医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

卑怯な方法でメダルを取った恥ずかしい元メダリスト 鈴木大地も、相撲協会、審議委員会と一緒になって、自らに与えられた身分を利用して、貴乃花に対して、守られなければならない人権を無視して違法である強要(調査協力)を行う(調査の協力に対しては、あくまでも本人の意思次第)。鈴木大地は、まず憲法を守れ!!(一応言っておきますが、私は相撲には1ミリも興味はありませんが、あまりにも相撲界がおかしいのでこの件を取り上げることにした)

ここのところ話題になっていた暴行事件を起こした張本人である日馬富士が、相撲界を引退をしたようで、会見では
礼儀礼節を正すために(暴行を)やったと。
そして挙句の果てには貴ノ岩に、礼儀、礼節をわきまえてこれからも頑張って欲しい、と、さも自分は正しいことをしただけであるかのように言っていたが

メディアによると、そもそも貴ノ岩はモンゴル会にも出席せず、普段から日馬富士とは交流がほとんど無く、貴ノ岩の普段の生活ぶりなど日馬富士にはほとんど分からなかったようだが、だとすれば、日馬富士には、貴ノ岩が本当に礼儀が無かったかなど全く分らなかったのではないのか。

しかも、暴行が起きたのは酒席の場。
会議中であったり仕事中などでは礼儀、礼節をわきまえて行動をとる、というのは当り前の話だが、食事会であったり酒席の場であれば、ほとんどが無礼講で、仕事中じゃあるまいし、そんなにうるさいことは言わないというのが一般的。
なので、暴行事件が起きたのがそういう場であったのならば尚更、携帯をいじっていたとか、そんなこまかい事までチェックするということ自体が非常識で、これは限度を超えた過干渉だったんじゃないのかとすら思う。
というか、モンゴル力士による貴ノ岩”いじめ”にすら思える。

しかもこういったモンゴル式陰湿ないじめは、日馬富士の引退で、今度はどうもそれが貴乃花に対して向かっているのではないかとすら思える。(モンゴル力士たちが、貴乃花の巡業部長に反対を表明)

明らかに、日馬富士の代わりに行っている仕返しにしか見えない。

これらに加え、あの非常識な元オリンピック選手鈴木大地(元水泳選手。まともに戦ったのでは絶対に勝てなかった選手だが、メダル欲しさに、非常識過ぎて誰もやらなかった手法でままんまとメダルを獲得した強欲選手)が、数日前に、スポーツ庁(こんなものは不必要だと思うが)の長官という立場を使って、貴乃花に相撲協会の聴取に応じるように強要。
鈴木大地よ、お前も憲法を知らんのか??という感じた。
鈴木大地は見るからにバカっぽいので、恐らく憲法で保障されている人権、など全く知らないだろうが、そんなバカがスポーツ庁の長官なんてやっているなんて、恐ろしすぎる。
まぁ、安倍晋三が決めた人事だから、安倍と同じ程度のバカしか周囲に集まらないのだろうが、保証されている人権を無視し、与えられた権力を行使して圧力をかけるのであれば、貴乃花は、相撲協会も鈴木大地も審議委員会も全員強要罪で訴えてやればいいと思う。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/30(木) 14:12:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歯科医師 猪子光晴による医療過誤 臼歯部 | ホーム | 貴ノ岩暴行事件について。憲法を守らない相撲協会と池坊と、また無知とバカを晒した文部科学大臣 林芳正 こいつらは、個人の自由を侵害しているのでもはや強要罪レベル。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/718-ae59142f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)