医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

ファンダメンタルを捨て、地位と名誉と金銭欲に溺れ、悪魔教イルミナティの手に落ち、サタン礼拝にも出席し、大勢のファンダメンタルなプロテスタント信仰者の人々を誤まった道に誤誘導し、地獄へと誘ったビリー・グラハムが22日に死去。それと、”1月に事故死した早大教授に暗殺説! 友人証言「生前、不審な車に追跡された」「身の危険を感じてる」。”(トカナの記事より)。自民党与党を批判する人間が、次々と不審死

日本人のほとんどの人は知らないであろう世界的にも有名な偽キリスト教の権威(イルミナティ33位)を持つ偽牧師ビリー・グラハムが、一昨日22日に死亡した。

湾岸戦争の時には、アメリカの元大統領であったパパブッシュに、エゼキエル書の預言を持ってきて、戦争突入へのアドバイスを行なったというビリー・グラハム。

そしてこの者は、巨大なショッピングセンターを経営して大金を稼ぎ、こよなく金銭を愛した者でもあります。
しかし
”金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。”マタイ19章16-26節
また
”すると、ひとりの人がイエスのもとに来て言った。「先生。永遠のいのちを得るためには、どんな良いことをしたらよいのでしょう
か。」” マタイ19賞16説
”イエスは、彼に言われた。「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」 ”マタイ19:22
”ところが、青年はこのことばを聞くと、悲しんで去って行った。この人は多くの財産を持っていたからである。 ”マタイ19:21

また、ルカの福音書第16章19-31節
『ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた。
ところが、ラザロという貧乏人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。
その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。
この貧乏人がついに死に、御使たちに連れられてアブラハムのふところに送られた。
金持も死んで葬られた。そして黄泉にいて苦しみながら、目をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。そこで声をあげて言った、「父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火炎の中で苦しみもだえています」。
アブラハムが言った、「子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪いものを受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。そればかりか、わたしたちとあなたがたとの間には大きな淵がおいてあって、こちらからあなたがたの方へ渡ろうと思ってもできないし、そちらからわたしたちの方へ越えて来ることもできない」。
そこで金持が言った、「父よ、ではお願いします。わたしの父の家へラザロをつかわしてください。わたしに五人の兄弟がいますので、こんな苦しい所へ来ることがないように、彼らに警告していただきたいのです」。
アブラハムは言った、彼らにはモーセと預言者とがある。それに聞くがよかろう。
金持が言った、「いえいえ、父アブラハムよ、もし死人の中からだれかが兄弟たちのところへ行ってくれましたら、彼らは悔い改めるでしょう」。
アブラハムは言った、「もし彼らがモーセと預言者とに耳を傾けないなら、死人の中からよみがえってくる者があっても、彼らはその勧めを聞き入れはしないであろう」』。

金持や、富を満喫している者が、天国に入れることはありません。

そしてビリー・グラハムは、悪魔教にキリスト教の看板を付けて偽っているカトリック教会でメッセージを語り、また、自らの教会に来た新来会者に
「忠実なカトリック信者は救われます。」という甘言で人々を騙し、カトリック教会へ行くように勧めもし、
そして、地球は惑星神であるとするニューエイジ信仰を持たせ、”天国は自然崇拝者だけでなくキリストを拒絶したユダヤ人にも用意されている。” という嘘で、エキュメニカル運動を推進、人々を騙し続け得たビリー・グラハム。

このような偽教師に対して行なわれる裁きが以下

”しかし、私たちであろうと、天の御使いであろうと、もし私たちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら、その者はのろわれるべきです。”ガラテヤ1:8

”しかし、イスラエルの中には、にせ預言者も出ました。同じように、あなたがたの中にも、にせ教師が現れるようになります。彼らは、滅びをもたらす異端をひそかに持ち込み、自分たちを買い取ってくださった主を否定するようなことさえして、自分たちの身にすみやかな滅びを招いています。”Ⅰペテロ2:1

聖書によると、偽キリストはイスラエルから出ることが預言として書かれてますが、一説によると、カトリック教皇の席は、既に元ユダヤ人(ユダヤ人とはユダヤ教のことなので、元と書きました)のフリーメーソン会員(悪魔教崇拝者)ということのようですから、聖書の預言と一致します。

”また彼らは、貪欲なので、作り事のことばをもってあなたがたを食い物にします。彼らに対するさばきは、昔から怠りなく行われており、彼らが滅ぼされないままでいることはありません。”Ⅱペテロ2:2-3

”わたしたち教師がほかの人たちより厳しい裁きを受けることになると、あなたがたは知っています。”ヤコブ3:4

ということなので、ビリー・グラハムがもし悔い改めていなかったのであれば、天国には入れないでしょう。


また最近では、イスラエル(ユダヤ)を敬まわせようとする働もあり、その働きをしている偽教師は「ユダヤ人しか携挙(クリスチャンが、神によって生きたまま空中に引き上げられ救われること)はされない、ユダヤ人以外の人は、クリスチャンであっても携挙はされません」といった嘘や
「ユダヤ人は全員救われる。既に死んだユダヤ人達も、キリスト教信仰がなくても救われ全員天国に入る」とか、そして、「携挙の後、ユダヤ人達がこの地上に戻って来た時には、この地上をユダヤ人達が支配する」といった恐ろしい嘘を吹聴していますが、

これに対応する聖書の内容ではどう教えているのかというと

マタイ 23:37 ああ、エルサレム、エルサレム。(イスラエル、ユダヤのこと)預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者。わたしは、めんどりがひなを翼の下に集めるように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。
23:38 見なさい。あなたがたの家は荒れ果てたままに残される。
23:39 あなたがたに告げます。『祝福あれ。主の御名によって来られる方に。』とあなたがたが言うときまで、あなたがたは今後決してわたしを見ることはありません。」 と。

イエスは、”ユダヤ人は全員救われる”、と言っているのではなく、”神を信じないエルサレム(イスラエル、ユダヤ)は、今後決してわたし(神)の顔を見ることはありません”、と断言しているわけです。
つまり、神の顔を見れない、神に会うことが出来ない、ということは、天国で神に会う事が出来ない、ということで、
神に会えない場所というのは、地獄、という事になりますから、ユダヤは全員救われる、などという特別扱いはない、ということがはっきりと分かります。
そして、特別扱いがないどころか、”見なさい。あなたがたの家は荒れ果てたままに残される”、と。

そして、”ユダヤ人だけが携挙に与ることが出来る、他のクリスチャンは携挙はされない”とか”ユダヤ人は全員救われ、全ての人々を支配する”、ということも、ユダヤ人への特別扱いがない訳ですから、これも全くのデマであることは明らかです。
まぁ、これを信じるクリスチャンは皆無だと思うのですが。

それから、”ユダヤがこの地上の全ての人々を支配する”なんて事も、聖書には一切も書かれていないので、これも明らかにデマですね。
なんか、こういう発想って、いかにもイルミナティっぽいのですが、、、
それどころが、”エルサレムは荒れ果てたままに残される”、と聖書には書かれているわけですから、イスラエル、ユダヤは信仰的に荒れ果てる、という事でしょう。

ちなみに”エルサレムはイスラエルの首都である”、と宣言さたことで、エルサレムは現在、戦争の具になっていますが、”ああ、エルサレム、エルサレム、見なさい。あなたがたの家は荒れ果てたままに残される”ということで、土地としてもエルサレムは栄えることはないでしょうし、イスラエルが信仰的に栄える(富による栄ではなく)こともないということでしょう。
しかも、エルサレムは荒廃する、ということは、当然、そこには神はおられない、ってことです。

現在イスラエルもアラブも、石油、ガスの資源で金銭的には潤っているでしょう。
しかし、それが悪魔の誘惑になっているのです。

つまり、イスラエルもアラブも欲にかられ、富を満喫しようと、欲しいものを欲しいままに手にするために、戦争を起こし、人の命を犠牲にしてまで争っているのですが、自分の欲を満たすために争う、こういうことは、神から来ているものでなく、その動機は悪魔からきていることは明らかです。

前も書きましたが、中東では、アラブが争いを仕掛けてくることは勿論悪いことなのですが、だからと言って、イスラエルやその他の国もですが、それに応じて戦争をするべきではない、と。
そして、そこにいるクリスチャンは何をしているのか、と。

そもそも一々、報復合戦をしていたら、いつまで経っても戦争は終わりませんし、

クリスチャンは
”右の頬を打たれたら、左の頬をも差し出しなさい”マタイ福音書5:39
”上着を奪い取る者には、下着も拒んではいけません。すべて求める者には与えなさい。 奪い取る者からは取り戻してはいけません。”ルカ6:29
”自分を愛する者を愛したからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。
罪人たちでさえ、自分を愛する者を愛しています。
自分に良いことをしてくれる者に良いことをしたからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、同じことをしています。
返してもらうつもりで人に貸してやったからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。貸した分を取り返すつもりなら、罪人たちでさえ、罪人たちに貸しています。
ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。
なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。”ルカ6:32-36

そして、神が教えていることは報復ではなく
”七の七十倍までも赦しなさい。”
ですから、イスラエルはこのみことばに従って欲しいです。

そもそもイエス(ステパノもそうですが)は、自分を十字架にかけ殺したユダヤ人達に対して
「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」
寛容な心で赦しの機会をユダヤに与えています。

自分(ユダヤ)達は、寛容な心で赦しの機会を与えられておきながら、ユダヤ人が、「他国がイスラエル(ユダヤ)を脅かすならば、絶対にイスラエルは赦さない、ユダヤはすぐに報復する」
そのような態度を取り続けるのであれば、ユダヤは最後の審判に、神の裁きから免れることは出来ないでしょう。

”自分達は選民だから特別だ、だから裁きから免れる”ともし思っているのだとすれば、ユダヤはまだ信仰のスタート地点にも立っていません。
もしユダヤが、救いに与るスタート地点に立ちたいのであれば、まず、十字架の意味をよく考えることです。

それから、自分達は正統な神の選民だ、とくだらないプライドを持ち続けている事も大問題です。
これは、ユダヤだけではなくアラブにも言えることですが、
まず、富を手放し、欲を手放し、プライドを手放し、全てのものを手の中から出してしまわないと、握ったままでは、神の救いを得ることは出来ません。
そればかりか、今得ているものをも全て失うことにもなるでしょう。

しかし、”富は神からの祝福なのだ”と、中東の人達は贅沢を正当化して、都合の良いように神の御名を利用するでしょうけど、上記にあるように、金持ちが天国に入れることは絶対にありませんし
その上、自分達の欲を満たすために、戦争で人を殺しまくっているならば、神の祝福など与えられるわけがありません。
戦争は、神からのものではなく、悪魔からのものですから。


それから
”わたし(神)はぶどうの木で、あなたがたが枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。”ヨハネ15:5
という聖句から、偽教師は、
「ユダヤ人以外のクリスチャンは、ユダヤに接ぎ木されているのであって、ユダヤ人以外のクリスチャンが、直接枝なわけではありませんよ。枝はユダヤ人だけです」と、全くのデタラメを教え広めていますが、これらの嘘は全て、人々にユダヤ人を崇めさせるための、いくつもあるエキュメニカル運動の一つである、と私は見ています。

そしてこのような偽教師達は、中東で起きている戦争をも、ビリー・グラハムのように容認しているようですから、
これはもう、エキュメニカル運動以外に考えられませんね。


話がグラハムからユダヤに移ってしまいましたが、
グラハムの話に戻ります。
それから、グラハムは、キリスト教で禁止されているホモセックも”それは大きな罪ではありません”
そして、”中絶も間違いではない、それよりも地球環境問題の方が重要だ”と。
命よりも、地球環境の方が重要であるかのようなふざけた発言をしていますが、地球温暖化問題といえば、イルミナティによる補助金詐欺のための政策の一つであることはもう有名な話なので、グラハムがイルミナティであることは明らかです。

そのイルミナティは

”一つの政府が効果的に治める(支配)ことのできる人口は五○○○万人”と考えていて、そのための人口削減をはこれからも加速していくでしょうし、666の獣はもう現れていると私は見ていて、ますます患難時代は近づいていると感じます。

ちなみに、この中東で起きている戦争も、確実に人口削減を実行していますし、日本では、過労死問題、少子化、それから不審死
でも、自民党ら与党が人口削減を実行していますから、

”1月に事故死した早大教授に暗殺説! 友人証言「生前、不審な車に追跡された」「身の危険を感じてる」。”

全てはイルミナティの予定通りに事は進んでいる、と私は見ています。

でも、666が全てを支配出来たとしても、その政府はたった3年半しか続かないのです。
そのわずか3年半のために、自分の魂を悪魔に売り渡すなんて、愚かとしかいいようがありません。

しかし、それは必ず起きるでしょうし、その統治が終わる時に、イエス・キリストの裁きが始まり、イルミナティの選別ではなく、神の選別が行われますから、是非、皆さん、それがいつ来てもいいように準備してください。

そして、くれぐれも偽教師には騙されないようにしてください。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/02/24(土) 20:02:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<1、2分しか目を通していない捏造官僚ペーパーを、十分な精査もせずに読み、多額のお金がかかっている国会の審議時間を無駄にして、税金をドブに捨てた安倍晋三は責任をとって辞任せよ!! | ホーム | 前回の続き。ベンジャミン・フルフォードと朝堂院大覚が、中東にかかわるデマ、フェイク情報をまた垂れ流す。この度の紛争で、イランが勝利した、は完全なデマ。それから、イスラエルのネタニヤフ首相が逮捕間近、も完全なデマ。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/02/25(日) 18:50:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

住所は、弁護士や探偵等の専門の職業じゃないと調べようがないと思いますが、住所を調べるよりも、録音等の証拠があるなら提訴してみてはいかがでしょうか、、、まぁ、弁護士界も腐敗しているので、加害者に情報を漏らさないとも限らないので、弁護士には相談しない方がいいかと思いますが、、、、ついでに言うと、裁判所も腐敗していますが。
なので、被害状況を公開するために出来れば本人訴訟を起こし、ブログなどで被害状況を公開する、ってのが一番良いのではないかと思いますけど、、、勝訴に拘らずにね。
この日本はも社会も全て腐敗しており、被害者を助けるような組織も実際には存在していないですから。
そして、いろんな会はあるでしょうけど、何処も名前ばかりのもので、被害者を助けることはしませんからね。
というか、加害医療機関とつるんでいることも多いので、被害者の会などの所も気を付けて下さいね。
被害者の会で、情報を漏らされ、弁護士に預けた証拠物をすり替えられ、更に被害を受けた、と泣いている方もいました、歯科の被害者ではありませんが。
なので、とにかく偽善にも気を付けてくださいね。
ということで、この件に関してはお役に立てなくてごめんなさい。
  1. 2018/02/26(月) 14:40:56 |
  2. URL |
  3. 被害者さんへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/738-b98ca287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)