医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

天皇家はユダヤ人ではない。その2 神社には近寄ってはいけない。 そして神社でお賽銭を投げ込む行為は神社及び天皇及びハイエナ議員を喜ばせるだけなので、国民は戦争法案(カジノを含めその他もろもろ)を拒否する立場であれば初詣には行かないことでその強い意志をはっきりさせることが大事

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/12/28(水) 17:40:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンタ / サタンクロースの正体 サタンの贈り物は「死」

もうクリスマスは過ぎましたが、念のために今日はクリスマス、サンタ(サタン=悪魔)クロースの起源について学者が説明している動画があるのでそれを貼っておこうと思います。

サンタはサタン(悪魔)の祭典です。
そしてサタンの贈り物は死です。



  1. 2016/12/27(火) 16:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「やりすぎ都市伝説 スペシャル4時間SP 2016冬12月23日」を観て、関暁夫氏の頭が悪いということはよくわかった

今月の23日に放送されたらしい「やりすぎ都市伝説 スペシャル4時間SP 2016冬12月23日」を動画で観たのですが、、、、、、、
う~ん、関暁夫氏、相変わらずの〇カでしたね。

まずフリーメーソン、イルミナティである世界を牛耳る大富豪デーヴィッド・ロックフェラーの件ですが、、関暁夫氏が言うには101歳まで生きている理由は心臓手術を6回行ったからということでした。
番組ではその臓器提供者は本人のクローンということを言っていましたが。

しかし最新のベンジャミン・フルフォード氏の情報によると、
ペンタゴンからベンジャミン氏にEメールが入り、デーヴィッド・ロックフェラーとナサニエル・ロスチャイルドとローマのオプス・デイ・バチカン組織の頭目ハビエル・Echevaria枢機卿 ローマ教の秘密結社チェウエリア司教が3人共皆殺された。と。

ちなみに、私が実際に会ったことのある最高齢は105歳の男性。特に臓器移植もせずに生きていましたから、ロックフェラーが101歳でもそれほど長生きという訳ではないと思います。今の時代はね。
むしろロックフェラーが101歳で6度も心臓手術していたならば、逆に弱かったってことでしょう。
世界には手術もせずにもっと長生きしている方もいらっしゃったと思いますから。

さてそのロックフェラーですが、6度も心臓移植を行っても誰かに殺されてしまえばひとたまりもなかったってことですね。
いとも簡単に死んでしまったようです。
まぁ、でも心臓を何回も取り替えて心臓は丈夫であったとしても、他が弱ってしまえば長生きできるとは限らないでしょうと私は思いますけどね。

そしてロックフェラーは世界中の人々をAI化させようとしているようですが、今回ロックフェラーとロスチャイルドが亡くなったことで、少なくとも自分達の身体はAI化させていなかったということは明らかですね。
確か以前、この関暁夫氏は人間がAI化すれば1000年生きられるようになる、なんてことを言っていたと思いますが、それらは明らかに嘘だった、ってことが今回のロックとロスチヤの死で明らかになったのではないでしょうか。
ということは、やはり人間のAI化は危険だということは明らかではないですかね。

では、何故支配層は人間のAI化を進めたがるのか。
それは明らかに、自分たちの思いのままに人間を支配するためでしょう。
それか、前にも書いたように人口削減の意図があるかもしれませんね。
チップと一緒に何を埋め込まれるか分かったもんじゃありませんし、
例えば、支配層側にとって都合が悪くなれば、チップを埋め込んだ人たちを自動起爆させ殺す、そういうことが起きてもおかしくありません。

それから、アメリカの大統領を今後AIにする、なんてことも言っていましたが、そんなものはパソコンと一緒で誰かが操作しなければ機械は自分から動くことは出来ませんからね、AIが人間を支配するなんてのはそもそも不可能なことです。
そして結局はAIを支配側がプログラミングをするのですから、AIが人間の上に立つのではなく、支配層が上に立ち人を支配することには変りないでしょう。
そうならないように私たちは抵抗しなければならないでしょうけどね。

それと、この番組で最も笑っちゃうのは火星への移住計画ですね。
関暁夫氏は「元々人間は宇宙人でしょ。人間の(組織の)一部が宇宙の星のどっかから飛んでそれが人間になった。」なんてバカ丸出しなことを以前から言っていて、本当にこの人うすらバカだなと私はこの言葉を聞いて思ったのですが、植物じゃあるまいしその組織の一部が勝手に人間に成長するなんてことがありえる訳がありません。
しかも、なんの欠陥もない人間の身体をもってしても、無重力で尚且つ空気もない宇宙空間をさまよって地球に落ちて来ることすら不可能、あり得ません。

ホント関暁夫氏、漫画の見過ぎですね。
例えば、妖怪人間ベムとか?関氏の頭の中ではあの漫画のように、液体が集まって人間になるとでも本気で思っているのかもしれません。
しかし、そういうことが実際には不可能であることは、多分小学生でも理解できると思います。
なので、多分あの番組はバカ対象に作っている番組なのかもしれません。

それから関暁夫の話を聞いて、関暁夫をせっせと洗脳しただろうイルミナティーもそこそこなバカだということも分りましたね。
あるいは日本人はバカだから、この程度のバカっぽい話でも日本人は喜んで聞いて信じるだろうとイルミナティは思ったのか。
だとすれば、日本人がバカだと思われた原因は関暁夫のせいかもしれませんね。

宇宙のどっかから人間の種みたいなものが地球に落ちて来てそれが育って人間になり人間が地球に住むようになった。だから人間はそもそも宇宙人って、、、
ホントバカすぎる話(もしくは日本人をバカにしている話)です。
まずどっかの星から飛んで来た、ってそれどこよ、って話です。

そもそもイルミナティ全員、ロックフェラーもロスチャイルドも火星にはそもそも人なんて住めないことは百も承知だと思いますね。
なぜならまず、地球がいつかは滅びることは真実ですが、その前に火星が先に滅びますから。
だから、火星ばかりではなく他の惑星にも人間が移住することなんてこと自体がまず不可能な話です。
その辺、イルミナティは分っていて日本人を騙しているんでしょうね~。
要するに火星移住計画の話は、バカな日本人向けの造り話しってことですかね。
他の国々の人々ならそんなことくらいは当然分かっていることでしょうから、火星移住計画なんてアホなことは他国では言わないでしょう。

それと、宇宙には宇宙人がいて、「ジョンFケネディは宇宙人を公表しようとして殺された。」と言ってましたが、ホントにこれもバカっぽい嘘ですよね。
ケネディが殺されたのはそんなアホっぽい理由ではありませんし、宇宙人も存在しません!!

それからぎょっとする関暁夫の嘘話はまだありましたね(イルミナティに騙されただけかもですが)。
これは前の番組だったかな(テレビは置いていないので動画視聴)、死海文書に記されている光の子と闇の子の戦いをもってきて、ロックフェラーはクリスチャンだから、光の子だ、と。
だから死海文書に書かれている光の子と闇の子の戦いは、ロックフェラーとテロとの戦いだ、なんて言っていましたがこれも悪質な嘘ですね。

そもそもロックフェラーは光の子ではなく闇の子です。
死海文書(聖書のことですが)で言っているのは、光の子とはイエス・キリストとその軍勢(天使たち)。
闇の子らは悪魔とその軍勢(人間を含めた)。

ロックフェラーやロスチャイルドはどちらに属するかというと明らかに闇の子の方に属します。
その理由は、そもそもイルミナティは悪魔崇拝者の集まりだからということと、まずロックもロスチャも死海文書で禁じられていることばかりを行っているからです。(要するに神に逆らう者、神の戒めを守らない者は闇に属する悪魔の子です)
例えば、人にお金を貸して利子を取ってはならない、というのも死海文書に書かれてある命令ですが、ロックフェラーは銀行家ですね。お金を貸し利子を得て莫大な財産を築いています。
そして、死海文書では金持ちは天国には入れず、地獄に落ちることも書かれています。
それと王族も裁かれることがはっきりと書かれています。
しかも、この光の子の戦いと闇(悪魔)の子の戦いというのは、人間同士の戦争のことではありません。
死海文書(新約)には人同士は争ってはならない、と書かれいていますから、そもそも死海文書では戦争を禁じています。
なので死海文書に書かれている光の子と闇の子の争いは=戦争のことを書いているのではありません。
よって、光の子と闇の子の争いは、ロックフェラーとテロとの戦いのことではありません。
そもそもテロ組織自体がロックフェラー、ロスチャイルドの私有の戦闘員ですから。

なので、この光と闇の争いは、イエス・キリストが悪を滅ぼすために行なう裁きのことですね。
勿論、最後に悪魔(軍勢、王族も)は滅ぼされ、火の池に放り込まれます。

これが最後の戦いになり、その後地球も太陽も月も全ての星々もすべて滅び失せます。勿論火星も滅びます。
その後はというと、新たな天と地が与えられて、いのちの書に名が記されている者(クリスチャン)だけが新たな地に移住することができます。
それ以外の人たちは残念ながら火の池行きなんですよ。だから、その前に皆さん、いのちの書に名が記されるようにしっかり準備して下さいね。

ということで、、、、、だから、火星に移住するなんてことはそもそも不可能なのです。

ロックフェラーは勿論そのことを知っていますから、知っている上で日本人を騙しているのですね。
それはなぜなのか、、、ですが、、、
多分、今度は宇宙開発という名目でそれを国家事業として立ち上げ(ひょっとして地球を守るためのグリーン化計画かもしれませんが、そもそもそんなものはほっとけばいいだけの話です。わざわざ人間の手を借りなくても自然は自ら元に戻る力があるのですから)、世界中の人々からまた支配層はお金を搾り取る予定だからでしょう。

まぁ、ロックフェラーとロスチャイルドは死んだということなので、多分、息子たちがそれをやるのかもしれません。

ということで関暁夫の頭が非常に悪いってこと、皆さんはもうとっくにお分かりでしょうけど、(宇宙のどっかから地球に人間の種が跳んで来た、ということをさらっと言ってしまえるほどのバカ)こういうバカに騙されるということは非常に恥ずかしいことだと思いますのでくれぐれもご注意下さいね。

でも多分、その内、関暁夫だけ火星に飛ばされるかもしれませんね。
そこは仮想火星空間でしょうけどね。(コリン星はもう無くなったようなので、新しく出来たらしいリュウチェル星〔ランド?〕かもですけどね、ハハハ)
  1. 2016/12/26(月) 19:39:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスを祝ってはいけない理由。そもそも12月25日はイエス・キリストの誕生日ではありません。

前回の記事で(「平塚俊樹先生(なんの先生なのか知らんが医療と法律に対しては素人のようだ) × 船瀬俊介先生 _ 医療過誤問題など」の動画から。平塚氏に騙されるな! (12/20)) 、
もう一つ付け加えなければならない注意点があるので書いておきます。
これは医療過誤被害者向けの警告なのですが、
この動画を観る限り、平塚氏は弁護士でもない、医療者でもないということですから当然守秘義務は科せられてはいません。
弁護士や医療者であれば法律で守秘義務が科せられていますから、相談者が相談した内容(もしくは診療内容)を他に漏らせば違法行為となります(それでもやりますけどね、何でもやりますよ。自分の地位を守るためやお金の為ならね。でも被害者は証拠をもって訴えれば必ず勝てます)が、しかし守秘義務のない平塚氏のような無免許者は、被害者の情報を加害者側に漏らしたとしても罰せられることはありません。
ここが素人に相談するリスクです。
おまけにこの平塚氏というのは医療側のコンサルタントを行い、医療機関側から収入を得ているわけですから、そのリスクはかなり高くなると思います。

それからネットには、「私も被害者ですから、同じ被害を受けた相談を受けています。」なんて情報もちらほら見えますが、こういうのも本当に要注意だと思いますね。
そもそも素人なので医療に関することを相談しても何も分らないだろうし、それが分らないと訴状すら書けない(そもそも無免許者が弁護士活動をすれば違法ですけどね)。
なのでこういう人たちに相談しても何の答も出て来ないでしょう。
要するに時間の無駄なだけな上に、大事な情報をペラペラしゃべられ漏らされる危険が高い。
よって私はそういう素人には自分の情報は一切話さない方がいいと思いますが、それでも相談する方はそういう危険を知っておくべきでしょう。

さてさて本題であるクリスマスの話に入ります。
私はもう20年くらい前だったか、それくらい前には既に12月25日がイエス・キリストの誕生日ではないことを、所属する教会の牧師から学んでいました(十字架すらキリスト教とは関係ないうえに、十字架は悪魔教である男根崇拝から来ているなど。他はキリスト教にはそもそもシンボルとなる(形をもつもの)物は一切ない、とかそのような基礎的な知識を牧師から学ぶ)

ではクリスマスとはどこから来たのでしょうか。
答は、一言で言うと悪魔教からです。では12月25日は誰の誕生日なのでしょうか。
以下、12月25日を誕生日とする悪魔教(太陽神や月、星々や獣、ゾロアスター教では火〔そして火も崇めているのはイルミナティ。カトリックもですが〕を神とする宗教)の数々

古代エジプトの神ホルスは冬至の12月25日生れ。
古代ギリシャの神ヘリオスも冬至の12月25日生れ。
クレコ・ローマンの神アポロも12月25日生れ。
ヒンズー教の神ミトラも12月25日に生れ。
ニムロドの化身であるバアル
バアルはニムロドの死後、母セミラミスに神格化され太陽神になったと宣言する。
そのバアルも12月25日に誕生している。
等々です。

カトリックが悪魔教をキリスト教に合体させたことは以前も書いたと思いますが、それを行なった人物はコンスタンティヌス(306年7月25日 - 312年10月29日西方副帝。312年10月29日 - 324年9月19日西方正帝。324年9月19日 - 337年5月22日全ローマ皇帝)。
キリスト教が入る以前、当時のローマが崇拝していた宗教は、バビロンの神ニムロド(太陽神、悪魔教)の生まれ変わりであるタンムーズで、その後タンムーズはサターン(土星。当時太陽は土星だと思われていた。日本神道もこの流れ)と名を変える。
コンスタンティヌスはローマを繁栄させるため、ローマに増え広がるキリスト教と元々あったサタン(悪魔)教を一つにして民を宗教で統一し治めていったのだが、それが後にカトリックとなった。
それから後に、この腐敗したカトリックから飛び出し、純粋なキリスト教を立て上げたのがマルティン・ルター(現在のプロテスタント)なのですが、その辺は多分世界史かなんかで皆さん学んだことでしょう。(ちなみにプロテスタントは人間を崇拝することはしないので聖人は存在しません。プロテスタントは牧師であっても信徒と同じ立場なので牧師は信徒の上司のようなものでもないという考え。なのでプロテスタントでは告解も存在しません。人が人を裁くことは神が禁じられているため)

その時、コンスタンティヌスはローマに元々あったバビロンの神タンムーズの(悪魔際)祭りの日を、キリスト教と合体させた悪魔教側の信者の要請によってキリスト教の祝いとしてしまった。
カトリックのクリスマスはここから始まったわけなんですね。

そしてカトリックはこの悪魔教サターンを聖ニコラウスへと変貌させていったわけです。
カトリックの聖人とされた聖ニコラウスは、クリスマスの日には良い子にプレゼントを配ったとしていますが(一方悪い子はサタンがつ去れりおしおきをする)、その聖ニコラウス寓話も、外部から充分な証拠をもって聖ニコラウスは存在しない人物である旨の告発をされたため、それを受けたカトリックバチカンは、最近になって聖ニコラウスが存在しなかった人物であったことをやっと認めたようです。
その結果、
バチカンは聖ニコラウスの聖人の称号をやっと取り消しました。
これに加え、第二バチカン公会議は、聖人がキリストを象徴しているのではなく、異教徒の伝統から生れた可能性まで告白しました。

これは上記に書いたように、ローマ皇帝コンスタンティヌスがサタン教にキリスト教を合体させた時、キリスト教に組み込んでしまった悪魔教の祭りの日のことですね。
その祭りでは、プレゼントを交換し、淫行にふけった。これが悪魔祭の内容です。
まぁ、キリスト教に悪魔教が入り込むことは既に聖書ヨハネの黙示録等で預言されていることなので、特にクリスチャンであれば驚くことはありませんが、聖書が教えた「悪魔が存在する」こと、このことを動画やネットを通じて伝えているのは皆クリスチャンの働きによるものですが(イルミナティの悪魔崇拝の件もまたその計画等も、全てクリスチャンが皆さんに警告する働きをしていますね)、クリスチャンはそれを伝える義務を負っている(悪に対する警告)ので今日は私もこのことを話題にしました。


なので、皆さん。クリスマスを祝うことは悪魔教を崇拝する行為となってしまうので、クリスマスを祝うことは絶対に止めましょう。

  1. 2016/12/22(木) 14:04:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「平塚俊樹先生(なんの先生なのか知らんが医療と法律に対しては素人のようだ) × 船瀬俊介先生 _ 医療過誤問題など」の動画から。平塚氏に騙されるな!

つい先日、船瀬俊介氏と平塚俊樹氏(誰なのか調べてみたら、医療側のコンサルタントらしい)の動画「平塚俊樹先生 × 船瀬俊介先生 _ 医療過誤問題など」を観た。
その動画では、平塚氏は「裁判官は原告(医療過誤被害者)が提出する文書なんか読んですらいないのだから、公平な裁判を求める方がおかしい。裁判官も裁判をたくさん抱えているんだから読む時間もない」、とか、「警察も事件をたくさん抱えているのだから、医療過誤なんか訴えたって扱ってくれる訳がない、そんな(告訴)ことをする方がおかしい警察は自分と交流のある人の事件しか扱わない。」
などいろいろと言っていたが、さすが法律のど素人ですね~。それらが全て犯罪、違法行為であることすら理解出来ないらしい。
まぁ要するに、毒饅頭(お金)をもらい医療側のコンサルタントをしているのだから、完全に医療側の飼い犬ってこと。

確かに医療側は自分らの権力を行使し、違法なことをやってまでも被害者側に勝つだろう。
しかし、被害者に裁判をされその悪を公にされることを一番恐れている。
だから裁判をしなければならないのだ。悪を闇にうもれさせてはならない。
でもまぁそれ(裁判)をやったらやったでまた新たな嫌がらせをさせるのだが、しかし提訴(民事裁判)を行ったり告訴(刑事告訴)を行なうことで、自分が遭った被害を誰にも文句を言わせずに公にすることが出来る。(裁判に関わる文書は裁判所では原則公開され、誰でも閲覧可能だし、裁判を誰でも傍聴することもできる。これが一番のメリット)

実は私の目的はそういうところにあり、次の被害者が私と同じ被害に遭わないようにするために私は提訴、告訴をし、その内容をブログで(警告、告発)さらに公にするという手段を選んだ。

お金の問題だけではない。それも確かに犠牲になっているのだが。なんせ医療過誤により就労不可能になる程重傷にされているわけですから。

それと、提訴のメリットは、医療過誤を起こした加害者を確実に退職に追い込むことも出来る。(実際に私が提訴した直後、医療過誤手術を行なった馬渕亜希子歯科医師はすぐ北海道大学病院 歯科診療センターを退職している)

要するに、加害者側は提訴や告訴によって何の影響も受けていないわけではなかった。
いや、それどころかかなりのダメージを受けただろう。
なので、医療側は提訴や告訴を一番嫌がる。
だからこのような飼い犬(平塚俊樹氏)を使って、裁判なんかしたって意味ないよ、警察に行ってもやってくれないよ、と被害者に提訴、告訴を諦めさるために嘘情報を流すのだ。

まぁ、船瀬氏はご自分のお子さんが昔、医療被害に遭われた経験がおありなようなので(提訴もされたようだ)、医療側が送り込んだこの騙し屋と対談をしたからと言って、船瀬氏がそちら側の協力につくとは思えないが。

なので、皆さん、このような助言には騙されないように気をつけて下さい。
医療側が一番嫌がることは、提訴と告訴をされ自分の行った悪が公に晒されることなのは明らかです。
むしろそんな被害の声がたくさん溢れ出せば、国会議員らがいくら医療側から多額の献金を受けている(医師会等)からといってもさすがに動かざるを得なくなる。
だから医療過誤被害者にはどんどん提訴、告訴をしてもらって、毒饅頭を食らっている腐敗議員らでも動かざるを得ない状況にし、被害の食い止めをしたいのだ。

それと私が、北見市にある いのこ歯科猪子光晴の代理人弁護士からの和解の提案を断ったのは「この件を公にしないで欲しい」という条件があったからです。
和解を断ったときに相手側(被告)弁護士は、「金額を上げるから」と毒饅頭の数を増やしてきたが、私はこれも断った。
結局、私はその判断をして正しかったと今も確信している。
なので、他の方にも和解は決してお勧めしません。

まぁ色んないやがらせや命の危険にもさらされますが。
しかも医療過誤で働けない状況、生活苦だったのだからお金は喉から手が出そうなほど欲しかった。
しかし、私はそれを(和解拒否)行なったことは正しいことだったと確信しています。
「強くあれ。……わたしはあなたと共に入る。」聖書より。

なので医療過誤被害者の皆さん。
ネットに流れる情報にはよくよく注意をして下さい。
そして、殺人医療を変えるためにも医療過誤に遭った被害者の方々たちはどんどん提訴、告訴をして下さい。
  1. 2016/12/20(火) 15:26:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランプは世界を崩壊させる。どうやら孫氏も共犯らしい。その他ベンジャミン氏に騙されるな。

アメリカの選挙後すぐに、私はトランプが1%側であることには変りない、とブログで書きましたが、やはりトランプが大統領になっても富裕層1%が世界を支配し続けることには変りはなさそうです。

今月17にアップされたベンジャミン氏と弁護士の和田氏出演の動画を観て思ったことは、やはりベンジャミン氏は悪魔教崇拝者である王族、皇族側、要するに1%側の広報部、宣伝マン、というか洗脳部隊かな、なんだなということがよく分かった。
まぁ、あの国家非常事態対策委員会の朝堂院氏自体が明治天皇の孫だということなので、当たり前っちゃあ当たり前なのかなと思うが。

イギリスのブリグジットにしても、あれも1%富裕層があえてやらせたことで想定内。
そしてブリグジットによって1%富裕層が株でまた肥え太り大儲けしたという話もあるので、今回のトランプ当選でベンジャミン氏が言うように民主主義が広がる、革命が起きるなんてことはまずないでしょう。
それから、1月にはヒラリー逮捕だの大勢逮捕者が出る、なんてことも言っていますが、そもそも悪魔教は、自分の血族を守ることしか考えない輩の集まり。
富裕層同士での争いがあり、その中に属する人物が数人逮捕されたとしてもそんなことは屁とも思わないでしょう。

それからベンジャミン氏が前から勧める能力主義はすでにもう30数年以上前に日本に入ってきているが、この能力主義によって日本の終身雇用形態が破壊され、派遣法導入前に大企業ではもう既に派遣が導入され始めた。
それが法制化されたのはその後になるのだが(小泉政権時代)。
その能力主義を導入した結果、どうなったでしょうか、、、それが今の貧困層拡大社会です。

能力主義がアメリカから入る前の日本社会は、安定した雇用が確保され、労働者の権利も守られたからこそ皆何とか家庭を築くことができたのだ。
しかし、それが破壊されたとき、要するに能力主義が導入された時、結局は1%の王族、皇族支配企業がより巨大になっただけ。
ですから、絶対にベンジャミン氏に騙されちゃいけませんな。

能力主義は耳ざわりはいいかもしれないが、結局それにより家庭が破壊され、生活も破壊されてきた事実がある。

そもそも能力主義と言うけれど、今の議員を見てれば能力主義がどういうものなのかが分かるだろう。
結局のところ能力など関係なく、男であれば上に上がるのに必要なものはコネの力。(安倍内閣もズバリコネ)
女であれば、上司に体を差し出してその報酬として地位をあげる。(安倍内閣も元愛人がぞろぞろだ)
まぁ、そんなもんです。

だから、皆さん王族、皇族のプロパガンダに騙されちゃいけません。

それと昨日、いい動画を見つけました。

ドナルド・トランプが生み出す、『すばらしい新世界』
↑このタイトルですが、これは皮肉でつけてますね。トランプが大統領になっても今までとは変らないってことを説明している動画です。



モノで支配する今後の世界。その結果は破滅です。
そしてどうやらソフトバンクの孫氏も支配層の共犯者らしい。
  1. 2016/12/19(月) 15:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は民進党(裏自民)が憲法9条を崩壊させる準備か?その他、関暁夫氏もいけにえ側。その他、神社で行われている悪魔崇拝儀式

まずは無事、プーチン大統領がロシアに帰れたようで安心しました。

さて、今日のニュースでは民進党が「皇室典範改正で対処を」 検討とありましたが、
実はこの本当の目的はこれではなく、この憲法の改正(改悪)をとっかかりにし、戦争を出来るようにするために憲法9条も変えてしまおう、どうもそういう魂胆らしいです。

恐らくこの時に終戦前のように天皇の権力を取り戻し、日本を独裁国家に取り戻すでしょうね。安倍晋三の「日本を取り戻す」発言はどう考えても独裁国家を取り戻す、ってことでしょう。
そしてまた、戦争によって他国に侵略し、国々を自らの支配に下に置く。そういうことでしょう。
一時、日本が中国と戦争をしたがり、石原慎太郎等がしきりに中国と戦争をする、と言ってみたり、自民も中国に対する危機感を煽る発言をしていたのも頷けます。

最近でも、中国、韓国、日本を1つにするという話がベンジャミン・フルフォード氏の動画から出ていましたから、結局、悪魔崇拝者天皇が、終戦前に韓国と中国を支配した時に戻したがっているということなんでしょう。
あっ、ちなみに私はベンジャミン氏のことを全面的に信用しているわけではありませんよ。
どう見ても王族、皇族側の協力者のようにしか見えないのでね。
しかし、プロのジャーナリストなので世界情勢に詳しい。
そんなところで動画は見たりしていますが、でも嘘も混じっているようなのでそこは騙されないように注意しては観ています。

そのベンジャミン氏の動画では、元々韓国と日本は同一民族だから言葉が似ている。初めて聞いても理解できる、なんて言っていましたがあれも嘘ですよ。
そもそも現在の韓国語であるハングルは昔からあった訳ではありません。
韓国がハングル語になったのは終戦後です。
悪魔天皇が韓国を占領した時、暴力と恐怖政治によって韓国人は強制的に天皇を崇めさせられ(ここで韓国の王室も消失)、日本語を話すことを強要された。
そして戦争が終り日本が撤退した後、元々韓国の母国語は中国に近い漢字を使用していたが(日本語の漢字も中国からのもの)、侵略によって日本人に虐殺、虐待された韓国人は日本人と同じ漢字を使うのを嫌い、それで元々の母国語を捨ててハングルを作った。
これが真実です。ってかこれくらいのことすら皆知らないのかな、、、そんなことないよな、と思うんだけど、念のために説明しておきました。
その日本にまた支配されるのは韓国国民が絶対に許さないだろうと私は思うけど。中国もだけどね。

しかしさすが裏自民党である民進党ですね。
民進党の中身はやはり自民そのものです。
まぁ、どこの政党がやってもたいした変りはないと思うけど、、、自民党っていうよりも天皇党と言ったほうが正しいだろうけどね。

以下、今日紹介する動画は
「上級者以外視聴完全不可 イルミナティとは」
上級者と書いてありますが、「やりすぎ都市伝説」を皆さん観ていると思うのでそれを観ているならば簡単に理解できると思います。
時間は約10分程度なので、是非視聴してみて下さい。
支配層が最終的になにをするかが語られています。
YouTube
上級者以外視聴完全不可 イルミナティとは



恐らく関暁夫も騙されて利用されるも最終的には殺される側ってことですね。悪魔教は、常に人間の生贄を捧げなければならないのですから。
悪魔教信者は自分の血族が絶対なので、関暁夫も最終的にはいけにえになるのでしょう。
なんたって、血族に拘るのが悪魔教です。日本の天皇家もそうですが。
なので最終的に助かるのは、悪魔崇拝者であるトップの人間とその血族だけ、ということが語られています。
「それがバレると我々はどこにも逃げようもないし、隠れることすらできない。だから絶対にそれを知られてはならない」、ってイルミナティトップが密約していることが暴露されています。
ちなみに
こちらの動画では、日本の神社は悪魔のシンボルの満ちており、悪魔儀式が行われていることが説明されています。
まぁ、多くのキリスト教の中にも悪魔教が入り込んでいるようなのですが、それも以前説明した通りですね。
だから常にクリスチャンは、目を覚まし(霊的に眠らないように)、悪魔教と一緒に地獄に引きずり込まれないように気をつけなければいけません。

では
六芒星の真実//世界共通シンボルが明かす「鞍馬寺」の悪魔崇拝 YouTube



  1. 2016/12/18(日) 11:20:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イルミナティの「MKウルトラ」洗脳計画 。 その他 アメリカ軍は犯罪者を生み出す働きしかしていない(日本もそうなる)

今日はイルミナティーの「MKウルトラ」洗脳を紹介します。
Eden Media



悪魔教である富裕層は奴隷にする人物に、性的虐待を含めた拷問を行い苦しみ与える。
虐待を受けている被害者は、監禁や兵糧攻めにより逃げ出せない状況にされる。
そして被害者は、拷問を何度も繰り返されることによりだんだん人格が壊されていく。
そして壊されたときに自己を失い空っぽになっていく。
被害者が空になった(人格を失った)時に、洗脳する者(虐待者)は悪い人格を被害者に新たに植え付ける。
被害者は、虐待により憎しみを持つようになるのであるから、被害者が破壊的になるのは当然と言えば当然のことだろう。
しかし、自己を完全に失うことは不可能であるがゆえに、被害者は元々の自己の人格と、虐待により新たに洗脳で植え付けられた破壊的な人格を持つようになり、被害者は多重人格で苦しむ。
その新たに植えられた人格とは、虐待によって植え付けられた人格なので被害者は強暴な人格を持つ。
この虐待時には麻薬等が使用されるようなので、被害者はドラッグ中毒者になってしまうようだ。

ではなぜ故にそのような洗脳が要なのか?
それは富裕層(王族、皇族)が行っている悪魔崇拝のためなのだ。

悪魔の意味は、破壊者という意味である。
人を滅ぼすために、悪魔はその餌として人間には権力と財力が与える。
要するに人の命(たましい)と引き換えに、権力、財力、それを得るための知識を与えるのだ。
ちなみに、芸能界で売れるためにはこの悪魔の儀式を受けなければ売れないらしい(受けるとヒットが約束されるらしい)
しかし、この悪魔教を受け入れてしまうならば最終的には命(たましい)を奪われる。
悪魔教崇拝者の行く先は地獄なのだ。

前に書いた記事
地球を崩壊させようとしているシヴァ神(破壊の神、悪魔)崇拝化学者らが欧州原子核研究機構( CERN )で行っている危険な実験。世界中で起きているUFO騒動や悪霊現象はCERNが作り出していた。悪魔と化学を融合させ人々をも滅ぼすCERN

これも悪魔から得た知恵によってだろう。
多分、インターネットやウイルス等も恐らく悪魔から得た知恵により得た技術だろうと思う。

富裕層の1%は自らの命を悪魔に渡した上に、人間の生贄を捧げ続けながら権力と富を持ち続けている。
この祖始となっているのが前にも書いたがノアの3人の息子であるセム、ハム、ヤペテのうちのハム(その子孫も呪われた)と最初の権力者となった二ムロデだ。

この悪魔崇拝者二ムロデの子らとなっている悪魔の子ら富裕層(王族、皇族ら)が多分、次に私たちに押しつける計画は人間のロボット化計画とバーチャルな世界なのだろう。
最初は軽く人体にチップを埋め込むことから始まるだろうが、そのことにより完全に私たちの動きは掌握された上にコントロールされるようになる。
その次の段階は、永遠の命や高性能な新たな身体が手に入れられる、という甘い言葉で手や足が機会に代わり、脳にはコンピューターが埋め込まれる。
しかし、それらの機械が本当の命に取って代れると思ったら大間違いだ。
騙されちゃいけません。
なぜならもし機械を動かすためのエネルギーが止まったり、もしくは機械が壊れたりした場合はそれで終りだからだ。
そもそも人間の体には恒常性を保つ機能、すなわち自己免疫によって自分を元に戻す機能、癒す機能が備わっているのだが、機械にはそれがない。
だから機械は天然の人体にかなうわけもないのだ。
そして、機械には命が存在しないのだから、いくら頭脳をコンピュータに変えたとしてもそれが永遠のいのちに取って代ることなど不可能なのだ。
勿論、個人のデータはコンピューターに蓄積されるかもしれないが、それが本物とはなり得ない。機械はどこまでいっても生身の人間にはなり得ない。
もし人間のたましいや感情までもが完全に機械に移せると考えるのならば、富裕層が自分の身体でやればいい。
それを人に勧めてやらせるというのは、支配する目的があるとしか思えない。

よって、人間のパーツを機械に変えたとしても永遠の命など手には入らない。
だいたいパソコンにいのち宿っていると思うか?
機会にいのちが宿るなんてことは永遠にあり得ない。
だから、絶対に皆さん、騙されないで下さい。
身体にチップなんか入れちゃいけない。高性能である生身の体を部品と交換してはならない。

では、なぜ「やりすぎ都市伝説」の関暁夫はしきりにこれから起るであろう人間のロボット化を推奨しているのか。
関暁夫は恐らく1%富裕層の意向を汲んでやっているのだろう。
富裕層が崇拝している悪魔教の生贄となる人の命(たましい)を甘言で悪魔教富裕層に渡すために関暁夫は人を騙して洗脳し、悪魔教のお手伝いをせっせとしている。そういうことだろう。
そういうことが結果としてニューワールドオーダーを実行しようとしている人口削減のためになる。

なぜならば人間の体にコンピューターを埋め込めば、それを富裕層(もしくは雇専門家)が管理することになる。
そうなると生きる死ぬも富裕層の意志一つで決められることになる。
だから結果的にロボット化を受け入れる行為は、自分のいのちを富裕層に渡すということになる。
そして、富裕層は私たちを生贄を欲する悪魔儀式のいけにえにする。


話は戻るが
MKウルトラ洗脳のやり口なのだが、これは軍隊にも似た所があるのではないだろうか。
訓練と称した軍隊の演習はまさに虐待のようなもので、そういうことを毎日毎日繰り返し行うより軍人の人格は崩壊し、その結果、戦地で民間人をも平気で殺せるようになるのではないか。

そして、軍人は退役した後も大変だ。
徐々に虐待洗脳が解けていったとき、自分がそれまで行って来た戦地での殺戮を思い出す。
その結果、嫌悪感、罪悪感に苛まれ、自殺してしまうということにもつながってくる。

または、軍によって植え付けられた暴力的な人格により、家庭内暴力を起す退役軍人や、最悪の場合は犯罪に走る者も出て来る。
沖縄で起きた事件などは、アメリカ軍が軍人を狂暴にしたから起った、そう言えるのではないだろうか。
要するに、軍は犯罪者を生み出す結果となっているということだ。

だから、本当に軍というのは人にとって何のプラスにならないのであるから、即刻全世界から軍隊をなくさなければ本当の平和は来ない。(軍を廃止にすれば軍産複合体も消失する)
  1. 2016/12/16(金) 18:23:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の3バカトリオ(安倍晋三、稲田朋美、米海軍トップ、ニコルソン)に素敵な言葉をプレゼント 「男、高慢な男、ほんのわずかな間、権威を身につけて……。怒っている猿のように、高い天の前でとんでもない悪さをする。天使たちを泣かせて」(シェークスピア)。 

ロシアのプーチン大統領が無事来日したようだ。
なにはともあれ何事もなく到着したので、ほっと胸をなで下ろいている。

がしかし、来日前にプーチン大統領が読売新聞の取材に応じ、日本に対して「ロシアに領土問題はない」と言ったのだから、さぞかし愚かしい安倍晋三は顔面蒼白、真っ青になっただろうが
果てしなくプライドだけは高い安倍晋三がこの会見の内容に怒りまくり、安倍がプーチン大統領に対して、日本に滞在中になにかしでかさないかと逆に心配になる。

まぁ領土問題に対しては、自身の保身のために戦争犯罪者である悪魔教天皇が自分の命を守るために(戦争責任から逃れるために)ロシアに北方領土を自ら差し出したのだから、今更「北方領土を返せ」という事自体が無茶苦茶すぎる話だ。
私たちでも一度人にプレゼントしたものを「やっぱり返して」なんてそんなバカなことは絶対に言わないはずだ。
そういうバカな話ができるのは、既に狂っている悪魔教天皇家や天皇のお抱え政治家くらいなもの。

日本政府(天皇)は事実を隠蔽して嘘話を捏造し、「(北方領土は日本が差し出したのではなく)ロシアがいきなり侵略して来てかすめ奪っていった」とありもしない話で国民を騙し、国民を巻き込んで北方領土返還を訴え出した。
それに乗っかる日本国民も愚かとしか言いようがないが。

それと、プーチン大統領がこの時期にはっきりと北方領土に対する見解を述べたのには他にも理由があるだろう。
それは間もなく来るロシアの次期大統領選挙のため。
大統領選が近づいているこの時期に、プーチン大統領が日本に北方領土返還の話なんかすると思うか??
思おうとしたら、相当バカでしょ(安倍)。
まあ、自分のことしか考えられない安倍晋三が、誰でも気づくようなそういうことにすら気づくわけもないのだが。恐ろしく自己中心なので。
そもそも北方領土返還に大反対のロシア国民が、プーチン大統領が日本に島を返還するなどと言ったならばプーチン大統領の支持率がガタ落ちすることが明らかなのにもかかわらず、この大事な時期にプーチン大統領が北方領土返還の話を進めるわけがないょ。そんなこと素人でもバカでもわかるわ。

それから
バカついでにもう一人のバカ

「戦死は魂が浄化する」というとんでもない悪魔教そのまんまの発言をしたオカルト崇拝者稲田朋美

コントロール不能により落下してめちゃくっちゃに大破した未亡人製造飛行機と言われるオスプレイに対し、あれは不時着だ、と言い張る。

軍産複合体から一体いくらワイロを貰っているのか知らないが、この日本語を知らないワイロ死神稲田朋美が防衛大臣をしている限りは、命がいくつあっても足りないだろう。

それからおまけに在日米軍もとんでもなくバカ揃い。
在沖米海兵隊のトップ、ニコルソン四軍調整官
「パイロットは住宅地である普天間を避けて、沖に着水した。住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ。パイロットはヒーローだ」
と発言したと。
この発言に怒るのは沖縄県民だけじゃない!!
日本国民全員が激怒しているだろう。勿論、私も怒りマックスだ。

そもそも米兵にお金を出しているのは日本国民なんだから、日本国民が雇用主のようなもの。
その国民から米軍は給料を出してもらっておいて、オスプレイ事故を起こした上に謝罪もせずに逆ギレ、おまけに感謝しろって一体どういうことなんだ??
そもそもそんなポンコツオスプレイを2倍高値で(ワイロ代込になって高値になったらしい)日本に納入すること自体が間違ったことなのだ。
それなのにもかかわらず、ポンコツを高値で買わされt上に事故を起こされてなんで国民が米軍に感謝しなきゃならないんだ??
まったく意味がわからん!!

この3バカトリオ(安倍晋三、稲田朋美、米海軍トップ、ニコルソン)に今日は素敵な言葉を贈ろうと思います。

「男、高慢な男、ほんのわずかな間、権威を身につけて……。怒っている猿のように、高い天の前でとんでもない悪さをする。天使たちを泣かせて」(シェークスピア)。
まあ、サル以下だと思いますが、とりあえず米軍は全員1日も早く自国アメリカに帰ってからアメリカでオスプレイを飛ばして下さい。(なんなら自分の自宅の上空に限って、自分の庭の上だけでオスプレイ遊びをして下さい)

それから、こういうトラブルを起こすオスプレイは普通全機返品でしょ。
これから納入予定のオスプレイも全て契約解除、解約するのが当然だよね。
  1. 2016/12/15(木) 21:26:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球を崩壊させようとしているシヴァ神(破壊の神、悪魔)崇拝化学者らが欧州原子核研究機構( CERN )で行っている危険な実験。世界中で起きているUFO騒動や悪霊現象はCERNが作り出していた。悪魔と化学を融合させ人々をも滅ぼすCERN

今日は、学者らが開けた地獄の扉の話を紹介します。
Eden Mediaより

CERN / 地獄への扉 (2015) [日本語字幕]



欧州原子核研究機構( CERN ) 世界最大規模の素粒子物理学の研究所が行った愚行
要約
スイス(サン・ジュニ・プイイ フランスの国境付近 古代名はアポリアカム(解決の方途が見出せないことから生じる困難という意味))の地底に位置するこの27キロ周囲の加速器
そこには4つの衝突地点が存在し、光速もしくはそれ以上の速度で陽子が衝突する。
この衝突を発生し、宇宙の起源となった要素を探ろうとしている。

この実験で実際に起きている事件を紹介する。
この実験が行われている周辺では様々な摩訶不思議な事件が起きている。
科学者たちからすると予想外のもので化学的には説明できないことだ。
幽霊や様々な悪霊がはっきりと現れる現象が続いている。

CERNに置かれたシヴァ神(破壊の神)を見、実験の正体を理解する。
破壊を行うことによって再び創造(ヒンズーの3神、破壊の神はシヴァで、ブラフマーは創造の神)する。
従ってCERNに送り込まれたヒンズー教の科学者達は、CERNに置かれたシヴァ神を見、実験の正体を理解する。
その行為により、すべての起源を知り得る。

次は科学者たち。平均知能指数は160から200、それ以上かもしれない。
世界中で最も頭の良い人々だ。
彼らはシヴァ神を拝み、踊りを捧げる。
彼らは間違いなくシヴァ神(破壊をもたらすものは全て悪魔教なので、ヒンズーも勿論悪魔教、サタニスト)と交信している。
実験で、陽子の衝突が行われた時、彼らは目撃する。
見たのは幽霊。予想とはつじつまが合わなかった。
しかしその真実を否定出来なかった。
説明不可能な事態が起きた。恐怖に怯えた。
科学者達は常識範囲外の現象に遭遇すればそれを消去する。


ホーキング博士曰く
「神の粒子(ヒッグス粒子)、CERNが発見した『神の粒子』は宇宙を破壊する恐れがある」
「今現在CERNで行われている実験はこの世の終りを脅かす脅威である」

「あなた達は、パンドラの箱を開けようとしているのだ」
一度開封してしまうと戻すことは出来ない。

ホーキング博士は無神論者だが、CERNスイスで行われる実験は地上に地獄の扉が開かれると。

天体物理学者ニール・デグロス・タイソンも警告を鳴らします。
「CERNの人間は地球を爆発させたいのだろう。なぜならこれは人的構造でビッグバンを再現する危険な試みだからです」

ホーキング博士も恐れるわけです。

彼らはこの実験を通し、すべての存在の起源となったビッグバンを再現しようとしているのです。

しかしこれらか行われる「偽りの時代」を演出するには美味しい材料なのだ。
その「偽りの時代」とは人類史上最悪だ。
「偽りの時代」を演出する要素がCERN」の実験にある。
最終的には実験の成果が謎の霊をもたらしたと人々を納得させる。

NASAがこのような発言をした。
「2020年までに必ず宇宙人に遭遇するであろう」と述べたのだ。

これから起きる事件んも時間も設定済みなのか。
そしてこの地球外生命をうまく利用するだろう。
地球外生命体など存在しない。
UFOや円盤、そしてスペースシップ
これらは全て悪魔(ヒンズー教が作り出したもの)
「大いなる偽り」の始まりだ。

科学者達は自分たちの分身ともいえる実験の分析結果や研究所に不可解な現象が襲う。
その結果、科学者達は摩訶不思議な力を信じざるを得なくなる。
そして、霊的な存在を受け入れるようになった。
その証拠としてシヴァ神に破壊の踊りを躍らせ、新たに創造させる。
それ(新たな創造)は地獄の扉だ。

化学と技術を利用し、我々に宇宙人(本当は悪魔)を押し付けようとしている。
実際はこの地底にある加速器の衝突が、悪霊の根源となる。
その結果、この世界に悪が蔓延るようになる。

現実は物質で構成されている。見えないのは反物質。
反物資を異次元と捉える人もいる。
そこは想像もつかない敵意に満ちた空間だ。
従って肉体の世界にも反物質の影響がある。
悪霊や同様のパラノーマル現象は、反物質にひかれる。
生産されたすべての反物質が、我々の次元に挿入された時、異次元の物体を引き寄せる。

CERNによって何が?
人間が反物質を生産する事を可能にする。
ダークマターが創出される。
CERNはすでに、過去の実験からパラノーマル現象を公表している。
(CERNは)反物質を無から作り上げている。
その結果、反物質には特殊なエネルギーが存在する事に気づいたのだ。
そしてそのエネルギーを検知し、抽出しようとしている。
このエネルギーの危険性には人間の精神状態が関係する。
実験の末、パラノーマル現象の理由を突き止めた。
CERNで行われる実験では、陽子の衝突が行われる。
結果、ダークマター(反物質、悪魔、悪霊のこと、悪霊にはエネルギーが付着していて人間に悪影響を及ぼす。あるいは発狂する)が大量に生産される。
その量は増加し、放出されるエネルギーも増加する。
その暗いエネルギーはこの次元に放出、その結果は?
1、人間の胎内に潜むダークエネルギーが稼働し始める。
2、人々にとって、自制とコントロールが困難になる。
3、乱暴になる。
4、内面的にも闇に包まれ、悪夢に悩まされる。
こうした事象が明るみに出る。
これらはすべて定量化可能で過去の事例もあり、その件数は増加する。
間違いなく影響を及ぼす。

そしてCERNが生産する反物質の1グラムは、広島と長崎を爆破した威力の4倍になる。

  1. 2016/12/13(火) 19:10:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わざわざ中東で石油を輸入しなくても石油は日本で作れる。毒饅頭政治らを追い出し、良い政治を


「アメリカ帝国秘儀」の著者 ジョン・パーキンス氏の出演 約20分くらいの動画です。
YouTube
「テロリストの黒幕はアメリカとイスラエル」スノーデン氏の先輩の内部告発(経済テロは気付きにくい)



要点
・中東戦争は
建国時から最大の油田地帯の中心部に支配層の砦を築くためだった。
・支配層とは多国籍企業のことであり、世界の首脳は多国籍企業の遣いッパシリ。
・都合が悪くなった人間を殺しているのはCIAではなく、多国籍企業だった(これはイルミナティの世界中の王族や日本の天皇一族のことでしょう)。
・世界中の国王や天皇(悪魔教イルミナティのトップ支配者)ははもはや疑心暗鬼であり、特定秘密秘密保護や、国民を監視する盗聴法等は権力者に歯向かってくる民衆を特定し、消すためだった。
・その殺人を請け負っているのはCIAではなく、大手企業だった(ここにはやくざや医療機関も含まれるでしょう)。

さてさて、TPPがまた安倍晋三によって強行採決されました。
結局、TPPもFTAもTPIPもこれらはすべて味噌クソではなく、どちらもクソクソではないか。
この2つの汚物のような法案のどちらかを国民のためにではなく企業のために選ぶ、結局そういうことでしょう。
アメリカにとっては自由貿易協定が2国間になった方が優位になるようではあるが(TPPの方が2国間の協定よりはちょっとはマシという程度)、いずれにしてもFTAであってもTPPであってもどちらにしても国民にとっては有り金をむさぼられた上に借金まで背負わされることになる。

どうしてこうなるかというと、やはり大手企業による政治献金という制度が一番の問題なのだと思う。
大手企業から差し出された毒饅頭を政治家らが喰らい、そのツケを国民が支払わされるからだ。

なので、企業による政治献金という制度と天皇制を廃止し、一部の人間らが延々と国民から搾取したお金で権力を持ち、全てを支配し続ける権力を剥奪しなければ、いつまで経っても支配者が国民を支配する体制は変っていかない。
特に天皇制(王族、貴族)なんていうものが一番やっかだ。
結局日本の天皇を含めた世界中の王族、貴族らが結局は大手企業のトップに立つことになるからだ。
しかも、憲法によってその身分は永遠に保証されている上に、なんの権利なのか知らないが毎月国民は天皇だけでも1億円もの給料を支払わされている。

こんな権力欲と金銭欲にまみれた悪魔教イルミナティである天皇一族を、未来の子供たちにまで残すわけにはいかない。

そしてもう一つの癌は中東の王族らです。
この王族らの石油利権があるために、この日本も多額のお金を中東の王族から貪られている。
この強欲な世界の癌の石油による支配も終わらせなければならないのだが

ここでとっても重要な動画を見つけましたので、これも是非ご覧ください。

ブログ 「神と悪魔の狭間で…」から以下引用
神と悪魔の狭間で…

では、激変する状況の中で崩壊後の世界を鑑み、我々「日本丸」は何をしておくべきか?と言うと、絶対に「エネルギーの確保」です。「エネルギー」と言っていますが、ここで指しているのは最重要戦略物資である「石油」です。例えば石油(重油相当)を作る藻「オーランチオキトリウム」などでは、日本の休耕地のたった5%で日本が必要とする石油全てを賄う事ができ、それ以上なら日本は産油国になれます。1000億円をかければ6年で出来るんです。もし2000億円かければもっと早く出来ることでしょう
ハッキリ言っておきます!

日本は 既に..

ほぼ無尽蔵に 石油(=高品質な重油相当の炭化水素)を

生産することができるようになりました!!!

現実的に 日本は『産油国』になれるのです!!

この「事実」を 全日本国民は知っておくべきです!


産油国では 教育と医療は 無 料 が基本で

【 増 税 】などあり得ません!!


日本の産油国化計画は

増税論議の前に検討されるべき案件です


皆さん考えてみてください。今回の円高の為替介入で何兆円も融かして更に、EUに対しても援助しようとしているんですよ。世界の金融は既に一蓮托生の関係にあるのでEUへの援助も理解できなくはありませんが、何兆という金額が一瞬で消えてゆくような政策がまかり通る時、1000億円程度で「日本が産油国になる」ことがまったく議論にも上がらないというのは一体どういうことでしょう?!!





1000億円なんて 独占企業で「宣伝」の必要がない東京電力が「原発は安全神話」を築き上げるため毎年、電通に支払ってきた「広告費」(=洗脳費)じゃないですか。我々が払ってきた"電気代の一部"ですよ!表では1000億円と言われていますが裏では1500億円とも3000億円とも言われています。そのくだらないお金をまわしてもらえば出来るのです。1000億円を5000億円にして3~4年で完成の目処でもつければ、国民にも「希望」が感じられることでしょう。その少しでも冷静になった頭で日本の未来を真剣に考える必要があるのではないのでしょうか?!!

世界経済の収縮から、原油価格の暴落も勿論考えられますが、アメリカが原油掘削にかけたコストを考えると、この国家デフォルト騒動の最終段階からアメリカは自国の石油を解禁してくるとみられますが、その値段は1バーレル=150~200ドルといわれており、混乱した中東情勢がこの原油価格暴騰の引き金として用意されていることは容易に想像がつきます。中東からの石油に96%以上も依存している日本には何が起こるでしょう?

エネルギーが自給できれば、そのエネルギーを使って食料も自給できます。エネルギーと食料の自給率が100%になって、はじめて「独立」という言葉が使えるのです。

続きはブログをご覧ください。

どうでしょうか。
わざわざ中東から高額なお金を払って石油を買う必要などないのです。

是非腐敗した毒饅頭政治家らを追い出して、日本で石油を作るべき!!





  1. 2016/12/12(月) 17:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコノミクス 世界はこうなる2016を私なりに解説

今日は、最近的中すると話題になっているイギリス雑誌エコノミスト2017年「世界はこうなる」の表紙の絵柄の意味について書いてみたいと思います。

まず2016年はどうだったでしょうか。
日経BP社

トカナの記事
トカナ
に書かれているように2016年の場合は、世界中の首脳や著名人の顔がカラーとモノクロに分れており、モノクロの人物は力や影響力を失うか辞任に追い込まれ、カラーの人物の方は影響力を強め力を増している。

日本の安倍晋三もモノクロなので、もう安倍晋三は影響力を失っているということでしょうか、、、
確かに現在、対アメリカ外交に於いても対ロシア外交においてもTPP、北方領土等の問題だけを見ても、安倍晋三の思い通りに事は進んでいない。
そういう点から見ても、確かに安倍晋三の影響力は全くないように思われる。
多額の国民のお金をばら撒いたのにね。

そしてこれを踏まえて2017年

エコノミスト2017
The World in 2017

今回のエコノミストではタロットカードのようなものが載せられていますが、そもそも何故タロットカードが選ばれたのかということが一番重要な点なのですが、この8枚のカードの絵柄を見るとその答えが簡単に出ると思います。

ではいきます。
まず左端のThe TOWERのカード
トカナ記事によると、これが「バベルの塔」だとしたら、すなわちEUの崩壊を予言していることになる。と書かれていますので、これは現在の世界情勢から見てもその内容は妥当かな思います。
ではバベルの塔とは何ぞやということなのですが、過去記事「天皇はユダヤではない。その1」で書いたように、人類は一度滅ぼされてノアの家族しか生き残れなたっかのですが、この後、ノアの子孫の一部の人々は名をあげようとし(プライドを高くした)、天にまで届くほどの塔を建て始めた。これがバベルの塔です。
悪いことを考えたノアの子孫の一部の子たちが集まり、悪知恵を用いて自分を神のようにしようとした行為が結局は神の怒りを買い、それまで全地は1つの言葉しかなかったのですがここで神は言葉を混乱させた。(ここで色んな言語に分れる)
「人間は言葉が同じなため、このようなことを始めた。人々の言語を乱し、通じない違う言葉を話させるようにしよう」(聖書より)
その結果、人々は言葉によるコミュニケーションが取れなくなり全地に散らばって行ったわけです。
ですから、全ての国の言葉に似通っている点があって当たり前なのです。元々人類は一つのことばだったのですから。
そもそもノアの時代の洪水後はノア1家族しか生き残っていなかったわけですから、人類には言葉は1つしかなかったのは当たり前の話ですね。
さて、
そして全地に散らばっていった人々(ノアの子孫)がその後それぞれの偶像を造り出したために、仏教だのヒンズー教だの日本神道だの占いだのというものが誕生したわけなのですが、勿論そもそも言葉が一つしかなかったのと同様に宗教も1つしかありませんでした。
その初めのもともとあった宗教というのがユダヤ教であり、キリスト教なわけです。
そして全世界の言葉に似通っている言葉があるのと同様に、そもそも1つしかなかった宗教(ユダヤ、キリスト教)を基にして新たな宗教(仏教、ヒンズー、日本神道、その他全て)を造り出したわけですから、ユダヤ(キリスト)教と、ヒンズー、仏教、日本神道が似ている点があって当たり前なのです。
ただ、仏教、ヒンズー、日本神道その他もろもろの新興カルト宗教の崇拝するものが、ノア一家を救った真の神ではなく、太陽だったり月、星、人間(仏陀や日本の天皇や女神等)だったり動物だったり地や海のもの等に変えてしまったという話なのです。
そしてこの仏教や日本神道やヒンズー、占い等その他もろもろの宗教が神秘宗教とい言われる悪魔教のことなのです。
なので、神秘宗教である占い(タロット)とこの1枚目のカードも悪魔崇拝で繋がっているのです。
それからこのカードの塔の後ろに控える中国と十字架ですが、EU崩壊後には今度はこれらが取って代わるということなのでしょう。
ちなみに、十字架というのは本来キリスト教のシンボルではなくて処刑台のことです。(多くの教会はカトリックに見習って十字架をキリスト教のマークにしちゃっていますが本来は違います)
なので、ここに描かれている十字架はキリスト教を意味するというよりも処刑台を意味し、これから人々を処刑台に掛けるということではないでしょうか。
2枚目のジャッジはそのためのジャッジがトランプによってなされるということではないかと思います。

ある人は、この十字架をキリスト教ロシアだと解釈する人もいるようですが、、、確かに2016年のエコノミストを見る限りではロシアは今後、重大な働きをするとは思いますが、この表紙全体の絵から考えると私はここの十字架は処刑台のイメージしか湧いてきません。

そしてそれは、悪魔教であるニューワールドオーダー・イルミナティ(しつこく書きますがイルミナティはユダヤではありません。そして
トップの支配者は世界の王族)の目的である人口削減と一致するのではないでしょうか。
その人口削減の役割を果たすのが、2016年の表紙でカラーにされている中国とロシア(及びローマカトリック等)プラス2017年のカードに描かれているトランプというところでしょうか。

次のカードは「The World」(JUDGEMENT 上段の左から2番目)
次期大統領のトランプらしき人物がとぐろを巻いているアメリカ国旗の上に座している姿が見られますが、とぐろを巻くイメージと言えば蛇なのでこれは蛇をイメージしているのではないかと思います。
蛇(もしくは竜)というのは聖書では悪魔であると教えていますから、悪魔の代理者であろうトランプがアメリカ国民をキリスト教から引き離して悪魔崇拝化させるのではないかと考えます。
そして、トランプはアメリカ人全員に対して悪魔を崇拝するかどうかをジャッジする。
その結果、悪魔崇拝を行わない者は切り捨てられる、そういうことになるのではないかと思います。
この辺はヨハネの黙示録にその預言がなされております。(トランプという人名は書かれていませんが、悪魔の刻印666を押されることの理由が書かれてあります。興味のある方は是非、聖書を読んでみてください)
そしてここでもjこのカードに描かれている悪魔教のシンボル蛇と、これまた悪魔教の一つである占いタロットが繋がってきます。

次は「The World」(上段左から3番目)
このカードの絵では、アメリカと銀行とピラミッドが絵画と本とお面で繋がっています。
この本はマニュアル的なもののようなイメージがしますが、、多分、1%側が99%に与える教本みたいなものなのではないでしょうか。
要するに、ここに書かれてある指示通りに動け、と。
絵画は、何か視覚に訴えかけるもので洗脳されていくということではないでしょうか。
その横にあるお面はこれは脱いだお面なので、支配側が今までかぶっていたお面を外し本当の顔を現すということだと思います。
要するに悪魔教である1%の富裕層は、今まではユダヤ教、キリスト教だと偽ってきたが(恐らくローマカトリックやイエスズ会の方。2016年の表紙でもローマ教皇はカラーです)、今後はいよいよそのお面を外し、悪魔教であることを公言するようになるのではないかと思っています。
何故ならば、このカードに描かれてい入るピラミッドも悪魔教のシンボルだからです。
ちなみにピラミッドはユダヤ教のお墓でもキリスト教のお墓でもありません。ユダヤ、キリストのお墓はほら穴ですから。
そもそもピラミッドは古代エジプトの王パロ(ファラオ)のお墓で、パロと言えば誰でもご存じかと思いますが太陽神とされたエジプトの王のことです。
そして太陽神と言えば悪魔教のことです(勿論日本神道もそうです。太陽神天照大神)。
ここでも、タロットと悪魔教ピラミッドが繋がってきますね。
よってこのカードの意味も、悪魔教(ピラミッド)と新EUが一体となるということではないでしょうか。

次に
The Hermit(隠者 上段左)
大衆がカードを掲げていますが、これは上に立っている隠者によって民衆はTPP反対を誘導されたということでしょうか。
その奥にはピラミッドがそびえ立っていることから、TPP反対を誘導した隠者は悪魔教に遣わされた者だったのかもしれません。
そして、ピラミッドと言えば悪魔教のシンボルですから、やはり反TPPもイルミナティの計画だったのかもしれません。
このカードでも悪魔のシンボルピラミッドがしっかりと記されていますね。

次は下段ですが
この辺もトカナの記事を読んでいただければと思いますが
それ以外のことで感じたことと言えば、左端の死神のカードに記されている太陽らしきものは朝日旗のように見えなくもない。
これはひょっとして日本のことだろうか、、、
きのこ雲が立ち上っていることから、その原因が地震か災害かはたまたテロで原発が攻撃されるのか、、、
または核攻撃か原発事故か何かは分らないが日本でまた爆破が起こるように見える。
それか、もしくは日本が死神となって他国を攻撃するのか、、分りませんが、
それによってどこかに大干ばつが起こるのかもですね。
そして蚊についてはこれは生き物なのかはたまた小型ロボットなのか、、、どちらかは分らないが、いずれにしても蚊によって生命が脅かされることになるのかもしれません。
そしてここに描かれている死神も悪魔のことなので、タロットと繋がってきます。

次に
その右隣のカードThe MAGICIAN
これは、バーチャルによって人々が洗脳されていくということではないでしょうか。
ここに載っている人物らしきものの背後に●がありますが、この●は悪魔教のディスクのことでしょう。
そしてディスクと言えば悪魔である太陽神のシンボルのですので、悪魔教によって人々が洗脳されるということだと思います。
その人物の指す指の方向も「下もまたしかり」(悪魔教のサイン)ですからこれが悪魔教であることは明らかです。
それと、ローラーに乗って出て来る家はこれは人々がロボット化するということでしょうか。
人類ロボット化計画があるようですから。

そんな感じですかね。

ここで私たちが注意しなければならないのは、決して支配層の指示に従ってはならないということですね。
確かにJUDGEMENTをされて私たちは選別されるかもしれません。
そして、支配層の言うことを聞き悪魔崇拝をして666の刻印を受けなければ生活を保つのは厳しい状況になるでしょう。
しかし、ここで支配層の言うことを聞いてしまうならば、上段右のカードにあるように全員崖から突き落とされることになります。地獄に落ちることになりますから、洗脳と脅迫にはひっかからずに負けずにしっかりと自分を保つことが大切ではないかなと思います。



  1. 2016/12/09(金) 15:31:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三の真珠訪問もお得意の責任転嫁。 その他自分とペットを守るためには不必要な病院受診は避けよ。ワクチンは打ってはならない。健康診断も受けてはならない。そうして皆で悪徳医療を滅ぼそう。

安倍晋三の真珠湾訪問で、いろいろな記事が出た。
官房長官の菅義偉は、この安倍の訪問を真珠湾攻撃に対する「謝罪ではない。」と発言したようだが、これはいつもの自民党お得意の責任転嫁ではないのか。
このような日本政府が行う汚い責任転嫁の思考は今やネットを通じて多くの国民にも伝染し、一部の国民が「責任転嫁化」しているように見えてものすごく気持ちが悪い。

この卑劣極まりない日本の責任転嫁思考は一部のネット配信者らを通し、第二次世界大戦の件のみならず、時代を明治時代にまで遡らせ、日本を崩壊させたのは実は明治時代からイギリス、ロスチャイルドが日本を支配したからだ、とがなり立てネットを通じて全国にばら撒かれている。

例え、イギリスが日本に武器を売る目的で明治時代から日本に争いをけしかけたものだったとしても何にしても、それを選択したのは当時の天皇政府だったということには変りないのだから、当然一番に責められるべきはイギリスではなくそれを受け入れた日本政府のはずなのだ。
にもかかわらず、モーニング宇宙ニュースでもそういうところがあるが、あちこちの一部のネット配信者らも、問題の全ての責任を最終的にはアメリカが悪い、イギリスが悪いと結論づけ、悪行を選択した実行犯から、その責任を全てイギリスやアメリカに転嫁させている。

現在の日本政府のバッシングに対してもこれと同じことが言えるではないか。
こういうネット配信者らは「アメリカのジャパンハンドラーであるヘンリー・キッシンジャーが、日本政府を乗っ取り政府を牛耳ってきた。キッシンジャーが(マイケル・グリーンでも誰でもいいが)日本の富をアメリカに渡して来た。」、などと言うのだが、一番問題なのはそれを受け入れたワイロ政治家らが一番の問題なのだ。

本当に日本の国の事を考えているのであれば、そういうワイロ話を政治家らが徹底的に拒否すれば良かっただけの話だ。
しかし、ワイロを貰う目的で政治家になった連中らはけっしてそういうことを拒否しないばかりか、自ら「ワイロをくれ、くれ。」と手を差し出しているではないか。

ここで一部のネット配信者らは「政治家らは言うことを聞かなければ殺される」と言うのだが、殺されたくないのであればそもそも政治家にならなきゃいいだけの話ではないのか。
その前に、そもそもジャパンハンドラーを日本から追い出せば良いだけの話ではないか。

支配層というのはたかが1%程度の人数。
その他99%が堅く結束し、1人を99人が取り囲み、徹底的に悪者を追い出せばいいじゃないか。
そして、言うことを聞かない政治家一人を殺したとしても状況は変わらないぞ、ということを99%が1%の富裕層に徹底的に分らせればいい。


話は最初の話題に戻るが、安倍晋三の訪問は「真珠湾攻撃に対する謝罪ではない。」発言
これもお得意の責任転嫁で、「アメリカは日本の真珠湾攻撃を知っていて攻撃を待っていたのだから日本には責任はない。」、という輩もいるようだが本当にとんでもない話だ。
「真珠湾の犠牲になった人々を慰霊するため」に安倍晋三は行ったということであるのだから、犠牲者が一人でもいるのであればそれは日本が謝罪するのは当たり前の話だ。
アメリカがそれをけしかけたのだから日本に問題がない、ではなくて、それが事実なのかどうかは知らないが、その提案を受けてやったにしてもその提案を受け入れた日本政府が悪いのは明らかではないか。
それで人がお亡くなりになっているのだから。
そして、こういうことを国民全員が反省し日本政府をちゃんと正なければ、政府はそれでいいのだと思い込みまた同じ過ちを繰り返すことになる。
要するに日本政府にきちんと過ちを認めさせないと、中国に対する挑発行為から日本はまた戦争を起こしかねないからだ。そしてそれもまた全て日本政府は責任転嫁をしかねない。
だから、日本政府が犯した過去の大罪をきちんと日本国民の総意として現政府に謝罪させることが重要なのだ。
性奴隷(慰安婦)問題にしても、韓国や中国に侵略し、国民を大虐殺した件もそうで、謝罪には期限などない。
その謝罪の気持を後世に伝え続けなければ未来の子供たちが同じ過ち、日本軍が行った鬼畜行為を繰り返す可能性がある。(長くなるので内容は割愛するが)

まぁ、大抵こういうこと(責任転嫁)を言うのは天皇バンザイ派なのだが
天皇を擁護するために嘘の歴史をひたすらばら撒く。

この件が100歩譲って「真珠湾攻撃はアメリカの作戦だった」としても、その提案に乗りそれを実行して人が亡くなってしまったのだから悪いのは提案した方ではなく実行してアメリカ人を殺した日本軍(政府)だ。
なので、一番罰しなければならないのはこういう腐敗した日本政府であることは明らかだ。

日本がこういう腐敗から脱するためには、日本国民の99%がきちんとダメなものはダメ!!とはっきり意思表示をすること。
そして、少数派のワイロ議員を99%以上の国民が取り囲み、徹底的に悪ワイロ議員を排除する。
こういうことが必要なのではないかと私は思う。
そしてこれを継続し続けることが大事だ。
あきらめずにやり続ければ、いつかは倒れる。
医療の問題もね。
長くなるので内容は割愛するが、不必要な受診は避け、飲まなくてもいい薬は絶対に飲まないこと。そしてワクチンはただの毒なので絶対に打たないこと。
これは動物にも同じことが言えますが、不必要なワクチンは絶対に動物に打たせないこと。
むやみやたらに動物病院に連れて行かないこと、これが動物を長生きさせる秘訣でもあります。
こういうことを国民全員でやれば、悪徳医師や悪徳獣医や悪徳製薬会社を滅ぼすことが出来ます。
是非、国民皆で、悪い企業、業種を日本から追い出しましょう。

あっ、それと一つ思い出したことを書き留めておきます。
またまたモーニング宇宙ニュースのほらんちょ服部夫妻のテマ注意報です。
それは何かというと、少し前まで行われていた大学生シールズたちの働きの件
これもモーニング宇宙ニュースでばら撒かれた嘘なのですが
「シールズはCIAに属するグループ」、だの「ガス抜き要員だ」などという酷い誹謗中傷、嘘がモーニング宇宙ニュースのほらんちょ服部夫妻から流されましたが、これも全くのデマです。
jこういうことも明らかに名誉棄損ものだと思うのですが、
シールズのリーダー的存在だった奥田さんのお父さまが牧師だったという理由だけで、キリスト教会だからCIAと繋がっているのではないかという想像で、服部氏はシールズを1%の手先、と結論づけたのでしょう。
ですが、そもそもプロテスタントとCIAは何の関係もありません。
これも全て服部夫妻の妄想です。
で、ちょっと調べてみると、奥田さんのお父さまはバプテストの牧師のようでした。
勿論、私が知る限りはバプテストもCIAの手先のような働きをしてはおりませんし、バプテストも属するプロテスタント自体もCIAの手先なんていうことは絶対にあり得ません。
それはクリスチャン暦28年目になる私が保障致しますので、こういう嘘は絶対に信用しないでください。
では、何故服部氏はこういうデマを流したのか
その原因ですが、私が思うに多分、多分なのですが、服部氏はシールズが出て来たときにその働きをフォローしようとした。
がしかしその時に、シールズ側から服部氏はブロックをされ、その仕返しにそのような嫌がらせテマを流し、自分のプライドを保つためだけにやった、ということでしょう。
ホント、大の大人が子供相手にいやらしいことをするなと私は思いましたね。

本日は以上です。

あ~~っ、もう一つ思い出しました。
「信じるか信じないかはあなた次第です。」の関暁夫氏の都市伝説ですが
12月にやったテレビ放送を動画で観ましたが、あれも最後は誤誘導していますね。
あれをそのまま信じこんであの通りに動いてしまったら地獄を見ますね。
だから、情報は情報として観たとしても、あの関暁夫が勧める通りに動いちゃいけない、そうすれば地獄を見るよ、ってことを知っていたほうがいいと思います。
地獄を見たくなければ、関暁夫が勧める方とは逆方向の行動を取る。それが助かる道です。

こんなところかな、、、では今日はこれで終ります。

  1. 2016/12/07(水) 19:11:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカが変っても、変わらない日本内部の悪がある

今日、ご紹介する動画
取り残された日本【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/01 YouTube動画



ベンジャミン氏によると、安倍政権はもうゾンビのようなものらしいのですが、
どうなのでしょうか、、、、そうであればいいのですが。

しかし、国会では年金搾取法案がすんなり通り、おまけにカジノ法案まで採決されそうな勢いだ。
本当に相変わらずろくでもない悪法ばかりなのだが、マスコミはこういう問題を一切報道しない。
そればかりか、支持率60%なんていうありえない捏造を懲りずにやり続けている。
安倍政権の実際の支持率など6%くらいしかないと思うが。

一部の反安倍派は、アメリカが変れば日本が変る、なんていうことを言っているのだが本当にそうなのだろうか。
日本の政治の問題は、外国へのばら撒きばかりではないだろうと私は思う。
グローバリズム脱却でアメリカが変れば日本も多少の影響は受けるとは思うのだが、そうなったらそうなったで今度は外国で稼げなくなった日本企業が、その大規模になり過ぎた会社を支えるために、今度は日本国民に集中してたかり始めるのではないかと、想像するだけで空恐ろしくなる。

企業と癒着し、ワイロを受け取り続けながら自らの権力を維持してきた腐敗しきった政治家や行政の企業へのばら撒きが無くならなければ、日本の問題は決して解決しないのではないのか。
こういう問題は、例え大統領がトランプ氏になりアメリカが変ったとしても、日本のばら撒き体質や天下り問題や税金の横流し問題が解決するとは到底思えない。
こういう問題とアメリカは一切関係がないからだ。

おまけに日本は原発問題もまだ解決しておらず、放射能をまき散らしていながらも悪魔狂安倍晋三はまだ原発再稼働をつき進めようとしている。
その上、悪魔狂安倍晋三は、リニア新幹線などというとてつもない化け物を日本に導入しようとしているということもある。

こういう日本国内の問題には一切目を向けず、ひたすらアメリカバッシングを続ける反安倍派は、ひょっとして日本国内の問題を国民の目から背けさせるためのスピンとしてアメリカバッシングをしているんじゃないのか?とさえ思えてきたりする。

要するに反安倍派のふりした安倍信奉者(天皇信奉者)か??

とにかく、国民はしっかり目を光らせて政治からや行政をしっかり監視しなければならない。
  1. 2016/12/02(金) 22:50:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0