医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

深刻な問題

最近またいじめによる自殺者が出ていますが、これは氷山の一角だと思います。

実際には、公になっていないいじめによる自殺者もいますから事態は深刻です。

私の知り合いの親しくしている人のお子さんも、いじめを苦に自殺した方がいらっしゃいますが、もちろん公にはなっておりません。

少子化で、日本の未来を担う子供の数が少ないにも関わらず、こうして自殺者が出てしまう。

いや、少子化問題以上に問題なのは、学校側や教育委員会、市、国は、亡くなられてしまったお子さんの親の気持ちをないがしろにしているばかりか、逆に逆なでするような言動しかしていない。
こんな人達が教育者だったり代表だったりするのです。


TVを観ていても、教育者側の立場の人間は、自分の立場を守る事しか考えていないようにしか見えません。

被害生徒やその家族の事なんか考えていないことは勿論ですが、加害行為を行ってしまった生徒への指導なども何も伝わってきません。
加害行為を行ってしまった子達にちゃんとした教育がされないのであれば、人を自殺に追い込んでしまっても、大人がちゃんと揉み消してくれると子供達は思ってしまわないでしょうか。
そしてそのままその子達が大人になってしまったらどうなると思いますか。

これは医療過誤を起こした加害医師、歯科医師にも同じことが言えます。


そして民事裁判で提訴しても、被害者が敗訴してしまう。
(女子中学生自殺のご両親が提訴した裁判は敗訴だったようです)

私は民事裁判の裁判官にも大きな問題を感じていますが、こうして被害者は次から次と公務員や権力者の犠牲になっています。

私は今後の選挙では、公務員を優遇する(お金の問題だけではない)自公民主には絶対に票は入れられません。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 08:46:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月の記録の続き | ホーム | 改竄>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/55-ca653503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)