医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

捏造

北大病院と全国健康保険協会北海道支部によるH20年3月分のカルテ及びレセプトの改竄とレントゲン写真の偽造
  
 北海道警察本部 捜査1課 担当刑事 佐藤けいすけ氏


カルテ記載者 
のだ(のだという人物とは会っていない)
事実は小松原浩実氏が診察をした(北大病院歯科診療センター在職)


カルテの記録 H20年3月

    H20年3月28日  
    初診                  273点
担                   12点
    HK)中断していた歯科治療を再開したい。
    オルソ(X線撮影パノラマ)       400点
                     のだ(サイン)

改竄箇所
    外来カルテは電子ではなく全て手書きなので読みにくい箇    所があるが。
    サインに「のだ」と書いてあるように見えるが、「のだ」    いう人物の診察は受けた事はない。
    実際は小松原浩実氏の診察だったが、別の人間のサインが    書かれている。
    また、明らかに小松原浩実氏の字とは異なるので、別人が    書いた記録である。



レセプトの記録 H20年3月分 社保のレセプト
1枚目
    実日数(受診日数)  1日
    初診 273      合計 273点
X線検査 
      画像診断管理加算 58×1
      内訳別記     400点
                      合計 458点 
    療養担当手当12×1      合計 12点
総合計  743点

 2枚目
    初診 電子化加算
    X線 パノラマ撮影
       デジタル映像化加算(歯科パノラマ) 400×1


改竄箇所

北大で提出してきたパノラマ全てが偽造であるが、北大病院は当時、歯科ではまだレントゲンはデジタル化されておらずアナログであった、と医事課の堀川氏が私に説明していたが、既にH17年8月からX線パノラマは全てデジタルとしてコストが落とされている。
そして、撮っていない、あるはずのない偽造されたデジタルのパノラマを渡された。
そのパノラマも、パノラマではなく顔面X線写真である。

この北大病院のパノラマ写真の偽造に協力した共犯者は、北見市にある松浦歯科医院 松浦信一氏と、麻生北見病院 歯科である。

そして、全国健康保険協会と札幌市がレセプトの改竄に手を貸したということになる。

このような悪質な犯罪を放置するならば、私のような犠牲者は今後益々増えるであろう。

被害者の皆さま、決して悪に屈することなく告発をし続けましょう。

裁判所に提訴する場合、基本的に私は医療過誤被害者は医療過誤を専門に扱う弁護士に相談するべきだと思う。
しかし、弁護士による二次被害(データーの改竄や、お金は支払ったが途中で放り出された等の)も多いようなので充分注意しなければならないが、無資格者では弁護士のように代理人になる事も出来ないし、それをしてしまえば違法行為になる。

そして、弁護士には守秘義務があるが、無資格者には守秘義務はない。
よって、無資格者に色んな事を話した後で、情報を漏らされても違法行為とはならず、自分の不注意という事になってしまうだけ。

私が一番警戒した点は情報漏洩。
基本的に、重要なことは人には話さない。
下手をすると、自分の情報を訴訟相手に漏らされてしまう可能性があるからだ。

詳しく訊きたがる人ほど要注意だ。
それが他人であり何の専門家でもないのであれば、なおさら要注意。

基本的に人に何かを訊かれて答えるときは、加害者に伝わってもいいような内容だけを話す。

しかし、そのような役回り(加害者の共犯者)の人間も哀れである。
加害者と同様、後で苦しみを受ける事になる。
それよりも、悪事には加担せず正々堂々と正しく人生歩いた方が、死ぬときに後悔することなく安心して眠れるというものだ。

悪い事をすれば、一生怯えて暮らさなければならない。
そこから解放される為には、被害者から赦された、という確信を得ること、それ以外に加害者は精神的な苦痛から解放される手段はない。

そして、加害者が頑なで傲慢な態度を取れば取るほど、自分の人生を自分で壊す事になる。


さて

レセプト(国保・札幌市役所)の記録
H18年12月分、H19年1月分、H20年10月分の傷病名に「天疱瘡」の記載あり。
H20年11月以降、レセプトの傷病名から突然「天疱瘡」が消える。

レセプト(社保・全国健康保険協会 北海道支部)の記録
H19年2月分、同年4月分、同年5月分、同年6月分、同年7月分、同年8月分、同年9月分、H20年3月分、同年4月分の傷病名に「天疱瘡」の記載あり。

H20年5月以降は、レセプトの傷病名から突然「天疱瘡」が消える。


勿論カルテの記録に「天疱瘡」の記載はないし、口腔内にも身体の何処にも水疱ができた事はない。

これだけの期間、歯科のレセプトでは決して記載される事のない傷病名「天疱瘡」が不自然にも記載されているのであるが、

札幌地方裁判所の不正裁判官ら3名
 
裁判長裁判官 本間健裕氏 
裁判官 大嶺崇氏 
裁判官 大塚穂波氏 

及び、札幌高等裁判所の更に酷い不正裁判官ら3名
 
裁判長裁判官 井上哲男氏 
裁判官 中島栄氏 
裁判官 佐藤重憲氏
らによって、公平、公正であるべき裁判所で犯罪の握り潰しが行われた。

これが、日本の恐るべき医療過誤裁判の実態である。

さて、北海道警察本部の佐藤けいすけ氏ら
これを警察が放置するのであれば日本はいよいよ終わりである。
弱者を切り捨て犠牲にする国に、国の繁栄はない。
どこかの独裁国家と変わりはないということになる。

表向き日本は法治国家であるが、弱者の訴えを切り捨て、権力者におもねり、法律を無視する裁判官らも警察も置くだけ税金の無駄というものだ。

しかも裁判官らはかなり報酬が高額なようだ。
警察だって、一般の平均年収より上回っているはずだ。
佐藤けいすけ氏は、給料が安いとぼやいていたが、その言葉に私は怒りを覚えた。

国民の健康、財産を守る姿勢のない警察と、不公平な裁判官であれば居なくてもよい。

弱者の被害を握り潰す金喰い虫、公務員よりも、民間に任せた方がが、よほどまともな仕事をするかもしれない。

とにかく国の機関がこのような事であれば、膿を出しきるメスが必要だろう。

まずは裁判所に、ビデオ録画の必要性をひしひしと感じた。
病院のあちらこちらにも、ビデオカメラが必要だろうと思うが。

それと、市民のレセプトを堂々と改竄した札幌市長 上田文雄氏は責任をとるべき。
不正を働いたレセプト協会もである。

そして消費税増税前に、このような不正をする公務員らに払う無駄な税金をまず削るべきである。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/07(木) 01:24:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先週土曜日の出来事 | ホーム | 有名な詩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/14-9f377afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)