医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

アメリカの大統領夫人、ミッシェル・オバマが実は男だったんだそうな

あのアメリカの大統領オバマの妻、ミシェルが実は男だったんだそうな。。。

天然の女っぽくなかったし、なーんかおかしいと思ったらやっぱりそうか。




スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 18:00:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慰安婦問題で訴えた方々(および慰安婦問題なんてなかったと言った方々)は、性奴隷とされた韓国や中国等の女性たちにきちんと謝罪するべきです!!!

読売新聞 
以下引用
朝日新聞の慰安婦報道巡る訴訟、原告の請求棄却

2016年07月28日 15時26分

 朝日新聞社のいわゆる従軍慰安婦問題の報道で「日本の国際的評価が低下し、国民の名誉を傷つけられた」として、渡部昇一・上智大名誉教授やジャーナリストら2万5722人が、同社に1人1万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求めた訴訟で、東京地裁(脇博人裁判長)は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。

引用ここまで。

はい。まっとうな判決が出ました。
天皇軍(日本軍)が他国に侵略したとき、韓国や中国(他侵略国)の女性たちを強引に連れ去り、強制的に慰安婦、性奴隷にした問題が事実であったことが認定されました。
いや、正しくはもうとっくの昔に日本の裁判所はこの件を事実認定していますので、今回も再度再認定し、頭のおかしな右翼の請求を棄却したということですね。

以前、モーニング宇宙ニュースでもしつこいくらいに「慰安婦問題なんてなかったって言とったじょー。」(韓国語の上手な日本人の仕込みか韓国人の仕込みか知らないが、誰かがそう服部氏に言ったらしい)と繰り返し、ネットでせっせと嘘をばら蒔いていましたが、
裁判所が再度事実認定したのですから、服部氏は性奴隷とされた方々に謝罪するべきじゃないでしょうかね。

たとえ右翼の仕込みにひっかかったにしても、それを鵜呑みにし罪のない被害者を叩いた責任はあがありますから。
そもそもちゃんと調べていればそれが真実だったことは分かったはずなのですが、でもそこまでやらないんでしょうね。無責任っぽいから。
そして、自分が間違えた情報を流したことに気がついたとしても、「ラジオ感覚で気楽に聞いて~」なんて言葉で濁して決して間違いの訂正も謝罪もしないでしょうけど、、、責任感が全くなさそうだから。

それから
リチャード・コシミズなんてのもこの上を行くようなとんでもない大嘘つきですね。
なんせ「ユダヤ人に対するホロコーストなんてなかった」なんて大嘘かましていた人ですからね。
あまりの大胆な嘘にあっけにとられますが・・
なにやらこのリチャード・コシミズ氏、自分が作った党の党員だった方から訴えられているようですが、、、訴状を読んで普通に考えるならば、誰もが輿水氏は負ける、そう思うでしょう。
というか、、、、輿水氏の逆切れの仕方がどうも正常とは思えません。
こういうところがやはり頭のおかしな右翼かなという感じです。
それから
輿水氏は、いつも「神さま(先祖)が守ってくれている。」と言っていますが、そういうわりにはしょっちゅう入退院を繰り返しているようですね。
輿水氏の神社にいるご先祖さまは神社で昼寝でもしているのでしょうか???(笑)


こういうのを見ると、イルミナティカードにあった過去の歴史をゴミ箱に捨てる(歴史の上書き)絵を思い出す。
そして、ひょっとしてこの人たちがその組織の協力者ではないのか、と。

まぁ、何はともあれ、簡単に嘘をつく人は信用してはいけませんね。本当、この人たち、要注意人物fです。

  1. 2016/07/28(木) 16:28:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング宇宙で紹介されていた天皇は細川ガラシャの子孫「キリスト教の家系」「クリスチャン家系」という嘘を信用しないで。

いやいやいやいや~~
なんなんだろうかモーニング宇宙ニュースのじゅんちゃん(妄想)劇場。
この服部氏、あちこちから湧いて出てくる嘘に完全に振り回され過ぎている。
というか、、、宗教をきちんと理解している人や勉強した人ならば絶対にこういう嘘にひっかからないだろうな、ってことにこの人はいとも簡単に引っかかり、またその嘘を動画で広めてしまっているのだからかなり痛い。

あまりにもネットで自分の無知を晒し過ぎなんじゃないか。
まぁリチャード・コシミズもこういうところはこの人たちと一緒なのだが。

とりあえず今日のおかしかった話の内容は、、、

「天皇家は細川ガラシャの先祖」。

この人たち、確か少し前までは「天皇家の先祖はユダヤ人で祭司族」だと言っていた。
で、その直後に「天皇家はエジプト人(パロ=ファラオ)」という内容に代わり、もはや話の収拾がつかなくなっている。
でも多分、本人らはそういう話の矛盾には一切気が付いていない。

前も書いたが、ユダヤ人とギリシャ人には何の繋がりもないし、これらと細川ガラシャにも全くなんの繋がりもない。
まあ、でも服部氏はそういうところまでちゃんと調べようとはしないんだろうな、、、所詮人の書いた本やブログを鵜呑みにしている程度だから。まぁそれ以上は面倒がってやらなさそうだけど、、

では、この話、「細川ガラシャの子孫が天皇家」のどこがおかしいのかと言うと、
まず、一つ目。キリスト教は、異教徒と婚姻関係を結ばない。
要するに、キリスト教信者が日本伸道信者と結婚することはない、ということだ。
まれにあったとしてもそういう場合は、その人はあまり信仰的ではないとみなされる。
例えばカルト妃殿下美智子は元はカトリック信者なのだが、日本神道神社の教祖の子孫と結婚したことにより、もうすでにもうカトリック信者としての信仰を保てていない。(要するにカトリック信者ではなくなった)
よって、本人はいつまでもカトリック信者だと言い張っていたとしても、神社仏閣でのお参りを続けて行うのであれば、神はその偶像崇拝を行なっている者を退かれる。(要するに神がカトリック信者であることを認めない。)

おかしいところの2つ目は、仮にキリスト教信者のガラシャが天皇の子を産んだとしても、キリスト教の育児を行なっていたならば、「自分は神だ」と言い出すような大人には絶対になっていない。
なぜならば神は、人間が神になろうとすることを決して許さないからだ。

それから、これはほとんどの日本人が子供の頃から植えつけられ洗脳されて思い込まされていることなのだが、、そもそも宗教は家とか家系で保たなければならないものではない。
例えば、、日本ではおおよそ宗教的とは思えない檀家制度みたいなものがあり、先祖から関わりの寺でその子孫も葬儀を行わなければならないとしているが、そもそのこんなのも仏教の教えではない。
勿論年忌法要なんていうのも仏教の教えではないし、そもそも葬式を挙げる儀式すら仏教にはない、仏壇すら買わなくてもいいのだ。
では、なぜこんなお金がかかる習慣が日本に出来たのでしょうか。

それは、経済の活性化のため、です。
要するに平たく言えば、神社仏閣とこの儀式を行うために関係する会社(仏壇屋、花屋、着物屋、線香等の小物を扱う店やお供えの食品店)がお金儲けをするために、このような儀式がどんどん日本の神社仏閣に追加されていったのです。

あれあれ、、、ちょっとどんどん脱線して行った。
元に戻すのが大変になるので余談はこれくらいにしておいて、、、
そうそう、何が言いたいかと言うと、、、そもそも宗教というのは個人対神という関係のものであって、家とか家系対神というものではない。
なので、親がクリスチャンだから言ってもその子供もクリスチャンになるとは限らないのでキリスト教では決して「キリスト教の家系」とか「クリスチャンの家系」という言い方は絶対にしないのだ。

あえてクリスチャンが使う言葉では「クリスチャン・ホーム」という言葉があるが、これは両親ともクリスチャンでその子たちもクリスチャンという場合に限って使われる言葉。
それから、母だけがクリスチャンで父は未信者って場合(父と母の立場が逆でもいいが)の子は「片クリ子(片方の親だけがクリスチャン)」と言われ、その家でだれが信仰者で誰が未信者かということだけでも表現の言葉が変わってきたりする。
なので「家系がクリスチャン」なんていうざっくりした表現は決してしない。

なぜならば、信仰は本人対神様との関係のことなので、本人が信仰を持った時点で初めてクリスチャンと認められるからだ。
だから、クリスチャンの家系とは絶対に言わないのである。

ではどこから「クリスチャン家系」なんていうクリスチャンにはない発想が出て来たかというと、、これは日本独自の政治的手法「家系を宗教で縛る」(日本国民は、神社仏閣のお金儲けのために家系ごと宗教で縛られて来た被害者)のおかしな発想から出て来たことばとしか思えないので、またどこかの右翼な日本人がこういう話をでっち上げたのでしょう。

まあ、とりあえず、「クリスチャン家系」なんて発想やこのような造語はキリスト教にはないので、こういう偽系図「クリスチャン家系」というものは一切信用しないでください。
  1. 2016/07/25(月) 18:21:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアーテロ(ニース)、自作自演テロ(トルコのエルドアン)でナチス前夜の日本

トルコのエルドアン、最低です。
エルドアンは、自作自演のテロで自分に反対または敵対する勢力をわなにかけてあぶり出すことに最高し、それらの勢力をみごとに粛清した。

以下一部引用

元記事
マスコミに載らない海外記事
 エルドアンは今や彼自身の陰の政府を運営している: “エルゲネコン II”
完全に妄想的偏執症に病んでいるエルドアンは、自分にとって脅威であると考えているのと同じ種類の“陰の政府”をたちあげたのだ。

わずかなトルコ軍による、7月15日のクーデター未遂が、“エルゲネコン II”とも呼ぶべきエルドアン自身の“陰の政府”のメンバーによって指揮されていたことは明らかだ。故意に、できる限り可能なミスをしたクーデター未遂には、いくつかの狙いがあった。一つ目は、エルドアンが、誰がクーデター策謀者側につくのかを見分けるまで待ち、軍内に残っていた彼の敵を追い出すことができたこと。二つ目は、エルドアンは、クーデター未遂を、何より、トルコ中で、2700人の裁判官の首を切って、さらなる権力掌握に利用したこと。三つ目は、支持者に街頭に出るよう促して、エルドアンは、AKPの狙いに対し、弱体化していた支援を活気づけることができたことだ。スンナ派過激主義のトルコ宗教局からの命令で、トルコ中のモスク尖塔上につけられたスピーカーが大音量で流すメッセージで、宗教指導者たちは、エルドアン側につくようトルコ国民に熱心に説いた。

7月15日のクーデターは、エルドアン自身の手によって、失敗する運命にあった。クーデターは、典型的な、軍隊による文民政府に対するものとして始まり、戦略的拠点、ボスポラス海峡の橋二本、イスタンブール国際空港、国営放送局TRTと、アンカラの参謀本部 - 全てがクーデター指導者に占拠されたとはいえ、それは失敗するように仕組まれており、エルドアンに必要な、国民の支持を押し上げた。

引用ここまで。

それから
ニースのテロ事件の件、
これも、「射殺された犯人」とされた人が自分が犯人にされてしまっていることに驚き、出かけ先のチュニジアであわてて動画を投降し、犯人は自分ではないことと事件のあった日もチュニジアにいたことを、犯人にされてしまtったモハメド・ラフエジブフレル自らが動画で訴えていた。



本当に呆れてしまいます。

日本(安倍晋三自民、公明)はこういう偽テロの騒ぎに乗っかりどんどん防衛費をふくらませ、若者や子供たちにまでにも借金を背負わせ子どもたちにただ働きをさせたお金を、天皇企業(日本の大手企業のほとんどの株主が天皇となっており、企業もほぼほぼ天皇に支配されている)にじゃぶじゃぶとお金をつぎ込んでいる。

それからもう一つ重要なことがあります。

こちらはのIWJ記事から引用

参院3分の2議席で日本でも現実に!安倍政権が「学ぶ」「ナチスの手口」とは何か?絶対悪ヒトラー独裁政権の誕生過程を徹底検証! ~岩上安身による石田勇治・東京大学教授インタビュー(前編) 2016.7.1



これが悪魔崇拝神社の教祖 天皇の真実です。

それと、昨日見つけたのですが
まだ、全てアメリカが悪いという妄想に取り憑かれている人は以下の記事を読んで、もうそろそろそろ目を覚ました方がいいのではないでしょうか。

世界の真実の姿を求めて!

以下、引用です。
帝王ロスチャイルドは、貴族達の「使い走り」!

オルタナティブ通信で見つけた記事にびっくり!
世界の支配者はロスチャイルドだと思ってましたが、
オルタナティブ通信の記事から判断すれば、
ロスチャイルドは、貴族達の「使い走り」でしかなかった。

戦争する2つの勢力・両方に資金を貸し付け金儲けするロスチャイルド一族、
戦争する2つの勢力・両方に傭兵を貸し付け金儲けするスイス、そしてサヴォイ一族、
戦争する2つの勢力・両方に雇われスパイ活動を「商売として行う」タクシス一族。

この中でスパイ活動の中心であったタクシス一族。
ヨーロッパ中の王侯・貴族は、タクシスの命令に従った。

このタクシス一族が後のヒトラーのナチス組織を作った。
そしてヒトラー亡き後のナチス組織は今も存続している。
このタクシス家の本拠地がブリュッセルである。
2008年現在、EU本部がブリュッセルに置かれている理由は、ここにある。

オルタナティブ通信の記事から、個人的に推測すれば、
世界を支配しているのはイルミナティである。
そのイルミナテイの一番トップにいるのはロスチャイルドではなく、
ナチスのタクシス一族、サヴォイ一族などのヨーロッパ貴族であり、ロスチャイルドは金庫番にしか過ぎないということなのでしょうか?



http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080614-1.html

2008年06月14日
ダイアナ元皇太子妃を殺害した一族
 日本人にとって満州と聞くと、そこには深い複雑な意味が込められている。

第二次世界大戦中の日本軍による中国侵略、日本の敗戦、日本への核兵器の投下、米国の支配下に入った戦後の日本、中国・南北朝鮮による度重なる日本への謝罪要求、第二次世界大戦中の日本の行動の当否についての長い、決着の付かない論争。こうした事が全て満州という言葉に含み込まれている。この言葉は日本人にとって複雑な感慨を想起させずにはいない。

 ヨーロッパ人にとって中欧=ミッテル・オイローパという言葉も同じ複雑な意味を持っている。まずハプスブルク家によるヨーロッパ支配。この大帝国を巡る賛否両論の評価。この帝国内部でのすさまじい権力闘争。ヨーロッパの内戦。トルコ帝国との激しい戦争。文字通りの内憂外患。

ヨーロッパの統一と分裂の「深い悩み」、現在の統一EUに至るヨーロッパの苦労と感慨が、この言葉には込められている。

ミッテル・オイローパという言葉がドイツ語である事からも分かるように、中欧はドイツ文化圏に長く覆われて来た。現在のオランダは、国家としての統一が英国、フランス等よりも遅れ、地方貴族が割拠したドイツのホラント伯爵がこの地を支配した事から、このホラントが「なまって」オランダとなった。

この中欧=ミッテル・オイローパの内紛を制し統一を保たせていたのが、イスラム勢力=トルコからの攻撃であり、この外患に対しては中欧=ミッテル・オイローパは「統一して反撃した」。

特に1683年、首都ウィーンがトルコ軍に包囲され、ヨーロッパがイスラムの支配下に入る危機に立たされた首都攻防戦は、文字通り国家存亡の危機に立たされた激戦となった。

この時、ハプスブルク帝国の総指揮官として起死回生、トルコ軍を激しく撃破し続け、ヨーロッパをイスラムから守り抜いた軍人・武将がサヴォイ公オイゲンであった。

ハプスブルクの財政担当であり、戦争資金を帝国に貸し付け、戦争で莫大な利益を上げ続けたロスチャイルドは、後に銀行家として世界的に有名になり、21世紀の現在も、世界の金融の「コントローラー」として歴史の表舞台に立ち続けている。

一方、サヴォイ一族の名前は、現在、ほとんど歴史の表舞台には出てこない。

しかし、この名武将・戦略家の一族は歴史から消え去った訳ではない。サヴォイは、麻薬・アルコールを使ったマインドコントロールにより人間を廃人と化し、「何でも命令を聞くロボット人間・ゾンビ人間」を使いテロ・暗殺を企てる「戦略家・名武将」として、イスラエルを始めとした世界の大富豪達の「私的シークレット・サーヴィス」として、現在も活躍している。

 ハプスブルクの守護神サヴォイは、イスラエルを始めとした世界の大富豪の守護神に転身した。

イラン・コントラ事件において、ブッシュ大統領一族とロックフェラーの部下としてイランへの武器密売を担当したドディ・アルファイド、その婚約者で英国王室に反旗を翻した元英国皇太子妃ダイアナ。この2名は「自動車事故」の形で口封じのために暗殺されたが、暗殺直前に宿泊していたのは「名門ホテル・サヴォイ」であり、ダイアナとドディを乗せたまま暴走し壁に激突、大破し、この2名を暗殺した車のドライヴァーは、麻薬とアルコールで精神錯乱=マインドコントロール状態にあったサヴォイ家の下僕であった。

 軍隊において、単なる「資金繰り」を行うロスチャイルドと、軍の指揮権を握る一族の「どちらが地位が上か」は、明白である。

歴史の表舞台に出てくる者達は「常に、下っ端」である。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/100576557.html

皇太子妃を殺害した一族 | TOP | 米軍に見捨てられるアメリカ合衆国 >>
2008年06月15日
ロスチャイルドのボス達
拙稿「ダイアナ元皇太子妃を殺害した一族」より続く。


 13世紀のスイスの都市を研究しなければ、現代の事は分からない。

 古代ローマ帝国と、その末裔であるハプスブルク帝国の皇帝の絶大な権力による支配は、その部下である貴族達に大きな不満をもたらした。人間、誰しも他人に支配等されたくはなかったのである。しかし、そこにはローマ・カトリックに対する、異端・キリスト教原理主義(その原型であるドルイド教)の教義、「人類絶滅を至上目的とする」が深く関与していた。

この異端を信奉する貴族達は軍事力を持ち、また領地で農民を働かせ、農産物を農民から暴力で奪い、その富を蓄積していた。金と軍隊を持ち、皇帝など居なくても「自分で独立できる」と考えたのである。

そこで、各地で皇帝に対する闘争・戦争を引き起こし、時には異民族であるトルコ軍を招き入れ、皇帝と戦争を行わせる。

この絶え間無い戦争は「人類絶滅」の目的に沿って実行された。

皇帝は戦争の費用で借金だらけになる。この金を皇帝に貸し付けたのがロスチャイルドである。

皇帝は担保として土地を差し出し、やがては借金が返済出来なくなり、担保の土地をロスチャイルドに取られてしまう。

そして、この銀行家ロスチャイルドの資金をロスチャイルドに与えていた預金者が、皇帝からの独立を狙う騎士・貴族達であった。

エッシェンバッハ一族、レーゲンスベルク一族、サヴォイ一族(ダイアナ元皇太子妃の暗殺犯)、キーブルク一族、フローブルク一族、ラッパースヴィル一族、トッゲンブルク一族と言った貴族達が、ロスチャイルドに資金を貸し、ロスチャイルドがその資金を皇帝に貸し付けていた。

 ロスチャイルドは、こうした貴族の「使い走り」でしかなかった。

借金が払えなくなった皇帝からロスチャイルドが担保の土地を取り上げると、当然、その土地は、資金提供者であった貴族の所有物となる。

こうして皇帝の権限の届かない土地が貴族・騎士達によって、都市として独立する。

 産業革命が起こる以前、農業以外の産業としては綿織物等の手工業が主流であった時代は、河の水流を使った水車が動力であった。この動力が得られる、スイスのような山間部が産業地帯となり、さらにスイスでは、現代の時計につながる鉄砲、刀等の精密機械業、金属加工業が発達し、山間部で火薬原料も採掘された。

産業と兵器が、スイスにあった。

綿花はインド製の物等がヴェネチアから荷揚げされスイスに届き、スイスとヴェネチアは姉妹都市であった。

やがて貿易で富を作ったヴェネチアの貿易業者=金融業者がスイスに移住する。

皇帝に反逆した貴族達は、兵器と富と産業を求め、スイスに結集した。
これが、やがて現代の金融国家スイス、マネーロンダリング天国スイスを形成する。

こうして、西暦1200年以前に成立した、原初形態のスイスの都市国家は、わずかに35都市、その中で人口が2000人を上回るのは11都市に過ぎなかった。しかし、この都市が連合し、やがて国家を形成して行く。

 これが現在の国家の出発点であり、国家とはローマ皇帝の「質流れ品の寄せ集め」であった。国家制度の起源は、ここにある。

西暦1200年という、現代から800年以上、時代を遡る事で、ロスチャイルドを支配し、その背後にいる一族達の姿が浮かび上がって来る。



http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080616-1.html
米軍に見捨てられるアメリカ合衆国
拙稿「 ロスチャイルドのボス達」より続く。


 ベトナム戦争で、米軍の食糧・燃料・水・兵器・弾薬の供給を担当した、文字通り戦争の「生命線」=兵站部を担ったのが、チェイニー副大統領の経営するハリバートン社であった。

クリントン政権時代のユーゴ空爆でも、現在のブッシュ政権のアフガニスタン戦争、イラク戦争でも、兵站部を担ったのは、ハリバートンであった。

1919年に創立され、長年、米国・米軍の戦争の「心臓部」であった戦争屋ハリバートンは、米国を「見捨て」、本社をドバイへ移し、形式的に営業部をテキサス州ヒューストンに置き、会社登記はデラウェア州に置く事を決定した。

米軍の「心臓部」が、遂に「米国を見捨て」、世界政府の「軍隊」へと「成長する」時が来た。

ロスチャイルドの世界帝国が「軍事面でも動き出した」。



http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080617-1.html
2008年06月17日
アラブに本拠地を移す米軍
拙稿「米軍に見捨てられるアメリカ合衆国」より続く。


 世界最大の産油国サウジアラビア。サウジアラビアには、莫大なオイルマネーが流れ込む。その原油施設を独占し建設しているのが、ブッシュのベクテル社とチェイニーのハリバートン社であり、ハリバートンの子会社である傭兵会社ブラウンルート社が、その傭兵10万人を駆使し、サウジアラビアの油田施設の警護を行っている。

チェイニー、ブッシュこそが、サウジアラビアのオイルマネーの「生みの親、育ての親」であり、サウジアラビアの油田施設の建設、警護で莫大な利益をサウジアラビアは、チェイニー、ブッシュに与え、2つの一族を「雇用している」。

ハリバートン社が、米国本土を見捨て、アラブのドバイに本社を移転する理由は、ここにある。

このハリバートンの最大資金源となる、サウジアラビアのオイルマネーの世界最大の「運用家」が、サウジアラビアのアルワリド王子である。

正式名をアルワリード・ビン・タラール・ビン・アブドルアジーズ・アルサウードと言う、この世界最大の投資家は、チェイニーの傭兵会社に身辺を警護されながら、ブッシュ一族のシティバンクが経営困難になると、その最大株主となり、資金提供を行い、父ブッシュ大統領の財務長官であったジェームズ・ベイカーの経営する銀行ケミカル・バンクが経営困難になると、その銀行を買い取り経営を行って来た。

銀行・病院・学校・化学会社・航空・不動産等、あらゆる事業を経営するアルワリドのマネージャー役として、事実上、世界最大の投資事業、オイルマネーを仕切って来たのが、サレハ・アルグールという男である。

米国の電力会社エンロンが投機に失敗し倒産した際、その会計不正を行っていた会計コンサルティング企業アーサー・アンダーセンの敏腕コンサルタントがサレハ・アルグールであった。そしてアンダーセンと一体化していた、エンロンの社外重役がチェイニーであった。

こうしてアルワリドの投資事業を、チェイニーは「深部で支えて来た」。

 このアルワリドの投資事業の最大規模の分野が、ホテル事業とリゾート開発事業である。2002年には、アルワリドがチェイニーと共有するコンサルタント・サレハの指揮で、アルワリドはリビアのカダフィ大佐と合弁で、リビアにメーベンピック・リゾートと呼ばれるリゾート開発事業を立ち上げている。

米国チェイニー=ブッシュ政権がリビアを「悪の枢軸」と呼んでいても、水面下ではチェイニーとカダフィは「仲良く」合弁事業を行っていた。

この合弁事業にはドイツ・ミュンヘンのフィンク男爵が仲介の労を取っていた。
ロスチャイルドを「小間使い・下僕」として使役するドイツ貴族である。
フィンクの命令の下では、チェイニーもカダフィも「熱く握手を交わす」。カダフィもチェイニーも「命は惜しい」。

 2004年には、アルワリドの経営するフェアモント・ホテル・グループとヨーロッパの名門サヴォイ・ホテルの事業提携が、アレグールの仲介で成立した。この提携には、ブッシュをアル中から立ち直らせたキリスト教原理主義教会の宣教師パット・ロバートソンの経営するスコットランド銀行が資金提供を行った。

欧州貴族の中では最も凶暴な「殺し屋軍団」サヴォイ一族、ロスチャイルドを「奴隷として酷使する」サヴォイ、ダイアナ元皇太子妃を暗殺したサヴォイと、アレグール=チェイニーの連携である。

戦争屋ハリバートンと、殺し屋軍団サヴォイの「事業提携」である。

 2003年、アルワリドと英国王室御用達のハロッズ・デパート経営者モハメド・アルファイドが、ロンドンでのランドマーク事業の合弁を行った際には、英国王室の仲介があった。アルワリドを始めとしたアラブの富豪は学生時代、英国陸軍士官学校で学び、英国王室・貴族とは「同窓生」である。

この貴族・王室のネットワークが、現在、ビジネス・ネットワークとなっている。


http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080618-1.html
2008年06月18日
華僑=チェイニー副大統領
拙稿「アラブに本拠地を移す米軍」より続く。


 チェイニー副大統領を「同伴者」とする、世界最大の投資家アルワリド王子の最大の投資事業ホテル経営は、その敏腕マネージャー=サレハ・アルグールのアーサー・アンダーセン=現アクセンチュアを通じ、中国最大の不動産・ホテル事業経営者・李嘉誠と結び付いている。

中国共産党政府の改革・開放経済のブレーンである李嘉誠の投資事業は、このアクセンチュアをブレーン=コンサルタントとしている。

つまりアクセンチュアを通じ、チェイニーと李嘉誠・中国共産党は結び付いている。

華僑・李嘉誠の経営する、世界最大規模の光ファイバー敷設企業グローバル・クロッシング社は、英国、イタリア、イスラエル、スリランカ、ガーナ、香港、台湾、シンガポール等で、3G(第三世代通信機器)のライセンスを既に独占しているが、エンロンの倒産で一時、李嘉誠は資金繰りに困窮したものの、チェイニーと共有するアクセンチュアのコンサルタント力を借り、世界最大規模の通信事業独占を目指し動き始めている。

この通信網が、やがてチェイニーの傭兵会社ブラウンルートの通信網、ロスチャイルド世界帝国の情報網となる。


http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080621-1.html
2008年06月21日
魔女軍団の国モナコ
拙稿「決定的に変化した戦争の形態」より続く。


 ドイツのアドルフ・ヒトラーのナチス組織が、政治組織=政党になる以前は、トゥーレ協会と呼ばれる交霊術等を行う、心霊研究の「オカルト」組織であった事は余り知られていない。「幽霊に憑依される特技を持つ人間」に、様々な幽霊を憑依させ、その「お告げ」に基づいて人生計画を立て、政治政策を立てると言う、相当「いかがわしい霊媒師」の集団が、ナチスの原型であった。

しかし、このトゥーレ協会はやがてナチスとなり、莫大な数のドイツ国民に支持される程、いわば人気があり、それだけ「予言が的中する霊媒師の集団」であった。

 現在、世界最強の通貨となったユーロを発行する統一ヨーロッパ=EUの本拠地は、ドイツでもフランスでもなく、ベルギーのブリュッセルに置かれている。
なぜブリュッセルなのか?誰も説明が出来ない。

 ローマ帝国の崩壊以降、ヨーロッパでは様々な国が次々に生まれては消え、戦争に次ぐ戦争の時代が1000年近く続いて来た。このあまりに長い戦争に「飽き飽きしたヨーロッパ人」が遂に戦争を止め、1000年振りに1つにまとまったのがEUである。

EUの統合は、欧州石炭・鉄鋼共同体と言う、あらゆる産業の基本物資であった石炭と鉄鋼の生産・流通を一体化させる事から始まった。これがEUの原型であると言われているが、実は、この石炭・鉄鋼共同体の以前に、ヨーロッパ中部を支配したハプスブルク帝国の時代、ハプスブルク対反ハプスブルク勢力で戦乱に明け暮れた16世紀に、この2つの勢力両方に、「敵軍の情勢、軍勢」の情報を教える、戦争のための情報提供を行う「スパイ組織」が存在した。

つまり、戦争の両方の当事者に雇われスパイ活動を行う、専門的な情報屋=スパイ商売を行う人間達が居た。

ヨーロッパのあらゆる地域に親族を置き、様々な商売を行い、また宮廷貴族となり、ヨーロッパ中を「情報面で既に統一していた」一族が居た。

戦争する2つの勢力・両方に資金を貸し付け金儲けするロスチャイルド一族、

戦争する2つの勢力・両方に傭兵を貸し付け金儲けするスイス、そしてサヴォイ一族、

戦争する2つの勢力・両方に雇われスパイ活動を「商売として行う」タクシス一族。

このタクシス一族が「情報面でヨーロッパ統一を既に16世紀」に実現していた。

これがEU統合の原型である。

EUの原型は「商売としてスパイを行う、タクシス一族が形成した」。

 しかし「敵軍が全長50mの戦艦を建造している」というスパイ情報を提供しても、情報を提供された地域・国で、メートルという単位が使われていなければ、敵軍の戦艦の全長が分からず、その対策も立てる事が出来ない。そのためヨーロッパを統一した「スパイ組織タクシス」は、kg、メートルといった単位をヨーロッパ全体で統一する必要があった。

このヨーロッパ統一スパイ組織を16世紀に作り上げた初代フランツ・フォン・タクシスが、ヨーロッパの各国の王・貴族に「命じ」、測量単位を「統一」させた。メートル、kgと言った単位は、スパイ組織タクシスが「創立した」。そしてヨーロッパ中の王侯・貴族は、タクシスの「命令に従ったのである。」

これは、誰が最初のヨーロッパ「統一王」であるかを明確に示している。

このタクシス家の本拠地がブリュッセルである。

2008年現在、EU本部がブリュッセルに置かれている理由は、ここにある。

 ヨーロッパ各地に、様々な職業、貴族として偏在したスパイ・タクシス。特に、ドイツ・バイエルンで王侯・貴族「お抱えの」霊媒師として、その「予言の的中率が高い」と大人気であった「占い師」がトゥルン・ウント・タクシスであり、このタクシスが活躍した組織がトゥーレ協会、つまり後のヒトラーのナチス組織である。

タクシスの「占いは的中するはずである」。ヨーロッパ全体に拡がった親族のネットワークを駆使し、ヨーロッパ中の情報を手に入れていたタクシスにとって、「行方不明になった親類が、どこにいるか」等と聞かれれば、「来月~に来る」等と予言し的中させる事は簡単であった。徒歩で~を目指して歩いていた、と言う情報があれば、来月頃、徒歩で、どこに居るかは、簡単に「予言できる」。

こうしたスパイの「カラクリ」を知らない王侯・貴族の間では、タクシスは予言を的中させる「魔女・悪魔の使い」と考えられていた。

EUは、世界最大のスパイ組織、魔女軍団タクシスが創立した。

 なお、2008年現在、世界中の大富豪が集まる金融都市・観光地モナコの全産業は、タクシス一族が支配している。

世界中の大富豪達の「投資事業の水先案内人」として、魔女タクシスの予言が「相変わらず的中し続け」、タクシスのスパイ組織が世界中から「正確な情報を集め続けている事実が」、モナコが世界の大富豪の集まる金融国家である事実から、明確に浮かび上がって来る。





http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080623-1.html
2008年06月23日
EU本部は殺人犯の集会所
拙稿「世界最大のスパイ業者の遺言」より続く。


 世界最大のスパイ組織を作り上げたタクシス一族が、ベルギーを本拠地にし、そこがEU本部になった理由は、もう一つある。

パレスチナ紛争、あるいはボスニア紛争で、主役を務めた兵器は決して核兵器でも戦車でも無い。ピストル、マシンガン、ライフルと言った小火器が、人間同士の殺し合い・戦争の歴史の常に主役であった。

世界的に、この小火器、特にライフル銃のメーカーとして有名なモーゼル社の銃は、元々、西南ドイツのオーベルンドルフの山村に住む銃器職人が開発し、マーゼル社という会社が製造を開始した物であった。このマーゼル社が日本では「なまり」、モーゼルと呼ばれている。しかし、このモーゼルを大量生産し世界中に販売し、人類を相互殺戮の「災いに追い込んだのは」、モーゼルを量産するために、そのパテント生産の許可を取り、ベルギー東部のリエージュ近郊のエルスタルで、モーゼル量産工場を建設したFN社である。

人類を絶え間の無い相互殺戮に追い込んだ小火器は、ベルギーで量産されて来た。

 戦争のための情報を持ち運ぶタクシス一族は、決して「手ぶら」でヨーロッパ各地に出かけたのではなかった。情報は紙に書き、頭で記憶出来る。情報と共にタクシスの運んだ「荷物」は、ベルギー製の銃器であった。

タクシスがベルギーに本拠地に置き、EU本部がベルギーに置かれているのは、そこが戦争のための世界的な中心地=銃器メーカーの中心地であった事に理由がある。

 このFN社は、ピストルのルガーで有名なドイツのレーヴェ社と協力し、ベルギーにアメリカ人技術者ブローニングを招き、有名な連発式の殺傷力の高いブローニング銃を開発し、戦争での人殺しの数増大に多大な貢献を行う。

小火器として世界中の戦争で殺戮に使用された、モーゼル、ルガー、ブローニングは、こうしてベルギーで製造されて来た。

 タクシス一族は名前の示す通りドイツ貴族であり、イタリア出身であった。

銃器販売を巡るタクシスとドイツ企業との連携は、そのまま、この一族の出自、故郷とのビジネス・ネットワークであった。

ここにドイツ・テューリンゲンのズール近郊の森の中にある、カール・ヴァルター社のピストル=ワルサー、タクシスの出身地・北イタリアの山間部ブレシアの銃器メーカー・ベレッタを加えると、世界中の戦争で人類殺戮に使用され続けている小火器の大部分が揃う。

北イタリアードイツーベルギーというタクシスの軌跡が、ベルギーから世界中に拡がるスパイ情報と共に、小火器の製造・販売ルートになって来た。

ベルギーが、なぜEUの本拠地であるのか?

戦争のための情報と銃器生産の本拠地であるためである。 続きを読む
  1. 2016/07/19(火) 17:43:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安保法等の改憲、その目的は天皇一族の企業(武器商人)を儲けさせ、国民を一生ただ働きさせるためだけのもの。だから、どこでどんなテロが起きても、どんな悲惨な話を聞いても騙されてはならない。私たちは毅然とした態度で「武器なんかいらない」こう叫び続けなければならない。

自民、公明(選挙後になってから民進岡田も改憲の賛成に回ったらしいが)がやっきになって改憲を進めようとしているが
それは何のためなんでしょうか。
勿論国民のためではありません。
では誰のためなのか、、、それは天皇一族の企業を儲けさせるためです。

考えてみてください。
そもそもですが、、日本とは比較的に仲が良く平和を保ってきた中東、そこの茶番テロにあえて日本が加わる理由がお金儲け以外に何かありますか?
何もありません。
日本政府がこれにわざわざ加わろうとしているのは、武器商人(天皇一族の企業)を税金の横流しで儲けさせるためです。
その利益誘導以外にはありません。

そのために安倍晋三はこの茶番テロ(そもそもこのテロ組織はネオコン、各国の政府の傭兵)をわざわざ挑発する言動を繰り返してきた。

では今それをするのはなぜなのか
この不景気で日本の大手企業も大手だからこそ、会社が大きいからこそ維持していくのが大変になっている。
これは日本だけの問題ではないが、成長期を過ぎれば経済は下降していくのは当たり前なのだが(むしろそれが健全な証拠。経済の健全のためにはそうならなければならないのだが)
しかし強欲な大手企業(ほぼ天皇一族の企業)は、手にした富と権力をいつまで維持しようとする。
しかし何もしないではそれは無理というもの。
ではどうすればいいのかというと作ったものを破壊するしかない。
気の狂ったネオコン(安倍晋三のアホのミクス3本の毒矢等)や武器商人が考えるとこうなる。

ひと昔前までは戦争がその役割を果たしたが、現在では戦争を起こすことがそう簡単ではなくなった。
しかしぶっ壊さなければ経済が活性化しない(要するに儲けられない)
そこで、戦争がなければ困る一握りの人たちが戦争の代わりに作った壊し屋組織、それがテロ組織なんだそうだ。

要するにテロは宗教戦争でもなんでもなかったのだ。

ちなみに
テロとの戦いという名目でアメリカは中東に米軍を送り込んでいるが、
実はやっている事と言えば、整備されているインフラをせっせとぶっ壊しているだけらしい。

その武器商人たちが一番アテにしているのが税収、要するに国のお金だ。
国を相手に商売すれば取り損ねる危険性もない。
だから、安倍(自民、公明)はどんどんどんどん国防費を増やす。借金してまでもね。
その借金の犠牲になっているのが国民なのだ。

だから、私たちはどこでテロが起きてどんな悲惨な話を聞いても決して騙されてはならない。
いつも毅然とした態度で、
武器なんかいらない!!
そう叫び続けなければ大切な若者たち、子供たちが借金づけの泥沼につかまり、一生金持ちらの奴隷にされるからだ。
  1. 2016/07/18(月) 15:07:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そもそも天皇なんていうのは、犬、猫の血統書と同じ。人間が自分の都合で作ったもの。そんなもの(天皇)に1円の価値もない。

やっと
参院選(不正)が終わったばかりなのだが、早速各地の弁護士軍団が11日、1票の格差問題で今回の参院選挙も違憲だとし、一斉に裁判所に提訴したようだ。

ついでに不正選挙の件も調べて追及してくれればいいのに、、、と私なんかは思うんだが、どうしてそっちはやらないんだろうな、、、、

それから都知事選の件、モーニング宇宙ニュースを観ていて思った。
服部妻(自称公家?天皇家の親族だと言いたいのか皇居に仕えていた方なのかは知らないが)が、この右翼妻が鳥越氏を応援しているのならば、やはり鳥越氏はないな~、と。
とりあえず、、右翼が応援している候補者はやばいぞ、と私は思っている。

そういえば、参院選の時、極右リチャード・コシミズもモーニング宇宙ニュースも生活の党を応援してましたね。
生活の党と言えば、小沢一郎、、、、小沢と言えば、賄賂まみれで私服を肥やした政治家。

まあ、政治家はみな賄賂まみれな人ばかりなのですが、こういう賄賂まみれの人を好んでいるのが右翼、天皇バンザイな人たちということですね。

ところで、、そういえばオリンピック委員の(皇室親戚)竹田の賄賂の件、どうなったんでしょう??
これってあたりまえに考えたら、オリンピック委員の竹田は捕まるべきだし、皇族の親戚を特別扱いしてそのような委員にするのは止めるべきだと思うんだけど、、、そしてオリンピックも返上するべきだし、、、でもまたマスコミは死んだふりか???

話は戻りますが、、、
そして右翼の支持母体といえば「やくざ」です。
やくざと言えば、在日朝鮮人の人たち(やくざの人たちはほぼほぼ在日朝鮮の方々で組織されています)。
在日朝鮮人と言えば天皇一族。

みごとに繋がってきますね。

それから、、モーニング宇宙ニュースでは、この天皇やくざ族はエジプトから流れて来た一族だと言っていましたが。
何回か書いていますが、
エジプト人(王パロも含め)というのは、ユダヤとは敵対す関係にあったので(ユダヤとエジプトは別の氏族)、ここでもモーニング宇宙ニュースがばら撒いていた天皇はユダヤ人というのは明らかな嘘だったということがここでもはっきりします。(最近は天皇はユダヤと言うのを止めみたいだが)(旧約聖書の出エジプトを参照してください。)

さて、ではエジプト人の崇拝していた神というのはなんぞやというと、
偶像神である太陽神とそれから派生した天の万象、月とか星とかが崇拝の対象になっていたんですね。
そしてこの天の万象がエジプトの王パロの象徴となっていたわけです。
この太陽神は、当時から世界中に広まり拝まれていた崇拝ですから、日本神道も太陽崇拝から来ていても何の不思議もありません(しかし、一部キリスト教の歴史をパクッて神道に貼り付けたりしている部分もありますが。まぁ神道というのは他宗教をちょっとずつパクって繋ぎ合せて作られたものですが)。

そして何度でも言いますが、
エジプト人の中には祭司族などいませんし、王族の氏族もいません(つまりエジプト人はユダヤ人ではない)。
当然ながら、エジプトの信奉していた天の万象の偶像崇拝と、イスラエルの神の信仰は全く別物、違います。
あっ、ここも間違えないでくださいね、、、って間違えるバカもいないかもしれませんが、ユダヤのユダと、イエス・キリストを売り渡したイスカリオテのユダは全くの別人物ですからね。時代が違いますしいちいち書かなくても大丈夫だと思いますが、、、

ではこのエジプトはどこの者に属するかというと、、、少し前に二ムロデのことを書きましたが、この二ムロデに属する者です。
要するに悪魔の子らということですね。
なので、モーニング宇宙ニュースが言い広めている内容、天皇はエジプトから流れてきた、という話になるなら天皇家一族は紀元前1500年くらいから(今から3500年くらい前から)悪魔崇拝者だったということになりますね。
まぁ、でもこの捏造歴史は最近やっきになってやくざ右翼が流し始めているデマなので、まだあまり浸透していないと思いますが。
そもそも日本には天皇という存在の歴史なんてなく、これらは明治あたりで作られたカルト新興宗教なのですから。
はっきり言うと、日本神道なんていうのは明治時代に沸いて出て来たカルト、新興宗教ってことですね。

しかもエジプトの王パロは紀元前330年頃には滅ぼし尽くされているわけですから、パロ一族(またはエジプト人)が朝鮮に流れてそこから日本に渡って来た、、、なんてそんなバカな作話はありえません。

というか、、、、あの天皇の平たいしょうゆ顔のどこにエジプト人の要素が入っていると言うんでしょうか???
エジプトの王パロの子孫ってことはかの有名な絶世の美女クレオパトラの子孫ってことにもなるけど、天皇一族ってかなり寒い顔(不細工顔)だし、おまけに背もかなりちっこい、、、悪魔崇拝という共通以外はエジプト人の要素など皆無です。
しかもここ大事、エジプト人はそもそもエジプトの王パロが滅亡する紀元前350年あたりにも(その前にも後にも)、エジプト人は朝鮮には渡っておりません。
なので、天皇家の血筋がエジプトというのは、やくざ団体が支持母体である日本神道狂信者ががふりまくまったくの嘘、でたらめですね。皆さん、騙されないように気をつけましょう。

それから、、モーニング宇宙ニュースではよく、ロータリークラブ、ライオンズの話なんかが出てきますけど、天皇の一番の支持者は何回も書いておきますが、朝鮮の方々が組織しているやくざです。
モーニング宇宙ニュースではその辺はいつもスルーしているようですけどね、目をそむけたい真実なんですかね。
天皇を支える組織はやくざ。
そしてやくざといえば創価学会でもありますね。
ここで創価学会と天皇家がやくざで繋がってきます。
そして、
そもそもこのやくざが天皇との一番強力なつながりなので、ロータリーやライオンズなんていう薄~い繋がりとはわけが違うのです。
しかし、その一番大事なことをスルーし、天皇にとって本当にちっぽけな存在でしかないロータリーやライオンズをあえて出して叩くというのは、本家本元の悪の根源、やくざやその他の存在を服部氏はあえて隠す目的で、天皇にとってはたいした結びつきがないロータリーやライオンズ叩きをやっているのか??なんて思っちゃいますね。

あっ、それと、、、一番言いたかった事なのですが、、、
天皇家とか世界の王族ってのは、結局は犬や猫の血統書みたいなものです。
要するに人間の都合で勝手に人間がそのランクを自分で勝手に決めただけのこと。

例えば
犬や猫目線で見るならば、雑種とか血統とか、そんなものは初めから犬や猫の世界には存在していません。
血統なんてものは人間が勝手に作ったものですし、そもそもそんなもので(血統書という紙切れ1枚で)犬や猫のいのちの価値を決めるなんて考えること自体がおかしいことなのです。

これは人間でも同じことが言えます。
つまり、王族だの皇族なんて血統を作ったのは一部のプライドの高い頭のおかしな人間であって、人間の格付けがそんな紙切れ一枚(血統なるものや系図)で決まるわけではありません。
犬や猫に血統を作ったのと全く同じですが
犬や猫に高額な値をつけ人間が儲けるために、人間が血統というものを作った。

皇族もこれと同じです。

さも自分を特別であるかのように見せかけて犬や猫のように自分で血統をつけ、人々の上に立とうとする。
これが王族や皇族のような頭のおかしな連中のやらかして来たことです。

なので、こんなことにノセられて「天皇さま~♡皇太子さま~💛)なんて言っている人は頭の足りないバカです。

いいですか。
人間にも猫にも犬にも馬にも何にでもですが、そもそもこれらに王族や血統というようなそのようなものは最初から存在しません。
これらの王族や皇族というものすべては、人々の上に立ちたい、人を支配したい、他の人よりたくさんのものを持ちたい、という欲望に支配されている悪魔の子二ムロデが作り出したシステムなのです。
ようするに、人が人を支配するという王族、皇族は悪魔のシステムということです。

こんなものに騙されてはいけません。

そもそもですが人間の価値は、血統や系図(あるいは学歴等)で決まるのではありません。

どれだけ良い人であるかということで人間の価値は決まるのです。

しかし悪人のままでは人々からは崇められない。
良い人になるのは難しいが、人々からは崇められたい。
じゃあ、良い人じゃなくても崇められる方法を探そう、と。
それで日本でも血統みたいなものを作り、天皇家らはカルト宗教とそれらを組み合わせて自分らの欲を満たしていった。
また、天皇家は国民を騙すためにも国民に対しても、「あなたの出自、血筋は立派だ」と嘘でそのプライドをくすぐり、そういうバカげた理由で鼻を高くするバカは騙され、自分を誇り出すのです。

しかし、目を覚ましてください。
何回も言いますが、そもそも血統で人間の価値が決まるわけではありませんので、
血統をひけらかす、または血統だけで人を褒めたたえるような脳みそのないバカにはならないでください。
そういうことで喜ぶような人間は、安倍と一緒です。

それから前からちょっと気になっていたんだけど、、、
モーニング宇宙ニュースではいつも「寄付、カンパ宜しくお願いしま~す」って言っているんだけど、、、、
このご夫婦って国民年金よりも高い公務員の年金を貰って生活をし、庭付き一軒家を建て庭では野菜等を育て、多くの国民より良い生活をしていると思うんだけど、寄付、カンパって何に対してのカンパを呼び掛けているんだろうな、っていつも思う。
勿論私はカンパはしないが、普通寄付やカンパを募っている人って理由なくやらないと思うんだけどな。
例えば、こういうものを買いたいけどお金がいくら足りないからいくらカンパして欲しいとか、、、
ってかこのご夫妻のこのニュースの真似事って趣味程度のものだよね。
勿論、プロのジャーナリストじゃないから情報もかなり怪しげなものばかり(ネットから集めたもの)や嘘も多いし、、、プロじゃないから過ちがあっても決して誤らないけど。
その自分の趣味程度のものにカンパってなんだろうな、、、、っていつも思う。年金生活で収入あるのにね。ほんと不思議だけどウナギが好きそうだからウナギ代金のカンパ要求をしているのかな、、、
  1. 2016/07/16(土) 18:41:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国民は気をつけよ。麻生太郎発言を思い出して。「 憲法は誰にも気づかれないうちにいつまのにナチス 憲法に変わっていた」 「われわれもあの手口を見習ったらどうか?」  天皇生前退位の改憲時、その陰に隠れてこっそり気づかないうちに戦争法案を通されないか。

いやいやいやいや
参院選の自公圧勝(実際には国民の票を盗み、圧勝させた)直後の天皇退位ニュース。
皆さん、これってけっこう怪しい行動だと思いませんか。
私はこのニュースを読んで最初に頭に浮かんだのは、、過去の麻生太郎の発言。
改憲をめぐる議論のなかでナチスの戦略を手本に挙げ

「 憲法は誰にも気づかれないうちにいつまのにナチス 憲法に変わっていた」
「われわれもあの手口を見習ったらどうか?」

安倍晋三は今回の参院で、改憲に必要な議席を獲得して(奪って)しまった。
やっきになって、お金儲けのために戦争テロ殺人法案を通そうと改憲を企んでいるだろう。
しかし、あからさまにそれをやると国民から反感を買う。

だ・か・ら
天皇生前退位の為の改憲時に、どさくさにまぎれてこの殺人戦争法案をこそこそ通してしまおうと企んでいるのではないかと私は見た。
つまり、生前退位騒動は戦争殺人法案の改憲のため、天皇一族と安倍晋三が共謀して企んでいた計画なのではないか、と。

日刊ゲンダイデジタルによると、
安倍は「民進がガタガタし、下手すれば分裂する可能性もある。
野党が弱体化している内に年内解散をし、任期をまた4年伸ばして改憲に持っていこうと企んでいるのではないか。」
と書いている。
 日刊ゲンダイデジタル「安倍政権が企てる『年内解散』…瀕死の野党は‘絶体絶命‘」

とすれば、また解散総選挙で安倍は更に4年を得、じっくり時間をかけ、この国をまた終戦前の恐怖の天皇独裁国家、イケイケ侵略戦争、天皇恐怖政治に戻す。
そういう可能性も出て来る。

モーニング宇宙ニュースの右翼な奥さんや極右日本神道狂信者であるリチャード・コシミズは、「終戦後に日本にやって来たアメリカが全て悪い」という妄想(洗脳)に取り憑かれているが、絶対に騙されないでほしい。

実際のところもし、終戦時、アメリカが日本に来なかったらばこの日本は今どうなっていたかというと、
勿論、天皇家美化教育に(北朝鮮の気持ち悪い金一族美化を思い出して欲しいがあれと同じ。モーニング宇宙ニュースの奥さんの方やリチャード・コシミズがどっぷり洗脳されているタイプ。本当気持ち悪い)言論の自由もない、ちょっとでも天皇の悪口めいたことを言えば即監獄行きの折檻、侵略戦争に行かされ捕虜になりそうになれば「天皇バンザイ」しながら自殺を強要される等々、終戦前の天皇恐怖政治がずっと続いていた。(モーニング宇宙ニュースの奥さんは私が受けた教育とは全く違う歪曲歴史教育を受けたと言っていますが(嘘っぽいが)、私が昔学校で受けた教育はこの内容です)

現在の戦後の日本の自由はアメリカによってもたらされたのだから、アメリカが日本の憲法を平和憲法を変え、日本を独裁国家から民主主義に変えてくれた、主権を天皇から国民に移してくれたのだから、そこはアメリカには感謝しなければならない。

しかし、その古き良き時代だったアメリカも、今やすっかりイギリスや悪魔の王族(天皇を含めた)たち(グローバル社会、1%の世界の金持ちたち)に賄賂漬け(日本のお家芸)にされ支配されてしまったため、イケイケ戦争国家に変わってしまった。

アメリカが日本にとって不都合な真実(史実)を公に語らず日本の言いなりになっているのは、天皇や日本政府からたっぷりと賄賂をもらっているからだろうけど。

とにもかくにも、今回の天皇生前退位茶番は本当に気をつけなければならない。
自民公明が裏で何かこそこそとやらないか、国民は注視していなければならない。
  1. 2016/07/14(木) 20:22:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれだけ衆院選で三宅洋平候補を推しておいて、都知事選になった途端に三宅洋平氏支持の宇都宮健児氏をみそくそに批判って、、、カオスすぎるモーニング宇宙ニュース

いや~
なんなんだろうか、、、このご夫妻(モーニング宇宙ニュース)。

茶~吹くわ

参院選ではあれだけ三宅洋平、三宅洋平言って支持しておきながら、東京都知事選になった途端、三宅洋平氏が支持している宇都宮健児氏をみそくそに貶すって、、、、本当、矛盾だらけなんですが、、
そもそも政策なんかは近いでしょう、三宅洋平氏と宇都宮健児氏。
それなのになんなんでしょうか。
本当、このご夫妻カオス過ぎて訳がわかりません。

しかも、、、鳥越俊太郎氏押し、って、、、これも全く意味が解りませんね。
マスコミに洗脳され過ぎでしょう。

私は鳥越氏の番組をずっと見てきて思ったことは、、、ああ、結局、この人も最後には権力にすり寄る人なんだな、そういうタイプなんだな、と。
まぁ、推薦が民進他4党(結局自民公明の補完勢力)だから結局そういうことになると思うけど。

しかも、鳥越氏、最初の出馬要請を断っておきながら、野党の候補者が出揃ったところでぎりぎりになってひょっこり自分から民進に連絡して「出馬する」って、、、、
明らかに野党票を故意に割ろうとしていないか?としか思えないんだけど。
しかも、全然他の候補者や都民の事って考えていないよね、票が割れるだけなんだから。

まぁ、この鳥越氏の行為は結局は自民に利することになったけど。

こうなっちゃうと結局はまた自民(または隠れ権力者の味方、鳥越氏)が都知事席を取ることになっちゃうのだと思うが、そうなると、また結局鳥越氏がやっても自民公明候補者がやってもどっちも変わらない、ってことになるよね。

本当、勘弁して。

それと、、、この突然の出馬宣言
私が思うに多分、自民公明の補完民進にとっちゃあ本当に改革しそうな勢いの古賀茂明氏に出馬されて当選されては困るから、慌ててコントロールできそうな鳥越氏を出したと私は見ています。

本当、勘弁して。
  1. 2016/07/13(水) 14:32:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開票率98%以降で50万票以上入ったという「支持政党なし」。これ明らかに他の人の票を横流ししているでしょ!!

やはり、今回の参院選も不正選挙だったと思う。

私はライブで選挙速報を見ていたのだが、「支持政党なし」というふざけた政党の得票数が、開票率98%のところ(番組終了直後)で最低の得票数だった候補者が60票弱(五十数票だったと思う)、一番得票数の人でも1万票いくかいかないかくらいだったと思う。

しかし、夜が明けると「支持政党なし」の得票数が60万票だというではないか。(モーニング宇宙ニュース情報)
とすると、開票率98%くらいのところだったので、残りの2%の票で「支持政党なし」に50万票以上が入ったということになる。
ってこれ、本当、絶対にありえないでしょ。

モーニング宇宙ニュースでは、三宅洋平さんの票が束で「疑惑票」の箱に入れられていたり、紛失したりしていたという話をしていたので、三宅さんや他の野党の票がごっそりこういう右翼政党や維新等に加算されていたのではないかと。

本当に今回の選挙もおかしい。

おかしいことが実はもうひとつあった。

安保法(日本のテロ法)関連のことが出ると、必ずと言っていいほど北朝鮮がミサイルをぶっ放す。
皆さんは気づいただろうか、、、今回の選挙日も北朝鮮がミサイルを飛ばしたというニュースが流れていたのを。
これもあまりにも不自然ではありませんか!!
というか、ミサイルを飛ばす日時を安倍と絶対に打ちあわせしているでしょ。北朝鮮は。

それともうひとつ、頭に来ている。民主党の岡田。
1人区だけ野党共闘しても屁のつっぱりにもなっていないでしょ!
まるで、自民、公明を圧勝させるために諮ったように1人区だけを野党共闘させている。
これも、とりあえずは国民の怒りのガス抜きのために形だけ野党共闘したに過ぎないのではないか。

こんなことばっかりやっているから民進は国民から愛想をつかされるのだ。
というか、野党で候補者を出すのはもう止めた方がいい。
民進や維新や右翼政党は全員やくざカルト自民か公明から出るべきだ!
  1. 2016/07/12(火) 19:29:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今回も不正選挙で大勝したカルト日本神道(神社)とカルト創価学会。日本神道(天皇教信者の方々)と創価学会(やくざを含め)は全員責任を持って全員日本軍に入隊してくださいね。

昨夜、参院選挙の結果が出たが、やはり不正だったようだ。

マスコミ情報だと投票率は56%台になっていたのだが、今日のモーニング宇宙ニュースのツイートでは、本当の投票率は80%と。
今回の選挙では自民、公明は寝たふりをし、憲法の件には一切触れていなかったが、この憲法改悪に対して90%の国民はすごく怒っている。
自分の子や孫たちには絶対に人殺しはさせられない、また、誰にもどこの国の人たちにも大事な日本の若者が殺されてもならない、とみなが強く思っているのだから必ず投票に行ったはずだ。
よって、私も今回の選挙も不正選挙だと思う。

おまけに、今回もやはり期日前投票の票が、自民公明やおおさか維新等に流れたという疑いが持たれた。
私もYahoo!速報の動画を見ていたのだが、比例区の開票が始まってすぐに、まだ1票、2票しか取っていない自民、公明等の候補者のところに早々と当選確実マークがつけらた。
得票数1票で当然確実ですよ、、、

本当、明らかにおかしかった。

これ、本当に国民がなんとかしなければならないのではないか。
次回の衆議院選挙では、必ず投票所で自分の票の写真を撮っておき(スマホでもデジカメでもいい)、それを国民が独自で計算しなければダメだと私は思う。
北海道は私が集計してもいいので、全国にこの動きが広がることを私は強く願う。

それと、今日のモーニング宇宙ニュースで紹介されていた桜井ジャーナルの記事。
私が以前からブログにも書いていたものと同じような内容のことが記事になっていた。

安倍政権を支える日本会議を米メディアはカルトと表現、米支配層の一部は日本の状況に懸念も

 ジャック・アンダーソンは1993年に『The Japan Conspiracy(日本語版:ニッポン株式会社の陰謀)』という小説を発表した。日本の国粋主義者がアメリカの一部支配層と手を組んでアメリカを支配しようとするという話だ。これを安倍たちとネオコン、日米好戦派の連合と解釈すると、21世紀の日米を予言しているようにも思える。この小説では活動の原資として「O資金」なるものが登場するが、これは明らかに「M資金」をイメージしている。


一部の引用ここまで。

私はこの本の存在を今知ったのだが、私が以前から警告してきた内容と一致していると思う。
そして、第4メディアに載った島津洋一さんの記事ともみごとに一致してきます。
私はこの島津洋一氏のことも全然知らなかったのですが、こういうことをきちんと書いてくれるプロのジャーナリストがいらっしゃったことは非常に感謝なことだ。

リチャード・コシミズ氏等がブログ等で拡散していた「アメリカが悪い」は、天皇家や天皇一族が牛耳っている日本政府の悪事を隠蔽するための工作、洗脳だったのかな、と、、、私はそのように感じている。

何度でも言う。
黒幕はアメリカではない。
日本を支配する天皇一族(それと世界の王族)なのだ。
「M資金」、「0資金」(侵略戦争で天皇軍が強奪した他国の財宝のこと)を基に、アメリカを支配している日本(日本会議とは、天皇教であるカルト日本神道、神社)。
  1. 2016/07/11(月) 16:18:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投票所で、自分の投票用紙をカメラで写し、記録を取っておく運動を今後もずっと行ないこれを広げていきましょう。

今、投票を済ませて来た。
ポケットには油性マジックとカメラを入れ、投票直前に自分の投票用紙をカメラで写し、投票箱へin。

比例は勿論、「国民怒りの声」。
個人はというと、はっきりと殺人法案(憲法改悪)にNOを突きつけている共産党に1票を投じた。
ただ、共産党を支持しているわけではない。
民進は裏切りそうだし おおさか維新は嫌悪感しかないし、他の野党もあまり信用はできない。
ということで、消去で残ったのが共産党だったわけです。
勿論、三宅洋平氏のような候補者が私の住む区から出ていればそっちに投票するのだが、、、残念ながら出馬していないので、、、できれば、今後はもっと候補者を出して欲しいのだが。
これは今後に期待ですね。
多分、多くの反自民、公明の皆さま、全国民の90%の人々が支えてくれると思いますから。

しかし、、、ほんと、民進の岡田氏には怒りすら感じる。
なんで野党統一候補ができないんだ??
結局、自民、公明に利することしかしない民進は、はっきり言って自民か公明から出馬すべきだと私は思う。
無所属もそう。
あんた、無所属じゃないでしょ、本当は自民、公明の候補でしょ、ってなのばっかりで本当にうんざりする。

ということで、明日には選挙結果は出ると思うが、
不正選挙を今後も絶対にさせないために、自分の投票用紙をカメラで撮っておく運動を是非広げていきましょう。
証拠さえ残していれば、簡単に不正選挙を訴えることができるのだから。



  1. 2016/07/10(日) 15:56:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投票所の投票用紙には油性ペンで書き(持参)、その投票用紙の写真を撮って置き、選挙結果がおかしかったら(不正が疑われる場合)、いっせいのせで全員で投票用紙をネット公開しましょう。

明日はいよいよ選挙日ですね~
ぜひぜひ、自分の投票用紙の写真を証拠として撮っておき、もし、また不正選挙が疑われるようなことがあったならば、ナマ投票用紙の写真を公開し、証拠をつきつけて自民、公明党を訴え、国民がその権利を剥奪し、関係者全員を刑務所送りにしてあげましょう。
  1. 2016/07/09(土) 20:06:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

核兵器並に危険な安倍晋三(天皇一族)と創価学会やくざ

昨日、第4メディアでアップされた島津洋一さんの記事は実に衝撃的でした。

これを簡単にまとめると、
外務省のODA(政府開発援助)には、日本の2つのやくざ、カルト同盟グループ(創価学会とやくざ。日本財団を含む)が入り込んでいる。
JICA(ジャイカ・一般的にはボランティアグループとして知られていいる)の重要な役割と仕事は、安倍晋三(要するに天皇)の悲願であった世界支配(統一)を達成させるためのお手伝いだった。
つまりは、ジャイカは日本政府(天皇)の工作員だったということですね。。

そして、今回、ダッカで殺害された7人の日本人のうちの6人はその役割を担っており、バングラデシュの政府機関の人たちに賄賂を渡す役割等を担っていたということが事実だったようです。
ただし、その内の1人だけは、本物のエンジニアリング会社のために働いていたとのことです。
1人くらいは本物のボランティアを入れておいたという感じですかね。

では安倍晋三は何をやらかそうとしていたかというと、、
安倍晋三は戦争を起こすために、QSD(アメリカ、オーストラリア、インド)と組んで、新大東亜共栄圏北部アンダマン海に海軍基地を作ろうとしていた。(表向きはインフラ整備としての港の設置だったのだが、本当の目的は海軍の基地の設置だった)
勿論、日本の主導で。
なぜ、アンダマン海に海軍基地を作ろうとしたのか、というと、中国との戦争を引き起こすためですね。
そのためにはこの場所に基地が欲しかったということだろう。

こういうことがバングラデシュで秘密裏に行われていたのだが、アメリカをバックにつけ、日本側からも賄賂を受け取っていたバングラデシュの現政権に恨みを持つ前総裁がそのことに気がつき、この安倍が計画していた恐ろしい戦争計画を止めるために、その秘密の工作員をしていた日本の工作員(JICA)を殺害した。
どうやらこんな流れのようです。

3,11の福島原発第4号機爆発も、実は津波や地震の影響による事故なんかではなく、安倍晋三が秘密裏に行っていた核兵器の爆発、核事故だった、ということがバレされました。

憲法を変えるまえに、もうすでに安倍は核兵器を日本で造っていたのです。
そして、改憲前にもうすでに日本主導で海外に軍基地を作ろうとしていたのです。


この安倍晋三の犠牲になるのは日本人だけじゃない。
世界中の平和に暮らしている人々の命と生活が、安倍自民とカルト創価学会、そしてこれらと手を組んで動いているやくざ組織によって奪われてしまうのだ。

日本国民の義務として、また人としても絶対にそんなことをさせてはならない。

ちなみに、、、
創価学会 池田大作の過去について
以下Yahoo!知恵袋から引用

Yahoo!知恵袋

金貸し時代の池田につ いては、債務の取り立 てで「病人の寝ている 布団をはぐ」こともし たといわれている。池 田は後に「大蔵商事で は一番いやな仕事をし た。どうしてこんない やな仕事をするのかと 思った」と回顧してい る(『社長会記録』6 8年2月10日)。


ちょっと池田大作のこ とを調べたことがあり ましてね。そうしたら 、かなりひどいことを やってるんですよ。池 田大作は青年部にいた 前、財務を担当してた んですね。そこで高利 貸しをやってたんです よ。それで、苦しい商 店街とかあるでしょ? そこに金を貸して、返 せなくなると、即刻、 土地を担保に取っちゃ うんですよ(脚本家・ 笠原和夫『昭和の劇』 太田出版/佐高信『噂 の真相』H15.4)


怖いですよね
取立て屋です

池田大作 取り立て屋
  1. 2016/07/08(金) 19:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殺人一族 安倍家。選挙前に必見です。

今日のモーニング宇宙ニュースはけっこう良かった。

選挙間近ということもあってか選挙に関する内容が多かったのだが、私も気をつけようと思った情報は、
不正選挙についてのこと。

まず、投票場に置いてある鉛筆を使うと簡単に消されてしまうので、必ず油性ペンがボールペンを持参して、それでしっかり書くこと、なんだそうだ。
それと、期日前投票の場合も、票がすり替えられる可能性があるということ。
これはあちらこちらでも言われていることだったので、今回、私も期日前投票を止めることにした。

それから、生活の党に入れる場合は山本太郎まで書かないと無効になるらしい。

でもまぁこれは、私の場合は比例区は「国民怒りの声」に入れることにしているので、私の場合は関係ないが、、、
というか、、、山本太郎さんだけなら多分入れたかもしれないけど、小沢一郎氏とくっついた時点でちょっとな、と引いたいう感じだ。
というのは、結局小沢一郎氏も自民、公明とけっきょくは同じな穴のむじなではないか、と私は思うからだ。
なぜならば、民主が与党だった時代の小沢の大名行列(若手議員を大勢引き連れての外遊)も安倍と何ら変わらない税金の無駄遣いだと思うし、利権がらみの賄賂なんていうことも当然あっただろうと思うし、、、

政治家っていうのはなぜかお亡くなりになったり、権力の座から転落すると、必ずといっていい程良い人風に美化されているみたいだけど。

それと、モーニング宇宙ニュースで度々出て来る島津論文の件、今がちょうど良いタイミングのようなので紹介しようと思う。
しかし、ネット検索でちょっと見つけられなかったので、島津論文を紹介しているブログを紹介したいと思います。

これ、とんでもない安倍晋三の殺人行為の事実が書かれていますので、選挙前に必ず一読してくださいね。
自民、公明に票を入れることがどれだけ恐ろしいことなのかがわかります。
自公ははっきり言って殺人集団です。


1、衝撃暴露情報!元ジャパンタイムズ編集長の「島津論文」

自民党の現在の総裁は「安倍晋三」という男です。この男の経歴を知って、この男にまつわる疑惑を知って、それでも自民党に投票しようと言うのであれば、もはやかける言葉もありませんが、自分の息子や孫が徴兵されて戦争に駆り出されるリスクをどう考えているのか聞いてみたいところではあります。

安倍晋三については、元ジャパンタイムズ編集長の島津洋一というジャーナリストが書いた、通称「島津論文」を読んでみるのが一番良いでしょう。

安倍の祖父の岸信介は、戦前は原爆開発、戦後も原子力政策に関与してした。親父の安倍晋太郎は、ロシア日本カレッジという研究機関の設立に出資し、この機関はオウム真理教によって運営されていた。安倍晋三は神戸製鋼に勤めた時期があるが、この時の同僚の一人が村井秀夫(後のオウム真理教幹部にして、暗殺された男)である。」 
文以外の情報を挟みますが、オウム真理教の「宗教法人申請」を東京都は拒否し続けていました。それに圧力を掛けて強引に認可させたのが、時の運輸大臣だった「石原慎太郎」です。地下鉄サリン事件が起こると、自分への繋がりがバレる前に(というよりも裏取引によって、政界引退と引き換えにマスゴミ緘口令を敷いてもらったのでしょう)石原慎太郎は突如国会議員を辞めます。そんなオウムとの繋がりが濃厚な石原慎太郎を、地下鉄サリン事件が起きた東京都の都知事に何度も選んでしまうのですから、都民の民度も知れたものですね。
「サリン事件が起こると、安部晋三はオウムとの繋がりが隠し始めましたが、自分が首相の時には核武装への夢が捨てられず、ブッシュ・チェイニーと交渉し、兵器級プルトニウムの提供と、秘密裏の日本の核武装容認を求めました。安倍にはロシア寄りのカードがあったため、「ホワイトハウスが日本の核武装を認めないなら、日本はロシアと組む」というメッセージを、読売新聞を使って伝えたようです。

ブッシュは日本の核武装を認め、PANTEXという核兵器貯蔵施設から兵器級プルトニウムを盗み出させ、イスラエルを使って日本に密輸しようとしました。仲介者にイスラエルを使ったのは、万一事が発覚した時に、アメリカも日本も「知らん」と言える為の保険です。

しかし、イスラエルは、アメリカから渡された兵器級プルトニウムは自国の核兵器の為に掠め取り、代わりに劣化したプルトニウムを日本に届けました。(核弾頭のプルトニウムは時間の経過と共に劣化するため、定期的に新鮮なものと取り換える必要があります)

激怒した日本は返金を求めましたがイスラエルはこれを拒否し、ブッシュ政権末期になったこともあり、その後は日本も何も言えなくなりました。劣化したプルトニウムは再濃縮しないと核兵器として使えません。

そこで、日立とGEはレーザープラズマ濃縮技術を開発しましたが、これには膨大な量の電力を必要とするため、原発一基を営業外運転する必要がありました。そこで秘密裏に稼働していたのが福島第一原発4号機なのです。東電の発表では「定期点検中で燃料棒は抜かれていた」ハズなのに、4号機があのような「不完全核爆発」をしたことには、そのような裏があったわけです。」

大分要約してしまっているので、気になる人は原典を読んで下さい。いずれにしてもショッキングな内容ですが、厚さ10cmもの鉄筋コンクリートの建屋の壁が、小学校の理科実験でもたまにやるような「水素爆発」程度のもので破壊できるわけがないことは、自分の頭で考えられる人ならわかるハズです。しかも水素爆発なら水しか出ませんから煙は「白か透明」にしかなりません。さて、4号機爆発時の煙は何色だったでしょうか?





日本の海岸線に54基もの原発を建設したのは、中曽根を筆頭とした自民党の面々です。フクシマの惨劇が起きた後でも、自民党は一度も謝罪も反省もしていません。今後も原発を再稼働し、憲法を改正して基本的人権を削除し、自衛隊を国防軍にして核武装すると言っています。こんな政党に投票して自分や自分の子孫を危険に晒すのが目的でしょうか?

ポドン日本の敵国が存在するとして、日本を壊滅させるのは簡単です。海外線に並んでいる原発のどれかにミサイルを撃ち込めばいい。北朝鮮のノドン・テ程度のミサイルも迎撃出来ずに太平洋側に着弾させているような有様で、アメリカが売りたくて仕方のないPAC3をいくら並べた所で、一発も着弾させずに迎撃できるだなんて、本当に思っているのでしょうか?しかも、原発は電源を喪失するだけで自爆する事が立証されたのです。何もミサイルを撃ち込まずとも、原発に送電している鉄塔を倒せば事は足ります。そう言えばフクシマの時も、フクイチに電力を供給していた東北電力の鉄塔が「不思議に倒壊」しましたね。

まだ必要でしょうか?今度の選挙で自民党に投票する人を見かけたら、私は「大馬鹿者かパラノイア、そうでなければ国民を虐殺したがっている殺人鬼」だと思うでしょう。

自民党は、「消費税増税賛成」「原発推進」「改憲して核武装」「日米同盟強化」です。一応TPPには反対しているフリをしていますが、TPPとは企業を用いて日本の富をアメリカに流す方法です。自民党は昔ながらのやり方で、米軍と兵器購入を用いて戦争ビジネスでアメリカに富を流そうとしているだけです。最低賃金の引き上げにも反対しています。これでは、国土を守る前に国民が死に絶えますね。


ワシントンの情報筋によると、実際の爆発の原因は、アメリカの核兵器製造施設から不法に持ち込まれた核弾頭の核分裂で、使用済み核燃料冷却プールの冷却水の蒸発が、そこに保存されていた兵器級プルトニウムとウランの起爆につながった。

アメリカとイスラエルが、秘密裏に日本の核武装を支持しているという事実は、最近の歴史の中で最大の公的隠蔽とされている。アメリカの戦略兵器の盗難が、ブッシュ/チェイニー・チーム ー 安倍晋三首相 ー イスラエル政府のエフド・オルメルトという3つの関係の下、最も高いレベルで認可されたことを、一連の出来事の経過が示している。

東京のストレンジラブ

2007年前半に、ディック・チェイニー副大統領は、彼の最も親しい側近と東京へ飛んだ。新聞社説は、彼の訪問が秘密に包まれていると記している。

チェイニーは、久間章生防衛庁長官


を秘密会談から閉めだし、冷たくあしらった。防衛庁長官が、秘密の日本核開発計画をペンタゴンに明かすかもしれないという懸念だった。ホワイトハウスへの認可を求める日本の核開発計画に、統合参謀本部が反対するのは確実だったのだ。

発表されていないチェイニーの訪日の理由は、アジア太平洋地域における四カ国同盟を進めることにあった。4つの礎石 - 米国、日本、オーストラリア、インドが、中国とその同盟国である北朝鮮とロシアを囲い込み、対峙するように求めることだった。日本は、この大同盟が釣り合いを欠いているという見方をしていた

安倍は彼自身の核への野心のために、ロシアよりのカードを探っていた。

自民党が2006年9月に安倍を首相に選び、タカ派的な安倍は、防衛の厳格な体制と非核原則という戦後の政策を乗り越えていくことを繰り返し求めた。日本の核装備への支持は、彼の家系から生まれたものだ。彼の祖父である岸信介は、戦時中に原子爆弾のプロジェクトを育て、戦後は首相として、一般の核開発計画を制定した。彼の父安倍晋太郎(元外相)は、1980年代にロシアと取引をして、ロシア-日本カレッジを後援しているが、ここはオウム真理教(外国諜報機関のフロント)に運営され、崩壊したロシアから軍事科学者を雇っていた。

日本の核装備をアメリカが受け入れるにあたっての一番の障害はペンタゴンで、そこでは真珠湾と広島がアメリカ軍の優越性を正当化するシンボルとして残っている。

(続きはここから)

安倍が示したロシアのカードから、彼が濃縮ウランを買っていたことが示唆される。アメリカ製のウランとプルトニウムは世界で最も純粋な核物質で、99.9パーセントの純度をもつ。

安倍には、難解なテクノロジーに対する広い知識がある。彼の1980年代最初の仕事は、神戸製鋼のマネージャーだった。その研究者のうちの1人が、天体物理学者村井秀夫で、



村井は後にオウム真理教の主任科学者になったが、オウム真理教は安倍の父によって始められたプログラムの下、ソビエトの武器技術者を雇い入れた。安倍は政府の活動を始めると、JETRO(日本貿易振興会)の米国支所に配属された。そのニューヨーク事務所は、ペンタゴンと主な防衛システム開発請負業者の先進技術を盗み出すための、データベースを解読するコンピュータのホストをつとめた。そのハッカー・チームは東京大学の最高のゲーマーにより率いられ、彼はオウムに入った。

1995年の東京地下鉄サリン事件後、安倍は公共関係のキャンペーンのため、オウムと距離を置くことになる。

テキサスでの犯罪

BWXT Pantex(アメリカの核弾頭施設)は、有効期限を終えた核弾頭の保存場所として用いられている。

ブッシュと安倍がキャンプ・デービッドで会談している間、Pantexの500人の組織化された警備員が、45日間のストライキを始めた。

2ヵ月間にわたるストライキの合間を縫って、弾頭芯を載せたトラックがゲートから出た。容器に詰められた約16トンの核弾頭は、核分裂防止のため冷蔵された容器の中に入れて牽引された。

イスラエルの裏切り

日本への核の積荷は、ホワイトハウスによる法的否認権のため、第三者の仲立ちを必要とした。情報筋によれば、イスラエルは追加支払れを拒否した。対してイスラエル秘密情報機関は、日本の核施設をStuxnetウイルスで攻撃した。2008年秋、安倍総理が辞任した時から、東京は援助を求めることイスラエルは彼ら自身の兵器のために新しい核弾頭をかすめ取り、古いものを届けた。劣悪な弾頭は濃縮を必要とするため、日本は激をやめ、ブッシは役に立たなくなった。

日本の核の開発者である経産省は、福島第1原発でウラン弾頭を濃縮する以外に方法がなかった。(福島第1は核拡散防止検査官の発見を避けるのに十分遠い場所にある)日立とGEはプルトニウムのためのレーザー抽出方法を開発したが、それには膨大な量の電力を必要とする。これは原子炉一機が予定外の稼働をしなければならないということで、3月の地震が襲ったとき、それが実際に行われていた。

日本は国連のパレスチナの権利を支援することで、テル・アビブに対して平手打ちをあびせたが、それに対してイスラエル秘密情報機関は、日本の核施設をStuxnetウイルスで攻撃した。いを東京に要求する際、エージェントというよりブローカーのようにふるまった。怒して返済を要求したが、イスラエルはこれを拒否した。

福島第一原発事故の真相に迫る! 4 〈スタクスネットが世界中の原発をメルトダウンさせる?!〉

東北の地震までは、ファイアウォールがStuxnetを寄せつけなかったが、地震は6機の原発の背後にあった送電塔を倒壊させ、停電がコントロールシステムを崩壊させ、少しの間ファイアウォールを停止させた。コンピュータが再びオンラインになると、Stuxnetは予備発電器をシャットダウンするために浸入し、地震と津波の間の20分間、福島第1のポンプと弁が動かなくなり、タービン室は洪水被害にさらされた。

貯蔵プールへの冷却水の流れが止まり、蒸発が速まり、過熱した核弾頭の分裂が、爆発ときのこ雲につながった。

課せられる罪

東北の地震と津波は、福島第1に損害を与えるのに十分強力だったが、この天災は2つの外部要因によって非常に拡大されることとなった:津波前の危機的な20分間にコントロールシステムをシャットダウンしたStuxnetウイルスの拡散; そして核施設を破壊し全ての地域を汚染した兵器級核物質の存在。

関係する3つの勢力の中で、誰に最も罪があるのか?

ホワイトハウス、特にブッシュとチェイニー、そしてDoEの共謀加担者は、安全装置なしで違法に核弾頭を運び出し輸送したことに対する責任がある。

イスラエル国家は、アメリカの戦略的装備を盗み出し、日本政府に対する詐欺と強奪をおこなった。そして戦争行為にも等しい重要なインフラへのコンピュータ攻撃に関係し、致命的な結果を招くことになった。

安倍首相と経産省は、憲法に反して兵器級核物質を供給し、危険性を無視して、向こう見ずで無秩序な保管、濃縮、抽出をおこなった。安倍が、最初にウランとプルトニウムの濃縮を求めなかったならば、他の勢力が関係することはなかっただろう。日本が犯罪への加担を生み出したのだ。

国際刑事裁判所は、何百万人の人々の健康-日本、カナダ、アメリカ合衆国、ロシア、南北朝鮮、モンゴル、中国、おそらく北半球全域に関する訴訟をとりあげるだけの十分な根拠を持っている。福島の災害は、卑劣な独裁による人権侵害以上の罪であり、ニュールンベルクや東京裁判所の告訴に匹敵するほどの、人道に反する罪だ。起訴をしないということは共犯のようなものだ。

もしもあらゆる暗雲の中に希望の兆しがあるとすれば、それは東北の地震と津波が、第三次世界大戦への動きを止めることで、さらなる愚挙から世界を救ったということだ。



衝撃!安倍首相と原発事故・オウム事件をつなぐ「島津論文」と元自衛官の告白

それからこちらも読んでください。

第4メディア

  1. 2016/07/06(水) 21:31:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング宇宙ニュース デマも多い、、、というかやはり無知

今日のモーニング宇宙ニュースはまあまあ聞きやすかったような気がするが、でもやはり根本的なところの知識が欠落している。

どこがおかしいのかと言うと
例えば金融ユダヤなんて言葉がよく出て来るのだが、これはリチャード・コシミズ氏なんかもよく使う言葉だが、その言葉がまず間違えている。
やはりユダヤを全く分かっていない。

ではユダヤとはなんぞやというと
ユダヤ人を簡単に一言で説明するならば、要するにユダヤ教の人々ってことだ。
 なので、ユダヤ人=ユダヤ教
ユダヤ教の人々をユダヤ人と呼ぶのは、キリスト教信者をキリスト者と呼ぶのと同じことだ。

なので、ユダヤ教を信じていない人たちをユダヤ人と言ってしまうのはそもそもちゃんちゃらおかしいこと。
日本人に対して右翼が「おまえ韓国人だろう。」と言うようなものだからだ。
要するに誹謗中傷ですね。
実はそういう事実無根の誹謗中傷的な発言が、こういう人たちが右翼っぽいと感じるところなのだが。
まぁ、リチャード・コシミズ氏等は自分でも右翼だと公言しているが。

しかもこのご夫妻は、金融マフィアは「ハタ、ユダヤ、スサノオから来ている」と言うのだが、これもかなりとんちんかんな話で、
ウィキペディアによると

一説には、スサノオは、世界中に広く存在する『「月」と「太陽」と「金星」の三位一体の概念』からして、金星を神格化した「金星神」と考えられている。また、スサノオの神話にツクヨミの神話を借りていることから、「月神」としての性格も合わせ持っていると考えられている。

とあるように、日本神道、スサノオは太陽神(=悪魔教)を基にして作られたものだ。
そして、前にも書いたが一方ユダヤ人(ユダヤ教)は、太陽、月、星等のものから動物、人等、目に見えるものの全てを拝むことが禁止されているはず。
この辺はキリスト教も根本的には同じことだが、
なので、ユダヤ教と、悪魔教である太陽神から来ている日本神道が同じなわけもないし、同じ流れでもない。
ここをごっちゃにしてしまっているから全てが間違えてしまい、結局はデマの流布になってしまっている。

その辺の無知さはリチャード・コシミズ氏と全く同じ。
少しの真実は語るが、デマも多い。

でもこれも実は悪魔教の働きなのだ。
要するに、日本神道を含めた悪魔教の信者たちが、キリスト教(ユダヤもだが)を取り込んで作話を流した結果、こういうデマが広く流されてしまったのだ。

実は、キリスト教の中でもまれにそういう働きをしているのではないかと思える(要するに悪魔教とキリスト教を一体化させようとする)牧師もいる。
カトリックのバチカンなどは、すでに悪魔教に支配されてしまったことが、教皇とイギリスのエリザベスが起こしたモホーク族の子供たちを大量に虐殺した事件、その有罪判決で明らかとなっている。(悪魔崇拝儀式のために子供たちをいけにえにしていた事件)
なので、本当にクリスチャンは充分気をつけてほしい。
勿論、プロテスタントの信者も気をつけなければならない。
「日本神道には偶像がない。」と堂々と言ってのける牧師に。
牧師のこういう言葉を聞いたなら、キリスト教に入り込んできた悪魔教の伝道師かもしれないので、さっさとそこから逃げてまともな教会に行くことを私は強くお勧めする。


  1. 2016/07/04(月) 18:24:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング宇宙ニュース。歴史の美化や嘘を流すことは結局は安倍与党の利益にしかならないので止めて欲しいと切に願う。

毎日モーニング宇宙ニュースを観ていると、何となくこのご夫妻の問題点が見えてきたような感じがする。

今日は、モルモン教の施設の話なんかが出たのだが、これは以前も出ていた話なのだが
要するに、モルモンと創価学会の施設は近くにあり、どうやらそこが地下で繋がっている、と。
そして、実はモルモンと創価学会は裏で手を組んでいて、麻薬密売や不正資金の管理やよからぬ儀式等を行なっている、と。
多分こんな内容だったと思う。

で、ここまでは「ふ~ん、そうなのか、なるほどね~」なのだが、、、
しかし、なぜかいつも話は変な方向へと突っ走り脱線して行ってしまうのだ。

そこで、昨日の話を思い出して考えでみると、ある疑惑が浮かんできた。
このご夫婦、ひょっとしてモルモン教とキリスト教が同じだと思っていないか??と。

確か昨日の話では、創価学会は風の教会は近くにあった、と。
で、たったそれだけの理由で風の教会をフリーメーソン、創価学会と仲間だ、というふうに決めつけていたのだ。
で、今日のモルモンの話を併せて考えるとこれはきっとモルモンとキリスト教を同じ組織だと思っているのだな、と。

しかしそれはまったくの事実無根でただの嘘、デマ。
世界中の正統派の言われているキリスト教会は、日本もそうなのだが、モルモン教(ものみの塔も統一教会もだが)をキリスト教会だとは一切認めてはいない。
なので、普通のオーソドックスな正統派の教会で配られているパンフレット等にも必ず「当教会(教団、教派)はモルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係がありません。」と同じような文言をどこの教会でも必ず記し、自らの立場をはっきりさせている。
そればかりか、正統派キリスト教会は、これらモルモン、ものみ、統一教会を危険なカルトと見なしているのだ。
よって、キリスト教会とモルモンは全く別の組織。
仲間でもなんでもないし、モルモン(ものみ、統一教会)とキリスト教会は一切関わりもない。

その風の教会というのは単立のようなので私には詳しいことは分からないが、調べてみるとモルモン(ものみ、統一教会でもなかった)ではなかったので、上記の内容の服部ご夫妻の指摘というのははまったくのデマだということになる。

多分、根本的なところの基礎知識がないからこうなっちゃうんだろうな、とは思うし、キリスト教と関わったことがないのであればそれは分からなくても当然でしょうから間違えても理解はできる。
しかし、こういうデマを家の中だけで話すとか、または友人との会話の中で話す、という程度ならば仕方ないのかもしれないが、公の場で、しかも無制限に事実無根の嘘をネットで流してしまうならば、それはただの誹謗中傷になってしまう。

このご夫妻、そういうところ、つまり、世の中にデマを垂れ流してしまっているということの責任というのをちゃんと認識して話しているのかな、と私は疑問に思ってしまう。
そして、全くフリーメーソンともモルモンとも関係のないキリスト教会に対してそうのようなデマを流すならば、どれほどそこの人たちを苦しめることになるのか、、、本当にそれを分かっているのだろうか、、、このご夫妻は、、、、と思ってしまう。

そして、もしこれが仮に宗教施設ではなく会社とかであったならば、営業妨害という犯罪になっていると思うのだが、そういう恐さというものもちゃんと分かっているのだろうか、、、
教会だからそれをやっていいということでは勿論ないが。

人間というものは、最初は何をやるにしても気をつけて事を行なうと思うが、それを続けていく内に少しづつ慣れてしまい注意力が低下してしまう。
また感情の高ぶりなどがあるとついタガが外れてしまい、どんどん不注意になってしまうということがあるの思うので、本当に注意した方がいいのではないのかな、と私は思う。

それが全くなくなってしまっているのは右翼だ。
そして、安倍晋三や与党も結局はこれと同じなのだと思うが。

それと、昨日の話の繰り返しになるが、、、
「憲法は日本がアメリカ軍を縛るために作られた」というデマ。
これも史実に基づいているものではない。

日本の法律はアメリカの法律を基に作られたものであるということは、国会での安倍晋三の答弁でもはっきり語られたとおりだ。(かなり前の答弁だが安保法の時の答弁)
「アメリカにおしつけられた憲法は日本にはそぐわない」

しつこいようだが繰り返し言う。
憲法は、日本がアメリカの軍を縛るために作られたわけじゃない。
他国に侵略し略奪と虐殺を繰り返す狂った独裁者、天皇と日本軍を縛り、他国にもうそのような侵略しないために、天皇と日本軍を縛るために作られたものだ。

そのアメリカが作った法律で、アメリカ軍を縛るって、、、
普通に考えたらあり得ないことでしょ。

史実を無視した作話、嘘、歴史の美化をネットで流すことは、結局は安倍や日本会議に利することになるので、本当に止めていただきたいと切に思う。
  1. 2016/07/01(金) 20:35:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0