医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学病院の改竄の証拠については、相手にまだ情報を与える訳にはいかないので、ここで書ける内容は一部になりますが、公開できる範囲で書いていきたいと思います。

H20年10月、北海道大学病院の歯科で、馬渕亜希子氏によるインプラント除去手術後、一度もレントゲンすら撮らないことを不信に思いH21年4月に札幌医科大学病院の歯科を受診。

21/4月24日
札幌医科大学病院 歯科口腔外科受診
担当歯科医 佐々木敬則氏

初診で顔面レントゲン撮影あり(歯科用パノラマではありません)。
「上が引っ張られている。」(上顎の歯肉部を指し下に引っ張られているという意味)
「(痛みの原因は)口の中が狭くなっているため筋緊張性の頭痛」
等の診断だった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 10:09:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌医科大学附属病院の診療録 | ホーム | 診療録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/107-f127ad33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)