医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

カルトと独裁と暴力

ここ最近、何やら高校教師だったりオリンピック強化選手の監督だったりと、あちらこちらで暴力沙汰が取りざたされている。

そもそも悪事は、こそこそ隠れてされる事が多い。
だからこうして問題が公にされ、明るみに出されると世間の目が向き、世間で騒ぎとなれば、結果として公平な判断がされることに繋がり改善しなければならなくなるのでよかったと思う(一時だけじゃないことを願うが)。

こういった事は以前なら簡単に握り潰されてきた事件だろう、、しかしまだまだ握り潰されている問題は山のようにある。

このような独裁日本の問題は、まだ一部しか公になっていない。
医療の問題等もまだ誰も手をつけようとする者もいないのではないかと思うが、この独裁体制によって、犠牲者は2重3重の苦しみを受けている。

何故このようなこと(握り潰し)が可能かと言うと、日本は民主主義国家ではなく独裁国家だからだ。
だからいとも簡単に問題を握り潰すことが出来る。
(歴史上、日本は天皇を神と崇め、天皇の言うことは絶対、と信じ込まされていた独裁カルト国家だ。現在でも、国歌の歌詞にはそのカルト性が表現されている)

日本は、公平、公正な国なんかではない、いつの時代も人の死を犠牲にして成り上がってきた国だ。
日本には、歴史上昔から負の遺産は数え切れない位あるが、誉められるような事などほぼ皆無だろう。
それが独裁カルト国家の真実の姿だ。

よって犠牲者はどんどん増え続けることになる。

何故日本は変われないのか?
それは、地獄を知らない人が多いからだと思う。
もし、悪事によって、死後、地獄で永遠に苦しまなければならない事を理解していたならば、もっと早くに悪事を止めていただろう。


さて自民、公明の独裁2トップは、今後どのような独裁っぷりを発揮していくだろうか、、
日本の借金を増やし続け、大事な税金をバラマキ続け、それでも何の反省もしてこなかった自公民。
おまけに国民は脱原発を訴えても、新たに原発を増やす発言は、国民の事などどうでもいいと思っているひたすら態度が傲慢な自民党の安部らしい発言だ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 18:53:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<権力と力と暴力 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/139-ef111693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)