医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

なんてこった

今日はトホホな話しです。

私は、北見市いのこ歯科医院及び北海道大学病院 歯科(馬渕亜希子氏 現在札幌市大通ルル歯科口腔外科クリニック)で受けた手術の後遺症で現在、開口障害、摂食機能障害(その他心臓他もろもろ後遺症あり)なのですが、600キロカロリーは薬で摂取、約1000キロカロリーくらいを頑張って経口摂取で摂っています。
目標は1日最低でも1800キロカロリーを摂るように頑張ってますが、、、それがなかなか摂取出来ない日もありますが。

そして、台所に立っていられる時間は約10分程度。

それ以上になると胸苦で立っていられないので、お粥、麺等の食べやすいものを10分以内程度で準備しなければならずなかなか困難な毎日なのですが、、、今日はおでんでも、と思い(具は噛まなくていいもの限定)水に大根等を入れインスタントのおでんの素を入れ、、と思ったら、インスタントのうどんの素を間違えて入れてしまいガックリ。
でもすぐ気付いてよかった。

ここでウルトラマンの如く私の体力のタイマーが切れ一旦布団に戻り、体力を回復させてからまた台所へ。
それからおでんのうどん汁を全て捨てまた水とおでんの素を入れ、、すっかり疲れて食欲が失せてしまいましたが、数日前おでんの素の箱にうどんの素も一緒に入れてしまった私がバカでした。

そんな、なんてこった、な1日でした。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/03(日) 18:15:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<死その3 加害者 | ホーム | 死その2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/03/04(月) 14:16:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
困難を多々乗り越えてこられたんですね。
読んでいて涙が溢れました。
私も様々な試練がありました。
生きる希望を何度も失ったこともありましたが、親しくしていた牧師が、「その経験は決して無駄にはなりません。苦しみを味わった人は、同じ苦しみの中にある人の気持ちを理解することが出来るんです。それはその人の大きな慰めや励ましになることでしょう。あなたにしか出来ないことですよ。経験していない人にはどう頑張っても出来ません。苦しんだ人だからこそ出来ることがある。」と(モルモン、ものみの塔とは関係ありません)。

患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。(新訳聖書ローマ人への手紙4章3.4)

あなた様は、多くの患難を乗り越えられたからこそ多くの命に希望を与えられているのだと思います。
それは素晴らしい品性ではないですか。

私はあなた様をご立派な方だと思いますし、心から尊敬しています。
  1. 2013/03/04(月) 15:13:42 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/151-cddaf83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)