医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

橋下徹氏発言について

連日マスコミや世間を賑わせている維新の会、共同代表 橋下徹氏、今度は、"国民には読解力がない、日本とアメリカには大誤報された"等と今度は被害者ヅラして八つ当たり、みっともないったらありゃしない。

橋下徹氏は、「日本だけが『性奴隷』といわれているが、違いますよ。沖縄でおこなわれていることを直視しろ。アメリカは過去を棚上げしている」と言っているが

これは、完全に論点のすり替えだ。
現在(遅すぎるが)、日本が解決しなければいけないのは過去の日韓問題であって、ここにアメリカを引っ張り出して非難してもなんの解決にもならない。

ここで、過去の歴史を調べて振り返ってみたいと思う。

まず日本が朝鮮王朝に対し、1876年に明け渡しを強要。
第二次世界対戦で日本が降伏するまでの期間(1910年から1945年)、韓国は日本の支配下で、天皇崇拝、日本の習慣、日本語の使用等を強要され、韓国の文化や歴史を捨てさせた。
そして、韓国人女性に対しても、日本軍の慰安婦にするために女性を要求、これを日本(軍)が認めていた。
この間、日本軍は韓国人に対し、暴行や虐殺などを行い、恐怖を与えて支配していたため、韓国の方々は日本軍になど逆らうことが出来なかった。

ざっとこんな流れですかね。

私が、橋下徹氏の見解に憤るところは多々ありますが、まず、日本は敗戦したんだから謝らなければいけない、という最初の言葉からして、もう考え方がオカシイ。

敗戦したから謝らなければならない、というなら、もし日本が戦争に勝っていたとしたならこれらの行為は謝らなくていい、ってことになる。
その考え自体が、そもそも鬼畜であり悪魔の所業と言わざるをえない。

以前も書いたが、これは人間の倫理観や良識の問題、勝ったから許される、負けたから許されない、というバカげたことで判断するようなことではない。

だから、私は橋下徹氏の考えは"子供以下だ"と前回書いたが、加えて言うならば、橋下徹氏のこのような考え方は、非常に危険な独裁者、ヒットラーにも匹敵するように思える(過去の天皇崇拝時代も同じようなもの)。

長くなるので今日はここまでにします。
明日は、江戸時代から、日本は国内でも女性をどのように扱ってきたか、を書きたいと思います。

この時代から見れば、国民性として、日本軍が韓国女性(韓国女性に限らずですが)の人権を無視し、人間扱いせず、女性を性処理の「道具」として扱っただろうことが推測出来ると思います。

ところで現在、日本軍から慰安婦とされてしまった韓国の女性が日本にいらっしゃってますが、日本人全員が事実を知るいい機会なので、韓国女性の方の全証言をカットせずに全国ネットでTV放送してくれませんかね。

是非、お願い致します。


それと、私は日本人(女)ですが、過去、日本が韓国の方々に行った残虐な行為に対して、日本人の1人として深くお詫びを申し上げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/05/20(月) 16:03:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬼畜 旧日本軍から慰安婦とされてしまった少女達の一生に渡る苦しみ | ホーム | 北海道大学病院の件で、厚生労働大臣 田村憲久氏宛に連絡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/197-59423cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)