医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

看護計画・記録の改竄

看護計画・記録

インプラント除去術での入院時、看護計画・記録の改竄と捏造

看護計画・記録の記載者

看護師 奈良 恵子氏
看護師 山越 記代子氏
看護師 松尾 雅子氏
看護師 今野 知里氏
看護師 加茂川 雅美氏
看護師 高橋 奈月氏


       看護計画・記録 出力日時:2010/02/10 09:55:20

氏名         〇田〇子     様
治療方針       右下顎6・7。左下顎4・5インプラント除去。処置後   2泊3日
看護目標到達予定日  2008/11/06
看護目標       苦痛少なく、早期退院出来る
開始日        2008/10/31
終了日        2008/11/06
作成者        奈良 恵子
今週のアセスメント
計画
1.小目標 【歯科麻酔科治療後の入院患者の看護基準】に準じる
    具体案1 疼痛時は、鎮痛剤使用して苦痛を少なくする
    具体案2 心配していることを確認して、退院出来る
日々の記録
2008/10/31(金)
[日勤] 1,11時にインプラント除去処置後入院となる。口腔内出血なく酸素OFFで2時間安静となる。痛みあり食前に定期ロキソニン服用し、食事摂取する。14:15痛み軽減せずボルタレン2錠服用する。
    (08/10/31 奈良 恵子)
[準夜] 1,痛みはあるが定期ロキソニン使用しどうにか落ち着いていると。担当医に確認し、止血良好にて歯磨きも可と言われたと教えてくれる。  (08/10/31 山越 記代子)
2008/11/01(土)
[深夜] 1,眠前にボルタレン内服し夜間は痛みなくよく眠れたとのこと。起床後痛みありロキソニン早めて食前に飲まれており、食事摂取に向かわれる。  (08/11/01 松尾 雅子)
[日勤] 1,美容室など行かれほとんど日中は自室におらず。痛みは「ほとんどなくなりました」と話され、頓用のボルタレンは内服せず過ごせている。  (08/11/01 今野 知里)
[準夜] 1,就寝前に「保険のために(ボルタレン錠)飲んでおこうかな。」と話される。
        (08/11/01 今野 知里)
2008/11/02(日)
[深夜]   (加茂川 雅美)
[日勤] 退院される (08/11/02 高橋 奈月)
評価



改竄箇所

看護計画・記録(電子記録だが更新日時は消されていた)では

治療方針  右下顎6・7。左下顎4・5インプラント除去。処置後 2泊3日

と書かれているが、正しくは右下顎5・6。左下顎5・6インプラント除去である。
この看護計画・記録にある右下顎7にはインプラントは埋入されていなかった。
そして左下顎4は、左右共に現在も自然歯だ。
このような書き間違いのミス等はあり得ないが。

そしてお次は
「日々の記録」であるが

2008/10/31(金)
[日勤] 1,11時にインプラント除去処置後入院となる

と書かれているが、前日書いた麻酔記録では

Ope Time(手術時間)   50分 9:15(開始) 10:05(終了)
Anesth Time(麻酔時間)  1時間 9:15(開始) 10:05(終了)
となっている。
手術終了は10:05となっているが、看護計画・記録では入院時間は11時だ。
院内の移動でどうして1時間掛かるのか?
北大病院を端から端まで歩いたとしても1時間という時間は掛からない。
その他の看護記録内容も、勿論改竄されているが

おそらく慌てて改竄した為、このようなミスをしてしまったのだろう。

しかし、看護師本人らがこれらを改竄したとは思えない。

病院側は、職員と言えども医療過誤を公に話し、看護師に改竄を要求し協力させる事はしないだろう。

何故なら人の口を完全に塞ぐことなど不可能だし、病院を移るか退職した後で、情報が漏れる可能性が高いからだ。

一度漏れた情報は、瞬く間に把握が出来なくなる程広がってしまうというものだ。

おそらく、医療過誤事件を知る一部の人間らによって看護計画・記録も改竄されたのだろう。

この入院日数も2泊3日ではなく、入院日は10月30日なのだから、当然入院日数は3泊4日となるわけだが、10月30日の手術後から翌日まで、病棟ではなく何処かに私は隠されていた、ということだ。
本当に呆れる程、大胆な事をする北大であるが、我が身を守る為なら違法行為であろうが患者の命が危険にさらされようが何でもする、そのような姿勢の大学病院がこのような卑劣な事をするようでは日本の医療はもう終わっている。

ある人は、「まるで白い巨塔みたい」と言っていたが、そんな甘いものではない、実際は白い巨塔を遥かに越える出来事であった。

もし、この私が体験した医療の暗闇を映画化したいと思われる方がおりましたら是非ご連絡お待ちしています。
ハリウッドで映画化なんてどうでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/19(火) 09:53:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<問題 | ホーム | 権力者の危険性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/29-b170dcc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)