってみると、な、な、なんと、信号機の電気すらも全て止まっていたのだ。
つまり、信号機が付いてない状態なのにもかかわらず、皆、車を走らせていたのだ。
信号機が付いていない状態でありながらも車を走らせていたとは、、、、よっぽど困っていた状況だったのだろう。

私はというと、ただ、日没後には暗かったな、というだけで、それ以外は普段と何も変わらない生活だった。
なぜならば、私は普段からあまり電気製品に依存する生活をしていなかったからだ。
料理は勿論、普段から火力のみ。
まず、電気炊飯器も電子レンジもそもそも使用していなかったのでご飯を炊く事にもまったく支障は無かった。

ただ、電池式の小さな照明器具しかなかったので、手元しか照らせない状態だった。
なので少々の不便さを感じたものの、しかし、無いよりも全然良かった。
つまり私は停電が起きても、そんなに不自由を感じる事はなかったのだ。

なぜ私がこのようなアナログ生活に移行していったかというと、それは勿論福島原発の事故があったから、あの時から電力会社には強い憤りを感じていた。
だから勿論私は電力自由化の時にすぐに原発からの電力を止め、別の電力会社と契約をしていたし(まだ北海道の原発は再稼働されていませんが)
壊れた時点で電化製品も捨て、アナログな生活に生活の基盤を移していた。
ちなみに現在は中東にも強い憤りを感じているのでなるべく石油も使わないような生活をしている。

なので感謝な事に、私はこの停電騒動があってもほとんど生活には困ってはいなかったのだが、その停電状態はその日の夜、つまり、地震の翌日の深夜4時頃に解消された。
なので、実際停電だった時間は丸1日程度という事になるのだが、しかしまだ、電気や水道などのインフラが復旧していない地域もあるようなので、1日も早い復旧がなされるように願っている。

さて、
そもそもこの地震、本当に自然災害だったのかどうなのか、、、、そこからまず疑問である。

ネットでニュースを確認してみると、普段から”幽霊が出る”という事で官邸に泊まる事を拒否していた安倍晋三が、またもや非常にタイミングよくその日は官邸に留まっており、しかも、地震が起きた2分後にはもう指示を出したとの事だった。

そもそも2分なんて時間は、慌てて起きてワイシャツのボタンをかけるくらいで終わってしまう時間のはずだ。
しかも、寝室から出て対策本部に移動するだけでも2分以上かかるだろう。
そのうえしかも、被害状況を聞くだけでも2分以上はかかるはず。
そして被害状況を聞き、その被害を状況を確認するだけでも2分以上はかかる。
そして対策を考え、考えた対策をまとめるだけでも2分以上はかかる。
そして自衛隊などへの指示を出すだけの作業だけでも2分以上はかかる。

つまり、これらのどれ一つをとっても、その1つをこなすだけも最低2分以上はかかるのだ。
にもかかわらず、安倍はこの全てを2分以内にこなした、と!!
これはもう有り得なさすぎる!!

勿論安倍がこれらの事をスムーズに進めるためには、その指示を受ける側(自衛隊や気象庁など)も勿論、この地震計画は最初から知っていて動いていただろう。


つまり、安倍と行政は、地震が起きる事を予め知っていて(というか計画)準備を整え、その時(午前3時過ぎ)を待ち構えていた。そして地震が起き、すぐに動いた。
だから2分で全てをこなせた。
もうこれしか考えられない!!


しかも、
この地震の震源地はまたもや自衛隊の基地だそうだ。


先の地震の震源地も自衛隊の基地だったそうだだが、3.11の地震も自衛隊が協力して爆弾を仕掛けた、という情報も出てきているので(元自衛隊員の暴露)、今回の不自然な地震も安倍が起した人工地震、という以外にないだろう。

ではなぜ安倍はこのような事を行うのかというと、それはこの前の私が書いた記事
「広島、長崎の原爆で庶民を殺したのは日本政府と行政だ!!今また再びこれと同じ事を起こそうとしている独裁者 安倍晋三」
の内容の通りで、安倍を含めた世界の独裁者らによる世界政府樹立のために、自分達に反対する勢力の力を削いでおく。
そして、人々が自分達に絶対に逆らって来ないようにするため、あえてすさまじい破壊力を見せつけ、人々の心に恐怖心を植え付けておく、まぁ、こんな事でしょう。

そしてこの茶番人工地震は総裁選を控える自分にも益になる、と安倍は考えただろう。
安倍は、”強いリーダーである”という印象を付けたい、その為には緊急時でも迅速な対応が出来る、そういうところを見せておき、画像でも残しておきたかったのだろう。
しかし、今回かなりやり過ぎてしまったことでその結果、あまりにも不自然な時間、つまり2分で(起きて、着替えて、移動して、被害を聞いて、状況を確認して、指示をして、というこの全部)全てをこなしてしまう、という超ありえない事に(笑)。
しかもこれらのことをたったの2分で(笑)。
こんな事は、準備していないと絶対に不可能だ(笑)。
まあ、2分で全てをこなす、という安倍のやり過ぎのお陰で、逆に怪しさ際立ったのだが(笑)。

しかし、何度も書いている通り、安倍らが企んでいるイルミナティ(ユダヤや世界の指導者や王族ら、そして政治から)による”2030年人類滅亡計画”は絶対に成功しない。

なぜならば、その前に、イエス・キリストの再臨があるからだ。
イエス・キリストの再臨とはつまり、人類滅亡(第一の死)、太陽、月、星、地、全ての滅亡を意味している。
だから、イルミナティが2030年に人類を滅ぼそうと計画しているのならば、その前に必ずイエス・キリストが再臨され、全ての人々に対する裁きが行なわれる。
なので、イルミナティのその人類滅亡計画とやらは達成できないまま、クリスチャン以外の全ての人々は滅ぼされる、という事になる。

では、イエス・キリストが再臨される時のしるし、つまり世の終りの前に起きるしるしというのはどのようなしるしなのか、というと
以下の聖句は全てマタイの福音書からの引用。

世の終りの前兆について。
24章
5節 偽キリストが現れる。
6節 また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。
7節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。
8節 しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。
9節 そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。
10節 そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。
11節 また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。
12節 また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。
13節 しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
14節 そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。

ここまでの内容は、世の終わりのしるしの前に起こる出来事だ

つまり逆に言うと上記の内容の出来事は、世の終りの時に起こるしるしではなく、これらはその終わりのしるしの前に起こること、という事。
つまり、今現在はもう終わりのしるしの時代になっているので、この上記の出来事はもうすでに成就されている、という事。


以下に上記の内容を簡単にまとめると、

5節 偽キリストが現われ人々を惑わす。(約2千年前に、既にユダヤ人から偽キリストが現れているのでこれはもう成就している。ちなみに現在では日本でもこのような偽キリストが出現中のようだ。それは”キリストの幕屋”というカルトの事なのだが、これは、キリストの子孫が天皇であるというストーリーの偽キリスト教なので、これらにひっかからないようどうぞご注意ください)

6節 戦争のうわさを聞き、戦争が起きる。(紀元66年、ローマとユダヤによる戦争後、ユダヤはディアスポラに。132年から、バル・コクバによる第二次戦争勃発、614年、ペルシャ軍によるエルサレム陥落。711年、イスラム軍によるスペイン支配。1099年十字軍によるエルサレム占領。1187年サラディンによるエルサレム占領。1291年、エルサレム王国滅亡。1453年、トルコ軍により東ローマ帝国滅亡・・・第一次世界大戦、第二次世界大戦と続く・・・長くなるので割愛)
戦争は、終わりの時に起こるしるしではないので、現在の中東戦争は、勿論聖書預言から来ているものではない。

7節 そして、ききんが起こり、また地震が起こる。

8節 しかし、ここまではまだ産みの苦しみの初め。

9節 その時、人々はあなたがた(神の民)を苦しみに遭わせ、また殺すであろう
またあなた方はわたしの名、つまりイエス・キリストの名のゆえに、すべての民に憎まれるであろう。
ここは勿論ユダヤ人虐殺、つまりホロコーストの事を言っているのではなく、あなた方と言われている神の民は、クリスチャンを指している事は明らか。
なぜならば、クリスチャンとは”キリストのような者”という意味の言葉で、その人達の呼び方にキリストという字が入っているのはクリスチャンだけだから。
よって、わたし(イエス・キリスト)の名のために殺される、とは、その呼び名にキリストという字が入っているクリスチャンが、キリストの名のゆえに殺されるという事。
そして勿論紀元後、つまりイエス・キリストが初臨された後、最初にクリスチャンを虐殺したのは、イエス・キリストを殺したユダヤ人である。
次にキリスト教徒を迫害したのは、ローマ皇帝ドミティアーヌス。
そして次に、多くのクリスチャン達を拷問にかけ、虐殺した人物はというと、ローマカトリックの教皇。
これも既に世界的に有名になっている事件だったが、一番クリスチャンを拷問して殺した人物は、カトリックの王である教皇だ。
ちなみに日本では、明治天皇からキリスト教徒への迫害が始まり、クリスチャンへの虐殺が行われていた事も周知の事実の通り。
という事でクリスチャンに対して行われた虐殺は、ホロコーストのユダヤ人殺害とは比べられないほどの大人数であった。

次11、12節
偽予言者も現れ、多くの人を惑わす。(これはカトリック、ユダヤ教、仏教、イスラム教などの宗教指導者の事で、つまり、キリスト教以外の宗教指導者によって、多くの人達が惑わされた、という事)
そして、不法が蔓延ったので、多くの人の愛が冷えた。

そして、
14節 そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。

この14節ももう既に成就している。
まず”この御国の福音”とは、イエス・キリストによる新たな契約が記された新約聖書の事なのだが、それはクリスチャン達によって全世界に既に宣べ伝えられている。
それから最後が来る

という事で、迫害に遭いながらも多くのクリスチャン達が命をかけ、また2千年の時をかけて新約聖書を含む聖書を全世界に宣べ伝えてきた。
今現在は、宣べ伝えるという事が既に成就されているの時代なので、残された預言は”もう最後が来る”、という預言のみ、そしてそれはもう始まっている。

うーん、、、、長くなりそうなので、続きは次回。

これは次回書く予定の内容なのだが、少しだけ書いておくと、、、終わりの時に現れるしるしに、
マタイの福音書24:29
しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。

という預言がある。

私は昨夜の8時頃、いつものように最後の時のしるしを確認しようとして天を見上げた。
そうしたら、いつも雲に隠れて見えなかった星が久しぶりに見れた。
明らかに星の数が減っていたのは確認できたのだがしかし、相変らず月の姿は確認できなかった。

私は、イスラエル・ユダヤがエルサレムを不正に奪い取って以来、月を確認出来ていない(つまり、エルサレムがユダヤを乗っ取って以降、私は月を見ていない)。

24:30
そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。

これらの全ての事により、イエス・キリストの再臨はもうすぐそこまで来ている、と私は確信している。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/09/07(金) 23:28:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安倍晋三による選挙妨害”#ケチって火炎びん” を告発しているジャーナリストの山岡さん、地下鉄の階段で転落するも、無事、動画で発信。 | ホーム | 広島、長崎の原爆で庶民を殺したのは日本政府と行政だ!!今また再びこれと同じ事を起こそうとしている独裁者 安倍晋三>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/791-67b6cf8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)