医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

そもそも北朝鮮には本当に核ミサイルがあるのか。

この度の南北朝鮮の和解と、南北朝鮮戦争終結についてのニュースがひっきりなしに流れ、その条件の一つとなっている”北朝鮮は核ミサイルを放棄するか”という問題が常に話題になっているのだが、ここで素朴な疑問。

そもそも北朝鮮に、核ミサイルは本当にあるのか??

もし北朝鮮に核ミサイルがあるとすれば、核の副産物である電力(原発)も必ずあるはずで、そうなると北朝鮮には電力不足は絶対に起きないはずなのだが、なぜか北朝鮮はいつも電力不足で夜になると真っ暗だ。
この状況を考えると、北朝鮮の電力は実は化石燃料のみたっだのではないのか、そして、そもそもミサイルどころか核施設すら無かったのではないのか、と思わざるを得ない。
実に疑わしい。

本当は、北朝鮮のミサイル騒動の全てが茶番劇で、超富裕層が儲けるために、また、悪魔教イルミナティの政治家らが支配力を強めるために、北の核の脅威を煽り、利用していただけなのではなかったのか、と思わざるを得ない。
要するに北朝鮮は、世界統一政府樹立のため、あえて悪役を買って出ていた、ということではないのか。
全ては、この後起きるであろう悪魔教による世界統一政府、新世界秩序、世界統一宗教のために、、、

なにはともあれ、この茶番臭い南北統一騒動で、アメリカ在住の悪魔教のユダヤ人らは「トランプにノーベル賞を」と言って、大はしゃぎをしてお祭り騒ぎをしているようだが、
そもそもノーベル賞自体がかなり胡散臭い賞で、そもそもこれは、自己愛性人格障害の狂っているユダヤ人らが自らを自画自賛するために作った賞で、とんでもないものがたくさん受賞している。

例えば、世界的に大問題となったとんでもない人権侵害の手術であるロボトミー手術などもノーベル賞を受賞している。

まぁ、うさん臭さから言えば、ユダヤ教に改宗している疑いが強い胡散臭いトランプに、胡散臭いノーベル賞はぴったりかも、だ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/05/01(火) 16:45:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卑劣で狂った戦争中毒イルミナティ(悪魔教崇拝)国家イスラエルが、またシリアを空爆し、殺人を繰り返す。 | ホーム | イルミナティ(悪魔教)のメンバーである韓国ムンジェインと北朝鮮金正恩による歴史的な会談はイルミナティの計画。偽りの平和で人々を騙し、世界統一政府(新世界秩序)に進んでいく世界。この後、人口削減計画が実行される。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/758-d7d7a137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)