医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

北海道大学が患者に不正請求。犯人は北海道大学病院 歯科診療センター 医療事務課 事務員 「クラタ」

昨日昼過ぎ、北海道大学からとんでもない郵便(普通郵便)が届いた。

中を見てびっくり、身に覚えのない医療費の督促状だ。


以下が、北海道大学から送られてきた督促状の内容である。

平成26年4月22日

(私の名前) 様

H25年、5、23 以降入金ありません。
入金お願いします。

          入金が遅いと弁護士事務所に督促業務が移管されます。


1:患者名 (私の名前) 様

2:診療科 歯科

3:診療年月日 H25、5、23

4:診療費  残 3675円

5:支払い方法等
    振込先銀行:(省略)
    預金種別:普通預金
    口座番号: (省略)
    振込先名義:国立大学法人
      北海道大学総長 山口 佳三


     お問い合わせ先
     060-8648
     札幌市北区北14条西5丁目
     北海道大学病院
     医事課債権管理係 011-747-0071

転記はここまで。


まず、私に未払いの医療費は一切ない。
ということで、早速、上記にある電話番号に(Pm3:52)電話を入れた。

電話口に出たのは医事課債権管理係の「すわ」という人物だった。
早速、昨年5月(上記の日付)に受診もしていないのに何故、医療費未払いの督促状が来るのか理由を訊いた。

「すわ」氏いわく、金額が診断書の金額のようだからその料金ではないか?ということだった。

昨年、診断書は依頼していないが別の文書の提出は依頼はしている、が、受け取ってはいない。
とにかく何故料金が発生しているのか、と私は訊いたのだ。
請求内容だけを訊いた訳ではない。

北海道大学は、患者に物も渡していないのにもかかわらず、患者本人の知らない内に、または患者に知らせないまま、勝手に約1年前に料金の請求を発生させていた。
しかも督促状まで出すというのはどういうことなのか、ということに対し、「すわ」氏は結局「歯科の医事課じゃないと分からない」ということだった。



歯科の医事課からの依頼だとしても、内容も確認しないまま患者に督促状を送り付けること自体が信じられないことなのだが、全くなにやってんだ?という話だ。
チェック機能が全く果たされていないのだ。


しかも「お問い合わせ先」を記載しておきながら、問い合わせに全く答えられないのでは「お問い合わせ先」の業務が全く果たされていないではないか。
まったく、これで給料を貰っているなんて本当に信じられないことだが、結局そっくりこの課が無くてもコトが足りるってことじゃないか。


結局、上記の課ではらちが明かなかった、ということで、「後で歯科の医事課から連絡させるので」ということになった。

そして約1時間後5:01分に、歯科医事課の「倉田」から電話がかかってきた。

上記の架空請求を行った理由として倉田は
「先生が書いたんで請求させていただいた。」
「患者には渡していなくても、先生が(文書を)書いた時点で料金は前払いして貰っている。」
と。

まず私は、この北海道大学病院で、過去何度か文書を書いてもらっているが、前払いしたことは一度もない。
いつも文書を受け取ってから支払いをしているし、事前に請求されたことなど一度もない。
しかも、昨年依頼した文書には、絶対に記入されていなければならない手術日の日付が未記入だったのだ。
だから、使い物にならないものにお金を払う訳にはいかない、ちゃんと必要な項目(日付)が書かれてから文書を受け取ってお金を払う、と言ってあったのだ。

そうしたら倉田は、「(歯科口腔外科)松沢先生に聞いてくるって言ったのに、󾀕(私の名前)さん、帰っちゃったじゃないですか。(昨年5月のこと)」と又もや嘘をついたのだ。


昨年5月、私が渡された書類に対し「未記入な箇所がある、日付が書かれていない。これじゃあ使い物にならない」と訴えたところ、医療事務員 倉田は松沢佑介(歯科医師)に確認しに行き、戻ってきて(私は帰ってなどいない、待っていたのだ)、私に「松沢先生が日付は必要ないって言っているから、記入はしない」と伝え、日付が未記入なまま渡そうとした、これが事実である。

そもそも必要な項目が未記入で、患者に渡す文書としては不充分である、そういうことも理解出来ない事務員「倉田」は無知なのだ。
こういうバカに仕事をさせている北海道大学にも問題があるが。


その上、そもそもこの書類の受取人が松沢佑介であるならば、松沢が「日付は書かなくてもいい」と言うことが出来るが、残念ながら受取人は松沢佑介ではない。
よって未記入でよいかダメか、松沢佑介が判断することではないのである。
要するに松沢佑介は、提出先が定めた項目をきちんと責任を持って記入しなければならない、そうしないと歯科医師法違反になるのである(患者の求める文書の提出拒否ということで違法行為となる、受診拒否、治療拒否もだが。歯科医師法の応招違反)。

しかも昨年も、きちんと記載内容が満たされたら受け取ってお金を支払う!と言ってあるのだ。
今回も、同じことを伝えたが、そうしたら倉田は「昨年(5月に)松沢先生は日付を書いていた」と更に嘘を重ねてきた。

「松沢先生が日付は必要ないって言っているから、記入はしない」と倉田は昨年5月に言っていたのである。


おまけに、文書費を勝手に請求していたことに対し、理由を問うても「渡していなくても患者に請求している。」と言い張り、挙げ句の果てにはまだ話が終わらない内に電話を切ったのだ。


北海道大学の医療事務員は、まったく質が悪い。
その上、知識も皆無、おまけに大嘘つきなのである。

そもそもこういうことは事務員が行う説明ではない。
本来は主治医がしなければならないのだ。
なので、こういうことをさせている北海道大学にそもそも問題があるのだが
では、どうして事務員にこういうことをさせるのかというと、事務員は法律に縛られていないからである。
医療者が違法行為を行えば、医師法に縛られている医師が違法行為を行った、ということになり責任を負わなければならなくなるが、事務員は法に縛られてはいない。
だから、事務員にやらせてはならない説明だということを北海道大学は分かった上で、あえて事務員にやらせているのだ。

まあ、いつまで経っても学長が変わっても、病院長が変わっても、北海道大学はカス集団ってことです(学んでいる大学生のことじゃないですよ、職員のこと)。


さて、話は戻りますが
このバカな人間のカス倉田が話の途中で電話を切ってしまったため、同日再度5:09分に医事課債権管理係 すわ氏に電話を入れた(倉田との通話時間は約5分程度)。

私は、「倉田は文書を渡してなくても請求している、と言っていたが」と伝えたところ、「すわ」氏は「倉田はどういう意味で言ったのか、、」と言っていたが
私は、発生していない請求、即ち督促状を取り消す内容を書いて私に文書を送るよう北海道大学に要求した。
「すわ氏」は、申し訳ありませんでした、という謝罪と督促状を取り消す内容を書いて送ります、とのことだった。

当然、北海道大学病院 歯科診療センター 医療事務課 事務員 倉田にも、私に対する謝罪をさせしかるべき対応を取るんでしょうね。


あっ、それから送られてきた督促状には

「3:診療年月日 H25、5、23

4:診療費  残 3675円」

と書いてあるが、私が北海道大学病院 歯科に行ったのは5月24日。
上記の日付に、私は北海道大学がある北区にすら足を踏み入れておりません。
録画しているのでね、間違いはないですよ。

要するに上記督促状の請求が発生したとされる受診日も嘘ってことですわ。


ということで、被害者の皆さま、何時でも何処でも録画は大事ですよ。
私は、録画と録音と2重に録るようにしてますが。

とりあえず倉田の処分を楽しみに待つとする。


ということで、重ねて医療過誤被害者の皆さま、こういうのは決して放置しないで下さいね。
私は知らずにこういうことをされていましたが、身に覚えのない架空請求(不正請求)で、知らない内に医療費を支払わない患者として、嘘が
全病院にバラ蒔かれてしまう可能性もありますから。


ちなみに、私が起こしてもいないトラブルを起こした、と捏造され、北海道大学が日本中の病院に、私の悪口を吹聴しまくった、ってことも以前ありました。

その他、恵佑会札幌病院では、「(他院への紹介状の手紙かな、私が)手紙を盗み見た」という嘘、言いがかりで、ずっと処方していた薬をいきなり処方拒否(診察)し、私を病院から追い出した、ってこともあった。
勿論この時も、知識のない事務員に対応させている。

主治医が手紙を書いていた時、私は診察室を出た廊下で待っていたので、盗み見れる訳がないってのに。
画像を撮っといて本当良かったが。

後、恵佑会札幌病院でも不正請求がありましたわ。
途中で中止になった胃カメラ検査、しっかり不正請求してましてね。
おまけに他の患者の検査データを私の胃の内部画像とし、捏造までしてね。
私は検査を受けていないので、当然画像なんて存在するわけがないのにね。

おまけにその後、カルテ開示の要求まで恵佑会札幌病院は拒否ですわ。

そりゃあ、悪いこといっぱいしたからカルテも開示したくなかったんでしょうが、違法は違法。

北海道大学病院 歯科も、撮ってもいないパノラマの不正請求を私に行い、私からお金を騙し取っていますが。

しかし、札幌警察署も札幌市保健所もこの事件を握り潰す、これじゃあ医療機関が良くなる訳がない。

病院は、犯罪犯し放題。

医療法規など無いようものだ。

ということで被害者の皆さま
どんどん医療犯罪の証拠を集め、皆でどんどん告発致しましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 01:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<北海道大学が患者に架空請求のその後 | ホーム | 明日来日予定のオバマ大統領を待ち構える安倍晋三ら自民党の悪魔のお・も・て・な・し>>

コメント

コメントありがとうございます

ちなみに、札幌地方裁判所に対しても裁判官らの不正に対する告発を行っておりますが、こちらも連絡なしですね。
  1. 2014/04/28(月) 13:37:53 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/299-69a403a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)