医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

お知らせ ブログを数日お休みします。その他、自民党の総裁任期延長??もう安倍晋三の顔なんか見たくない。他、抗うつ剤なんか飲むから余計に自殺率したくなる。追記あり全てのワクチンは何の効果もないばかりか健康を害する

まずお知らせなのですが、ちょっとした都合でまたブログを数日お休みさせていただきます。
いつも訪問して下さるブログへの訪問は数日後になりますが、その時にでもまとめて記事を読ませていただきますね。

では本題に入ります。

自民の総裁選延長??
この世にも恐ろしいニュースに日本中がざわついているのではないかと思う。

おまけに民進党の幹事長が野田??
このニュースにも約9割の国民がイラッとしたと思う。
この両者は約9割の国民から毛嫌いされているどうしようもない政治家らなのだが、
どうせやるなら民主党与党時代、野田が解散するときに安倍晋三に「絶対にやる。」と言わせた公約である「議員の定数削減」を野田はこのタイミングにこそ絶対に達成させるべきだろう。

ところで余談ですが
今アメリカでも大統領選真っ盛りなのだが
皆さんは誰が適任だと思いますか。

私がアメリカの大統領に最も適任だと思う人物は
ヒラリーでもない、トランプでもない、サンダースでもない

アメリカのCIA,NSAの元局員で、現在ロシアに亡命中のエドワード・ジョセフ・スノーデン氏 Edward Joseph Snowden だ。

自身の命の危険を顧みず、アメリカ国民、いや全世界の国民の権利を守ろうとした勇敢な青年、こういう人こそアメリカの大統領にふさわしいと私は思う。

またー、政治のことばかりでブログのタイトルは医療過誤問題なのに関係のないことばかり書いて
という声が聞こえますが
実はこれが関係ないことはないのです。
何故ならば、医療過誤や医療の問題はすべて政治が問題だからです。
なので、今後も政治の問題なんかもどんどん取り上げていこうと思います。

次に薬害問題ですが、これは是非YouTube動画をご覧いただきたいと思いますが
その内容を少しご紹介すると
■抗精神薬の中身は農薬と全く同じ。 覚せい剤と同じで飲めば精神が崩壊し、廃人になる。
(日本の自殺率が世界でトップなのは、精神科で抗うつ薬をむやみやたらとがばがば処方するからなのではないか。これは私の意見ですが)
■抗癌剤は殺虫剤と同じ成分。(私もたいぶ西洋医学の洗脳が解けてきたよう)
■児童養護施設は犯罪集団。近隣住民はむやみやたらと虐待疑いで行政に通報してはならない。
などなどです。

詳しくは動画にて説明されていますので是非是非、動画をご覧になって下さい。

精神科は今日も、やりたい放題 内海聡医師 船瀬俊介氏
YouTube



ちょっと追記です。

少し前に「インフルエンザにかかった。」と言う高齢のご婦人がいた。
話を聞くと
「JRに乗った時に、近くの席に座っていた青年が咳をしていたからきっとその青年からうつったんだ。」と。

私は、それってインフルエンザワクチンを打ったからインフルエンザにかかったんじゃないのか?と思ったが
その御婦人には「パソコンでもウイルスを蒔いていたのはウイルス対策ソフトを売る会社だという話で。それと同じで、インフルエンザも製薬会社がウイルスを蒔いてるって話ですけどね。」と話したら目を丸くしていたが
結局は、「インフルエンザをうつしたとする青年(その青年がインフルエンザだったかどうかも不明なのだが)がマスクをしていなかったからだ、きっと。」と自分を納得させようとするので、
でも、マスクはほぼ効き目ゼロって話ですねどね、と私は話した。

年をとればとるほどなかなか自分の考えを曲げることは難しいと思うが、ワクチン信仰をいつまでも持ち続けていると自分の身体が大変なことになるということを少しは考えたほうがいいと私は思う。

勿論、動物のワクチンもね。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/21(水) 12:06:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今いる国会議員らに日本は潰される。だから、全議員を追い出して新たな国作りが必要だ。

今日、とっても貴重な公務員の不正に関するコメントをいただきました。
このまま記事にしたいくらいの内容なのですが、取り敢えず、皆さん、ぜひコメントも読んで下さいね。

さてさて
私が住んでいる場所の近くの銀行が、ほぼ痛んでいなかった駐車場のアスファルトを剥し、昨日から工事をし始めたのですが
なんと驚くことに今日の昼くらいでその工事を完了させていました。
工事期間は1日半くらいというところでしょうか。

多分、銀行が休みの土、日を使って補修工事を済ませたのだと思うのですが、そこそこ広い駐車場だったので、まさかアスファルトを剥すところから仕上げまで1日半くらいで終わるとは思ってもいませんでした。
そこで思ったのですが、、、ひょっとしてあっという間に早く終わるような工事でも、行政からの受注ということになれば工費の金額をつり上げるためにわざと工事を長引かせている業者が多くあるのではないのか?と。

昨日も書きましたが、、、人目につきにくい峠では何年も同じ場所で工事中の看板が立ちっぱなしなのにもかかわらず、工事をしている気配すらない全くない道路(国道)もあります。

なので多分、エアー工事をしているようなそういう業者にも多額の税金が投入されていると思うのですが、こういうことをずっと政治家らは見て見ぬふりをし、税金をばら撒いてきているのです。
しかも、ここ北海道では二重行政ともなっている北海道開発局なんてのもまだ残されているのにも関わらず、監視や調査が行われている気配すらありません。
こういう行政って本当に必要なのか??

二重行政となっている開発局の不要論はだいぶ前からあるのだが、誰もここを見直そうとする政治家は出て来ない。
共産党すら見て見ぬふりなのだ。

一方、本当に必要な社会保障は安倍晋三によってがんがん減らされ、庶民の生活はあっぷあっぷの状態だ。
子供を預けて働こうとしても、保育園すら足りていない。

そもそも税金ってなんのために払っているのか。
それは政治家の懐を肥やすためでもなく、公務員の私腹を肥やすためでもなく業者にばら撒くためでもない。
国民の社会保障や国民の安全な生活を守るために払われているのではないか。
しかし、実際のところは社会保障や国民の安全のために使われる税金などごくわずかで、その殆どは安倍晋三によって国内ばかりか世界中に国民の血税がばら撒かれている。

ちょっと古い動画なのですが、この動画にある状況と現在もなんら変わっていないと思いますので、ユーチューブ動画「石井紘基 日本病の正体」を貼りつけておきます。
是非ご覧になってください。




以下、動画の会話内容を一部文字起こししました。

ソ連で石井が見た現実、それは政治を支配する一部の特権階級とその実情を全く知らされていない国民
の姿だった。

ソ連というあの超大国が日本の社会と実によく似ていると言いだした。
これは何とかしないといかんって行ってね。
社会主義国ソ連と日本が似ている。石井は当時の日本人が誰一人思いもしないことに気がついた。
国民には大切な情報を流さず、一部の政治家と官僚が経済を操る社会。
この国の本当の姿を知りたい。

1991年 ソビエト連邦 解体
情報が遮断された国が、ある日崩壊する。このままでは日本も危ない、自分がやるしかない。
ソ連を見た石井にしか分らない日本崩壊の予感。石井のあせりは行動に移された。

紐付き献金と言われる個人に還流する部分ではないかというふうに思うけわけでございます。
民間が自由に、少なくとも自由に競争できるように。

私がやらなきゃだれがやる。
父が殺された自宅に庭先、ターニャさんは63箱の資料全て運び込んだ。

1人黙々と資料を集めていた父の姿。
内容を調べ、全てを明らかにするには長い月日が必要となる。

「日本病」の正体

政治家 石井 鉱基の見た風景 日本が危ない

特別会計の実態 その実態は財務大臣でさえ把握することができなかった。
特別会計ことが日本の裏帳簿だと石井は主張した、。その額約おおよそ330兆円
特別会計とは、道路や公安整備など、税金や年金などからきている。そしてこの特別会計は国会でほとんど審議されることなくうちでの小槌のように各省庁に流れていく。
その行先を決定するのは一部の政治家と官僚たち

国民には見えない税金の行先。
ある時、石井は、それが特殊法人であることに気づく。
会計検査院が調べなければならない団体はいくつあるのか。
この質問が後の特殊法人改革の出発点となる。

会計検査院
国が出資している団体
国が補助金を与えている団体の会計経理を監督する機関。

国土交通省
日本公団
ファミリー企業700社 道路公団にはファミリー企業がたくさんある。

道路公団が赤字であるにも係らず、ファミリー企業が巨額な黒字を出すという異常な現象。
ファミリー企業は一大帝国

もうひとつ日本と似た国、それはアルゼンチン。
豊かな国だっかが60年かけて崩壊していった。
共通点は、国民に何も知らされていなかった¨。

ベンジャミン
日本とどこが似ているかと言うと、腐敗でもって人脈でもって、効率の悪い所、ずっと保護されて全部が共倒れするまで守りきった。
ダメなところを。

既得権益を守るために、不必要な橋や道路を作り続ける

ベンジャミン
例えば、自分の家に液晶テレビを5台入れる。1人しか住んでないのに。そんなもんなんですよ。
でも特殊法人がやっているから採算性は考えなくていい。とにかくやりたいことやろうじゃないかと。

議員
誤魔化そうが詐欺にようがもう責任はないんだから。
普通民間がそんなことやったらすぐ詐欺事件で警察から引っ張られちゃう。ところが行政がやっているやつはですね、そういう法律がないものですからそれをいいことにしてやりたい放題ですね、

ベンジャミン
なんで日本の国民もっと怒らない。逆に他の国だったらもう革命が起きているんじゃないかと思うくらい。

議員
官がやっている経済ですから、その経済体制を市場経済の体制に変えるという勢力がとって代わって革命をやらないとダメです。
税金が湯水のように流れていく。

ベンジャミン
日本の政府を代表する社会主義の部分はこれから崩壊する。

議員
国が潰れるってことになりますよね。

徳島県木頭村 人口1800人 
大型ダム計画に反対して来た前尊重の藤田 恵さん
この小さな村にも大量の税金が流れ込んでいた。
人里離れた奥深い山中に砂防ダムがどこまでも続く。

村長
全部で200ぐらいあるらしい。まだまだ上流にありますから。

私も大きな声で言ったんだけども、おかしいんやないか、こんなことは、と。
木頭村の予算が25億ですよ。だいたい。
だけど土建屋がしている工事が20億円ある。
村の予算に匹敵するほど土建屋に金がいっている。
こんないるのかいらないのかわからない、なんも使っていない道を作ったり。

地元の意志とは無関係に、中央の政治家と官僚によって税金の使い道が決められていくこの国のシステム。
まるで川の墓場(不必要なダム)だ。この場所で石井はそうつぶやいた。

大部分は国が出す。そこの間に政治家が都道府県から出ていますから、それがその仲介役になる。
あのなになに先生のお陰で、予算が来たとか来ないとか多かったとか少なかったとかなるわけですから。
だから今の政治というのは利権のしくみの中で初めて存在しているということです。

長年に渡る一党独裁体制で官僚と政治家が築き上げた巨大な利権システム。
そして知らぬ間にそのツケが国民に回される。

これこそ崩壊していったソ連と全く同じ体制。

日本病の正体 それは資本主義の仮面をつけた「官僚制社会主義国家」日本

https://www.youtube.com/watch?v=P-r8FYjKLOg

世界を戦乱に陥れている霞が関モンスター 国際強盗団だった東京地検、東京地裁、東京高裁、最高裁判所がなぜヒラメ裁判官統制(密約執行統制)する必要があるのか?この資金調達の闇の番人と特別会計 偽装社会


税金が流れる出口は誰にも分らない。

そうすると国民の税金が特殊法人を通って私的なものになってしまう。

だかから政治家と官庁が結託してどんなことがあってもこれは(利権)は話さない。


  1. 2016/09/18(日) 21:05:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辺野古埋め立て問題、沖縄一審敗訴。国民が主権の民主主義を守れない、権力に迎合する裁判所など必要ない!!

皆さんもうご存じだろうと思うが、今日はこんなニュースが流れた。

沖縄知事、完敗判決に「あぜん」 辺野古埋め立てめぐり
朝日新聞デジタル

この判決を出しだのは福岡高裁那覇支部のようだが
まず法律というのは何のために、誰のために作られているのか、、、当たり前の話だなのだが、法律は権力者のために作られているのではない。国民のために作られているのだ。
そういう根本的なこと、基礎的なことが福岡高裁那覇支部は全然わかっていないらしい。

そもそも沖縄県のアメリカ軍基地は何のために誰のためにあるのか。
何のために誰のために基地をどんどん拡張し、軍備を増やしているのか。

それは、アメリカ軍施設の工事を請け負う日本の業者のためであり、アメリカの雇用を助けるアメリカのためでもあり、武器を売っている日本とアメリカの軍需産業のためなのであるが、ここに沖縄県民のためになるような理由は1個もない。
そればかりか、国民の多額の税金も投入されるのだから国民のためにもなっていない。
というか、安倍自民に多額の税金をばら撒かれているのだから、国民全員が非常に迷惑している。
原発問題もこれと同じなのだが。

沖縄県民も国民も、そもそも沖縄の基地やアメリカに対する思いやり予算等には大反対なのだから、裁判所は民主主義国家であることを踏まえ、法律は国民のためにあるのだということを踏まえた上で、主権者である国民の益になるような判決を下さなければならなかったはずだ。

それが国民を主権とする民主主義ではないか。

にもかかわらず、法律に従わなければならない裁判所が民主主義を無視し、権力者に迎合するような判決を出してどうするんだ??

多分、この件でまたの多くの人が目覚め、気づくだろう。

裁判所は権力者の犬だ!!

ってことに。
裁判官には創価学会信者が多いようですが。


それと余談ですが(でも重要)

毎年のように道路の補修工事が行われているが、そもそも全然痛んでもいない、補修工事など全然必要と思われないアスファルトをひっぺがしてなぜ工事をするのか(怒り)。
しかも雑な工事で、工事前よりも汚い道路になっていたりする。
それから悪質なものでは、峠にある道路のエアー工事まである。(何年も工事中の看板を立てていたが、車で昼間に通っても夜に通っても工事をしている所を一度も見た事がなかった)


まぁ安倍自民(自民だけじゃない、全党だが)お得意ばら撒きのため、企業を助けるためなのだか、いつまでこんなことを続けるつもりなのか。

世界でもトップクラスの高い税金である日本。
高い税金を搾取されているが国民の生活はどんどん格差が広がり、生活するのがやっとか生活をするのが困難になっている貧困層がどんどん増えている。
おまけに先進国の自殺率も日本はトップクラスだ。

どうしてこんなことが起るのでしょうか、いったい誰のせいなんでしょう。
勿論、ばら撒きが止められない安倍晋三(全議員も協力者だが)のせいです。

民主主義が守られない政治ならば、政治なんかもういらない!!

あっ、もう沖縄県は日本から離脱したらいいのではないでしょうか。
ここ北海道もそういう流れになって欲しいものです。
なんなら北方領土とともに北海道もロシアにプレゼントしてくれても全然いい。
いや、むしろその方がありがたい。
  1. 2016/09/17(土) 14:35:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカの大統領候補のヒラリー・クリントンは死亡か?

えっ、アメリカの大統領候補のヒラリー・クリントンが死亡?



ABC Nightly News Reports Hillary’s Death
アメリカのABC放送。

一応誤報ということで後で取り消されているようですが、、、本当かな~

次に、一応こういうのもあります。



ヒラリー1
ヒラリー2

ふーん、演説はスタジオ撮影で、おまけに合成だったんですね。
全てがまやかしだったってことでしょうか。

まぁ、日本の政治家らもアメリカの政治の事は全然言えませんけどね。
  1. 2016/09/15(木) 15:10:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーラム4 古賀茂明氏記事の紹介 『これが「アベノミクスの失敗」を証明する経済指標だ!』  GPIFによる買いオペは異常事態!「国の金で日本株をバカ買い」は今すぐ撤退すべき  古賀茂明が指摘。安倍政権の「働き方改革はグダグダだ!   「百合子新党」旗揚げは安倍政権の改革を後押しする  からです。   

今日は、古賀茂明氏(フォーラム4)の記事を読んでいただきたいと思います。

以下、引用

フォーラム4
『これが「アベノミクスの失敗」を証明する経済指標だ!』古賀茂明氏―週プレNEWS

投稿日: 2016年8月8日 | 『これが「アベノミクスの失敗」を証明する経済指標だ!』古賀茂明氏―週プレNEWS


「アベノミクスの再加速」を掲げ参院選に勝利した安倍政権。だが、その直後に都合の悪いデータがひっそりと公開されていたという。

古賀茂明氏が、アベノミクスの失敗を認めない安倍首相のゴマカシを見抜く!

20160714実質GDP修正表都知事選のドサクサに紛れ、あまりニュースにならなかったが、参院選直後の7月13日にひっそりと開かれた政府の経済財政諮問会議で、アベノミクスの失敗を証明する重要な経済指標が明らかになった。

GDP.png


まずは実質GDP(国内総生産)。今年1月、政府がまとめた今年度のGDP成長率の経済見通しはプラス1.7%だった。ところが、今回の試算では前年比0.9%へと下方修正された。アベノミクスの目標達成に必要な2%成長には遠く及ばない数字だ。

まず、GDPの6割を占める民間消費が振るわない。年初に2.0%と見積もられた伸び率は0.9%と、1%を下回った。



さらに深刻なのが民間住宅投資だ。年初に3.8%と大幅増を見込んでいたのに、今回試算は0.8%で、3%も下振れした計算だ。

金融緩和と財政出動で、円安→輸出増→企業増収→株高→給与アップ→消費拡大という経済の好循環を実現し、デフレを脱却するというのがアベノミクスの基本路線だ。しかし、経済指標を見る限り、そのもくろみは失敗したといっていいだろう。

その最大の原因は実質賃金が4年連続マイナスになっていることだ。国民の使えるお金が少ないのだから、消費も住宅投資も伸びず、その結果、GDPも伸びない。

16年上半期の首都圏のマンション販売戸数は、前年同期比19・8%減で、24年ぶりの落ち込みになった(不動産経済研究所調査)。住宅投資の落ち込みはマンション価格が大幅に上昇したせいだろう。

東日本大震災の復興、東京五輪特需、さらには「国土強靱(きょうじん)化」と称する公共事業のバラマキ政策などで建設資材価格や人件費といった建築コストが上昇し、住宅価格が高騰している。都心の人気エリアでは2割上昇などざらで、今や首都圏のマンション販売価格はサラリーマンの平均年収の11倍を超える高値になってしまった。

住宅購入を考える人々の多くは購入のための頭金を積み増すために、さらに貯金に励んでいると推測できる。これでは消費はいつまでたっても拡大せず、景気がよくなるはずがない。

本来なら、こうした経済指標の下振れを受けて、経済政策を転換しなければならない。まずは公共事業を手控える。そうすれば、工事発注が減って人手不足や資材不足が解消され、建築コストが安くなるので、マンション価格も下がる。すると住宅購入に動く人が増え、耐久消費財などの売り上げも好転するだろう。

同時に、公共事業の削減で浮いた予算を社会保障や貧困対策に回す。人々の生活への不安が減れば、消費は拡大に向かうはず。

しかし、政府にそうした政策変更の様子は見られない。それどころか、政策変更につながる都合の悪いデータは隠してしまえと考えているフシさえある。

とっくにわかっていた重要な経済指標を、参院選直後にオープンにしたのがその証拠だ。この時期なら、世間の耳目は参院選の結果や都知事選を巡る各候補の動きに集中する。

だが、こんなゴマカシはいつまでも通用しない。首相はアベノミクスの失敗を認め、速やかに政策転換に乗り出すべきだ。

週プレNEWS(2016年8月8日号)


安倍政権に騙されないように、以下の記事も是非お読みください。

GPIFによる買いオペは異常事態!「国の金で日本株をバカ買い」は今すぐ撤退すべき

週プレNEWS

古賀茂明が指摘。安倍政権の「働き方改革はグダグダだ!

週プレNEWS

「百合子新党」旗揚げは安倍政権の改革を後押しする

週プレNEWS



  1. 2016/09/14(水) 13:03:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政治家なんかいらない!!欲望を我慢出来ない人間が政治家になりたがる。そして権力を持ち私服を肥やしている。

拡張プラウト主義
誰の差し金なのか、、、また北朝鮮が核実験を行なったようだ。

この日本でも特定秘密保護法から始まり、かけつけ警護だのテロ法(安保法)だのと次々と国会では戦争準備に入っている。
そして日本ではこの北朝鮮の核実験やミサイル実験等を理由に(利用)し、また軍事費をどんどん増やしている。

人はなぜ、他人の畑を荒らすようなことばかりをするのだろうか。

私はやはり、現在の社会システムが今のような現状を生み出しているのだと思う。

それぞれの国が国民の代表として、政治家を自分たちの上に備えることを許してしまった。
これがそもそもの大きな原因だと思うが
そして、その政治家には大きな権力が与えられてしまった。

政治家たちはその与えられた権力で自分たちの私腹を肥やし、その欲望は止まることを知らずますます膨れ上がる。
その結果、多くの国民が意図しない戦争が行なわれ、戦争のための危険な化学兵器等が生み出された。

一部の人たちの権力維持のため、財産維持のためにこれまで多くの戦争が行なわれ、その戦争や化学兵器の犠牲になってきたのは人間は勿論のこと、野生動物や生き物すべて。
そしてこの地球そのものも破壊され、一部の人間のために目に見えるもの全てが犠牲になってきた。

人間の欲望が全てを破壊していると言ってもよい。
そしてその欲はイコール「罪」となる。

勿論、全ての人間には「欲」がある。
欲が全て悪だとは言わない。
お腹ば空けば「食べたい」という欲がわき食物を摂取する。
これは自分の命を守るための必要な欲なのだが、「お腹が空いたから、何か食べたいけど手元には食べるものがない。」となると、他人の者まで盗んで食べることはしない。

なぜなら、人間には理性があり道徳があり「忍耐力」が備わっているゆえに我慢をすることが出来るのだ。

では欲深い人間はどうして我慢が出来ないのか。
お金が欲しいと思えばワイロも使う、戦争もやる、脅して搾取することもする。
どんな手を使っても欲しいものを手に入れようとする、要するに自制がきなかい、我慢が出来ないということなのだが、どうして我慢が出来ないかと言うと、
自分の幼児期を思い出してもらえると簡単にわかると思うが、子供だからだ。
そう、我慢が出来ないのは幼児だけ。
大人になった者には幼児の真似すら出来ないのだから、結局欲しいものを何でも手に入れようとする欲深い人間は、大人になれない大人子供アダルトチルドレンということになるのだ。
そしてこの自制できないアダルトチルドレンが、権力、富に執着する。

そして、そういう自制のきかない我儘な人間たちが、政治家になりたがる。
よって、現在のような一部の人間に社会を任せるシステムは危険なのだ。

そろそろ私たちは誰かに政治を任せるのではなく、そういうものは排除して私たちが自分たちで国を守っていく、そういうことを本気で考える時期に来ているのではないだろうか。

以下のブログでとても良い案が提示されていました。(ただし、医療に対しては鍼や薬草だけでは間に合わないと思うので、病院は必要だと思うが)

Project Vega The Expansion of Consciousness.

拡張プラウト主義

以下引用
 人間は自分達の生き方を再定義する必要がある。それは、何のために生き、どのようにして暮らしていかなければならないか、ということである。そしてすべての問題の元となる貨幣社会に終止符をうち、自然の本質に沿った生き方をする必要がある。
 社会を構成する要素には、自然、科学技術、人間という3つの大きな要素がある。自然は科学技術と人間が存在できる地球環境そのものを作り出しているが、経済活動によってその自然を破壊しながら科学技術は発展している。しかし科学技術は人間の生活を豊かなものにしている。問題は科学技術の発展にともなって自然が破壊されていることで、科学技術を自然の循環に調和させる必要がある。科学技術のレベルが人間の精神レベルを超えた時、世界は破滅に向かう。
 よってここからは自然と科学技術と人間が調和した拡張プラウト主義とはどういった社会かについてまとめていく。簡単な結論から言えば近く世界は次のようになる。

 世界各地域では5万人前後の市民からなる自治体が中心となり、食料、電力、医療、教育、住居、家電など生活品はすべて自治体の市民で作られ、誰もがそれらを無償で享受する。食料は各家庭に提供される約33m四方の農地で、農薬を使わず自然の力に任せる自然農で自給自足を行う。電力は太陽光発電で昼の電力を生み出し、夜は蓄電池を利用する。医療は薬用植物や鍼など自然医療や伝統医療が基本となり、食生活も穀物菜食に移行して病気になることが大幅に減る。教育は現在のような学校はなくなり、誰もが好きなことに自己責任で取り組むことを幼年期から行い、周囲はそれに干渉しない環境を作ることで早期の自立と天職の発見を促す。住居は地上のドームハウスと地下住居の組み合わせとなり、地震、竜巻、洪水などに対してシェルターのような意味合いも持つものとなる。そしてこの住居は木組みで麻壁など自然素材が使用され、高気密高断熱化された住居で終日冷暖房が行われる。よって自然環境と調和した千年住宅となり、それを誰もが自治体から無償で借り受け、家電も無償提供される。そして家庭からの排水はすべて農地へ還元され、その為に洗剤も化学物質の使われていないものが使用される。これによって海も川も汚染されることはなくなり、もとの澄んだ状態に戻る。

 これら生活に必要な物資はすべて自治体の工場で作られ、地域で採集できる原料内で生産される。生産数は市民の人数分が上限となり、製品は再利用が基本となるので原料の採集は必要最低限になり、資源の枯渇と自然破壊が無くなる。工場は自治体市民が協同で運営する。よって1人に必要な労働時間は週に数時間だけとなり、それ以外の時間は自分の好きなことをして過ごす。これにより誰もが天職を見つける時間が生まれ、人々は特技に溢れ、その特技を通じて奉仕活動を行うようになり、充実感に満たされた日々を過ごすようになる。よって毎日が現在でいう休日や永遠に続く夏休みのようになる。そして学校、会社、自然破壊、汚染、ゴミ、貨幣、税、無駄などはなくなる。
 また各家庭からの太陽光発電による電力が自治体に集められるので、自治体そのものが発電所のようになる。こういった日常生活を成り立たせる自治体での活動は、現在の町内会の活動がさらに大きくなったものという感じである。 そして世界中で人々は、次のことを基本として生きる。

・人間は支配者ではなく自然の中に住まわせてもらっている存在として何事も判断する。
・自治体の許可なく自然の破壊、動物の殺傷を行ってはならない。
・好奇心に従い、天職を見つけ、社会に奉仕する。
・全て自己責任で行い、他者に迷惑をかけない。

 こういった自治体で構成される国が州となり、民族の数だけ州が作られ、文化と多様性が尊重され、各州へはパスポートなしで自由に行き来できる。主な交通手段となる自動車と電車は電気が動力源になり、その交通施設はすべて地下に作られる。この地下交通施設はまず州内で結ばれ、次に各州間を結ぶことによって世界中が結ばれる。これによって地下以外にはアスファルトの道路がなくなるので、地上には自然と調和した建物と、土の道路のみが存在することになる。
 このようにしてつながった世界は、各州の代表者が集まる世界連邦という1つの組織によって統治され、国境はなくなり、貧困もなくなり、金銭や資源目当ての戦争も起こる理由がなくなる。そして世界各地は奉仕によって成り立つ友好的な世界になる。また世界の行き来が自由になることによって民族の交流が盛んになり混血も進むので、何百年、何千年後の地球は、すべての民族が混ざり合ったひとつの民族の星になる。

 これは人間の能力が最大限に発揮され、正しく進化するための基本的な社会の在り方で、貨幣がない社会である。現在の資本主義社会では金銭を得るため永遠に働かなければならないが、地域社会が中心となり、地域市民の分だけ生産する社会に移行すれば必要最低限の労働と資源の採集で事足り、人間にとっても自然にとっても無駄な要素がない社会が生まれる。
 貨幣社会では誰もが自分で自分の生活を成り立たせることができず、よって他人への大きな依存が生まれ、利用する・される立場が生まれ、人間関係が損得になり、奪い合い、責任の押し付け合いが発生する。また利益と破壊が表裏一体で、破壊を案じ利益の機会を自制したとしても、その機会を他者が掴み、破壊も行う。つまり自制は無意味なものとなり、結局やるかやられるかの選択肢しか残らず、最終的に思いやりもモラルもかけてくる。しかし自分達で自らの生活を成り立たせる地域社会を構築すれば奪い合いは無くなり、過剰依存の連鎖は終わり、信頼と与え合いによる社会を生み出すことになる。

 生活品が無償で与えられれば怠け者が生まれるという意見もあるが、拡張プラウト主義の社会では怠け者は生まれない。怠け者が生まれる時は、嫌なことをさせられている時であり、それは生活費を稼ぐために仕方なく働かなければならない貨幣社会だからこそ生まれるのである。嫌な勉強を無理矢理させれば子供も怠けるが、放課後になれば好きなことをして活動的に過ごす。これは大人も子供も同じである。
 また人間には退屈を感じるという怠けさせない能力が備わっている。この退屈感は誰もが避けたいものであり、退屈を感じれば何か充実感を得ようと活動を起こし始める。


 こういった拡張プラウト主義の世界に生きる人間は何のために生きているのか、という問いに対しての答えは単純である。天職を通じて創造的に遊びながら学習し、その天職を通じて他者へ社会へ奉仕し、その継続によって精神面を向上させ、自分は一体何者なのかを知る道である。その過程で自我に振り回されている自分の心をコントロールできるようになり、そして無我へと近づき、やがて完全に近い存在となって全体と一つであることを認識する。
 こういったことを実現するためには、人間が正しく進化できる持続性を持った社会の構築が必要であり、その仕組みをまとめたものがここから説明する拡張プラウト主義の世界である。

 ただ気をつけなければならないことは、拡張プラウト主義の世界に貨幣は存在しないが、現代は貨幣社会であり、急に貨幣を手放すことに対して、現代生活に慣れた人々は誰でも拒絶反応を起こす。拡張プラウト主義は言い換えれば、「お金を必要としなくなる社会」でもある。つまり拡張プラウト主義の社会ではお金を使用する必要性がない状態であり、強制的に貨幣を排除することはない。市民がここでの生活に慣れてくれば、誰もが財布を開く必要がないことに気づき、やがて人々は与え合う行動様式へと変化し、次第に貨幣はなくなっていく。つまり徐々に社会の雰囲気が変化していくのである。

 拡張プラウト主義と事業の進め方の重要ポイントは、下記の画像におおよそまとまっている。



  1. 2016/09/12(月) 15:56:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の暴君 安倍晋三 今度はイギリスを恫喝

ネットでニュースなんかを観ていると、安倍晋三の横暴が世界を駆け巡っている様子が見て取れる。

安倍晋三、国内の暴君が前代未聞のイギリスへの恫喝を行なう

毎日新聞
毎日新聞

イギリスのEUからの離脱について、日本政府がまとめた要望書が英国内で反響を呼んでいる。
英国にEU市場との一体性継続を求め、受け入れられない場合は日系企業の移転の可能性を警告する異例の厳しい内容のためだ。

日本企業は英国内で多くの雇用を抱えるだけに、英メディアは「メイ政権に事態の困難さを突きつけるもの」(英紙フィナンシャル・タイムズ)などと、こぞって報じている。

どこぞのモーニング宇宙ニュースは、イギリスの植民地がアメリカ、(ここまでは正しいが)そしてその植民地が日本
なんてまたおかしな事を言っていたが
服部氏が言うように、もし日本がイギリスとアメリカの植民地だったならば、果たしてイギリスにこのような内政干渉や恫喝を行なうことが出来るのでしょうか、、、私は無理だと思いますね。

それから、「ユダ鳩山由紀夫よ~」と服部氏はことあるごとに鳩山由紀夫バッシングをしていますが、これも的外れなバッシングですね。

◆植草一秀 【日本の現状】 日本を支配しているのは?



鳩山由紀夫氏がバッシングされている理由は、私はこの植草氏の説明が一番真実を伝えていると思いますね。

要するに、「ユダ鳩山由紀夫よ~」と鳩山由紀夫氏をバッシングすることは、アメリカやなんちゃって天皇に利する言動になっているということ。
まぁでもモーニング宇宙ニュースの服部夫妻は極右のリチャード輿水と考えが近いようなので、マスコミの洗脳通りの「ユダ鳩山」説を広げているのかな、と、、、私はそのように思います。


  1. 2016/09/07(水) 23:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログのお休み中、ずっと訪問し続けてくださりありがとうございました。

やっとブログが書ける状態になりました。。
お休み中ずっと訪問して下さった方々、本当にありがとうございました。

感謝感激です。

今日からまた通常運転を行ないますので、今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2016/09/05(月) 20:11:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0