医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

人の命を粗末に扱う悪徳医療、公的機関も法律家も同じ穴のムジナ

鍵コメでコメントを下さった方、ありがとうございます。

犠牲者はまだまだいるようですね。
北海道の悪徳警察、悪徳検察、悪徳加害病院側の代理人悪徳弁護士らは、被害者が諦めてしまうことをじっと待っています。
ですから、泣き寝入りさせられている被害者は諦めずに、命がある限り正義の声をあげ告発し続けましょう。


恐らく、医療犯罪被害者の皆さんは必要な治療も受けられず、消えかけている弱った命の炎を細々と灯しやっと生きていることでしょう。
私もそうです。
薬で不整脈は抑えられていますが、それでもたまに不整脈や四肢の痙攣、不正出血等の症状が出現し、いつ天国からお迎えが来るか分かりません。


本来であればこういった医療犯罪犠牲者に対し、クリスチャンの医療者らが患者に必要な正しい医療を提供し、悪徳医療に対抗すべきだと思います。
がしかし、残念ながらまだそのような医療者は見当たりません。

キリスト教病院を公言している聖路加病院(聖ルカという名前は新訳聖書の4福音書、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書のルカからとった名前のようですが、そのルカは医師であった)ですら、過去、信仰をもって正しい医療を行うよりもこの世に合わせて(要するに加害病院に荷担して)患者の治療を拒否してしまっている状況です。
そこには正しい医療者の姿、正しい信仰者の姿すら無かった。

私は、治療の要請のために受診した聖路加(聖ルカの名前の由来は新訳聖書の4福音書の医者ルカから来ている)病院を去った時に、ここは聖ルカではなく悪ユダ(イスカリオテの方のユダ)病院に改名するべき、そう思ったくらいだった。

その他2件ほど(クリスチャン医師と歯科医師)連絡してみたが、残念ながら悪の協力者であった。
クリスチャンと言ってもキリスト教系カルト(本来のキリスト教ではなくキリスト教を利用したカルト。教会成長とかセルとかエリヤハウス等)に傾倒していたクリスチャンだったので、無いに等しい信仰に期待しても無駄だったのだが。
そもそも、自分がカルトに足を踏み入れていることにすら気付けていない時点でその人の信仰に期待してもまず無理というものだ。


日本の医療は悪に染まりきっている。
その中で、正しいことを行おうとする医療者が立ち上がれば報復が待っており、医療者としての道を閉ざされる可能性すらある。

余談になるが、私がまだ働いている時もそうだった(現在は、いのこ歯科及び北海道大学病院での傷害罪にあたる治療の後遺症で就労不可能との診断が出ている)。
医療事故、医療過誤を他人に擦り付けられるなんて被害はしょっちゅう受ける。
自分の罪を隠蔽するために、他者に罪を背負わせる、ありもしない噂を流され名誉も人権もボロボロに傷つけられたりもする、そのような卑怯なことをする 医療者には創価学会の信者もいた(私はたまたまその医療事故を目撃し、正しく対処するよう説得しただけだったが、結局その人は自分のミスを隠蔽してしまった)。

日本の医療現場はハイエナの餌場、医療者はそういう場所に放り込まれる。
ハイエナになるか、餌になるかは自分次第だが、もしハイエナの仲間になるならハイエナの餌にはならないだろうが、神の怒りを買うことになる。

神を恐れるか人(ハイエナ)を恐れるのか信仰が試される。

もし本物のクリスチャンならばハイエナには荷担することはないが、私は残念ながらまだそのようなクリスチャン医療者には出逢えていない。
要するに、本物のクリスチャン医療者は見当たらないということだ。

もし強い信仰をもったクリスチャンが集まり、悪に負けず、悪徳医療に対抗するならば、その時には日本の医療は改善されるだろう。


ところで話は変わり
日本のマスコミによるとオバマ大統領は来日時、明治神宮参拝を自ら希望し行ったらしいのだが、
それが本当ならば、オバマ大統領は本当に本物のクリスチャンなんだろうかと、、疑問を感じている。
何故ならば、クリスチャンは偶像崇拝を堅く禁じられているのであるから、キリスト教以外の宗教施設には近寄らないからだ。
アメリカの大統領に立候補出来る条件の中には、プロテスタントのクリスチャンでなければならないという条件があったと思ったが、、、
もし、オバマ大統領が自ら望んで明治神宮を参拝したのであれば中韓問題以前に、アメリカ国民に対する裏切り行為になるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/14(水) 14:38:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒトラーの再来!!また嘘に嘘を重ね愚かなことを企む安倍晋三と右翼内閣の憲法解釈変更。もう病的に狂っている | ホーム | 我が儘もここまでくると恥>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/304-fe206098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)