医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

犯罪にまみれ、権力を利用し悪を行う人間は去れ

安倍晋三カルト宗教である日本神道の靖国を参拝

前回、政治家は権力維持、宗教票獲得のためだけに宗教を利用している、と書きましたが

自民公明党らの悪知恵で作られた特定秘密保護法
民意を無視し、これを強行採決したことにより、国民はますます安倍晋三への嫌悪感を強めた(原発問題も国民の怒りの原因だが)。

そこで、支持離れを防ぐために安倍晋三は靖国参拝を強行、宗教利用は自民党の昔からのお家芸だ。
しかも安倍晋三は、この間は座禅を組んで仏教に媚を売ったばかり。

安倍晋三よ
仏教の坊主は神社参拝をするか?
神社の神主は寺で先祖供養するか?
どちらもNOだ。
なぜならば、仏教は日本神道を否定し、日本神道は仏教を否定しているからだ。

だから、仏教と日本神道両方を取り入れること自体があり得ないことなのだ。

そもそもであるが
神社が作られた目的は、全国民に天皇を崇拝させ、政治に利用するためだった。
そういった邪悪な目的で作られた日本神道は、宗教でもなんでもない、だから教義がなにもないのだ。
あるのは儀式だけなのだが、カルトとは本来そういうもので、中身(教義)が空っぽで何もないのが特長だ。

まあ、そもそも日本信神道と仏教両方を取り入れるように国民を誘導したのは戦前の日本政府(天皇)なのだが、そういった誘導に疑問すら持てない状態というのが、カルトによる洗脳状態だ。
国民も、なんでもそのままを信じてしまうのではなく、よく吟味し自ら考える力を身に付け、くれぐれも騙され政治利用されないで欲しいものだ。


さて問題の靖国参拝、もとい皇室問題だが
第二次世界対戦で敗戦した時、アメリカが昭和天皇に戦争責任を取らせる形で皇族廃止に持っていってくれた。
ここで、昭和天皇はやっと「脱現代神宣言(天皇は生ける神だと教え込み国民を騙し支配してきたが、やっと神ではないことを宣言した)」はしたものの、「皇室は国民の象徴(自称だが)」という訳の分からない理由をつけて残ってしまった、それで悪しき習慣が残ってしまったのだ。
そして、アメリカの指導のもと、表面的には皇室は政治に関わらない形をとっているが、結局いまだに陰の支配者だ。
まあ、その悪しき習慣も浩の宮で終わると思うが、宗教を使った国民支配や、宗教政治利用は昔も今も変わらない。


その安倍晋三による靖国参拝問題で
芸能人(女優なのか歌手なのかよく知らないが)春香クリスティーンさんがミヤネ屋で「もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか」という発言をしたことで、可哀想なことにネット上で絡まれてしまったようだが、
彼女の発言は正しい。

春香クリスティーンさんに絡み、彼女を非難した無知な人らはごく一部の人間で、政治に関わっている人(または公務員)や、自民党公明党らから税金をばら蒔いてもらっている団体くらいだろう。
そして同じ人が何回も投稿してブログ?を炎上させたんだろうが、こういった洗脳されている無知なカルト信者、または自民公明党信者らの戯言など気にしないで、自分で正しいと思ったことを信じて堂々としていて欲しいものだ。

ということで、春香クリスティーンさんの正しい発言を非難した無知な人らのために歴史的事実をざっと書いておく。

第二次世界対戦時、日本はドイツ(アドルフ・ヒトラー時代)と同盟を結んでいた。
ヒトラーは、強いユダヤ(暴力的ということではなく、優れていたという意味の強さ)に恐れを感じ、被害妄想から大虐殺に至り、その後暴走が加速。
次々と他国を戦争に巻き込み多くの外国人を虐殺し支配下に置いていった。
また、残虐な人体実験も有名だが、日本もこれらと全く同じことを行ってきた。

そういう残虐な行為(不法侵入、放火、殺人、強姦、窃盗などなどあげればキリがないが)を行った(行わされていた部分もあるが)日本兵を英雄として祀り、神扱いをしてきた。
だから靖国を参拝(犯罪者を英雄扱い)するのは、戦争犯罪に対して反省がないからだ、と当たり前のことを言われ非難されるのだ。

以上の内容(ドイツと日本は同盟を結び、ヒトラーと同行為を行っていた)から「もしもドイツがヒトラーの墓参りをしたら他国はどう思うのか」という意見は、過去の歴史的事実に基づいた的確な意見なのだから、一切非難されるものではない。


そして、これは中国、韓国だけの問題ではない。
真珠湾攻撃で、日本から卑怯な奇襲攻撃を受けたアメリカも、天皇政治による被害者だ。
そして日本はアメリカ兵捕虜に対しても、ドイツが行っていたような、目を背けたくなるような人体実験を行い、アメリカ人の生身を切り裂きながら殺していた。

よって安倍晋三の靖国参拝はアメリカからも非難されて当然なのだ。
安倍晋三靖国参拝に対するオバマ大統領の憤りもまた正しい。

安倍晋三のこういった軽率な行動は全て、外交に悪影響を及ぼしている。
だからアメリカの韓国に対する対応と、日本に対する対応は、同じ同盟国でも違っていて当たり前なのだ。

そして韓国は、アメリカに対して強い信頼がある。
何故ならば
知っているだろうが、終戦でやっと日本支配から解放された南(現韓国)に、今度は北朝鮮が侵略してきて、戦闘が始まった。
その時に、北朝鮮側を支援した国が、ロシアと中国。

韓国と韓国人を守るために、自分の命を投げうってまで韓国人と一緒に北朝鮮と戦い、韓国を助けたのがアメリカだ、だから韓国とアメリカは強い絆と信頼で結ばれている。
ちなみに、アメリカ兵が命をかけてまで助けたこういう行為によって、韓国にキリスト教が広まっていったそうだ。

それに比べ、薄っぺらい外交しかできず(外国にも税金をばら蒔くことしかしていない)、嘘ばかりつく安倍晋三(例えば、福島の汚染水は完全にコントロールされている、とか、ただの税金ばら蒔きをアベノミクスと言ってみたり)は、誰とも、どこの国とも信頼関係を築くことが出来ていないが、今後も当然無理だ。


中国が出してきた新たな防空識別圏の管轄権問題も安倍晋三は解決出来たか?
結局、日本はアメリカからそっぽを向かれている。
一方、韓国に対してアメリカは、韓国が新たに提出した防空識別圏を支持。
恥をかいた安倍晋三は、たくさんのお土産(多額の援助=税金ばら蒔き)をフィリピンに渡し、なんとか協力関係を結んだ。

しかし、お金で買収しても良好な関係や信頼関係など築けるはずがない。

そんな安倍晋三は、直接頼まれてもいない銃弾を韓国に送り、韓国からそれを突き返されて、またもや赤っ恥をかいている。

安倍晋三の考えは
これをキッカケにどんどん軍事拡大を計り、軍事費を増やすことによって軍事産業にも税金をばら蒔くことができる、それが自民党支持に繋がっていく、そう目論んだのだろうが、
過去の罪を放置しているままの状態で、どの国がこういった日本の動きを歓迎するというのか?
こういう安倍晋三の政治手法に賛同する国がある訳がない。

その前に安倍晋三は、武器輸出を禁じている「三原則」に反し、違法行為を行ったのだから、議員バッジを外して罪を償え。

それから、安倍晋三の得意芸、ばら蒔きで手なづけられる人間は、国内にしかいないってことをそろそろ悟れ。

しかし、お金だけの繋がりは脆いもの。
自民公明党が与党になりそうなときは支持してくれるだろうが、民主党や他の党が与党になれば、全員簡単に自民公明党からさっと離れていく。
そういう支持者(ばら蒔きを受ける企業、団体)は、本当の支持者ではないことくらい自民公明党らも十分分かっているはず。
だからお金(税金ばら蒔き)で繋ぎ止めようとする。
しかし、それは国民のお金であるのだから、国民のお金(税金)を盗んでいるってことに気づく議員は誰もいない、犯罪にまみれすぎて腐りきっているから。


話は戻り、憲法からみても安倍晋三の靖国参拝は違法行為だ。
そして、自民公明党が行っている宗教政治利用について
憲法にはどう書れているでしょうか。

憲法20条1項後段
「いかなる宗教も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」
3項
「国及びその機関は宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と定めている。

次に
神社本庁を母体とした宗教団体、神道政治連盟の会員になっている国会議員


国会議員懇談会会員261名(衆:191名 参:70名)

北海道
伊東良孝・今津寛・武部新・堀井学・前田一男・町村信孝・吉川貴盛(衆) 伊達忠一(参)

滋 賀
うえの賢一郎・大岡敏孝・武村展英・武藤貴也(衆)

青 森
江渡聡徳・大島理森・木村太郎・津島淳(衆)  滝沢求・山崎力(参)

京 都
安藤裕・伊吹文明・田中英之・谷垣禎一・宮崎謙介(衆) 西田昌司・二之湯智(参)

岩 手
鈴木俊一・高橋比奈子(衆)

大 阪
大塚高司・左藤章・竹本直一・とかしきなおみ・中山泰秀・原田憲治(衆)

秋 田
金田勝年・冨樫博之・御法川信英(衆) 石井浩郎・中泉松司(参)

兵 庫
関芳弘・谷公一・西村康稔・藤井比早之・山田賢司(衆) 鴻池祥肇・末松信介(参)

宮 城
秋葉賢也・大久保三代・土井亨・西村明宏(衆) 愛知治郎・熊谷大(参) 奈 良 奥野信亮・高市早苗・田野瀬太道(衆)
山 形 遠藤利明(衆) 岸宏一(参)

和歌山
石田真敏・門博文(衆) 世耕弘成・鶴保庸介(参)

福 島
吉野正芳(衆) 岩城光英・森まさこ(参)

鳥 取
石破茂(衆)

茨 城
石川昭政・梶山弘志・新谷正義・田所嘉徳・永岡桂子・額賀福志郎・葉梨康弘(衆) 岡田広・上月良祐(参)

島 根
竹下亘・細田博之(衆) 青木一彦(参)

栃 木
佐藤勉・船田元・茂木敏充・簗和生・渡辺喜美(衆) 上野通子・高橋克法(参)

岡 山
逢沢一郎・加藤勝信・橋本岳・平沼赳夫・山下貴司(衆) 石井正弘(参)

群 馬
小渕優子・佐田玄一郎(衆) 中曽根弘文・山本一太(参)

広 島
亀井静香・河井克行・岸田文雄・小林史明・中川俊直・平口洋(衆) 溝手顕正(参)

埼 玉
神山佐市・今野智博・柴山昌彦・新藤義孝・田中良生・豊田真由子・中根一幸・野中厚・牧原秀樹・三ツ林裕巳・村井英樹・山口泰明(衆) 関口昌一・古川俊治(参)

山 口
安倍晋三・河村建夫・岸信夫・高村正彦(衆) 林芳正(参)

千 葉
秋本真利・門山宏哲・齋藤健・櫻田義孝・薗浦健太郎・浜田靖一・林幹雄・松野博一・森英介・渡辺博道(衆) 石井準一(参)

徳 島
後藤田正純・福山守・山口俊一(衆) 中西祐介・三木亨(参)

東 京
石原伸晃・井上信治・大西英男・下村博文・萩生田光一・平沢勝栄・松本洋平・山田美樹(衆) 中川雅治・丸川珠代(参)

香 川
大野敬太郎・瀬戸隆一・平井卓也 (衆) 磯﨑仁彦・三宅伸吾(参)

神奈川
甘利明・河野太郎・菅義偉・田中和徳・星野剛士・牧島かれん・松本純・山際大志郎・義家弘介(衆) 小泉昭男・島村大(参) 愛 媛 塩崎恭久・白石徹・山本公一(衆) 井原巧・山本順三(参)

山 梨
長崎幸太郎・中谷真一・堀内詔子・宮川典子(衆) 森屋宏(参) 高 知 中谷元・福井照・山本有二(衆)

長 野
木内均・後藤茂之・小松裕・宮下一郎(衆) 吉田博美・若林健太(参) 福 岡 麻生太郎・鬼木誠(衆) 大家敏志・松山政司(参)

岐 阜
金子一義・棚橋泰文・野田聖子・藤井孝男・古屋圭司・武藤容治(衆) 渡辺猛之(参) 佐 賀 今村雅弘・保利耕輔(衆) 福岡資麿・山下雄平(参)

静 岡
井林辰憲・勝俣孝明・川田隆・城内実・塩谷立・宮澤博行・望月義夫(衆) 岩井茂樹・牧野京夫(参) 長 崎 北村誠吾・谷川弥一・冨岡勉(衆)

愛 知
青山周平・池田佳隆・伊藤忠彦(衆) 酒井庸行・藤川政人(参)

熊 本
金子恭之・木原稔・坂本哲志(衆) 馬場成志・松村祥史(参)

三 重
川崎二郎・桜井宏・島田佳和・田村憲久・三ツ矢憲生(衆)

大 分
穴見陽一・岩屋毅・衛藤征士郎(衆) 礒崎陽輔(参)

新 潟
石﨑徹・金子恵美・斎藤洋明・高鳥修一・長島忠美・細田健一(衆) 塚田一郎・中原八一(参)

宮 崎
江藤拓・古川禎久(衆) 長峯誠・松下新平(参)

富 山
橘慶一郎・田畑裕明・宮腰光寛(衆) 野上浩太郎(参) 鹿児島 小里泰弘・森山裕・保岡興治(衆) 尾辻秀久・野村哲郎(参)
石 川 北村茂男・佐々木紀(衆) 岡田直樹(参)

沖 縄

福 井
稲田朋美・高木毅・山本拓(衆) 山崎正昭(参)

比 例
赤池誠章・有村治子・衛藤晟一・片山さつき・佐藤ゆかり・水落敏栄・山谷えり子(参)

以上が、政教分離に違反している政治らだ(公明党も同罪)。
加えて、自称クリスチャン政治家も全員日本信道の会員だ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/12/28(土) 21:07:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本の政界から去れ | ホーム | 国民から貪る悪魔党の自民公明党>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/267-bc8ca435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)