医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

やった~ 朝日新聞記事 「(籠池氏が)安倍(晋三)首相から、夫人を通して100万円をもらった、と語った。時期は2015年9月ごろ」と籠池氏から聞き取りをした民進議員が記者に説明。さあ安倍戦争(晋三)には約束通りとっとと辞任してもらいましょう。あっ、議員も辞めるんだったよね、楽しみ~

朝日新聞

籠池氏「首相から100万円」 参院予算委調査に説明

いや~、本当に嬉しい限りです。
そもそもこの問題は、首相婦人である安倍昭恵が、教育勅語を園児に暗記させたり、問題の解決を戦争によって行なおうと誘導してきた安倍戦争を礼賛する問題のある籠池氏の小学校の名誉校長になったことが発端となっており、それに加え、全く理解できない不可解な国の補助金問題も噴出。
これはどう考えても安倍夫妻に問題がある事件だった。
が、途中で話の論点がずれ、防衛大臣の稲田にすり替わり稲田が集中砲火を受けていたが、あれは基本的に、昭恵から目をそらさせるためにあえて行ったスピンだったと私は思っている。

とにもかくにも安倍昭恵が挨拶のスピーチで(動画でさんざん流れています)、
「首相夫人だからこうして招いてもらえる」という発言を行なっているのだから、勿論、首相夫人の立場を利用していたことには間違いなかっただろうし、本人もその自覚があったことは明白。
そして、ばら撒き安倍も一国の首相でありながら国の権力(厳密にいえば安倍個人の権力ではないので個人的な理由でその権力を行使することは許されません)を一個人のために行使し、国の補助金を一個人に優遇して出させた上に、自ら現金まで渡して支援していたとするならば、明らかに犯罪行為以外の何ものでもない。
勿論昭恵夫人も、安倍のお気に入りの法案である「共謀罪で」あることは確実。
なにせ、悪いと分かっていながらも(知らなかったでは済まされない)、昭恵は直接現金を籠池に渡した張本人なのだから。

まあ、この事件を安倍は、雲隠れ辞任で済ませようとするかもしれないが、この事件はとうてい辞任だけでは済まない話で、はっきり言ってここまでくれば逮捕という話になる。
勿論世界中がこの問題に目を光らせて見ているだろうから、今まで議員らの犯罪を全てうやむやにし逃して来た警察もさすがに動かざるを得なくなるだろうなぁ。

いや~、本当、安倍が辞任しなければならないような状況にならなければ日本は危機一髪だったと思います。

なぜならば
米国は日本の自衛隊を北朝鮮上陸作戦に向け準備する可能性がある

安倍戦争は今度は自衛隊(自衛隊じゃなくてもうほとんど軍隊)を、金正恩委員長殲滅のために北朝鮮に送り込む可能性があるらしかったからだ。
もしそうなった場合、勿論今度は本気で北朝鮮はミサイルを日本国本土に向けてぶっ放すだろうことは想像に難くない。
そうなれば日本(プラス韓国かな?)と北朝鮮は戦争に突入……
国民の命も危なかった。

でもまぁしかし籠池氏が野党による聞き取り調査の際、ペラペラと喋ってくれたお陰で安倍政権はもう終わりそうなので(多分、籠池氏がしゃべらなかったらば、籠池氏本人が口封じのために暗殺されてしまった可能性もあったので、これは本人のためにも事件を暴露して良かったでしょう)、とりあえずはこれで日本による北朝鮮侵略作戦が多少は先に延びたのではないかと思うので、ちょっとは一安心できるのではないかと思いますね。

まぁでも全然安心はできません。
なぜならば、昨日のトカナ記事にけっこうショッキングな記事が出ていたからです。

【アジェンダ21】2030年までに人口の95%が削減される!すでに“大選別”は開始されている!?

この記事を読むと、どうも日本人は全員皆殺しにされるようにしか思えないんだけど、、、、
まぁでもこのアジェンダが実行された場合、最大でも日本人も1%しか助からないようですね。

でもしかし、このアジェンダが実行されるその前に、惑星が地球に衝突する可能性もあるので、その時に多くの1%支配層が死ぬ場合もありますけどね~~

全ては神のみぞ知る、です

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/03/16(木) 17:53:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<動画をアップ。(右翼である菅野完氏の発言を聞くには少々注意が必要です)20170314 UPLAN 教育勅語を子ども達に強制する森友学園に国民の財産を叩き売る安倍政権の暴挙は許されない!緊急抗議集会&シンポジウム | ホーム | 日本の借金はチャラになる!森永卓郎 財務省にたてついたので命が危ないかも。。。大竹まこと ゴールデンラジオ 2017年3月13日は必見です!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/632-2a9d7de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)