FC2ブログ

医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

いのこ、(1つも)成功しないので!!(一応流行りのドクターXふう) 歯科医師 猪子光晴による医療過誤 前歯の欠け。それと、イスラエル問題の事実とマスコミのデマと、ロシア プーチンの”ロシア軍を撤退させる”詐欺について。

いのこ歯科 猪子光晴による医療過誤で、削られ過ぎていた上顎の左前歯の一部が21日、歯磨き中にまた舌の上に落下。
いつもは、砂のように細かく砕けてしまっていたので、なかなか写真を撮る事が出来なかったが、今回落ちて来た歯の欠片は、いつもより少々大きかったため、何とか拾い上げて写真に収めることが出来た。
欠けた左前歯

さて、連日のように情報番組で取り上げられ、まだまだ終わらなさそうな貴ノ岩暴行事件なのだが(どうでもいい話題だが)、
殴られた原因は、貴ノ岩の態度が悪かった、とか、礼儀、礼節がなっていなかったから、とか、休場した力士への貴ノ岩による注意の仕方が悪かったから、とか、色々な理由がずらずら並べられていたのだが、どれもこれも、こんな事くらいで人を殴るか?という理由ばかりで、ワイドショー内容には正直ものすごく違和感を感じた。
そこで、一番しっくりくる理由は何だろう、と考えた時に思い浮かんだことは、ひょっとしてこの暴力の原因は、やはり白鵬にあったのではないのか、と。
白鵬はとにかくオリンピックまで相撲を続けたい、という強い気持ちを持っていたようだが、しかし、年齢的なことからも、それまで白鵬の体力はもつのか?
普通に考えるならば、30歳も過ぎれば勢いも体力も持続力もある若い人にはなかなか勝つことは難しい。
この難問を解決できる理由はただ一つ。
八百長相撲を行うこと。
全ての試合で白鵬が八百長を行う(強要する)ならば、白鵬がオリンピックまで相撲を続けることは100%の確率で可能になるだろうが、しかし、全ての試合をガチンコでやるのならば、白鵬がオリンピックまで相撲を続けられる確率は限りなく0に近くなるだろう。普通に考えるなら、ね。
オリンピックまで相撲を続けることに執着していたその白鵬に、ガチンコでぶつかっていってしまい白鵬に勝ってしまったらしい貴ノ岩。
そのガチンコ貴ノ岩に対し白鵬は、自分の立場を脅かす邪魔な存在のように思っていただろうことは想像に難くない。
オリンピックまで相撲を続けたい白鵬が、ガチンコ相撲をやる貴ノ岩の力を削ぎ、早めに牙を抜いておかないと、と考えていたとしても不自然ではない。
そして、そのチャンスを狙っていたところ、たまたま貴ノ岩が出席する同窓会の話を聞きつけ、そこに仲間を連れて参加。
リンチは、最初からの計画だったのだろう。
なので、貴ノ岩が説教中に携帯を見た、とか、取って付けたようなくだらない理由は、白鵬らのただの言い訳だったのだろう。
という事で、今回の事件は高い確率で、ガチンコをやる貴ノ岩を潰すための白鵬による計画的集団リンチ、と結論付ける。
というか、、横綱から後輩力士への高額プレゼントもホント、不自然だよね~。
まぁ、そういうこと(八百長)だから、横綱が後輩へ高額なプレゼントをしなきゃならなかったんでしょ、って誰もが普通に思うわ。
それから、貴乃花が最初からガチンコ、ガチンコと繰り返していたでしょ。
それが、今回の事件の一番の原因だったから、そのキーワードを何度も貴乃花は繰り返していたんだと推測する。、

余談ですが、私も若~い時に、(元)横綱千代の富士のあられもない姿、不品行を目撃した事がある。
場所は今でいうところの札幌のクラブ(踊る場所)
私は踊れないので普段はそういう場所には行かないが、当時付き合っていた人のお姉さん夫婦に誘われ、1回だけ行ってみた。
そのたまたまの1回で、とんでもないものを目撃してしまった。
お立ち台の上で、とってもセクシーで露出度の高いミニのワンピースを着て踊っていた女性に、力士達が近づき、その女性を肩に担いてぞろぞろと出ていったのだ。
その時は、千代の富士のお子さんが死んで間もなかったという事もあり、千代の富士が涙ぐんいる姿をテレビで見ていたそのすぐ後くらいの事だったので、唖然とした記憶がある。

次に、傍から見て非常に不快に思ったのはやはり政治家だ。
安倍晋三自民、公明が関わるワイロ事件が次々と発覚しているが、そもそも自民、公明はただの詐欺師集団なので、その事はまず置いておいて、最近特に気持悪く感じるのは野党だ。
特に希望の党。

小池百合子の支持率が既に30%を切っているらしいので、希望の党ももう風前の灯火状態だと思うのだが、その状況に危機感を抱いたのか、野党がこぞって伊藤詩織さんに群がっている姿が気持ち悪い。(勿論、一番悪いのは安倍晋三自民と警察官僚と犯人本人であることは言うまでもないことだが)
その姿はまるで”砂糖にたかる蟻”、というか、”獲物にむらがるハイエナ”のようで、見ていて非常に気持ちが悪くなる(伊藤詩織さんが悪いわけではないので、伊藤詩織さん批判ではない)。

たまたま伊藤詩織さんのこの事件が、本人の努力でマスコミにも取り上げられ大きな話題となったが、そもそも、これだけ大きな話題にならなかったならば、伊藤詩織さんが受けたレイプ問題に、議員達がこれだけ取り組むことはなかっただろう。
いや、絶対に無視をしていたはずだ。
これだけ有名な事件になっていなかったならば、恐らく伊藤詩織さんを相手にする議員らは1人もいなかっただろう(実際にそうだったようだが)。

これに目をつけ、名誉挽回をするぞとばかりに最初に飛びついたのは、今までさんざん世話になった民進党に唾を吐き、希望の党に飛びつき、やらかして失敗した柚木だった。
あまりのその豹変っぷりは、”グッディ(情報番組)”で放送され、支援者からの非難もTVで流され、しかも態度をその状況でコロコロと変え、開き直りのクズっぷりまでをテレビで晒け出した柚木。
この柚木の態度には、支援者だった人達も相当呆れかえっていたと思うが、この獲物に食らいつき、これをまた散々利用しまくっている柚木の姿は本当に気持ちが悪い。
というか、こんなゲスを信用する人間がいるならば、もう大バカ者としか言いようがないが。

それから海外の話題で気になるニュースは、やはり欺瞞国家ロシアのニュースでしょう。
自作自演、マッチポンプが得意な、悪魔崇拝集団イルミナティのプーチン ロシアによるフェイクニュースがかなり笑える。(笑えない内容だが、あまりにも大胆な嘘ばかりを流すので、呆れるという意味)

つい先日ロシアのプーチンは、ISIS掃討に対する勝利宣言をシリア国内でで行い、シリアからのロシア軍の撤退を表明したのだが、これは明らかな嘘であることは明白。
この前、シリアからのロシア軍の撤退を表明した時プーチンは、シリアに駐留するロシア兵士を、撤退表明前の兵士の数よりも結局3倍に増やしていたっけ。

自分の地位を守るために、自分に謀反を起こすような者を虐殺するプーチン ロシアに頼ったおバカなシリアの大統領。
結局のところシリアはどうなったかというと、シリアはロシアに乗っ取られ、大統領だったアサドは、大統領だったにもかかわらず、いまや町長くらいの権限しか与えられず、実質シリアの大統領はプーチンになってしまったという状況だ。
だから今回も、プーチンが表明したロシア軍のシリア撤退はデマで、逆にロシア軍によるシリア駐留を今後も増やしていくつもりでしょう。
そして最終的にはクリミアのように、ロシアはシリアを飲み込むつもりでしょうね。

ということでプーチンは、ロシア軍のシリアからの撤退を発表した、ということは、逆にロシア軍の駐留の人数をシリアに増やすということです。
では、なぜこういうフェイクニュースをプーチンは流さなければならないかというと、その一番の理由は、来年の3月にあるロシアの大統領選のためでしょう。
なんだかんだいってもシリアで大勢のロシア兵士が死んでいるので、いつまでも危険な地域にロシア兵士を駐留させている状況ではあまりにもイメージが悪すぎる。
ということで、これは選挙のためのやらせイベントを行ったということ。
言うなれば”兵士を帰すぞ、帰すぞ詐欺”です。

それから中東問題に関連するニュースと言えば、エルサレム問題。
以前の記事で、エルサレムをイスラエルの首都に、という要請を行ったのは、娘のイバンカ氏でもなく、またロシアゲート問題が原因でもなく、大統領付きの牧師(トランプだけではなく、歴代大統領には大統領専属の牧師がいる)であった、ということは既に書いたが、なんと、この問題のもう一人の中心人物であるパレスチナが、シリアのアサドと同じ過ちを犯そうとしているようだ。

この問題となっているエルサレムは、現在、パレスチナ自治区が治めているのだが、トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都にする、と表明したことによってパレスチナの大統領マフムード・アッバースが大激怒。
日本のマス・メディアもこの一件では、一部だけを切り取り、事の本質を隠してトランプ大統領を散々叩きまくっているが、事の経過をさっとおさらいして書くと
そもそもパレスチナ自治区は、アメリカから多額の支援金を受け取って支援してもらっていた自治区なのだが、昨年、イスラエルを旅行していたアメリカ人が、パレスチナ人によるテロの攻撃で死傷。

BBC NEWSJAPAN
イスラエルでパレスチナ人による切りつけ事件相次ぐ 米国人観光客も殺害

イスラエルに来てテロ行為を行っていたパレスチナ人テロリストがどこからテロ資金を得ていたか、というと、パレスチナ大統領マフムード・アッバースから支援を受けていた、という事が発覚。
要するに、アメリカがパレスチナを支援する為に支払った多額の支援金が、テロリストに回っていたのだ。
これが発覚したことにより、アメリカはパレスチナへの支援を打ち切った。
それと同時に、トランプ大統領による”エルサレムはイスラエル”発言が行われた。
なので、このパレスチナ人テロリストによって起こされたアメリカ人殺害事件も、トランプのこの決定の一つの理由となった。(既にアメリカではこれに関する法案は可決されている)

ということで、トランプ大統領による”エルサレム首都”発言は、ロシアゲート問題なのでもなく、クリスチャンウケを狙ったという問題でもなく、このようなフェイクニュースはゲスの勘繰りでしかなかった事が良く分かっただろう。

ちなみに、誰がロシアゲートの嘘情報を流したかというと、その犯人は、アメリカを征服して支配したいロシアしかいないでしょう。
マッチポンプややらせ、嘘は、悪魔教イルミナティ(プーチンがイルミナティのメンバーである事は、元イルミナティメンバーの告発により既に明るみに出ている)お得意の業だ。
ちなみに、日本でも流されている”イスラエル軍がパレスチナ人の少年を殺した”という情報も全くのデマで、実際は、イスラエル軍に向けて火炎びんを少年が投げつけたため、イスラエル軍が逮捕して拘束した、ということで、これも少年は殺されてなどいません。
パレスチナによるデマ情報に気をつけて。
まぁとにかく、テロに資金を与え、(しかもアメリカからもらったお金)大統領がテロリストを支援していたのだから、アメリカがこれくらいのペナルティを科すのは当然だろう。
パレスチナ人をそこから追い出す、という事ではなく、テロリストを支援していたトップを変えるだけ、というだけの事なんだから。
そのアッバースが、今度はロシアのプーチンに連絡して助けを求めたようなので、プーチンは、中東支配のために動くでしょう。
というか、イスラエルに攻め入りたいロシア プーチンにとって、アッバースからの要請は、まさに渡りに船。
ホント、テロリスト独裁国家の独裁者は全員ロシアに協力を求める、、、イランもそうだし、イラクも自らの権力と立場を強めるため、今度はロシアのプーチン側につき始めたし、、、ホント、やれやれ、だ。

では、日本でもなぜこのような嘘を流すのか、というと、それは勿論、安倍晋三はプーチンとの密約があるからだ。
プーチンは、トランプ大統領が大嫌いな上に、中東支配をいつもトランプ大統領に邪魔されている。
勿論プーチンは、日本もアメリカから引き剥がしにかかっていて、日本もロシアの支配下に置くつもりだ。

何度もプーチンは安倍に、”約束を実行せよ”とマスメディアを通して迫っており、それを安倍がなかなか出来ずにいるから、ひょっとして、アメリカよりもむしろロシアの手助けで(トランプ大統領よりもむしろ安倍の方がロシアゲートだろ、って話だ)地位を得てきた安倍が、プーチンとの約束を実行出来ないならば、来年、安倍の失脚もあるかもね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/12/23(土) 17:24:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安倍が総理になってから犯罪とバカ団体が増殖。税金泥棒に税金を横流しして次々とバレている安倍与党に国民はもううんざり(モリ、カケ、スパコン等)。その他、バカ丸出しの相撲村について。 | ホーム | いのこ、(1つも)成功しないので!!(一応流行りのドクターXふう) 歯科医師 猪子光晴による医療過誤のその後の経過>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/725-aeb61cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)