FC2ブログ

医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

杉田水脈(もとい自民党)の罠にはまらないように気を付けて。人の言論の自由を奪う行為は、最終的には自分の言論の自由が奪われる事に繋がってしまうから。それから”2030年の氷河期、人類滅亡”は起こらない!!その計画は必ず失敗する。

まず、自力では選挙で戦えないため、自民党の地盤と看板とカバンと比例でまんまと国会に潜り込んだ最も生産性の無い給料泥棒の杉田水脈がLGBTの人達に対して
「「生産性がない」と発言。
この発言に対して多くの人々が自民党前に集まって抗議デモを行ない、「杉田水脈を辞任させよ」と大声で叫んだ。
しかし、、、、この炎上騒ぎは、ひょっとして”表現の自由を奪う”ための罠ではなかったのか、と勘ぐってしまう。

安倍晋三は、自らのさまざまな犯罪行為を無視しつつ、

2-2 【質疑応答】山岡俊介×寺澤有氏(安倍首相・重大スキャンダル)第106回草の実アカデミー

総理続投に向かっている。
そこで安倍晋三がやりたい事は、勿論イルミナティ計画である新世界秩序を完成させること。
要するに、人々の自由と財産と命を完全に奪い、全ての人々を完全に奴隷化する計画だ。

しかし、そこに向かうためには法整備が必要。
まず言論の自由を奪うためには、国民自らにそれを望ませさせなければならない。
国民自らがそれを望むためには、それなりの根拠(理由)をまず人々に与えなければならないわけだ。
そこで、まず言論の自由を奪う為の法整備で大活躍をしたのが右翼によるヘイトスピーチだった。
あの右翼の活躍によって、ヘイトスピーチ法が施工されてしまった。
勿論私はヘイトスピーチには反対だが、しかし何がヘイトになるのかは、法が定められた後では支配層(政治家ら)が勝手に自由に決めてしまうのだ。
そうなると、政治家や政治家にたかっている人々(あっ勿論、政治家は天皇家人脈なので元をたどれば天皇の悪だくみなのだが)をまっとうに批判するものでも何でもヘイトとされ、まともな言論までもがヘイトとされてしまうことにもなりかねない。

私は、今回の杉田水脈の問題発言も、あえて人々の怒りを煽り立てるためになされたものではなかったのか、と思っている。
人々は、このような政治家らの罠によって怒りを煽り立てられ、この欺瞞に満ちあふれた罠によって、人々はますます自分達の首を絞める事になるのではないかと危惧している。
人の言論を封じる行為は、やがては自分の口も封じられる結果にもなる、なぜならばそれは罠なのだから、という事も覚えておいた方がいいだろう。

それからLGBTの人達にも一言ある。
そもそもLGBT、いわゆる同性愛の人達には愛があるのか。
私はLGBTの人達が、いとも簡単に性転換手術をしてしまう事に対しても非常に違和感を感じている。
なぜならば手術には常に危険が伴い、健康な身体をも不具にしてしまう可能性もあり、麻酔や手術が原因で時には命を落としてしまう事にもなりかねないからだ。
もし身体的に問題があって普通の生活が送れない、手術をしないと生活や活動が困難だという状況であるならば、それを整形する事も時には必要だと思う。
しかし、もし5体満足でありその体で生活に支障がないのであれば手術はするべきではない!!と私は強く思う。
まず、5体満足で母に産んでもらったのならば、その事に対して親に感謝をする事。
まず自分の体を大事にする、これが母に対する愛と感謝の心なのではないのか。
性転換する事を喜ぶ親などいないのだから。仕方なしに了解する事はあったとしても、、、

ではなぜLDBTの人達は性転換をしたがるのか、、、その目的は性交渉のためだけでしょう。
なぜならば、性交渉=愛ではなく、セックスはあくまでも欲を満たすことと子孫を残すこと、あるいはコミュニケーションの手段というものだから。
要するに逆に言うと、人間は、性交渉がなくても十分に相手を愛する事はいくらでも出来る。
分かりやすい例では、、、親や自分の兄弟姉妹、あるいは友人とは一切性交渉がありませんが、しかし愛情はある、など。
なので、性転換をしなければ不都合がある、それをしなければ相手を愛せない、という理由にはならない。

だから自分の欲だけで、しかも一時的な感情だけで簡単に性転換の手術などしないで欲しい、5対満足である事を感謝して、それを捨てないで欲しい、と私は思うのだが
そして、そのLGBTの人達は、そもそも本当に愛というものが分かっているのか、、、
愛の定義は難しい所ですが、私は”変わらぬ愛”だと思っているが
要するに、どんなにダメな子供でも見捨てない、例えば親の愛(甘やかすという事ではない。厳しさも愛)、これが愛情の基本だと思うのだが、もしLGBTの人達にパートナーが出来たとして、しかし自分の都合でもし簡単に別れてしまうのであれば、やはり相手に対する愛があったという事ではなく、自分を満足させるためにパートナー選びをした、と言わざるを得ないと思う。

ではなぜ性転換をするのか、外面的な問題としては、相手との性交渉が困難であるということ、内面的な問題としては、”自分の体を愛せない”要するに”自分を愛せない”、という所に一番の問題がある。
これは、簡単に整形手術をしてしまう人達にも共通する心の問題だと思うのだが、しつこいようだが、支障のない生活を送れる体に産んでもらったのであれば、リスクの大きい手術はするべきではない、それは整形であっても性転換であってもだ、と私は強く思う。
そして、手術でその内面(心)を満たすことは決して出来ない。

そしてこういう内面の問題は、強欲な政治家や公務員や、団体、企業のトップらが起す問題とも共通している。
要するに欲しい何かを手に入れるために、つまり、政治家であれば揺るぎない権力や金銭や支配力、整形依存症やLGBTであれば肉体改造など、欲しいものを手に入れるためにそれらをして得られたとしても、それは一瞬の喜びでしかなく、しかもそれらを得た後で来るもの、それは、それを失う事への恐れだ。
だから、もっともっともっともっと、、、、となる。
しかし、もっともっともっともっとやっても決して100%満足は出来ない。
なぜならば、それはそもそも自分の心の問題だからだ。

マタイによる福音書5章 山上の垂訓
5:1
イエスはこの群衆を見て、山に登り、座につかれると、弟子たちがみもとに近寄ってきた。
5:2
そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて言われた。
5:3
「こころの貧しい人たちは、さいわいである、
天国は彼らのものである。
5:4
悲しんでいる人たちは、さいわいである、
彼らは慰められるであろう。
5:5
柔和な人たちは、さいわいである、
彼らは地を受けつぐであろう。
5:6
義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、
彼らは飽き足りるようになるであろう。
5:7
あわれみ深い人たちは、さいわいである、
彼らはあわれみを受けるであろう。
5:8
心の清い人たちは、さいわいである、
彼らは神を見るであろう。
5:9
平和をつくり出す人たちは、さいわいである、
彼らは神の子と呼ばれるであろう。
5:10
義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、
天国は彼らのものである。

つまり、どんな状況下にあっても常に神によって心が満たされている事、この心の平安がないと、何を得てもどれだけ得ても満足せず、飢え渇いたままで、延々と自分の欲を満たす為にうろつき回り、人に迷惑をかけるだけとなる。

うーん、長くなったので前回の続きは次回にしますが、一つだけ書いておくと、
つい先日放送された都市伝説でまたもや関暁夫が胡散臭い情報を流していましたが、その中で登場していた(自称)特別なDNAを持っている??らしい女性の話もまた胡散臭い。
その女性、宇宙人と性交渉をし、宇宙人との子どもを得たらしいですが、なぜその子供は登場しなかったのでしょうか?
そして、特別なDNAを持っているのであればなにか芸でも見せれば良かったのに。(笑)
しかも、テレパシー、超能力があると言いながら、チップを埋め込んでいる??
笑えますね。
もし超能力、テレパシーがあるならば、チップなど必要ないでしょう。(笑)
で、その場で超能力とやらを披露すれば良かったんじゃないのかね(笑)
でも何も見せられない、という事は、何も出来ない、特別じゃない、って事でしょ。

そもそも、特別綺麗なわけでもなく、あの不健康そうに中年太りしているおばちゃんを宇宙人が選ぶとはね、、、
私がもし宇宙人ならば、もっとマシな人を選ぶけどねぇ、、、、

とにもかくにも、2030年の氷河期、人類の滅亡はイルミナティのデマ!!
それは絶対に起きない。ない!!
これだけは確か!!

続きは次回。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/31(火) 16:07:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イスラエル・ユダヤについての聖書預言。世の終りにエルサレム・イスラエル・ユダヤは完全に滅ぼされます。よって、イスラエルの復活はありえません。それから、そもそも現在の自称イスラエル人の父はアモリびと、母はヘテびと。純粋な血族のイスラエル・ユダヤ人などは、そもそももう存在していません。 | ホーム | トランプに敵対し、反トランプデモをしているアメリカの福音派(原理主義)クリスチャン達に対し、”中間選挙でトランプに投票しないなら、アメリカは亡びるかもしれないぞ。崩壊するぞ。あなたの家がガラス製ならば(銃殺予告か爆撃予告か?)、、、、誰にも石を投げないことだ(批判の事)、トランプを批判するな。”と脅すまるっきりISISと同レベルのユダヤ人(ユダヤ人メシアニック・ジューの発言)。それと、いつまでもしつこいIWJ岩上安身のデマについて。それと前回の続きで”千年間(いわゆる千年王国)はイスラエル・ユダヤが統治する、これが聖書預言だ。”というユダヤ人がばら撒いているデマについて。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/783-1cc0c7f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)