医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

トランプが、イルミナティ・ユダヤのアジェンダ通りにイランの核合意から離脱し、イランへの経済制裁を強化。そして、2025年には、666(獣の数字、悪魔教)が世界統一政府を樹立し、人口削減が行われる予定。が、悪魔教は最後には滅びる。

トランプが、お仲間であるイルミナティ・ユダヤ(キリスト教のふりをしているユダヤも含め)のイルミナティ計画に則って、イランとの核合意を破棄した。
そしてトランプは、イランに対して更に経済制裁を強化する、と。

アメリカ(およびイスラエル)は、イランの石油貿易を抑制する狙いのようだが、イランの一番の顧客である中国やその他のアジア諸国は引き続き、変更せずにイランから石油を輸入する予定のようだから、イランはそれほどダメージを受けないのではないか、と言われている。

しかも、アメリカがイランを制裁対象にするならば、イランとアジア諸国の石油取引の際の貿易決済が、今までのドルから人民元に代わることになり、その結果、このアメリカの制裁によって、中国がウハウハ状態になるらしい。
しかも、貿易決済がドルから人民元に変ることによって、アメリカ自身もドルの地位低下というダメージを受ける事になり、その結果、このトランプのイラン制裁は、大きなブーメランとなってアメリカ経済をも直撃してしまうようだ。

しかも、ウハウハなのは中国だけではない。
トランプや、トランプのお仲間であるイルミナティ・ユダヤ(悪魔崇拝者達)は、トランプのこの経済制裁で、イランは崩壊するだろう、とバカ丸出しな事を言っているが、しかし、
この後起きるであろう石油の高騰で、逆に助かるのがイランやロシアではないのか。

まったく、、トランプのこのおバカ過ぎる行動は欺瞞なのか、はたまた本当にバカなのか、その辺が良く分からないのだが、、、、

もしこれがトランプのやらせのマッチポンプ(欺瞞)だとするならば、あまりにも見え透いたお粗末な企みである、としか言いようがない。
つまり
アメリカのトランプはイランに対して経済制裁を仕掛けているように見せかけているが、実は全てが茶番で、結局はこのアメリカの経済制裁は何の制裁にもならず、それどころかむしろ逆に、結果としてこれはロシアやイランのプラスになる、という事になるのではないか。

しかしこのトランプ制裁の犠牲になるの人達がいる。
それは政治家でもなくお金持ちでもなく、イランやロシアでもない。
石油の高騰で一番打撃を受けるのは一般の人達だ。

要するにトランプは、イランやロシアに経済制裁を与えると見せかけて、実はターゲットは諸国の一般の人々で、その人達を益々貧しくしようとしている、という事。

つまり、これは明らかにイルミナティ計画の一つである人類奴隷化計画99%の庶民をより貧しくして奴隷化する働きなのだろう。

余談ですが、また再度しつこく書いておきますが、トランプを支持しているのはキリスト教の福音派ではなく、明らかにキリスト教のふりをし、キリスト教がトランプを支持しているかのように見せかけているユダヤ人です。

このユダヤ人らの中には、キリスト教を乗っ取ろうとして偽のキリスト教会を創っているユダヤ人がいますが、その教会は本物ではありません。
そのユダヤ人が創った偽のキリスト教会というのは、”ユダヤ教を維持したままキリスト教も取り入れるというめちゃくちゃなものなのですが、これをしているユダヤ人の目的は明らかに、”カトリックを乗っ取ったように、プロテスタントのキリスト教会も乗っ取り、ユダヤ化する(つまりキリスト教会への破壊行為)”ということと、”クリスチャンにユダヤ人を崇拝させる”、というものです。

クリスチャンには、これが偽のキリスト教であるということはすぐに分かると思うのですが、クリスチャンではない人達にはそれが分からないので、ユダヤ人が広めたプロパガンダをそのまま信じてしまい、マスコミなどが”トランプを支持しているのは福音派クリスチャン”とユダヤの嘘をそのまま広めてしまっていますが、それは嘘である、という事は是非知っておいて下さい。

そもそもですが、ユダヤ人の場合はユダヤ教を捨てないと、キリスト教は、ユダヤをキリスト教徒として認めて受け入れませんし、ユダヤ人を捨てないならば、教会は、キリスト教の洗礼をユダヤ人に授けません。

なぜならば、ユダヤ人達は、
マタイの福音書23:15
偽善な律法学者、パリサイ人(ユダヤ人の宗教指導者、ラビの事)たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。

人々を、自分よりもひどい地獄(悪魔)の子にした


23:25
偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。杯と皿との外側はきよめるが、内側は貪欲と放縦とで満ちている。
23:33
へびよ、まむし(神に敵対するサタン、悪魔の事)の子(ユダヤの事)らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか
23:34
それだから、わたしは、預言者、知者、律法学者たちをあなたがた(イスラエル、ユダヤ人)につかわすが、そのうちのある者を殺し、また十字架につけ、そのある者を会堂でむち打ち、また町から町へと迫害して行くであろう。
23:35
こうして義人アベルの血から、聖所と祭壇との間であなたがたが殺したバラキヤの子ザカリヤの血に至るまで、地上に流された義人の血の報いが、ことごとくあなたがたに及ぶであろう。
23:36
よく言っておく。これらのことの報いは、みな今の時代に及ぶであろう。

23:37
ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
23:38
見よ、おまえたちの家(イスラエル、ユダヤ)は見捨てられてしまう。

キリスト教から見ればイスラエル、ユダヤ人は、神が遣わした預言者たちを殺し、またイエス・キリストをも殺し、クリスチャン達をも大勢殺して来た民族で、そしてイスラエル、ユダヤは、へびやまむし(サタン、悪魔の事)のすえ”という認識です。

なので何度も言いますが、クリスチャンはユダヤ教を受け入れませんし、ユダヤ教とキリスト教は同じ神ではない、と断言しています。

そして最近活発に活動しているユダヤ人が創った偽キリスト教については、これはイルミナティ(サタニスト)だ、とはっきりと言うことができます。
そしてこのメシアニック・ジュー(ユダヤ)を指す聖書の記述の箇所がダニエル書で、”ユダヤ教とキリスト教のミックス”が、ダニエル書にある鉄と粘土の混じった足と足の指、という新たな勢力(国)である、と私は理解している。

神に捨てられたへび、まむしのすえ(へびとはサタン、悪魔)のユダヤと、神の祝福が約束されている神の民キリスト教徒を一緒にしようとしても、それは決して交わる事が出来ず、決してくっつく事も出来ない。
しかし悪魔教のユダヤは、これを強引にくっつけようとするが、(要するに、悪魔教をキリスト教でデコレートしようとするが)しかし粘土と鉄だから、物理的にそれは絶対にくっつく事が出来ない。
だからそれはとても脆く、最後には砕けてしまう。(粘土と鉄の足と足の指)
が、この粘土と鉄の足に例えられた国は、一時的にこの地球上で権力を握り、この世を支配する、
が、しかし最後には神に打たれて粉々になる。

ダニエル書
9:26
その六十二週の後にメシヤ(イエス・キリスト)は断たれるでしょう。ただし自分のためにではありません。またきたるべき君の民は、町と聖所とを滅ぼすでしょう。その終りは洪水のように臨むでしょう。そしてその終りまで戦争が続き、荒廃は定められています。
9:27
彼は一週の間多くの者と、堅く契約を結ぶでしょう。そして彼はその週の半ばに、犠牲と供え物とを廃するでしょう。また荒す者が憎むべき者の翼に乗って来るでしょう。こうしてついにその定まった終りが、その荒す者の上に注がれるのです」。

粘土と鉄の足についての記述は以下
ダニエル書
2:41
あなたはその足と足の指を見られましたが、その一部は陶器師の粘土、一部は鉄であったので、それは分裂した国(世界を支配しようとする悪魔教と、悪魔教に従わないクリスチャン)をさします。しかしあなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、その国には鉄の強さがあるでしょう。
2:42
その足の指の一部は鉄(クリスチャン)、一部は粘土(悪魔教)であったように、その国は一部は強く、一部はもろいでしょう。
2:43
あなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、それらは婚姻(偶像崇拝のこと)によって、互に混ざるでしょう。しかし鉄と粘土とは相混じらないように、かれとこれと相合することはありません。

鉄と粘土を、悪魔教(イルミナティ)とクリスチャンに置き換えると

2:44
それらの王たちの世(悪魔教)に、天の神は一つの国を立てられます。これはいつまでも滅びることがなく、その主権は他の民にわたされず、かえってこれらのもろもろの国を打ち破って滅ぼすでしょう。そしてこの国(神を信じる者達の国)は立って永遠に至るのです。

最後の結論2:44とピッタリと合致します。

そして、これは黙示録の内容ともピッタリと合致します。

ちなみに、一部の人達は、ダニエル書にあるこの鉄と粘土の足の国を、「それはきっとヨーロッパのことだ。」とか、「エゼキエル書に書かれているゴクとマゴク、ロシュなどは、イランやロシアの事だ」などと断定して言っていますが、こんな事は絶対に信用すべきではありません!!(イスラエルはこの箇所をよく利用して、戦争、人殺しを続けている)
なぜならば黙示録から見ても明らかように、最後の戦いは、どこかの国とどこかの国、ということではなく、神と悪魔の戦いである、と書かれているのですから、国に拘るのではなく、悪魔と神の民(クリスチャン)の戦い、と理解するべきです。

その悪魔(イルミナティ)が計画しているNWOの国連のアジェンダなのですが、その内容は以下の計画のようです。

以下、抜粋して転記
2025年7月4日に予定されている内容。
国連加盟国の過半数が承認した以下の取り決め。

世界統一政府の樹立
カナダの国名はアメリカ・エリア0001。
アメリカ合衆国の国名はアメリカ・エリア0002
メキシコを含む中米諸国の国名が、アメリカ・エリア0003に統一
南米諸国の国名が、アメリカ・エリヤ0004に統一
ヨーロッパ諸国の国名が、ヨーロッパ0010に統一
アジア諸国の国名は、0020に統一される。
そして各地域の政府、行政、警察を統括するのは各地域の国連コントロールセンター(UNCCs)
2025年3月17日に元アメリカ合衆国は、米軍と米警察の主権を国連に引き渡します。
国連は直ちに世界中の軍や警察を統合した上で、世界国連軍を結成させます。
世界で最後に、全権を国連安保理に譲渡することになる元アメリカ合衆国は国連に甚大な問題を引き起こし国連の計画を遅らせるため元アメリカ合衆国は、国連が計画したゴール(世界を統一したワンワールド政府)を達成するために急激な変化を強いられます。
その結果、元アメリカ合衆国の司法機関を含む行政機関が解体され、国連が任命したリーダーと、国連が承認した行政評議委員会がその役割を担うことになります。
元アメリカ合衆国の司法省も直ちに解体され、国連が任命した裁判官が司法を担当します。
立法部門はそのまま残りますが、選挙で選ばれない国連の代表者らがその任務を担当します。
彼等は就任直後からアメリカの未解決問題に対処します。
元米国民は、国連の方針、規則、法律、、命令に従う限り、これまで通りの生活が送れます。
ただし国連のやり方に疑問を抱いたり抗議する事は許されません。
世界は国連の支配下で、統一された新たな社会を形成することになります。

人体に有害な携帯電話 5G

日本や世界や宇宙の動向
のブログにも詳しく記されているので、これも是非読んでみてください。

アメリカは第三次世界大戦で人口の90%が消滅する?



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/05/11(金) 17:22:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<文部科学省も犯罪隠ぺいの悪質行政。公務をこなしていないにもかかわらず、ふてぶてしい態度をとる公務員はどんどんクビにするべき。 | ホーム | 悪魔国家イスラエル、ユダヤよ、”お前達が、お前達の言動で、中東全体を不安定にしている!!” 自らの罪は一切悔い改めないイスラエルのベニヤミン・ネタニヤフの自己愛性人格障害的な狂った発言「イランは核兵器開発をしている、イランは嘘つきだ」。悪魔国家イスラエルよ、お前もだ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/762-58b1afb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)