医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

安倍晋三ら与党が国を滅ぼす

また出ました、自民党の違法な献金問題。大臣 下村。

しかも下村、日刊ゲンダイによるとヤクザがらみの人間からの献金も受けていたそうだが、献金を外して考えてみてもこれ、ヤクザと交遊関係があった、というだけで完全にアウトでしょ。

というか、安倍晋三が総理になってから金銭問題を起こした大臣は今回で5人目、安倍晋三の事務所費問題を入れれば6人。
これどうみても自民党は犯罪者だらけじゃないのか。
しかも小渕優子は「説明責任を果たす」と言いながら一切表に出てこず隠れたまま出てこないって、これも一体どういうことなんだ?
過去のことは全てチャラになると思っているのか?
無責任にもほどがある。

安倍がまたトラブル(談話)を起こす前に、さっさと安倍を国会から追い出すべきだと思うが
というか、、一般社会でこんなトラブルを起こしたならば、とっくの昔に会社を追われているでしょ。

逆に安倍が責任を取らない、ということになれば与党議員全員が、違法大臣らの共犯者なのか?と国民が強く疑うだろう。
与党らが違法大臣らを庇えば庇うほど国民の不満と怒りは増すばかりだ。
だから安倍は早く辞めた方がいい。
というか、はっきり言ってこんな議員ばかりじゃ国会議員など必要ない、公務員も半分以下に縮小してもいいと思うくらいだ。
不正ばかりを行うのであれば、国、都道府県、市町村に任せるほうが危険だからだ。


次に、これも極右繋がりの話しだが、
今、国際社会から批難を浴びている作家曽野氏のアパルトヘイト発言問題。

「学問の研究も教育も、政治も会社経営も、スポーツも娯楽も、すべていっしょにできる。しかし共に住むということだけはしないほうがいい、それが摩擦の元だ」←問題となっている発言

日本人と外国人は住居を別にすべき、とは、、なんとも閉鎖的な考えだこと。
島国根性丸出しだ。
そもそも日本人(自信過剰っぽいから自分の、かもしれないが)の生活習慣等が他の諸外国から比べて優れている、と思っている時点でこの人は相当痛い。

こういう人は、実際に外国人と共に生活したこともないのだろうから、端から偏見でものを言っているだけなのだろうが、実際に外国人と一緒に生活した経験がある人ならば分かると思うが外国人と生活を共にすることは非常に楽しいし益になることが多い。
当然自分の視野も広がってくるし、色んなことも教えてもらえるからだ。
得はあっても一切損はない。

私が生活を共にした(間貸し同居なので誤解のないように)外国人はオーストラリア、アメリカ人等だが、こうした経験(同居人だけではなく他の外国人との交わりもだが)が現在私の宝となっていて、日本の過去の歴史問題一つ考えるにしても、(日本国)内からものを考える、ということではなく、外から見た日本を客観的に見て公平公正に考える、というふうに自然と変わってきた。

どういうことかというとつまり、日本をひいきめに見て判断してしまう、ということではなく、公平公正に考えるようになったということだ。
それと、しいていえば日本の洗脳教育やマスコミからの情報は全くのデタラメだ、ということがよく理解出来るようになった。

視野を広く持つことで失敗も少なくなってきたし、人から騙されることも少なくなってきたように思う(特にマスコミのデマ情報とかね)。

一言で言うならば、自分で考えて判断することが身に付いてきた、ということだろうと思う。

日本人は、そもそも親が過保護過ぎていつまで経っても大人になっても依存が抜けていない人が多いのではないか。

右翼集団やカルト宗教集団等がいい例だ。
常に誰かに依存しているような人は、より強い人間(に見える人)に依存していく。

まあ現在の日本政府がカルト教団のような感じになっちゃっているから、昔のヤバイ時代だった天皇崇拝カルト国家に完全に戻ってしまっているが、あのヤバイ時代のように、現在の右翼思考の国民は自分で考えることを完全に止めてしまっている。

これは多分育ち方が強く影響しているのだと思うが、いつまで経っても親への依存から脱しきれず自立できないのと同じ状態なのだ。

日本の経済にしてもそうではないか。
いつまでも政府からのばら蒔きに依存し自立出来ない状態だと、犠牲になるのは税金を支払っている国民だ。

日本経済にしてもなんにしても、そこかしこで重度の依存状態に陥っている。
だから日本政府がおかしなことをしていても思考停止状態にあるからどんなおかしなことがあってもおかしいと依存者、洗脳者は言わなくなる。

まあ、ヒトラー時代のドイツもそうだが。

しかし、ドイツはヒトラー政権が崩壊した後、反省から多くのことを学び、矯正され正しい道に戻れた。要するに、一人一人が考えることを始めたから正しい道に戻れたのだ。

しかし日本の場合は、そもそも依存傾向が強い育ち方をしているため大人になってもなかなか依存から抜け出せない。
そういった依存傾向のある人たちが大人になり、今度は政府に依存を始める。
もちろん日本政府も依存傾向にあるので、政府も依存してくる右翼集団や団体、企業に依存する。
だからお互い共依存関係にある、ということになる。

そういう依存が、結局政治と金の問題を起こしてしまっている。
そして、マスコミも政府に依存しているから公平公正な記事を書かない。

現在では天皇に代わり安倍教祖一人の発言で、政府に依存しているマスコミや大手企業、少数の個人等が盲目状態で動いしまっている危険な状態にある。

こういう洗脳状態にある人間には何を言っても効果がないし、よほどのショック状態に陥らなければ目は覚めない。
まあ、あれだけの原発事故がありながら目を覚まさない重症な人も(マスコミも含めて)いるようなので呆れて笑ってしまうしかないが。

こういった人たちは、常に自分のことしか考えられない。
自己中心だから、他者の苦しみ、悲しみ等も一切気にかけない。
こういうことが一体どういった結果をもたらすか、というと、人との信頼関係が築けないという結果になる。
ではこういう人達に足りないものはなにか?というと、他者への優しさ、愛情だ。

ここで曽野氏の言動に戻るが
「学問の研究も教育も、政治も会社経営も、スポーツも娯楽も、すべていっしょにできる。しかし共に住むということだけはしないほうがいい、それが摩擦の元だ」

これも同じでこの言葉に人として足りないものは、他者への優しさと愛情だ。
曽野氏のこの言葉には自己中心とワガママさしか感じられない。
結局は排除主義、ってとこだろう。
この人の問題はそういうところ。

まあ仲良しな安倍教祖と思考回路が一緒だということだ。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 14:34:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じ過ちを何度も何度も繰り返す学習能力のない札幌白石記念病院 医療事務員 梶原寛昭 それと人の命より金な北海道大学病院代理人弁護士 斎藤隆広 その他、そろそろ引退辞任したらどうなんだ、安倍晋三

札幌白石記念病院の医療事務 梶原寛昭の仕事ぶりには驚く。

上記病院でカルテ開示の請求を行っていたのだが、請求したものが全て入っていなかったため、今月5日に電話をし、紙カルテも送るよう梶原に言付けた。
梶原は、すぐ送れると思います、と言ったのだが、何日待っても全く郵送されず、どうなってるんだ?と思い昨日電話をして確認したところ、必要ないから送らない、と。

もう呆れ過ぎて絶句するが、当然のことながら必要ないか必要かは私が判断することであって梶原が決めることではない。
しかも、私は病院長に対して開示請求をかけたのであって、事務員 梶原に対して行ったものでもないのだから、梶原には決定権などそもそもないのだ。

まずそこから理解していないから、会話すること自体が困難だ。

まあ村木一征が虚偽で110番通報しちゃった時もそうだが、なぜこういう会話すらまともに出来ない人間を病院が雇っているのか分からないが、普通の一般社会でこんなことがあったならば普通は即刻クビだろう。
ましてや虚偽通報までしているんだから。

まったく、この病院のコンプライアンスはどうなってんの?って感じだ。


それから、北海道大学病院の代理人弁護士 斎藤隆広弁護士事務所にも電話した。
北海道大学の件で、患者に対してきちんとした対応を行うよう要請していたことに対する返答の確認だ。こちらは、先週電話で対応した斎藤隆広弁護士事務所の受付(?かどうか知らないが)土田が、期限を決めて、というので、では1週間、と伝えたのだが(昨日がその期限の日)期限日になっても全然電話がくる気配がなかったので、夕方(終業前)に電話を入れてみた。

土田
連絡を怠り「申し訳ございません」と。

電話をする気があったかどうかは疑問なところだが
斎藤隆広は「お話しすることはない」ということらしい。

斎藤はなくても私にはあるので数回連絡したのだが
もし、自分や家族の健康が脅かされているとき、加害者側からそういう態度を取られたら斎藤はどういう気持ちになるのだろうか。

今が健康であればそういうことは想像出来ないかもしれないが、老衰であれなんであれいつかは自分も健康を害する時がやってくる。
その時に、自分が踏み潰してきた被害者の気持ちが少しは理解出来るようになるとは思うが、、自分のしてきたことはやがては自分に返ってくる、ということを思い知るがいい。


ところで、東京新聞に驚くべき記事が、、

東京電力が、福島第一原発の排水溝から高濃度の放射性物質を含む水が外洋に漏れ続けるのを放置していたことが二十四日、分かった。外洋への継続的な漏出を昨年四月に把握しながら公表せず、排水溝を専用港内に付け替えるなどの対策も取っていなかった。

こういう無責任なことを行ってきたにもかかわらず

原発再稼働??
いや、絶対にありえないわ。

原発再稼働を強引に進めているトラブルメーカー安倍晋三らは

そろそろ引責辞任をしたらどうなんだ?

イスラム国とももめ国民を犠牲にするわ、歴史歪曲で中国と韓国を怒らせるわ、税金は盗むわ、保身のために下品な誹謗中傷を行うわ
いいところが一つもないわ
  1. 2015/02/25(水) 10:14:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌白石記念病院 事務員 村木一征 梶原寛昭が行った虚偽110番通報犯罪の時の会話内容 その4 駆け付けた警察官 市川冨士男 太田眞心 高橋 婦人警官らによる虐待の様子

札幌白石記念病院 事務員 村木一征 梶原寛昭が行った虚偽110番通報犯罪の時の会話内容 その4 駆け付けた警察官 市川冨士男 太田眞心 高橋 婦人警官らによる虐待の様子

トップに固定している記事、2014年8月21日に札幌白石記念病院で起きた事件の時の会話内容の続き。まず、ざっと説明すると初診の受診時間は17分、再診の受診時間は48分(しかも診察室で20分以上待たされて、だ)だった。が、これを札幌白石記念病院の事務員 村木一征は警察官らに、私に初診で2時間、再診で1時間半の時間をかけている。医師がなんでもない、と言っているのに私が診察室から出なかった、というあり得ない嘘を説明していた。村木和征が110番通報をするまでの会話はトップ固定記事に書いてあるのでご覧ください。

会話その2はこちら
会話その2

会話その3はこちら
会話その3

現在ついている傷病名はこちら
恵佑会札幌病院診断
恵佑会札幌病院診断
伊藤歯科 H23年12月分レセプト 慢性骨髄炎
下顎骨骨髄炎増悪 height="90" />
顔面変形
開口障害

では会話4行きます。
16:08


治療拒否は出来ないんで。医師法で定められているんで。

警察署 太田 眞心
そうなの?


そうだよ。

警察官 太田 眞心
ふーん。でも来てくれるなって言われているんでしょ?(受診時、医師は一切言っていない。「じゃあ次回検査」、という言葉が最後の言葉だ。)


法律で拒否出来ないんで。それ(受診拒否は)違法行為になるんで。応招義務違反。

警察官 太田 眞心
ふーん。


そういうのちゃんと調べてから来て。

警察官 太田 眞心
今、なに仕事してんの?


就労不可能で働いていない、いや、これ個人情報だからね。

警察官 太田 眞心
なるほどね、ふーん。


就労不可能の診断出ているから。

警察官 太田 眞心
今お独り暮らし?


あなた方にそういうことをお伝えする義務はありませんけど。

警察官 太田 眞心
一応訊ねてるだけ、拒否しないで。


お話しする義務はありませんので。

警察官 太田 眞心
協力はして下さいね。


しませんよ。(私の話を全て聞き流し、村木一征、梶原寛昭の虚偽のみ聞く警察官に対し、なんの協力をしろと?警察官であることを主張するならまず法律を守れ、って感じだ)

警察官 太田 眞心
国民の義務として。


いや、しませんよ。

警察官 太田 眞心
宜しくお願いしますね。


いや、しませんよ。これもあなたと話しをする義務ありませんからね、私に。

警察官 市川 冨士男
撮影している。(都合が悪くなるとこれを出してきて責め立ててくるが、なぜ執拗に責め立てたのか裁判所で是非立証してもらいましょう。ちなみにもう少し後で出てくるが、警察官も動画を撮っていた、と言っている)


(警察官らが)違法だから。帰って。あなた、来なかったの?電話。白石(警察署)から。(私が警察官らの違法行為に堪らず110番通報した時に、白石警察署から私に電話をかける、と言っていたが連絡が来ないので)

警察官 太田 眞心
こないですよ。正当な公務執行ですからね。(じゃあ、正当かどうか裁判ではっきりさせましょ)


いや、正当じゃないよ。

警察官 太田 眞心
正当ですよ。


違法だから。

警察官 太田 眞心
いつまで続けるつもりだったの?うん?(なにを、か、意味がわからないので無視)。


いやー、心臓苦しいわ。

警察官 市川 冨士男
なんでもないって。(これも市川には裁判所でしっかり証明してもらいましょう。私には診断書他もろもろあるので証明は簡単だが)


だから、なんでもないとは(医師は)言ってないから。(ちなみにDr中西は、私が口腔外科手術後に症状が出た旨を話すと「それなら解る」。それで胸部症状は「心臓の病気からきているものではなく、炎症」と。それで「ステロイドは?」と言ったが、私が「効かないと思うんですよね、抗生物質も効かなかったから」と話した。その他の会話内容は、形成外科への紹介の話をしている)

警察官 市川 冨士男
先生、なんでもないって。(直接聞いて来るべきだった)


あんたに言ったの?

警察官 市川 冨士男
いや、間接

事務員 梶原 寛昭
そういう診察ですよ、って。(では、裁判所で証明して貰いましょう)


お宅、先生に聞いたの?

事務員 村木 一征
間接的に病院から。(さっきから何度も、先生から直接聞いてお伝えしている、と言っているが、それも嘘だったということが判明。無責任過ぎる、そしてあまりにもいい加減だ。しかもカルテに特に異常はないと書いてあった、という嘘もついている。カルテ開示で確認したが、そんなことは一切書いていなかった)


間接的に?直接聞いてないんでしょ。

警察官 太田 眞心
関係ないです。(関係ないことないわ!!)


直接聞いてないんだったら、それ虚偽かどうかわからないでしょ。誰が言ったの?事務員かい?でもそれ個人情報だよ、あんた。

警察官 太田 眞心
それは権力の濫用だ。(正しくは権力の濫用ではなく、個人情報を取り扱う機関側が守るべき守秘義務のことを言っているのだが、太田はバカ過ぎて話にならない)


それ、個人情報だよ。

警察官 市川 冨士男
病気があるんならどうかなと思うけどなんでもない


狭心症の診断、出ているけど。(診断書あり)

警察官 市川 冨士男
なんでもない人に


なんでもなくないって言ってるでしょ。

警察官 太田 眞心
長いですね~、なんか理由があるの?


困るんだもの、本当に私。

警察官 市川 冨士男
困ったな~


(警察官らは)病気のこともわからない、法律もわからない、なにもわからないでこうやって不当なことされて

警察官 市川 冨士男
󾀕󾀕(私の名前)さん、まずね

警察官 太田 眞心
不当ではないです。


不当だよ、あんたなんの、、

警察官 市川 冨士男
まずさ、病院の話を聞いて。

事務員 村木 一征
病院としては、先ほども何回も言っているように
(市川がバインダーみたいなものをカメラの前に差し出し邪魔をする)


遅いよ、もう何回も写ってるから。

事務員 村木 一征
診療は出来ないということなんで。(誰が言ったのかハッキリして貰いましょう、裁判所で。ちなみに医師から直接聞いてきた→カルテを見た→間接的に聞いた、とわずか数十分でコロコロ変わっているが)


その診療出来ない理由はなにさ。

事務員 村木 一征
7月8日に受診で来たときに、診察室で2時間、7月23日に診療に1時間半診察室にこもって(では、裁判所で立証してもらいましょう)


全部録音しているからね、言っておくけど(証拠がある、という意味だ)

事務員 村木 一征
はい。


受診の時も

事務員 村木 一征
1時間半ほど(では裁判所で証明して貰いましょう)

警察官 市川 冨士男
普通じゃない。(事実確認もせずに罵倒)


いや、普通だよ(説明しようとすると遮られる)

警察官 市川 冨士男
その異常な行動はなにから発するかわからない。(事実確認をしないまま、診察室に籠ったと決め付け罵倒した責任はしっかり取ってもらう)


医療過誤だから(医療過誤被害者は、医療機関からの嫌がらせやこういう虐待を受けるが、結局やればやるほど医療機関が医療過誤を認めているということの証明になる。それと、医療機関の患者への虐待は、患者を恐れている証拠)

警察官 市川 冨士男
異常だわ。


医療過誤、わかる?

警察官 市川 冨士男
異常過誤ちゅうんだ!そういうの。(名誉棄損)


いやー、凄いね、虐待だね、これね。

警察官 太田 眞心
虐待に当たりません。(十分名誉棄損だ)


虐待、虐待

警察官 市川 冨士男
まだ話の途中だから聞いて。


虐待、虐待。

事務員 村木一征
1人の患者さんに1時間半、2時間も診察時間をかけると他の患者さんの迷惑になりますし、であの(電子カルテ上にある検査時間、受診時間を確認すれば、1時間半、2時間も診察していなかったことがすぐわかったはず。にもかかわらず、それをしなかったということは、明らかに故意に虚偽を行った、と言わざるを得ない)

警察官 太田 眞心
迷惑だ!(太田らの方がが迷惑だ)


(初診で)引き留めたのは医師の方だけど。私じゃない。(外来時間が終わっていたので、検査だけして後日受診、という話だったが、今日(当日)受診していって欲しい、と言われたので従っただけ、受診時間は17分。再診時間は48だが、20分以上も診察室で待たされた)

警察官 太田 眞心
なるほどね、迷惑なんだ。(私の話は全く聞かない、こんなのが警察にいるなんて恐ろしい)


長くなった(1時間半ではなく48分だが)ちょくちょくちょっと待ってね、と、何回も席を外して長くなっただけであって、私が居座ったわけじゃないのでね。(診察室に入ったのが15時、病院を出て用事があったのでその場所に向かい16時頃に到着。そこに約1時間居て17時に薬局へ向かう)

事務員 村木 一征
なぜ席を外したのかっていうのを考えて頂ければ(また想像でものを言う。他の医療者に呼ばれたからだが、この村木の言葉はどういう意味なのか裁判所でハッキリと答えて貰いましょう)

警察官 市川 冨士男
うん。


ちょっと待ってて、って言われたから待ってただけだよ。

警察官 市川 冨士男
迷惑している。


ちょっとなに?信じられないね。(次から次と息を吐くように村木が嘘を並べ立てることに対して)

警察官 市川 冨士男
ということで、󾀕󾀕(私の名前)さん、診察しないってさ。(市川、事実確認せず強要)

事務員 村木 一征
そんだけうちの病院の方、信用したくないんであれば(病院職員全員に対して言っているわけではない、次から次と嘘をつく村木に言っている)


わかった、訴える(当然、そうなる)。告訴するわ、あんた方も。(警察が)もみ消してくれるから大丈夫って顔してるね。

警察官 市川 冨士男
全然言ってること意味わかんない。


じゃあ、わかるように裁判所で。

警察官 市川 冨士男
言ってることわからん。


あなた告訴して、ネットでも公にするんで。

警察官 市川 冨士男(事務員に聞く)
もう診察はしないですよね。(そもそも事務員が答えるべき内容ではない)

事務員 村木 一征
もう診察はご遠慮願います。(前回の受診では、次回CT予定、となっていた。が、受診及び検査を妨害されたために検査を受けられなかった責任は取ってもらう。現在も右大腿等に浮腫あり)

警察官 市川 冨士男
診察はご遠慮願います。

警察官 太田 眞心
ということです。以上です。


いやー、酷いね。本人に直接言ってもらって。そしたら帰るから。医師に。私、信用出来ないから、この人達(村木和征、梶原寛昭)のこと。医師に直接聞くわ。聞くわ、とりあえず。直接聞いてないから。

事務員 市川 冨士男
(事務員が)直接聞いたから(間接的に聞いた、に変わっているが)


いや、だから私直接聞いてないから。直接私に言って、今。5秒で終わるでしょ。

警察官 市川 冨士男
それ先生の判断だから。俺


だから、(医師に)直接言わせて。村木や梶原が主張した内容は一切カルテには記載されていなかった

警察官 市川 冨士男
いや、それ先生の判断だから(カルテを確認したが、。そもそも事務員がそのような説明を行うことは違法だ、と何回も伝えているが、全く耳を貸さず)


だから、私に直接、、

警察官 市川 冨士男
あんたにそんなことを言う権利ないから。(法律にそういうことが書かれているのであれば、それを裁判所で証明して貰いましょう)


あるよ。

警察官 市川 冨士男
ない。


患者はある。ある、ある。(医師には説明義務がある)

警察官 市川 冨士男
先生は他を介して言ってもいいから。(また適当なことを言う市川。法律上は勿論違法。免許独占だから、医師以外の者は医業を行ってはならない。患者への説明もそうだ)


よくない、よくない、それはダメなの。違法なの。診断とかそういう話は、、

警察官 市川 冨士男
診断してないから(診断しなきゃ処方は出来ない。私に処方を行ったのだから診断がないわけがないが、市川が診断していない、と言い張ったので裁判所で是非立証して貰いましょう)


いや、だからなんでもないっていうのも診断の一つ。

警察官 市川 冨士男
前回の話だ、それ。(前回なんでもない、と医師は診断していないが、市川が言い張っているので裁判所で是非立証して貰いましょう。私は診断書を提出するが)


だから、なんでもないって言うのは(説明しようとするとすぐに話に割って入り説明を遮られる)

事務員 梶原 寛昭
うちの病院からは、お薬は出せないし、先生が言ったんで他の病院を探して欲しい。(誰が言ったのか証言してもらいましょう、裁判所で。カルテには書かれていないので)


じゃあ、(その説明も医師)本人に。それで納得するので。それね、事務員が言うのはおかしいので。

事務員 村木一征
先生から聞いたことを直接お伝えしているんで。(ついさっきは間接的に聞いた、と言ったばかりだが)


私が聞くから、今、5分、10分で

事務員 梶原 寛昭
先生も忙しいんで。


それ違法行為になるからダメなんでしょ。それ違法行為になるからね、医師が(受診拒否)言えば。だから事務員に言わせている。

警察官 市川 冨士男(事務員に言う)
ちょっと1~2秒で終わるんでして貰っていいですか?じゃなかったらずっと居ますよ。


先生が私に話せば。(村木和征、梶原寛昭は)信用出来ないから。

警察官 市川 冨士男
納得出来る。うちらがアレしますから。


終わるでしょ。患者がずっと(診察室に)入っていないからいないんじゃない?そんなに何時間もアレしないでしょ。藤井は重症って言ったからね(こんな重症患者診れない、と言っている)。

事務員 村木 一征
うちの藤井がですか?(村木が警察官を呼ぶ前から村木、梶原にはそう伝えている。会話その1にあり)


そうだよ。

16:17
動画撮ってる

事務員 村木一征
うちの方で、写真撮ってますか?動画撮ってるんですか?、って聞いたら撮ってないって言ったじゃないですか。

警察官 市川 冨士男
悪いなー(何が悪いのか裁判所で証明してもらうの)

私 
写真は撮ってない、って私言っただけ。(会話その1にあり)

事務員 村木 一征
動画とも言いました。(なにが問題なのか裁判所で立証させる)

警察官 市川 冨士男
動画

私 
いいよ、べつに訴えていいよ。私、記録録ってるからね。いいよ、訴えなさい。あなた嘘つくから。

警察官 市川 冨士男(ネトウヨのような人種差別発言が出る)
あんた違う国の人間じゃないのか。あんた、普通の人間じゃないからさ。(私は日本人だが、これは外国人への差別発言)

私 
あー、そう。はい、わかりました。はいはい。バカにしなさい、どうぞ。さっきさ、色んなこと言ったよね。あなた凄いよね、酷い罵倒してたよね。いいよ、もういいなさい。どんどん言って下さい。違う国の人?どこ?北朝鮮とでも言いたいの?どこの国の人だと言いたいの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あなたそうなの。

私 
いや。どこの国の人だと言いたいの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
日本じゃないって。(この外国人差別発言はネトウヨ。私の親の本家の家系図に外国人は一人も書かれてはいない、先祖に外国人はいない。だから私は純日本人だが、市川とは同じ性質の日本人ではないから、市川と同じ性質の日本人だと思われなくてむしろ有難いくらいだが)

私 
どこ。良かったー、(市川と同じ性質の日本人だと思われなくて、という意味)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
知らないって。あんた、普通じゃないから。皆見てみな、そんなの持ってきている人いるかい?ほれ、皆白い目で見てるぞ(携帯くらいは誰もが持ち歩いていると思うが、携帯を持っていたら普通じゃない人間、白い目で見られる人間なのだそうです)。

警察官 太田 眞心
そんなもの持って来ないですよ。

私 
何が?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
恥ずかしいって。子供だってそんなことしないから(動画撮影くらいは誰でもやっている)

私 
なにが?

警察官 太田 眞心
おかしいって。

私 
あなた都合悪いんでしょ、記録撮られたら。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いや、普通じゃないからさ、だいたい。

私 
いや、ちょっと頭痛くなっていたわ。 いやー、具合悪い、ちょっと待って(血圧計を出しただけ)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
具合悪い人の行動じゃない。だから。ほら、またそれだよ。(またって、言っておくが初対面である)

私  
またそれだよ。って(今日は)初めて出したんだけど。触らないで。

警察官 太田 眞心
ほー、素晴らしいね。七つ道具ですか(ははっ)

私 
触らないで。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
家に居て療養してた方がいいって。

私 
いたたたたたた。あー頭痛い。

警察官 太田 眞心
ほほー

私 
あー、頭痛い。

警察官 太田 眞心わやだな。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
新種だね。なんも扱えない。おかしい。(頭痛が酷いので血圧、脈を測定しただけなのだが)

私 
医師が直接説明すべきなんで、そういうことは。うわー、(頻脈)凄いことんなってるよ、あんたがた。私のバイタルが。責任問題だね。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あん?具合悪い人は喋れない。

私 
具合が悪い人はしゃべれないという病気はありません。凄いことになってるよ。責任問題だね。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
じゃあ、もう帰ったほうがいいって。居座る理由がないから。

私 
(医師に)説明させな。

事務員 村木 一征
その説明を聞いてきて直接

私 
あなた方のことは事務員なんで信用出来ないんで。又聞きは病院では、医療機関では許されてないので(要するに、事務員が医師から聞いてきて患者に伝えることが、ということ)そういうこと。事務員がそういう役割を担うことは許されていないので。事務員の仕事はなに?事務でしょ?お会計でしょ?それ以外のこれ医療行為だからね、説明も。医療行為は(説明)してはいけないことになってるの。おわかりかな?

事務員 村木 一征
いや、わかんないです。

私 
わかんないでよく病院で働いてられるよね。

事務員 村木 一征
(笑いながら)働いています。

私 
ふーん。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
(私の名前)さん、来ないほうがいいんでない、違う病院の方がいいと思うよ。(しつこく絡んでくるあたりがネトウヨ)

私 
他の病院で受け入れたら?ここの病院がおかしいってことになるよね。

事務員 村木 一征
充電切れですか?(いきなりなんの確認だ?)

私 
いや、あるよ。まだ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
バイタルなんぼあんの?して。

私 
バイタルってなにか分かってるの?そもそも。あらー、流石だね、分からないで言っているの。

警察官 市川 冨士男
教えて

私 
教える必要ないわ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男(断られて逆ギレし、人格攻撃)
小学生みたいなのにかまってられないから、俺

私 
小学生のようなのじゃないよ。あなたがたが適当なことを言うからでしょ。なんでも人が悪いんだね、ハイハイ、分かりました。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
どうすんの、帰んのかい?

私 
いや、説明。ほら、今患者入っていったでしょ?この間に2分位の時間取れる。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
勿体ない。

私 
勿体ない?私、患者

事務員 村木 一征
2分位あったとしても先生は前の患者さんの記録とかを電子カルテ上に記録するんでお時間ないんです。(循環器内科 Dr藤井の電子記録、カルテを見てみると、受診日の翌日に記録を書いている)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あなた分かってるでしょ。

私 
そんなの後で記録しても別にいいんだわ。

事務員 村木 一征
後で記録するよりは、すぐ記録しないと(次から次と息を吐くように嘘をつく村木。病的。ちなみにここのDr藤井は私が受診した翌日に電子カルテに記録を行っている。カルテ開示で確認)

私 
分かっていないのは、あなたでしょ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男 失礼だなー(事実をいったまで。市川の方がよっぽど失礼なことを言ってきている)

私 
いや、失礼じゃないよ。どこのドクターもそうだけど。(村木に)あんた見たことあるの?カルテがいつ記録されているのか。ねえ。(大抵は、患者の診察が優先になるので、診察が全て終わった閉院後にまとめて記録をすることもある)

警察官 太田 眞心
医師じゃないし。

私 
分からないで言ってるんでしょ。

警察官 太田 眞心
嫌がらせしてんのか?(私の突っ込みに村木が答えられずにモジモジしていると、私に対する警察官らの罵倒が始まる。嫌がらせをしているのは事務員らと警察官らだ)

私 
分からないで言っているでしょ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
常識的に

私 
だから、常識的がそうなんだって。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あんたのやってることが非常識だっちゅってんの。(非常識なことは一切していないし言っていないが、都合が悪くなると人格攻撃が始まる)

私 
なんにもしてないのに非常識と言われるというね。あなた方の方が言ってることの方がおかしいからね。
事務員 村木 和征
そんなに僕たちとか、ここで、言った言わない 信じないだのと言うんであれば、違う病院の方に行かれた方が(都合が悪くなるとこれが始まる)。

私 
医師は拒否してるの?説明拒否してるの?

事務員 村木 一征
それは、さっき口頭で伝えたように、うちでは薬は出しません。他の病院に行って下さいというふうにいってましたと、まあ、聞いてると思うんです(何回も教えているが事務員がこういうことを言うことは違法)。

私 
(医師)本人が

事務員 村木 一征
先生が言っていたことを聞いてそれを伝えているだけですから。(間接的に聞いた、に変わったはずだ)

私 
いや、それね、後でそんなこと言ってないって覆えせば一発なので。それは事務員が勝手に言ったことで私はそんなこと言ってないとかさ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
先生が言った言わない言うわけないしょ。

私 
それ法律上問題あるわ。記録録ってるからね。それ、先生が説明したくないって言ったの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
意味があるの?

私 
ある。大きな意味がある。

事務員 村木 一征
どんな意味があるんですか?

私 
本人が説明したくないって言ったの?

事務員 村木 一征
いや、どういう意味があるのか教えて下さい。

私 
そんなことあなた自分で調べなさい。病院事務なんでしょう?

事務員 村木 一征
わからないから教えて下さいって言ってるんです。

私 
自分の病院の人に聞いて聞いたら?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
今、市役所の人来るから。ちょっと待ってて、そしたら。感じ悪いなー(市役所にも電話で苦情を入れている。市役所に確認済み。この責任は取って貰う)

私 
感じ悪いよね。
警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
普通の人はこんなことしない。

私 
するよ。

警察官 オウム 太田 眞心
するするするする、しないしないしないしない(おうむ返しでバカにする)

私 
いやー、バカにしてるね。酷いね。職権乱用。

警察官 オウム 太田 眞心
しないしないしないしないしないしないしないしない

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
ここ何時までさ。

私 
職権濫用

警察官 オウム 太田 眞心
濫用に当たりません。正当な職務です。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
󾀕󾀕さん、ずっここうやってやってるのかい。

私 
本人に

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
他の病院に行って診て貰ったほうがいいと思うよ、。この時間利用して。今日もう4:30だから。その方が利口だと思う。

私 
あー、頭痛い。あんたがた、職権濫用だよね。ひどいね。

警察官 オウム 太田 眞心
なに、職権濫用って。

私 
公務員職権濫用罪。あんたがたが違法なの。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
わやだな、病院行って診て貰ったほうがいいでしょ、時間ない。(名誉棄損)

私 
お名前も言えないの?あんたがた。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あなたに言う名前はありません。

警察官 オウム 太田 眞心
警察官です。病院の依頼があって来ました。

私 
名前も言えないの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 眞心
番号でいいしょ。番号で。

私 
番号何番?お宅。名前何て言うの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
言う必要ないじゃん、言ってどうすんの?名前なんて言う必要はないです。

私 
それはおかしいわ。道理が。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
(私に対して)非常識。(都合が悪くなると私を罵倒し出す)。

私 
非常識?あんたがたは私の名前を大声で言ってさ、自分の名前は言わないんだ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
それ、合ってるの?適当に言ってるだけだ。

私 
適当に言った?適当に言った?適当に言った?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
50回も60回も同じことを何回も言うんじゃない、小学生じゃないんだから。早く病院に行きなさい。
警察官 オウム 太田 眞心
ホントにうるせーな。(暴言)

私 
適当に言ったの?その名前。どういう確率なの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あんた病院に言ったほうがいいって。早く。

私 
あんたがたが病院行ったほうがいいよ。精神科行ったほうがいいわ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
なんで精神科行かんきゃなんないの。

私 
ちょっとおかしいわ。異常だね。ちょっと邪魔くさいからどけなさいよ、これ。(バインダーみたいなものを私の顔に近づけているから押しただけ)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あっ、なに、それ。そんなことしていいのか?え?なにそれ(怒鳴る)

私 
邪魔くさいでしょ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
そんなことしていいのか?え?(怒鳴る)

警察官 オウム 太田 眞心
あー、やっちゃったよ。

私 
なにさ。邪魔くさいからさ。

警察官 オウム 太田 眞心
やっちゃった。やっちゃった。

私 
いいよ。なにさ。

警察官 オウム 太田 眞心
刑法128条(意味不明)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 眞心
もう受診しないから、なんでもないんだから。違う病院に行きなさい。

警察官 オウム 太田 眞心
4:28分(なにをしたのか裁判所で確認する予定)。

(ここで高橋と婦人警官が登場し加わる)

私 (警察官2名新たに登場)
4人も来たの?お宅はなんて言うの?えっ、高橋?そっち(婦人警官)は名前なんて言うの?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あなたと同じ名前だ。

私 
そのニヤつき、いやらしいね。権力の、それ暴力だね。本当。

警察官 オウム 太田 眞心
やっちゃった。

私 
やっちゃったはなにをやっちゃたって言うの?なにをやってくれたって?

警察官 オウム 太田 眞心(ちょいちょいおかしなことを言う)
意味あんの?

私 
あるよ。

警察官 オウム 太田 眞心
時間経ってしょうがないんだわ(誤魔化す)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
行きなさい、ほれ。違う病院に。

私 
職権濫用だよね。いや、あねたがた若い(高橋と婦人警官のこと)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 眞冨士男
行きなさい。何回言えばいいのさ。今日3回目(受診回数)でしょ。(強要)

私 
3回目?そういう個人情報も話してるんだ。ふーん。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
問題ないです。先生がなんでもないっちゅってんだから(ちゅってんだから、は言ってるんだから、の意味)先生も忙しいんだから。

私 
忙しいって、2~3分で終わるでしょ。でもそれ医師が説明するものなの、本来。それ診断になるから。事務員が間違っても説明出来ないのさ。医療行為になるんで。それ違法行為だからね、事務員さん。
あっ、医療過誤、医療の問題っていうブログ見て。書き込んでるから。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
なんでもいいって。暇だな。あなたなー。それより病気治した方がいいんじゃないの?

私 
治らないの

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
そう、じゃあもっとでかい病院行ったほうがいいしょ。

私 
でかいも小さいも病院の規模は関係ないの、処方薬に。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
専門病院行ったほうがいい。

私 
(ここ)専門病院でしょ、循環器だから。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いや、なんでもないって言ったもん。(ではどこの専門病院に行けと言ったのか、裁判所で聞かせて貰いましょう)

私 
なんでもないで薬は処方しないの。お宅名前なんて言うの?婦人警官、お名前なんて言うの?かわいそうだよね。(こういう警察官らと一緒で、ということ)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いいしょ。うちら暇じゃないんだけどさ。小学生並みだな。会話が(どっちがだ?って感じだが)

警察官 オウム 太田 冨士男
(笑いながら)小学生(私の会話のどの部分が奨学生みたいなのか説明して貰いましょう、裁判所で)

私 
いやー、具合悪いんだわ、頭痛いし。あー辛い。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あんたの素性わかんないんもん。

私 
名前言ってた癖に。(フルネームで。しかも電話で役職にまで虚偽の苦情を入れていた)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
医療行為に対する防衛。

私 
え?医療行為に対する防衛?証拠みせて。私、なんにもしてないんだけど。証拠は?証拠もなしにそういうことを言うの?言ってるだけで証拠は?ないの?

警察官 高橋 
お医者さんからそういう言葉が聞きたいってことですか?

私 
証拠は?どこにあるの?私は証拠あるけど。

警察官 高橋 
なんの証拠ですか?

私 
録音してるし録画もしているし。

警察官 高橋 
じゃあ、その録画しているお医者さんが邪魔だ、妨害しているっていうの

私 
妨害しているっていう言葉は一言も聞いてないの。

警察官 高橋 
その言葉を聞けばいいっていうこと?

私 
そういう感じは全くなかったからね。

警察官 高橋 
お医者さんからそういう言葉が聞きたいってこと?

私 
そうだね。そう言ってるならね。妨害してる、って言うなら。私は妨害してないからね、なんにも。私もいくつも録音と録画と複数備えて録ってるからね。いやー具合悪い。

警察官 高橋 
なんで録音とか録画とかすんの?(嫌がらせをすると分かっていたからに決まっているでしょ)

私 
医療過誤だからね。こういう風に嫌がらせされるんだわ。あっ、そうそう。札幌の警察は医療過誤認めているよ。名前なんだったかな~。連絡してみな。警察との会話の録音もしているからね。北海道警察。

事務員 村木 一征
今、先生に話をしたんですけど、今忙しくて話せないんですって。それで、さっきもうちの方から主任から言ったようにうちでは今後薬は一切出しません、と。ですから他の病院に受診して下さい、っていう、それが先生からの

私 
その理由も私が直接聞きたいので。

事務員 村木 一征
さっきは理由なんて言ってませんでしたよね。それは直接先生から言われれば私は帰るっていうふうに言ってましたよね。(バカ過ぎて疲れるが、何回も直接説明を聞く、と言っているのだが。しかも、事務員が説明するのは違法だ、事務員が説明すべきじゃないことだ、とも伝えた筈だがまた説明してしまうバカっぷり。おまけに医師には説明責任がある)
だからもう一度確認をして、忙しいのにちょっと診療を止めてもらって今もう一度確認をしたら同じことを言ってましたんで。(そんなに説明したいなら医師免許を取ってからやれ、って感じだ)

私 
でも義務があるの。説明する義務が。事務員は、、

事務員 村木 一征
診療内容に関しての説明義務はあるかもしれませんけど

私 
これも診療内容なの。事務員がいうことじゃないの。違法なの。

事務員 村木 一征
事務員が事務員の判断で言っているわけではなくて(当たり前だ)先生に伝えて下さい、っていうことを代弁で伝えてるだけです。

私 
それは本来違法行為なの。

事務員 村木 一征
であれば、違う病院に行って下さい(話の繋がりが無茶苦茶。しかも返答になっていない、安倍晋三並み)

私 
違法行為だからやらないで、って言ってるの。(事務員による説明のこと)

事務員 村木 一征
もう時間も4:30過ぎてますし、もう違う病院の方に行かれた方がよろしいかと思います(都合が悪くなると話を変える)。

私 
それが違法行為なの。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
違う病院行ったほうがいいって。さっきから同じ話、1時間も2時間もして(警察官らが邪魔をするからだ、しかも1時間も経っていない)

私 
それが違法行為なの、そして警察はさ、こういう違法行為に荷担してんだよ。こういう犯罪に。
 
警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
こうやっててもしゃーない。診れないもん。

警察官 高橋 
具合が悪いのは治したいっていうのが第一の。

私 
薬もらいに来ただけでなんの罪なのさ。

警察官 高橋 
薬貰うこと事態は違うけど。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
受診。(受診が罪になる?裁判所で詳しく説明してもらう)

私 
受診しなきゃ薬貰えないじゃない。バカか。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
受診がないって。

私 
だから、それが違法なの。
人事務員 村木 一征
他の病院とかに行って受診をしてお薬手帳を持って薬を処方して頂いた方がよろしいと思います(何度も言っているが、事務員がこういうことを言うべきではない)。

私 
それが違法行為なの。医師法違反なの。応招義務違反。

事務員 村木 一征
そういうことは分からないですけども

私 
わからないんだから言わないで。違法行為になるから。

事務員 村木 一征
勝手に僕の判断で言ってることではありません。

私 
だから、違法行為になるんです。

事務員 村木 一征
だから違法行為あればどうぞ。

私 
どうぞってなんなの。どうぞ、ってなにがどうぞなの。なにが言いたいの。どうぞ、ってなによ。

警察官 オウム 太田 眞心
医師からね、事務の方に代弁してくれって頼まれているんだから。

私 
代弁が違法行為なの。それが違法行為なの。わからないのに言うんじゃない。

警察官 高橋 
具合悪いんでしょ(都合が悪くなると話を変える)。

私 
具合悪いよ。

事務員 梶原 寛昭
お薬出せないんで。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者
市川 もう帰ろ、帰ろ。

警察官 高橋 
そのダメな説明されるだけでもさ、ダメな説明されても解決しないの?

事務員 村木 一征
ここにずっと居ても診察にも入れませんし

私 
私には大きな意味があるの。それはね、あなたがたがわからないから。私はここに紹介状書いて貰ってきているからね。医療法があるから。

事務員 村木 一征
だからその医療法教えて下さい。

私 
病院長に聞きな。

事務員 村木 一征
医療法なんていっぱいあるんだから全部わかるわけないじゃないですか。(当然わかっている筈だが、村木、勝手にこんなこと言っていいのか?病院長に失礼だろう)

私 
病院法やらいっぱいあるからね。

事務員 村木 一征
うちの病院に対して

私 
事務員じゃわからないんなら病院長に聞きなさい。教えてくれるんでしょ? 

事務員 梶原 寛昭
申し訳ないんですけども、うちじゃあなくて。

私 
私ここ、広川内科から紹介状書いて貰って来ているんだよ。

事務員 村木 一征
広川内科にもう一度行ったらどうなんですか?(事務員の職務を逸脱、事務員が言うべきことではない)

私 
あそこ循環器じゃないからね。

事務員 村木 一征(事務員の職務を逸脱)
でもお薬は多分出して頂けるんですよね。

私 
あんた方私の具合を悪くしているからね。あなたがた犯罪だよ。犯罪。職権濫用。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あなたのカメラの濫用はどうなのさ。あん?(安倍晋三のバカなヤジ発言並み)

私 
これは別に違法じゃないよ。証拠だから。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
盗撮(事務員らには撮りますよ、とあらかじめ伝えていたし、カメラを出して撮っているので盗撮では全くないが、警察官が大声で「盗撮」と言ってしまえば、周囲が私を盗撮犯と思い込む。これは確信犯)

警察官 高橋 
うちらは公務員だからあれだけどさ、他の人違うから

私 
職権濫用

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
早く他の病院に行け!って早く(強要)

事務員 村木 一征
さっきから同じことを何度も言っているように

私 
凄いよね、虐待。凄いよね、警察の暴力。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
そういうのフラッシュバックちゅうんだ。

私 
なんのフラッシュバックさ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
ん?同じことを何回も言うことだ。

私 
ばか、フラッシュバックって同じことを何回も言うことって、、(たまらず吹き出した)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
ばか(間違いを指摘され逆ギレ)

私 
いやいやいや、調べな。フラッシュバックって、、あなた。同じことを、、(吹き出す)

警察官 オウム 太田 眞心
それだけ元気いいんだから。(またなんの根拠もないことを言い出す)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
早く帰んなさいや。 それだけ血行いいんだから良いって。

私 
血行いいわけじゃないからね。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
オレより血行いいわ、それ(意味不明)

私 
顔赤いのは症状だからね。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
一人で語るな!(いきなりだ。多分、フラッシュバックで笑われたので仕返しに権力行使)

私 
えっ?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
一人で語るな!いいから。帰れ。

私 
一人で語るな?一人で語るなってどういうこと?どういうことさ。いじめだね。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
聞きなさい(強要)、いいからいいから聞きなさい。あなた聞きに来たんでしょ?

私 
なにを。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いろいろ。聞きに来たんでしょ?

私 
誰に?いや、ちょっと近いから(高橋がぴったりくっついていた)離れなさい。むさ苦しいわ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いろいろ面白い言葉だね、昭和の言葉。これ。(市川もどう見ても昭和生まれにしか見えないが)


お宅も近いんだって。(市川もぴったりくっついている)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
なにさ。

私 
近寄らないで。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いいしょ。俺腰痛いんだもん。ここによしかかって

私 
じゃあ、後ろに座れば?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いいしょ。

私 
私に近寄らないで。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
近寄ってはいない。嫌だ。

私 
嫌なら近寄るんじゃない。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
はい、どうぞ、聞いて下さい。

事務員 病的な嘘をつく 村木 一征
(吹き出しながら)皆に近寄られたくないんであれば、他の病院へ行って下さい。

私 
いや、酷いよね。病院長がそういう方針なの?分かった。じゃあカルテ開示していくわ。なんて書いてるのか、いいよ、それで。書類出して

事務員 病的な嘘をつく 村木 一征
今すぐは出ません。(個人情報開示法により、カルテ開示は法律で義務づけられ認められている)

私 
出るよ。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
出ません。

私 
出るよ。早く。カルテ開示の書類、記入してくわ。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
そういう問題ではなくて。

私 
それはね。個人情報開示は患者の権利。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
聞いてください。カルテ開示の話は今ここでお話している内容とはまた別ものですから、また別の時に。

私 
何回も面倒くさいんで、今ここでカルテ開示の書類書いてくから

事務員 村木 一征 病的嘘つき
カルテ開示の書類書いても今すぐは出ません。

私 
いや、知っているよ、書類書くから、まず。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
家で書いてきて

私 
じゃあ渡しな。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
書けばいいしょ(自分で、ということを言っている)、カ・ル・テ・開・示って(呆れて言葉を失うが、病院によって料金が違うのでカルテ開示の請求用紙も病院によって異なる)。

私 
いや、違う違う違う。所定の。私、あちこちでやってるからカルテ開示は。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
(笑いながら)あっちこちの病院行ってこえばいいしょ。(会話をそのまま文字にしているので分かりにくいだろうが、「行ってこえばいいしょ。」は、行けばくればいいでしょ、と言う意味)

私 
今、ここで受診した時のカルテの開示の要求をしているの。書類持ってきて、書いてくるから、送るから。今、出せない理由はないでしょ。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
ないですよ。まずは、うちでは診れない。うちでは薬は出せない。他の病院に行って下さい。

私 
わかった、わかった。それはわかった。じゃあ、カルテ開示して帰るから。それちょうだい。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
書類書いて来るんですか?

私 
うん。それは拒否出来ないからね。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
わかりました。じゃあ、書類書いて出来上がるのに時間かかりますけどいいですか?

私 
いいですよ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
書類貰って家で帰ればいいしょ(意味不明)

私 
なに、お金かかるんだからいいじゃん。べつに、ここで。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
ほら、だから紙貰って

私 
あなた関係ないの、口出さないで。 用紙出して。
(ここで話はついたのだが、村木がカルテ開示の請求用紙を取りにいかず、立ち尽くしたまま困惑顔でもじもじしているのを見て、警察官らが邪魔をする)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いいじゃない。いいじゃない。えー?。早く、もう5時なんだから。帰って下さい。

私 
用紙持ってきて。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
帰って下さい。帰って下さい。診察もしない方を、帰って下さい。

私 
早く、カルテ開示の請求するから用紙出して。

警察官 高橋 
とってつけたような言い方して。(邪魔した責任は全員取って貰う)

事務員 村木 一征 病的嘘つき
そういう話じゃない。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男 
ようは暇なんだ。

私 
患者の要求なので、早く。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
思いたって、あっ、そうだ開示しようなんて言われても。

私 
いや、それは患者の権利なので、病院は拒否出来ないんで

事務員 村木 一征 病的嘘つき
さっきも言ったように、うちの先生の意向としてね僕たちが

私 
カルテ開示の話してるの。手続きしてくから。なんにもしないで帰るのは勿体ないんで

事務員 村木 一征 病的嘘つき
もったいなくないです。

私 
それは私のあれであってあなたが答えることじゃないの。早く頂戴。

警察官 オウム 太田 眞心 
思い立ってカルテ開示だとかって。

私 
思い立とうがいつでも請求出来るの。早く頂戴。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
真面目に付き合ってられんな、本当にもうこれー。

私 
そんなの拒否出来ないよ。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
帰れ、送ってやるってしたら。いいしょ。

私 
ダメ、今持っていく。そんなの常備してあるんだから。

事務員 村木 一征
常備はしてないですよ。(実際は常備していた)

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男 
病院によって違うんだとさ。

私 
早く。出して。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
いやいや。

私   
早く出して。

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男 
お引き取りして下さい。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
あなたとお話ししてて、午後からずっとあなたとお話ししてるんですよ(都合が悪くなると話を変える。しかも4時頃から5時頃まででずっとではない)。

私 
午後からって、、昼からって、昼すぐ来たわけじゃないからね。カルテ開示請求するので、用紙。事務には拒否出来ないから(そんな権限は事務員にはない)。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
その前に こっちの言うことも聞いてくれないと(もう充分聞いている)なんであなたが言っている要望に答えなきゃならないんですか。

私 
えっ、それは法律で決められていることなので。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
それとこれとは全く別問題なんで(嘘がバレるから出したくないんだろう)

私 
別問題じゃなくて。カルテ開示の請求はいつどこでも誰でも出来るの。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あんたそしたらなんで退去しなさいって言ったときに退去しないのさ。(医師からは退去要請など出ていない)

私 
だから罪はなに?

警察官 ネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
おかしいこと言ってんじゃないや、あんた。さっきから(怒る)、あん、なあ。(怒った言い方がやくざみたいだ。)

私 
ヤクザだな、全く。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
それ、どういうことさ。

私 
ヤクザと一緒。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
あん?意味わかんないな、それ。

私 
触らないで。触らないで。早く出して。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
意味分かんないこと言うんじゃない、ほれ。病気だぞ。これ。(名誉棄損)

私 
カルテ開示。早く出して。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
さっきからひとつ覚えればずっと集中してしゃべる。(警察官らが邪魔をするので何回も言わなければならないだけ。警察官らが居ない時に開示請求を行った時は5分もかからず済んでいる)

私 
早く出して。

事務員 梶原 寛昭 傲慢嘘つき
そんなことする人にカルテ開示しない(後日、カルテ開示は行っているがそんなこととはなんのことか裁判所で説明してもらおう。しかもカルテ開示の請求は病院長に対して請求するものであって、事務員が勝手に拒否することは出来ない)。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
ほらー。普通じゃないも

私 
えっ、そんなことする人にカルテ開示しない?

警察官 高橋 
ほらー、言われちゃった。言われちゃったねー

私 
そんなこと関係ない。

警察官 オウム 太田 眞心 
きてるねー。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
普通じゃないもん(警察官ら、よってたかって罵倒)

私 
手続きは出来るから。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
あなたに答える前に、こっちの言い分にも答えてないのにどうして答えなきゃいけないんですか。

警察官 高橋 
法律立てるんなら自分も法律守ったらいいかもしんない(意味不明、突然のいちゃもん。高橋が法律守れ、って感じだ。)

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
その通りだ。

私 
私は、法律守ってる。

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
出ていかないと訴えるようになっちゃうぞ、これ。(完全に、犯罪。脅迫)

私 
カルテ開示、今ここで言っているのに。それ、あなた方邪魔するわけ?

警察官 嘘つきネトウヨ人種差別主義者 市川 冨士男
迷惑だ、って言ってるじゃん。あん?あんた聞いているのか、人の話。

私 
カルテ開示の用紙出して下さい。

警察官 オウム 太田 眞心
迷惑かけてるよ。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
ありません。

私 
いや、法律なんで。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
業務妨害になっちゃうんで。違う場所に行って下さい。

私 
出さないの?用紙出して下さい。

事務員 村木 一征 病的嘘つき
こっちの要望も聞き入れて貰えないのに、どうしてあなたの要望だけ聞き入れなきゃならないんですか。

私 
えっ?こちらの要望ってなんなの?

事務員 村木 一征 病的嘘つき
うちの要望は、うちではもう診れませんから。

長くなるので今日はここまで。
警察官のハラスメントはまだまだ続く







  1. 2015/02/22(日) 23:15:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌白石記念病院 事務員 村木一征 梶原寛昭が行った虚偽110番通報犯罪の時の会話内容 その3 駆け付けた警察官 市川冨士男 太田眞心 高橋 婦人警官らによる虐待の様子

トップに固定している記事、2014年8月21日に札幌白石記念病院で起きた事件の時の会話内容の続き。
まず、ざっと説明すると初診の受診時間は17分、再診の受診時間は48分(しかも診察室で20分以上待たされて、だ)だった。が、これを札幌白石記念病院の事務員 村木和征は警察官らに、私に初診で2時間、再診で1時間半の時間をかけている。医師がなんでもない、と言っているのに私が診察室から出なかった、というあり得ない嘘を説明していた。

会話その2はこちら↓
会話その2

村木和征が110番通報をするまでの会話その1はトップ固定記事に書いてあるのでご覧ください。一応、今までの診断を再度載せておきます。

恵佑会札幌病院診断
恵佑会札幌病院診断
下顎骨骨髄炎増悪
顔面変形
開口障害
伊藤歯科 H23年12月分レセプト 慢性骨髄炎

最近の血圧
血圧
血圧


前回の記事の終わりの方の会話↓

警察官 市川 冨士男
出ない。(医師が処方に関してなにも私に伝えていないにもかかわらず、警察官が勝手に処方拒否を行う)

私 
えっ、薬は出ない?

警察官 市川 冨士男
薬出てるの?

警察官 太田 眞心
なんの薬?(さっきから何度も言っているのだが)

私 
狭心症と心不全の薬。

警察官 市川 冨士男
出てるの?

私 
出てるよ。

証拠はこちら 札幌白石記念病院で処方した薬
札幌白石記念病院処方記録
札幌白石記念病院処方記録2
札幌白石記念病院処方記録3

前回はここまで書いていたが、今日はこの続きの会話です。以下


私 
どうせ、なんの薬か分からないでしょ?

警察官 市川冨士男
いやー、困ったもんだなこれ

警察官 太田 眞心
うーん。


なんの薬か分からない、事情も分からないでこういう暴力的なことしていいと思ってるの?

警察官 市川 冨士男
周りに迷惑かけて大変ですねー。


迷惑なんてかけてません。迷惑をかけているのはあなた方です。

警察官 市川 冨士男
病院側が迷惑してるんです。

警察官 太田 眞心
それだけです。


処方は?

事務員 梶原 寛昭
処方しません。(医師に確認もせずに勝手に無免許、無資格である事務員が処方を拒否する、というとんでもないことをやらかしている梶原。これも完全に犯罪だ。)

私 
処方しないの

事務員 村木 一征
はい


受診も拒否

村木 一征
はい。(受診を拒否しなければならないようなことは一切なかったにもかかわらず、無免許、無資格である村木が勝手に受診拒否)


ふーん。(他の病院に行く)時間ないし(16時を過ぎている)。私、薬ないのでね。

警察官 市川 冨士男
何で(動画)撮ってんの?どっから覚えたの?こういうこと。

事務員 梶原 寛昭ら
大笑いしている。(が、もう笑ってなどいられなくなるだろう。裁判所への出頭が待ち構えている。こういう無資格者の弁護は誰が受けるのかは知らないが。弁護料でお金かかっちゃうね~、知らないよ~)


どっから覚えたの??いやー、笑ってるよね。

警察官 太田 眞心
普通の方ですね、󾀕󾀕(私の名前)さん、ね、我々と話してる時そうやって撮影とかしません。


あなた方が酷いことをしているのでね。

警察官 太田 眞心
してません。してません。


してますよ。

警察官 太田 眞心
(周囲にいる患者さん達に向かって)してませんよね?してませんよね?


しています。周りの人は事情を分かっていません、なんにも。

警察官 太田 眞心
(笑いながら)そーかい。(警察官らも同様、もう笑っていられなくなるから)


そうだよ。分かってないから。

警察官 太田 眞心
あなたの話、通じないですわ。


あなたの話も通じないわ。

警察官 太田眞心
(周囲の患者さん方が)面白いって。(そんな声は聞こえていないが。録音にもない)

警察官 市川 冨士男
写すの止めなさい!!(怒鳴る)

警察官 太田 眞心
肖像権あるんだから。


肖像権なんかありません。(昔、若い頃に自分の写真が商業用で勝手に使われたことがあったので、弁護士に肖像権の件で聞いたことがあったが、芸能人等の場合は該当するが〈芸能人は自分の身体が商売道具だから〉、一般人は該当しない、ということだった)

警察官 市川 冨士男
そのためにあるんじゃないんだから、あなた。


そういうためにあるんです。

警察官 市川 冨士男
勘違いするんじゃない!!(怒鳴る)あんな、あんたの遊びじゃないんだから。おかしいんじゃないの。個人の権利なんだから、止めなさい!!

警察官 太田 眞心
公共の権利は優先するんですよ(怒鳴る)。(他の患者さん達、誰からも撮らないで、という声は聞こえてはいない。ちなみにカメラで撮影している全員に同じことを言うのか?太田は)

事務員 村上 一征
止めて下さい。


いや、止めませんね。

警察官 市川 冨士男
ここに来た時にこれ(携帯)持っていたら今度出入り禁止ですから(病院職員でもないのに勝手に出入り禁止を私に言い渡す。職権濫用どころではなく脅迫行為)。

私 
ここ来た時?(市川冨士男、残念。今年、札幌白石記念病院に行った時にも、目の前で堂々と録画しているが、何も言われていない。市川冨士男 職権濫用)

警察官 市川 冨士男
うん。必要ないから。(それは市川が決めることではなく、個人の自由だ)。


ここ来た時って、、受診拒否しているんでしょ?

警察官 太田 眞心
やめないさいって!!(強要)


受診拒否するんでしょ?

警察官 太田 眞心
そういうのやめなさいって。(証拠を残されたら都合が悪いんだろう、警察官は)

警察官 市川 冨士男
うん。
管理権ある人言ってるんだよ。


あんたなに、梶原寛昭?(名前確認)

警察官 市川 冨士男
あんた、管理権もわからないの?


えっ、管理権?

警察官 市川 冨士男
管理権のある人がやめれ、って言ってるんだから。


その管理権ね。事務員だからね、この人。事務員だから(管理権は)ないよ。(病院の管理責任者は病院長)

警察官 市川 冨士男
あります(また知らないくせに適当なことを言い出す)。


ないですよ。

警察官 市川 冨士男
あります。


あんたおかしいんじゃないの、少し。

警察官 市川 冨士男
管理権ったら管理権だべさ。


なんの管理権よ。

警察官 太田 眞心
医療施設の(なにも知らないくせに適当なことを言う太田)

警察官 市川 冨士男
やめなさいって言ったら、行政が立ち入り禁止に出来るんだ。(職権濫用)

警察官 太田 眞心
施設の方がこう仰っているんですから。(札幌白石記念病院側は誰も立ち入り禁止とは一切言っていない。そして、今年も札幌白石記念病院に行っているが、当然立ち入り禁止にはなってはいない)。


立ち入り禁止!?

警察官 市川 冨士男
そんなこともわからんで肖像権だのわけわかんないこと言っているのか。(肖像権は警察官が言い出したこと。しかも私が弁護士から聞いた話と解釈が全然違っている)


私、肖像権なんて言ってないけど。

事務員 村木 一征
不明な話をするなら場所を変えて下さい。(不明な話って、、自分の病院の管理責任者くらいわからないのか?って感じだ。もしかして、、村木は自分が病院の管理責任者だと思っているのか?ゾッとする)


あなた方も不明だね。

事務員 太田 眞心
あなたが

警察官 市川 冨士男
これ、やめなさい(証拠を残されるのがよっぽど嫌らしい)

警察官 太田 眞心
もう出入り禁止です。そんなことやってたら(今も出入り禁止になってはいないが、これも脅迫行為)。

私 
えっ?いやー、こうやって、、ホント、どう言うことなの?

警察官 太田 眞心
どういうこと?意味不明ですわ。


意味不明。

警察官 市川 冨士男
私らが聞きたい、あなたの行動ね。あなたの行動、こちらが聞きたい。

警察官 太田 眞心
うん。意味不明。

警察官 市川 冨士男
あなたの行動私らが聞きたい。


意味不明。

警察官 太田 眞心
うん、意味不明。

警察官 市川 冨士男
2時間も3時間もなんでそやっているの。


2時間も3時間も??

警察官 太田 眞心
嫌がらせ?嫌がらせ?

私 
いや、あなた方が嫌がらせでしょ。

警察官 太田 眞心
いや、違うよ。

警察官 市川 冨士男
あなた、嫌がらせにきてるから、来てるんでしょ。

警察官 太田 眞心
立場逆だからね。


いや、立場が逆だよ。

警察官 太田 眞心
間違わないで。(事務員 村木一征と梶原寛昭の作話である初診で2時間、再診で1時間半診察室から私が出ていかなかった、という嘘を鵜呑みにし、おまけに調べもせずに虚偽の訴えを基に私を攻め立てる警察官の方が明らかに間違っている)


いや、間違わないで。

警察官 太田 眞心
間違わないで、間違わないで、間違わないで、間違わないで


間違わないで。うるさいよ、あんた。(太田が同じ言葉を延々繰り返しているから)

警察官 太田 眞心
あなたがね。


あんたがね。

警察官 太田 眞心
うん、あんたがね。


あんたがね。

警察官 太田 眞心
うん。(私のフルネーム)ね。(個人情報漏洩)


(私のフルネームを出したので身元確認)あなたがね。どこの警察?

警察官 太田 眞心
白石警察署


しかもね、あなたね、公の場で私、なにもしていないのにこうやって名前を公表して。

警察官 太田 眞心
話を全くね全然指示に従わないわけ。警察官の指示にも従わないね、個人的な権利を利用するの止めなさい(激怒)。(個人の権利を主張してなにが悪い。それと、ありもしないでっちあげ冤罪で警察に通報され、違うといっても確認もしないで怒鳴り散らす警察官の指示になぜ従わなければならない?しかも、それと個人情報漏洩の話は全く別問題だ)


個人情報

警察官 市川 冨士男
なに、個人情報って。住所とか喋ってないわ。


名前もそうでしょ。

警察官 市川 冨士男
あんたそうやって。斉藤さんかもしんないでしょ(意味がわからん)。


今、名前言ったでしょ。(しかもフルネームだ)

警察官 太田 眞心
違うところの話してんだ。(違う事件の話を別の公の場で話したとするならそれも大問題だと思うが、こういう呆れる嘘で免れられると思うな)

事務員 梶原 寛昭
場所を変えて話をしましょうと言っているんです(事務員が診療について説明することは違法だ、と何回も教えているが、全然理解出来ない)

警察官 太田 眞心
移ったほうがいいんじゃないですか?他の人の目もありますよ(冗談ではない、周囲に多くの患者がいてもこれだけ虐待されているのに個室に入ったらどんな暴力を受けるかわからない、ということで拒否。おまけに周囲に人がいれば多くの証言者になる)。


あなた方と話す理由がないの。

警察官 太田 眞心
我々にはあります(その前に事実確認するべきでしょ、常識として。警察官ではなくても事実確認は必ず誰でもする)。


ないの。

警察官 太田 眞心
病院の要請で来た。


じゃあ、私も110番するわ。


16:02

警察官の暴力と違法行為にたまらず110番通報

私 
話が通じないんですよ。困って電話してるんです。

警察 
警察の方には今連絡を入れましたので。

私 
入れた。

警察 
󾀕󾀕さんの携帯の方に白石警察署の方から連絡いきますから、今いる警察官のことで。電話を切ってお話をして下さい。宜しくお願いします。

私 
ちゃんと対応してくれるんですよね。

警察 
ええ、白石警察署の方から󾀕󾀕さんの方に連絡いきますからお待ちになって下さい。

私 
電話ですか?

警察 
はい。

私 
わかりました。

警察 
はい。お願いします。

私 
はい。

警察 
はい。

結局、札幌白石警察署からは電話は来なかった。
警察官らが違法行為を行っている時に110番通報しても警察は全く動かない、ということか?
しかし、これも立派な犯罪行為だ!!

今日はここまでにしておくが、まだまだ警察官の暴力は続く。
  1. 2015/02/20(金) 20:12:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北見市いのこ歯科 猪子光晴が行った犯罪の件で、今日北見市警察署 刑事 太田から電話あり。あまりのアホな質問に、電話ではなく文書にして送るように伝えた。

今日、13:11に北見警察署の刑事 太田から電話があった。

勿論、北見市いのこ歯科 猪子光晴(共犯 馬渕亜希子)が行った殺人未遂の件だ。
私への質問の内容があまりにもバカ過ぎるので、文書にして送ってくるように伝え、電話を切った。

まだ話し足りなかったのか太田は13:14に再度電話をかけてきたので、「文書にして送りないさい」とまた一言だけ告げて電話を切った。
刑事 太田が話せたのも一言のみ「もしもし?」

が、また再度しつこく電話が鳴る13:15。
当然、こちらも同じ言葉しか言わない「文書にして送りないさい」と一言のみ伝えて電話を切る。
刑事 太田も「もしもし?」のみ。

なぜ警察は一回言っても理解出来ないんだ?

こちらは文書で送ったのだから、それ相応の対応を行うのが警察の義務だ。

まあ、大抵日本の警察は、警察>法律←こういうとんでもない勘違いをしているようだが。
公務員らのこういう傲慢な態度と法律を無視する態度は、明らかに安倍晋三ら与党の影響を強く受けているだろうが、おまけに安倍晋三ら与党議院らからバカまで感染してしまっているようだ。
札幌市の警察もしかりだが。

裁判官らも、だけどね。

まあ、とりあえず刑事 太田からの文書を待つとするか。
あっ、
そうそう、昨日、北海道大学病院からカルテ開示請求の用紙が届いたので記入し、昨日のうちに投函した。
そんなにかからずにコピーが送られてくると思うが、それにしても札幌白石記念病院の紙カルテのコピーはいつまでも届かないなあ、2日分の外来記録しかないっていうのに、なにやってんだ?
虚偽記載をするか、事実を書くか、悩んでも結論が出ないか?


  1. 2015/02/19(木) 14:47:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道大学病院の顧問弁護士 斎藤隆広と医療支援課 樋口ら3名に最終警告

先月、1月20日 
北海道大学病院の顧問弁護士 斎藤隆広の事務所に、北海道大学病院の事務員による犯罪行為及び受診拒否の件について電話をしていたのだが返答がなく、再度27日に電話をしていた。
しかし、これも再び無視。

そこで、今日も電話を入れ、このまま無視し続けるつもりなのかを確認。
まあ、一応最終警告です。
もし、1週間以内に連絡をよこさなければ、他にも訴訟準備に入る相手がいるので、それと一緒に準備に入る旨を伝えておいた。
電話受付け者 土田(女性)
必ず、連絡致します、とのこと(録音したからね~)。

同時に北海道大学病院にも今日、医療支援課 樋口ら3名による受診妨害(受診予約が入っていたのにもかかわらず帰るよう強要、他もろもろあるが)で損害を受けたので訴える旨を伝えておいた。
これも、先月弁護士のところと同時に電話をいれてあったが、無視し続けていたためだ。
ただし、医師らが私に対し、直接受診拒否を行っていないため、訴える相手は病院ではなく事務員 樋口ら3名。個人を訴える、ということになる。

それと、北海道大学病院医科カルテの開示請求の用紙の送付を依頼した。

こちらは対応も丁寧だったし、まあ普通でしたね、問題なしでした。
警察に違法通報の電話もされていないしね(笑)。

さあ、忙しくなるぞ~、頑張らねば。

そう言えば、北見市警察署、いのこ歯科 猪子光晴の起訴の件はま~だ~か~??
これも警察官らによる犯罪が多々たまっているので、もしまた動かなければ裁判の準備に入る、ということになる。

それと、札幌市のレセプト改竄の件もあるんだよな~

ホント、勘弁して欲しいわ。
結構大変なんだよ、準備が。

ということで
とりあえず、今日はこの内容優先で書きました。
札幌白石記念病院で起きた、虚偽通報及び警察官らによる虐待の様子の続きは次回書きたいと思います。

やはり落ちてきたSPO2
SPO2

  1. 2015/02/17(火) 11:54:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌白石記念病院 事務員 村木一征 梶原寛昭が行った虚偽110番通報犯罪の時の会話内容 その2 駆け付けた警察官 市川冨士男 太田眞心 高橋 婦人警官らによる虐待の様子

トップに固定している記事、2014年8月21日に札幌白石記念病院で起きた事件の時の会話内容の続き。

まず、ざっと説明すると
初診の受診時間は17分、再診の受診時間は48分(しかも診察室で20分以上待たされて、だ)だった。
が、これを札幌白石記念病院の事務員 村木一征は警察官らに、私に初診で2時間、再診で1時間半の時間をかけている。医師がなんでもない、と言っているのに私が診察室から出なかった、というあり得ない嘘を説明していた。

村木和征が110番通報をするまでの会話はトップ固定記事に書いてあるのでご覧ください。

一応、今までの診断を再度載せておきます。
恵佑会札幌病院診断
恵佑会札幌病院診断
開口障害
顔面変形
下顎骨骨髄炎増悪
SPO2
血圧
血圧

まだありますが省略

では、札幌白石記念病院での会話の続きです。

15:48
警察官 市川 冨士男
用は?

私 
あなた名前なんて言うの?名前なんていうんですか?

警察官 市川 冨士男
撮らなくていいです。撮らなくていいです。

警察官 太田 眞心
写さなくていいです。今お話し聞きますから。

私 
あなた職権濫用ですよ。信じられないね。

警察官 市川 冨士男
なんの職権濫用さ。

私 
あなた何しに来たわけ?

警察官 市川 冨士男
ちょっと場所変えますか。

私 
いや、変えませんよ。こちらで薬もらわないと。

警察官 市川 冨士男(事務員に質問)
薬出てるんですか?

事務員 村木 一征
一応薬は出ています。

私 
出ているよ。そういう事情もわからないで来ているの?信じられないね。

警察官 市川 冨士男
異常に長くいるのはなんなの。

私 
異常に長くってなんなの?異常に長くって。何時間?


警察官 市川 冨士男
説明して下さい。説明して下さい。

私 
私、受診しに来ているんですけど。

警察官 市川 冨士男
受診終ったんですよね。

私 
終わってないよ。

警察官 市川 冨士男(事務員に聞く)
終ってないんですか?あのー、とにかくですね、なんかもう終ったってことで

私 
終ってないし。

警察官 市川 冨士男
いやいや、今日の話じゃなくて、今日の話じゃないです。

私 
いやいや、終ってないし。

警察官 市川 冨士男
終ったって言うし。

私 
いや、私、心不全と狭心症の薬貰わないと命の危険あるんですよ。あなたその責任取れるの?

警察官 市川 冨士男
それじゃあ、診断されたんですか?

私 
診断されてるよ。

警察官 市川 冨士男(事務員に聞く)

私 
あのね、薬が出ているってことはね。疾患名がつかないと薬は出ないから。バカなの?あなた。いいかげんにしなさいよ。

警察官 市川 冨士男
勝手に自由に喋んないで下さい、まず。

私 
なに?なんの権利でそんなことを言ってるの?

警察官 市川 冨士男
権利とかじゃない。

私 
自由に喋んないで下さいってなんなの?

警察官 市川 冨士男
自由にバカとかそういうの喋んないで下さい。

私 
それは私の感想であって。関係ありませんけど

警察官 太田 眞心
事情が分からなくて、ちょっとお聞きしたくて。

私 
なんの事情なの?あなた方。

警察官 市川 冨士男
なんでこうやってやってんの?(録音行為に対して)

私 
証拠になるから。職権濫用だよ、これ(市川は私の携帯を取ろうとする)

公務員職権濫用罪
「刑法193条に規定されている犯罪類型であり、公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害する行為を内容とする。」


警察官 市川 冨士男
なんの職権濫用

警察官 太田 眞心
職権濫用じゃないです。

私 
刑事処罰あるよね。

警察官 太田 眞心
いや、ありませんね。

私 
いや、今までの件もあるから。

警察官 市川 冨士男
したらうちらも撮らせてもらう。何時間もいないで下さいって、そこに。

私 
何時間って?何時間って言っているの?

警察官 市川 冨士男
皆さん、迷惑してますから。

警察官 太田 眞心
場所を変えて下さい。

私 
何時から何時のことを長い時間と言ってるの?

警察官 太田 眞心
他受診されている方のご迷惑になりますんでね。

警察官 市川 冨士男
その声も迷惑ですから(別に大声でもないが)、普通でない。

私 
あなたも迷惑ですよ、私に対して。

警察官 市川 冨士男
普通でない。普通ではないです。

私 
受診の妨げになってますから。

警察官 市川 冨士男
早く。場所を移動して下さい。

私 
いや、出来ません。

警察官 市川 冨士男
そういう要請で来てます、うちらは。

私 
なんの罪で来てるの?

警察官 太田 眞心
罪ではありません。要請的なもんです。事情を聞きに。

私 
職権濫用だよ。

警察官 太田 眞心
職権濫用ではありません。

私 
濫用。

警察官 太田 眞心
あたりません。

私 
濫用、あたるよ。受診の邪魔しているでしょう。

警察官 市川 冨士男
受診してないじゃないですか、今。

私 
だから、受診しようとしているのを邪魔しているでしょう。

警察官 太田 眞心
なんの受診ですか?今、受診終ったんですよね。

私 
終ってないって言ってるでしょう。薬が切れるの。

警察官 太田 眞心
どうして居座るんですか?居座る理由を教えて下さい。

私 
居座る?なんなの?居座る?

警察官 太田 眞心
病院側からそういう話があったから来たんです。

警察官 市川 冨士男
要請があって来たんです。

私 
あのー、刑事告訴してやるわ。

警察官 市川 眞心
なんの刑事告訴ですか?

私 
職権濫用で。

警察官 市川 眞心
そういう罪はないです。

私 
あります。

警察官 太田 眞心
ありません。

私 
そして、あなた方のことネットに書いたからね(ブログの書き込みをしていた)。

警察官 市川 冨士男
とりあえず、とりあえず、とりあえず

私 
見てみな、ネット。

警察官 市川 冨士男
とりあえず、要請ありますんでちょっと場所移動して下さい。

私 
病院名もあなた方のことも全部書き込んで

警察官 太田 眞心
それ脅迫ですか?

私 
脅迫じゃないよ。

警察官 太田 眞心
脅迫ですか。

私 
事実

警察官 市川 冨士男
病院変えたほうがいいと思います。

私 
病院変えたほうがいい?

警察官 市川 冨士男
うん。

私 
なんのために?

警察官 市川 冨士男
病院迷惑してるんです。

私 
なんの迷惑?

警察官 市川 冨士男
あなたがこうやって居座ることをです。

私 
ここに座ってなんの迷惑?

警察官 市川 冨士男
迷惑してる。

私 
あのー、迷惑かけてますか?皆さん。

警察官 市川 冨士男
病院側がです。

私 
病院側が?なに?なんの迷惑?

警察官 太田 眞心
受診ですよ。

私 
あなた、薬貰っちゃいけないって私に言ってるの?

警察官 太田 眞心
誰も言ってませんよ。

私 
私、薬貰いに来たんですが。

警察官 市川 冨士男
出てください、ちょっと。

私 
薬を貰いに来たんですが。前、狭心症と心不全の薬が処方されているんで。

警察官 市川 冨士男(事務員に質問)
今日、用事があって来ているっていうのは、なんの用事があったんですか?

事務員 村木 一征
今日は、受診しに来たっていうお話しを聞いて、要するに、受診する前にちょっとお話しをしたくて、まあ場所も移って頂けなくて、お話しをしても聞いて頂けなくて、それで(警察に)電話をさせていただいたんですけども(何時間も居座っている、ってことではないではないか。それと、明らかに虚偽通報。事務員との会話内容はトップ記事にありますが、要するに、事務員がそういうことを話すことは違法になるからダメですよ、と教えただけだ)

警察官 市川 冨士男
そういうことです。

警察官 太田 眞心(事務員に質問)
狭心症の診断ないですよね?

私 
ありますよ。

事務員 村木 一征
カルテの中では特に異常はないと(カルテにそんなことは一言も書いていなかった。カルテを開示し確認済み。よって村木の嘘)。

警察官 太田 眞心
カルテの中では特に異常はないと(私を睨みつけ)、なるほど。(この後、狭心症等の診断が書かれた診断書を持参し、警察に言って訴えて来ている)

私 
狭心症の薬が出ているから。

警察官 太田 眞心
それで󾀕󾀕(私)さんはその後、(診察室)を出ていかないと。あー、なるほど、そうですか。(私を睨みつける)

私 
えっ、カルテに異常がないと書いてあったの?それは虚偽だね。

警察官 太田 眞心
それは、1時間半以上も診療室で、まあ、先生と話していると。(実際は、初診で受診時間は17分、2回目受診時間は48分)

私 
えっ?今、なに?

警察官 太田 眞心
そういうことなんだ。

警察官 市川 冨士男
前回の話してるんだ。

私 
えっ?なになに?前回?

警察官 市川 冨士男
他の患者さんが、緊急的な患者さんの迷惑です。ホント。居座って。

私 
居座ってって、、居座ってませんよ。長くなって(診察室で20分以上も待たされたから)自分から帰るって言った(チアノーゼが出てたから)、居座ってません。

警察官 市川 冨士男
今日の話?それ。

私 
今日はまだ診察してないけど。

警察官 市川 冨士男
前回の話。

私 
私、心臓悪いんだよ、あなた。

事務員 梶原 寛昭
ちょっと他の患者さんの迷惑になるんで。

警察官 市川 冨士男
ということで場所

私 
あー、これネットに流すわ。

警察官 市川 冨士男
えー、󾀕󾀕(私の名前)さんでしたっけ?他の患者さんの迷惑です。󾀕󾀕さん!!

私 
私の方が迷惑だわ。あなた方、薬を私に、、

警察官 市川 冨士男(事務員に質問)
薬、こっちでもらえます?

私 
私、血圧下がってるからその話もしなきゃいけないの。

警察官 市川 冨士男
お医者さんも暇じゃないんで。

私 
私も暇で来ているわけじゃないですよ。必要があって来ているんですよ。

警察官 市川 冨士男
(急に激怒)あんた、カメラで写していいと思ってんの?え?いいかげんにしてら?(してら、ってなんだ?)ほら!あん?!(警察官も動画を撮らせてもらう、と私に伝えたが自分はいいのか?無茶苦茶だな。しかも警察官が一般市民を撮るのは違法らしい)

私 
いいかげんにしなさいね、ホントに。

警察官 市川 冨士男
ああ?!ネット?ふざけんなって、あんた!!(激怒)

私 
そういう暴言を言っていいの?もう流してるからね(ネットに書き込んだ、と少し前の会話で言っている)。

警察官 市川 冨士男
そういう頭おかしい人、、

私 
あなたの方が頭おかしいから。

警察官 市川 冨士男
迷惑です。

警察官 太田 眞心
我々事情聞いているのに、そやって撮影するってどういうことなんでしょうか(この後で出てくるが、盗撮!!と警察は言い出す。私はカメラを隠してもいなかったし、記録させてもらいます、と最初に事務員に伝えて撮っているのに、だ)。

私 
証拠だから。

警察官 太田 眞心
正当な職務執行の元、来てますから。

警察官 市川 冨士男
保護しますか?保護。保護しますよ、あなた(怒鳴る)。

私 
なに?なんなの?職権濫用だからね。

警察官 市川 冨士男
そんなのにあたりません。認められています。事情聴取ですから(その前に、本当に私が初診で2時間、再診で1時間半診察室から出ていかなかったのか、そっちをまず確認するべきでしょ!信じられんわ(怒))

私 
なんの罪さ。

警察官 太田 眞心
医療行為で(医療行為でって、、私は患者として来ているのに意味不明)

私 
唇プルプル震えているよ、あなた(太田は激怒しワナワナしている)。邪魔しないで。

警察官 市川 冨士男
迷惑ですって。

私 
迷惑なのはあなた方。

警察官 太田 眞心
󾀕󾀕さん!!(怒っている)

私 
あなた方失礼ですよ。

警察官 市川 冨士男
病気なんかないって。

警察官 太田 眞心
皆がそうやって言ってますから(村木と梶原だけだが。まず調べなよ、って感じだが)。

警察官 市川 冨士男
そんなに手も早く動かないから、病気の人は。はっ(笑う)(意味不明だが)

私 
そんなことないよ。あなたになにがわかっているの?

警察官 太田 眞心
大笑い

私 
あなたになにが分かるのかしら。

警察官 市川 冨士男
困ったもんだな。

警察官 太田 眞心
そうだな。

私 
ホント、困った人だね、職権濫用。

警察官 太田 眞心
濫用!正当な公務執行です。

私 
正当じゃありません。

警察官 太田 眞心
正当です。

私 
正当じゃありません。

警察官 太田 眞心
病院の依頼があって来ました、我々は。

私 
うん、その依頼が正当ではありません。

警察官 太田 眞心
警察がね、病院の運営にね、重大な障害があるんですよ。(なんか言葉が変だが)普通の人はね、病気があって来られてますから。(カルテには異常はないと書いてあった、という村木の無責任な嘘で罵倒され続ける。責任取れよ、村木。確認しない警察も警察だが)

警察官 市川 冨士男(事務員に話す)
こういう人いるんですよ。こうやってやる人が。普通の人じゃないですから。こうやってやる人は。

警察官 太田 眞心
病気があって来ている訳じゃないから。

私 
あなたがたも普通の人じゃないですから。

警察官 市川 冨士男
その行動が普通じゃない。

私 
普通じゃないですよ(健康じゃないということ)。私は薬を貰いに来ただけなんで。

警察官 市川 冨士男
出ない。(警察官が処方拒否?意味がわからん)

私 
えっ、薬は出ない?

警察官 市川 冨士男
薬出てるの?

警察官 太田 眞心
なんの薬?(さっきから何度も言っているのだが)

私 
狭心症と心不全の薬。

警察官 市川 冨士男
出てるの?

私 
出てるよ。

疲れたので今日はここまで。
  1. 2015/02/14(土) 23:58:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イスラム国の呼び方を変えることに断固反対。安倍晋三は、人に自己責任を求める前に自分の犯した過ちの自己責任を取れ!! 追記 お~い、札幌白石記念病院、紙カルテ早く送ってこないと料金払えないよ~

最近、日本人人質を殺害したテロリスト、イスラム国を、イスラム国とは呼ばずに「ダーイシュ」または「ISIL」「ISIS」と呼ぶように変えよう、という動きがあるが、私はこれに断固反対だ。

何故ならば、イスラム国=残虐なテロリストというイメージが定着しているから。
これを「ダーイシュ」または「ISIL」「ISIS」と変えると、なんかちょっとお洒落っぽくなってしまい残虐なイメージが薄れてしまう。

イスラム国の呼び方を変えようと働きかけている安倍晋三自民や政治家らや安倍支援者らは、イスラム国とムスリム、イスラム教が同一視され、ムスリムやイスラム教までが迫害されているから、というもっともらしい理由をつけ変更を、と働きかけているが、それはどうよ?と思う。
イスラム教やムスリムのことをよく知らない私ですら、イスラム国とムスリム、イスラム教を同じだとは全く思ってはいない。
そもそもイスラム国を宗教団体だとすら思っていない。ただのテロリストとしか見ていないから。

だから、変えようとする本当の目的は、イスラム国=安倍晋三が人質を見殺しにした。中東訪問でもイスラム国に対して攻撃的な言動をし、また日本に帰って来てからもイスラム国を挑発し続けた、その結果、イスラム国が激怒、結果、人質が殺されるに至った(イスラム国は、安倍晋三を名指しで批判し、「安倍晋三、オマエが人質を殺した」と言っている)イスラム国にはこういうイメージがついてしまっているので、呼び方を変えることで、このイメージを忘れさせようと企んでいる、というのが呼び方を変えたい本当の理由ではないか、と私は思う。

まあそもそも、イスラム国とムスリム、イスラム教を同一視し、迫害しているような人はなにをやっても誰でも迫害する。
それは、その人の人格の問題だからだ。
呼び方を変えてもなにをしても無駄なこと。

それにしても
湯川さん、後藤さんの件で、人質になってしまったのは自己責任、とこういうことを世に広め、故意にそういう流れを作ったと言われる安倍晋三ら自民は、この件に関しても全く責任を取るつもりはないのか?
そもそもであるが、小渕優子の税金横領の一件もそうだが、自分のしたことに対して一切責任を負わない自民党らが、国民に対して自己責任を持ち出す自体がちゃんちゃらおかしい。
しかも
日刊ゲンダイでも記事になっていたが、安倍晋三も事務所費問題があるというではないか。
事務所費として計上出来ない飲食等(高価な神の水とやらも)も事務所費として計上し、税金を横領していたらしいが
なるほど、だからあれほどの税金横領と悪質な証拠隠滅犯罪まで行った小渕優子をまた議員に出来たわけだ。
自分がやっているから他者にも厳しく出来ない、ってワケか。

そういうことが通用すると思っていること自体、人としてそうとうイカれているが、自民党らはまず人に自己責任を求める前に、自分の犯した罪の責任を取ったらどうなんだ?

それが自己責任だ!!

自分で自分の身をキレイにしてから人に言え!!

追記

札幌白石記念病院にてカルテ開示を行ったのだが、中を見てみると電子カルテと検査データしか入っていなかったため、先週金曜日に電話を入れ、開示の範囲は全て、と請求書に書いたはずだけど、紙カルテが入っていなかった。だから、再度送るように、料金は全て開示されてから支払いますから、と伝えたのだが、すぐ送れるようなことを言っておきながら(梶原)まだ到着しないがまた改竄しているのか?
電子カルテの改竄は、これ本当に医師が書いたものか?と疑うような内容で笑ってしまったが。

いずれにしても、早く送ってこないと料金の振り込みが遅くなるよ~、見てるか~、梶原~。
まあ、私は料金の振り込みが遅くなっても別にいいけどね。

どうでもいいけど札幌白石記念病院の開示料金、なんじゃこれ、と驚くほどバカ高い。
今までカルテ開示を行ったどこの病院よりも高額だ。ぼったくりか?
ちなみに、北海道大学病院、札幌医大病院、恵佑会札幌病院どこも1000円台くらいだ。
白黒コピー代金10円×枚数だけだからなのだが、札幌白石記念病院は開示提供基本料とやらがかかるそうだ、3240円も、、、なんだかぼったくりバー並じゃないか?(笑)
以下、請求書内訳
札幌白石記念病院開示料金請求書
白黒コピーが1枚54円だって。コンビニより高額だ、笑える。
ちなみに、家のコピー機ではカラーでコピーしても10円程度です(笑)

それから、今気づいたがサマリー(要約)のコピーが3240円?なんだこれ。
私は札幌白石記念病院では入院していないからサマリーはないが、これはどう見ても異常な金額だ。
ちなみに、過去に入院した北海道大学病院のサマリーのコピー(カルテ開示時)は10円だ。
要するに、サマリーもカルテの一部なのだから、他の記録物と同じ10円(税金なし)のみだったのだが、札幌白石記念病院のサマリーのコピー料金3240円?これは悪質な請求じゃないのか??


  1. 2015/02/14(土) 11:21:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レセプトの改竄その4(改竄病院 恵佑会札幌病院)。昨年12月に札幌市に異議申し立書を提出済み

レセプトの改竄その4 改竄病院 恵佑会札幌病院

実施機関 恵佑会札幌病院 医科(心臓外科、消化器、耳鼻咽喉科)
①内容 平成21年12月分、22年1月分~23年10月分までのレセプトの傷病名に腰痛症と記載されているが、腰痛訴えは一度も行っていない(今まで、腰痛があったことすらない)。
よってこの傷病名は虚偽記載である。
正しくは下顎、顔面及び頭頸部痛である(浮腫が全身に及んでいたのでこれも痛みがあったが)。
恵佑会札幌病院心臓外科レセプトH21年12月分虚偽記載傷病名 腰痛訴え
恵佑会札幌病院心臓外科レセプト改竄H21年12月分傷病名改竄
恵佑会札幌病院診断
恵佑会札幌病院診断

↑恵佑会札幌病院のレセプト

ちなみに、痛みの原因は以下
開口障害
顔面変形
下顎骨骨髄炎増悪
伊藤歯科 H23年12月分レセプト 慢性骨髄炎

これらは、全て他医療機関での診断である。


ちなみに、内耳性めまいは捏造であるが。

以下証拠
札幌医大病院耳鼻咽喉科診断書 医師 荒 志保子

札幌医科大学附属病院耳鼻咽喉科 荒 志保子 診断書
そもそもめまいなどないが、めまいを否定。


②内容 平成22年1月分~23年11月分迄のレセプトの傷病名に、血小板、クレアチニン、白血球等が異常値だが傷病名がない。
加えて、バファリン、ベザトール、ロブの処方に対する傷病名の記載がない(腰痛は捏造なので)。

③内容 平成22年10月分のレセプトから心不全の傷病名が記載されているが、平成22年2月~9月までのレセプトには同様の心不全薬が処方されていながら心不全の傷病名の記載がない(抜けている)。

④内容 平成22年3月~平成23年11月分迄、傷病名に気管支喘息が記載されているが、気管支喘息はない(浮腫により呼吸機能が低下、SPO2も低下していたので咳嗽があったが、現在は浮腫がかなり引けたので咳嗽は軽減している。いわゆる喘息ではない、ということ)。

⑤内容 平成22年7月~平成23年11月分迄、傷病名にアレルギー性鼻炎が記載されているが、アレルギーの検査も行っていないので診断は不可である。
よって虚偽記載である。
上記証拠 札幌医科大学附属病院耳鼻咽喉科の診断書でアレルギーは陰性と診断。

⑥内容 平成22年9月~平成23年11月分迄のレセプトの傷病名に2型糖尿病と記載されているが。血液検査データでは血糖値の数値は正常値で、糖尿病薬も処方されていない。            

以下証拠
恵佑会札幌病院血液検査 3HbA1c正常値にもかかわらずレセプトに糖尿病と記載される

ちなみに恵佑会札幌病院で行った血液検査の血糖値検査はこれ1回限りである。
以上の内容から、糖尿病は捏造である。

⑦内容 平成23年1月分のレセプトに、検査EFが記載されているが、検査を行うためのマウスピース装着が開口障害によって不可だったため、検査は中止されている(開口障害は上記レセプトに記載されている)。            
上記内容により、検査EF(胃カメラ)は、これも虚偽記載、これに加え診療報酬詐欺である。

⑧内容 全レセプトに高脂血症の傷病名が記載されているが虚偽である。
体重増加の原因は、明らかに浮腫であった。

証拠は、はいこちら
下顎骨骨髄炎増悪


H24年時点でも高脂血症は診断されていない(血液検査から)。

高脂血症薬を飲まずとも中性脂肪、コレステロール共に下がっている。
高脂血症薬

ということは、体重に合わせて血液検査の中性脂肪やコレステロール値の数値を上げて捏造し、浮腫を肥満ということにするために高脂血症薬、高コレステロール薬を処方していた、ということになる(いや~恐いね~まったく)。
では、なぜ私が主治医に長年それを言わずに黙ってさせていたか、というと
とりあえず薬を処方させておけば、コレステロール、中性脂肪共に血液検査で高い数値を捏造されないから、だ。
だから、利尿剤で浮腫が引けるまでずっとなにも言わずに黙って処方を受けていた。
もう現在は浮腫がだいぶ引けたため、肥満という捏造が通用しなくなったので話せるが(笑)

このように
なぜ恵佑会札幌病院が私に対してこのような捏造を行ったか、というと
理由はただひとつ
いのこ歯科 猪子光晴と北海道大学病院歯科(馬渕亜希子 退職)が行った医療犯罪を隠蔽し揉み消すためである。
  1. 2015/02/10(火) 14:36:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の続き 札幌白石記念病院によるカルテ偽造、及び捏造 追記あり 村木一征、梶原寛晃の犯罪

昨日の続きで、札幌白石記念病院のカルテの捏造記録にいきます。

受診日 2014/7/23 記載者 藤井徳幸(電子記録の記載日は翌日の7/24 10:52となっている)
記載内容に、「検査では追加治療が必要な所見はなかった」と記載されているので、医療事務 村木一征 梶原寛晃が私に言った「(医師に)なんでもないって言われましたよね、帰って」は明らかに虚偽であった。
そして記録にも当然、何も病気はない、なんでもない、等とは一切書かれてはいない。
おまけに19種類もの薬も処方されている(高脂血症薬については必要なし、とのことでやっと止めになっている、高脂血症も捏造)。
以下が処方記録の証拠
札幌白石記念病院処方記録
札幌白石記念病院処方記録2
札幌白石記念病院処方記録3
いくら知識が無くても、この量の薬が処方されていればなんでもない、と思い込む人間はまずいないだろう。
というか、、私の中学時代からの友人は医療事務をしていたが(現在は主婦)けっこう知識は豊富だった、が、白石記念病院の事務員の言動にはかなりギョッとする。
まあ、友人の親が○医師だったってこともあるとは思うが。

そしてこれも、事務員であっても記録等を見れば容易になんでもなくないことぐらいは確認出来た筈だ。よって、虚偽で私を罵倒した、警察にも虚偽通報を行った、ということになる(警察官も極悪違法警察官だが)。
しかも、警察官や他の患者さん達のいる診察待ち合いで私の名前を出して、だ。
最初から悪意があったとしか思えない。

ちなみに私には医師 藤井徳幸は「こんな重症患者は診れない」と言っているが(録音の文字起こしの記載はなが~くなるので割愛)。

そしてその後、ラシックスが処方されているのだから「追加治療が必要な所見はなかった」というのは捏造あるいは誤診である。
そもそもレントゲンも撮っていたのだから浮腫くらいは確認出来ただろうが。
ちなみに15kg程の尿が出た時点での血液検査では、ナトリウム値もカリウム値も高値ではなかったので、当然脱水にはなっていない。



次に、記録には「アデホスは心不全の薬と信じ込んでいる」と書かれているが
はい以下(自前本)
アデホス

薬効は、血管拡張作用により各臓器組織の血流量を増加
適応は、心不全、頭部外傷後後遺症等々、、

大丈夫か??

ちなみに、恵佑会札幌病院では傷病名に心不全(アデホス処方)をつけている。
はい、以下証拠

恵佑会札幌病院診断
恵佑会札幌病院診断

まあこれも(恵佑会のレセプト)一部改竄が認められるので札幌市に対して異議申立てを行っているが、ここに書くと長くなるので後日改めて書くことにする(札幌白石記念病院のレセプト改竄の件も異議申立て中)。

それからさらにギョッとしたのは
次の記録だ。

「常用量を超えていたアデホスは常用量のみ処方」と書かれているが
循環器内科医師 藤井徳幸が出したアデホスは顆粒1g(100mg) ×3 3包/1day(1包100mgだから1日の量は300mgとなる)
が、それまで出ていたアデホスは、120mg/1dayだ(恵佑会札幌病院心臓外科 佐々木重幸医師より胸苦あれば増量可能ということで)

以下証拠
アデホス20mg


要するに、アデホスの量を3倍近く増量しておきながら「常用量を超えていたアデホスは常用量のみ処方」??って、、、思わず大笑しちまったが、意味不明。
簡単な算数計算だが、大丈夫か??

これさ怒って逆上するっていうより、失礼だけど笑っちまうでしょ。
まずブッっと吹くわ(勿論そのような会話はしていないので本人の前では吹いていない)

あっ、ごめんね~、あんまり面白いから暴露しちゃったわ。

ちなみにこの時の会話はというと
藤井徳幸
「(アデホス)出せる薬と出せない薬があるので。」

「じゃあ、他のでもいいですよ。札医(札幌医科大学附属病院)では(アデホス)顆粒の方が出ていたし」
藤井徳幸
「それなら出せる」

こんな会話であった。
看護師 尾山千鶴子も捏造記録を行ったようだが(笑)(看護記録記載 尾山千鶴子と書かれているが、記録下の氏名は 記録:外来看護師 木村と書かれているが、どちらかは不明)

と言うか、尾山千鶴子(木村?)は看護師のくせに、アデホスは減量したのではなく増量している、ってことにあんたも気付かないか??って感じだ(笑)

それから次の記録には「7/8は中西Drは2時間近く対応に時間を要した」と書かれてあるが
前記事にも書いたように20分も診察室にはいなかった。
それは、札幌白石記念病院が自ら提出してきた検査記録の時間や受診記録時間から簡単に分かる筈だ(前記事に記録をアップしているのでそちらを参照)。
おまけに中西記録には、診察に2時間を要したとか診察時間が長かったかような記載も一切ない。
なので、どこからこういう嘘話が出たのか知らないが、記録を見ればすぐわかることだし、普通はそれらを確認する筈。
なので、明らかに悪意があって捏造した、としかいいようがない。
何故か、って?
それはいのこ歯科 猪子光晴と北海道大学病院 歯科 馬渕亜希子(現在は退職し大通ルル歯科口腔外科クリニック)が起こした医療犯罪隠蔽のためでしょ。
それ以外に理由はないからね。

でも私は、このような心気妄想、被害妄想、作話があったとしても統合失調症か??とは言わないのでご安心を!!

それは人としての良心と倫理に反することなのでね、そういうことは言いませんよ。


しかし、違法は違法なので、違法行為については謝罪もなかった(せっかく助け船を出したのに謝罪の必要なし、と突っぱねた上、偽造記録までせっせと作成した)ので社会的責任を負ってもらいます。


ひとつ重要なことを書き忘れたので追記する。

札幌白石記念病院カルテの中西記録にも藤井記録にも、私が他の患者さんに迷惑をかけた、というような記録はなかった。
要するに、私は札幌白石記念病院に対して実質的な損害はなにも与えていない、ということだ。

にもかかわらず、村木一征、梶原寛晃は、「(私が)他の患者さんに迷惑をかけた」と言い切ったのである。
その上、警察に電話までしているのであるから、これは立派な犯罪である(虚偽通報)
  1. 2015/02/07(土) 17:56:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三ら国会議員は、紛争地に行きたかったら議員を辞めて自分のお金と身体を使って個人で参加したらどうだ。その他、札幌白石記念病院(事務員 梶原 寛昭  村木一征と医師 中西克彦)の捏造。

安倍晋三
なにがなんでも日本が戦争に参加することを望んでいる様子だが
まだそんなに日本人を殺したいのか??って感じだ。

確かに昔は在日の方々に対して、日本人は酷いことを行ったと思う。
私はしていないが。
というか、、逆に、中学の時の在日の同級生に高額な健康食品を売りつけられたことはある。
その人とは友人関係ではなかったものの1度だけ付き合いで仕方なく購入はしたが(しかも1個と言ったのにもかかわらず1ダース12個押し付けらそうになった)。
お金儲けに利用されるのは勘弁なので当然付き合いはしない。
創価学会もだが(若い頃。これも親しくはしていなかった中学時代の同級生、しかも同じクラスにもなったこともない人だったが、聖教新聞を半年だけとって欲しい、とお願いされたので仕方なく付き合った。しかし半年後、1年は解約出来ない、と(はっきり言って詐欺でしょ、これ)。
それで、私の親が激怒している、と伝えてやっと解放された。
勿論、その後も何回か新聞契約をお願いされたが、あなたはクリスチャン新聞とれる?クリスチャン新聞はそういう勧誘は一切しないけどね、と言うとやっと諦めた。ちなみに選挙の時も同様に、自民党じゃないクリスチャン候補者に票を入れれる?と逆質問。それで諦めた)。
ちなみに
創価学会 池田大作も在日らしい(くどく書いておくが私は在日嫌いではないし、人種差別主義者でもないが、人種に関係なく自分の欲を満たすために人を利用する人とは友人付き合いは出来ない、日本人でも、だ)。


しかし、在日議員らはもうたっぷり日本人に仕返しをしていると思う。
これ以上やり過ぎるといつかは逆にしっぺ返しをくらうと思うが。
というか、ここまで来たら安倍晋三ら国会議員らはもはやテロリストにしか見えない。
まあ、日本が被害に遭ってもいないのに、他国乗り込んでドンパチやったら乗り込まれた国は日本をテロリストのようにしか見ないと思うが。
これって結局、イスラム国とやっていることが同じ、ってことになるよね。

しかも、有志連合って戦争でお金儲けしているような国ばかりでしょ(武器輸出で)。
そこに日本も加わるって、、本当、あり得ないわ。
安倍はそれをやりたいなら国会議員を辞めて個人で有志国に参加すればいい(個人参加が可能かどうかは知らないが)、勿論自分の身体と自分のお金を使って、だ。
お友だち議員らもね。
国民は集団的自衛権、自衛隊の海外派遣や軍の創設には反対なんだから。


さて、私ごとだが
20kgもの浮腫が利尿剤により引け、身体の痛みは軽減したのだが、既に書いてあるように手指の浮腫はなかなか引けない。
それと、右の下腿。
左側はけっこう浮腫は引けたのだが、右側は右臀部から脚全体にかけて、浮腫がなかなか引けずに浮腫んだままだ。
当然痛い。
記録として写真は撮っているのでブログに載せようかとも考えたが、、
パンツにTシャツのみの姿、一応Tシャツで下着は隠してあるが、ワイセツ画像と誤解されたら困るので止めておく(笑)、というか誰も見たくないだろう、若くもないし。
しかも右の臀部にも浮腫があるというのにヒップ周囲は82㎝しかない。
元々ヒップは83㎝位はあったと思うが、浮腫がひけたらヒップは80㎝を切るかもしれない貧相な身体だ。
浮腫んでいる時は、LLサイズの下着を新たに購入して着用していたが、浮腫が引けたらトランクス並みにガバガバになってしまった。
お恥ずかしい話だが、現在子供用(小学生用位のサイズ)のパンツを履いている(まあ安かったから、もあるが)。

まあでも、浮腫は引けたので、浮腫む前に来ていた服や下着がやっと着れるようにはなった。

そんなことはどうでもいいか、、


さて、話は変わり
札幌白石記念病院の件
札幌白石記念病院でカルテの開示請求を済ませていたので、届いたカルテを確認した。

札幌白石記念病院 事務 梶原は「(私が)初診で2時間診察室に籠城し、次の診察では1時間半診察室に籠城して他の患者さんに(私が)迷惑をかけた」と言っていたのだが
早速電子記録を確認

初診 2014年7月8日
循環器内科(心臓外科?) 中西 克彦 記載2014/7/8 17:39
電子カルテ 札幌白石記念病院 記録中西


検査記録 電子カルテ 札幌白石記念病院


診察を終えて記録をしている時間は17:38分だ。

この日は夕方4時頃に病院に入り、検査を終えた時間は(ブログの過去記事にも書いたように)5時過ぎ(開示された電子記録と一応は一致している)、閉院時間を過ぎていたので院内には誰も患者はいなかった。
そこでも20分程待ってから診察室に呼ばれている。

よって、診察の時間は20分も経っていなかった。
にも関わらず、私が他の患者さんに迷惑をかけた、と梶原は言いがかりをつけたが
閉院時間が過ぎていたのだから、患者のみならず職員すらいなかった(事務員は2名のみ残っていたが)。それで、誰に迷惑がかかった??
しかも、梶原はこういった記録を確認すれば、私が2時間も診察室にいなかったことは簡単に確認できた筈だ。

にもかかわらず、警察官や他の患者さんもいる診察待ち合いで(周囲に聞こえる)、平然と嘘内容で私を侮辱したのだ。

しかし、私は鬼ではない。
2度(昨日も伝えたが)、(村木一征 梶原寛昭に対し)謝るのでれば許すけど、と伝えが(助け船を出した)、
「謝ることはありません」と突っぱねたので、「わかりました。じゃあ訴えますから」、と伝えた。
梶原は、「別に悪いことはしていないんで」、と言っていたので笑ってしまったが(事務員にも守秘義務はあります!と言いきっておきながら、思いっきり守秘義務違反を行っていることに気づかないか、終わっている)、「それはあなたが決めることじゃなくて裁判官が決めることだから」と教えておいた。
私は赦しが基本のクリスチャンなので、相手が謝ればそれ以上は出来なかったのにね。


さて、受診の記録内容はというと

まず、診察時間に2時間も要した、なんて記載は当然ながら一切ない(診察時間が長かった、という記録すら書かれていない)。
これは事実だし、検査時間等を見れば2時間受診が事実じゃないことは明らかだが。

次の記録内容には、心臓に関しては特に追加治療は必要なし。と書かれているが
これも間違いなく言っている。
ブログでも書いたように、最初は「なんでもない」と言ったのだが、私が「なんでもないと言ったら看護師が誤解するじゃないですか、処方もされているのに」と言ったら
「ごめんなさい、この治療でなんでもない、という意味」と言い直している。
しかし、実際は20kg以上も浮腫んでいたのだから利尿剤を処方するべきであったし、輸血も必要だったが。

それと、いかにも私がヘルベッサーを飲んでいるかのような記載があるが
血圧が低下していたのだから飲める訳もない。

はい、以下証拠です。
札幌白石記念病院から処方されたヘルベッサー(ジルチアゼム)ゾロ

ジルチアゼム

ブログにもこのことは記載済みだが
はい、1カプセルも飲んでおりません。

そして翌月、広川内科クリニックで
「血圧が低いからヘルベッサーは飲んでいなかったんですよね~」
広川医師 「じゃあ、止めるよ」
と、処方を止めてもらっている。そしてその後、昇圧剤が処方されている。

でも、こういう捏造記録を書かれたとしても、私は決して相手に「Psycho!」(プシコ)とは言いませんよ。
人としてそういうことは言っちゃあいけないことだからね、最低限のルールとして。


でもこれが病院の手口なんだよな~
医療過誤患者を悪者にし精神的に追い詰める、というね。

医療過誤被害者の皆さんもどうぞご注意下さいね。
録音、録画を絶対に忘れずに、ね。

ということで、もう疲れたので循環器内科 藤井 徳幸記録は次回に。

  1. 2015/02/06(金) 16:38:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三の蛮行 他 再度、警察には、私に対する殺人未遂でいのこ歯科猪子光晴を起訴するよう文書で求めた(今日到着)。

ふーん、イスラム国に殺害された後藤さんの行動は蛮勇だった、ね~、自民党。

じゃあ、自民党の安倍晋三の言動は後藤さん以上に蛮勇ってことになるよね。
行くべき時ではない時に行き、おまけに問題発言までしているんだから。

しかも、人道支援って、、
ニュースリテラによると、アメリカが行ってきた対イスラム国対策の支援として、中東に大量の武器を送っているそうだけど、ほとんどがイスラム国に密売されてイスラム国の物になっているそうじゃないの。

ならば、日本がいくら支援したところで同じく物資が闇で売られ、イスラム国に渡らないとも限らないよね。
そうなると、結果としてはイスラム国を支援しちゃったことになるでしょ。

結局、支援がなにもならないことになるじゃないの。

いやー、ホントあり得ないわ


というか、安倍晋三はそもそも国民(日本人)を助ける気なんか最初から更々なかったでしょ。
在日のお仲間(安倍晋三は在日、というか議員は在日だらけ)であれば助けるんだろうけどね。

だから、イスラム国が日本人をテロの標的にしても、安倍晋三や政府は大喜びするだけだと思うわ。
国内でも殺されているのは日本人、そして日本人が殺されても政府は知らんぷりだからね。

こういうのを安倍流粛清

あっ、誤解のないように書いておくが、私は在日嫌いではありません(政治家は嫌いだけど)(ついでに言うと韓国料理も好きではない、というか苦手で食べられないけど韓国人は大好きだ)。
「実は私、在日なんだ」と言った人がいたが、私はその人を凄く慕っていたし、仲良くさせてもらってもいた。
ちなみにこの時に私が返した言葉は「へー、そうなんですか、韓国には行ったことあります?(返事はない、と)ロッテワールド良かったですよー、今度一緒に行きましょうよ、旅行しましょ」だ。
私は韓国で、日本とは比べられないほどの厚いおもてなしを受けたが、韓国人は本当にありえないほど良い人たちばかりだった。勿論、私を日本人だと分かっていた上で、だ(というか私は韓国語も話せない)。

というか、現在の日本人に在日嫌いはいないと思う。
そもそも、在日かどうかも気にしないし、誰が在日なのかなんて確認したり訊いたりする日本人はまず見たことも聞いたこともない。

だから、そういうことを騒いでいるヘイト集団の人らは、一部の在日の方々だと思う。
在日に対してヘイトスピーチを行っている人らってのは、殆どが在日議員である安倍晋三の支援者だからだ。
ね、おかしいでしょ。
在日嫌いが在日議員らを支援するハズはないからね。

では何故そういうことをするか、その目的はというと
日本の在日支配維持のため、でしょう。
日本人のふりをして自作自演でヘイト活動を行う。
日本人は差別主義者で今でも残虐な国民だと周囲に思わせるためにね。

そうじゃないと右翼連中のしていることの辻褄が合わない、まあ、アホな日本人が少数は混じっているかもしれないけどね。

それ以外で言うと、武器商人かな。お金のために異常なまでに不安や焦りを煽って商売に繋げる。
まあ、そういう人らが騒いでいるんでしょ。

だから、イスラム国は日本人をテロのターゲットにしても日本政府は大喜びするだけ。
イスラム国には、ここちゃんと押さえておいて欲しいわ、あんまり日本の歴史を知らないみたいだから。
あっ、ついでに日本の諸悪の根源は、日本神道(神社)の教祖一族である天皇家(在日)だってことも
、天皇家は安倍晋三の親戚だってこともね。


さて、お次はこれまた殺されそうになっている日本人(私)の話。

昨年12月に、いのこ歯科猪子光晴による過失の件で警察署に文書を送っていたのだが
再度、今週の(月)に殺人未遂で起訴するように新たに文書を送った。
遅くても今日配達されているだろう。

私がどれほど死にそうだったかについては、ブログのほうにも記載済みだが
改めて以下
SPO2

SPO2(血液に酸素が溶けた値)も低下していたが、脈派から心拍出量の低下、心臓の収縮力の低下、末梢血管抵抗がないということがわかる。
結論、血液が減少していることにより心臓がまともに動けていない。

血圧
血圧

血圧も低いが、脈圧(収縮期血圧-拡張期血圧)も狭い。
これは、体血液循環量が少ないということ。

最近の血圧

これは最近の血圧。
利尿剤によりチアノーゼは若干良くなり、脈圧も20を切ることはなくなったが、依然として脈圧も低いままだ。

いのこ歯科猪子光晴は、患者を放置すれば死に至ることを解っていながら患者を放置した。
よってこれはただの医療過誤ではない、殺人未遂である(北海道大学病院も他医療機関もだが)。

もし、これを警察が放置するようなことがあれば、警察がいままで私にしてきたことも含め、警察による犯罪も追求することになる(札幌白石警察署の刑事 齋藤や地域課長 竹のとんでもない言動も全て録音あり)。


  1. 2015/02/04(水) 18:02:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早く出ていけ 安倍晋三(怒)!!

安倍晋三はイスラム国に対し、
必ず罪を償わせる
と言っているが

それは安倍が言わなくても、犯した罪の刈り取りをしなければならなくなる、というのは誰に対しても同じことだ。
が、この言葉を安倍が使うことに、非常に違和感(怒り)を覚える。

何故ならば
第二次世界対戦で日本(皇室の国民支配時代、犯人は昭和天皇 安倍晋三のじいさんも戦争犯罪者)はイスラム国以上の残虐な行為を行っていたのだが、安倍はその事実を否定し、まるで他国への日本の侵略、支配はなかった、慰安婦の強制はなかったかのような嘘の発言を繰り返し、おまけに税金まで使って歴史を歪曲しようと企んだ犯人だからだ。

これは、まるでイスラム国が「テロなんて起こしていない、日本人の人質なんて取ってもいないし殺害もしていない、あれは湯川さんと後藤さんが自分で自ら自分の首を切断したんだ」と言っているようなものだ。

そういう卑劣なことをしておいてよくそういうことが言えたな、安倍晋三。
まったく呆れて言葉を失うが
間違いなく安倍は、他人を責める資格などない(怒)!!

要するに、首相はおろか議員をする資格もない!!ってことだ。

そして、こういう人間に首相を任せるんだから自民党公明党にもろくな人間はいない(維新他、野党にもこういうろくでもない人間はごろごろいるが)。

まず
イスラム国に文句を言う前に、まず日本政府が中国や韓国等に残虐な行為をした罪の償いをせよ!!

自らの悔い改めなくして、なにごとにも成功はない!!(実際になにをやっても失敗している、安倍晋三ら与党)

要するに、有志連合に日本が参加したところで、結果は失敗するだけだ、ということだ。

外国でボランテイア活動を行う法人を守る為に自衛隊派遣?
自衛隊なんかぞろぞろ引き連れて活動していたら、それだけで目立つし余計に狙われるだけだろう。
活動者にとっちゃ、迷惑なだけだろ、って話だ。

そんな予測も出来ないんだから、バカ過ぎる、自民党公明党は。

全員、国会から出ていけ!!


まともな人間が政治に携わらないと、日本は間違いなく崩壊する。
  1. 2015/02/03(火) 12:02:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国民は、アメリカ政府と安倍晋三らを「絶対に許さない」(怒)!!

安倍晋三ら与党と共に、決して許されない罪を悔い改めないアメリカ政府が日本人である湯川さんと後藤さんを殺した。

誤解のないように一応書いておくが、多くのアメリカ国民はとてもいい人である。韓国国民も中国国民も、だが、しかし、アメリカ政府は全く違う。

深く関与し過ぎて失敗した中東への関与で、アメリカ政府は中東の一般国民(なんの関わりもない住民)の多くの命を奪ったばかりではなく、アメリカ国民をテロの標的にし、許されない罪を犯してきている。

これを悔い改めないばかりではなく、日本をこの無謀な争いに巻き込むために、殺害された湯川さん、後藤さんまでをも利用し、更に日本と組んで中東を攻撃しようと企んでいる。

アメリカはなんのために争いを起こすのか。
それは金のため。

最初の中東への攻撃で、誰が一番儲けて得をした?
アメリカ元大統領であるブッシュではないか。

要するに、金儲けのために関係ない中東の住民をも殺したようなもの。

金儲けのためのアメリカの茶番、それが中東への攻撃だ。
マッチポンプといってもいい。

今回の集団的自衛権もこれと同じだ。
アメリカに見習って、軍事産業の拡大で大儲けしたい政治家らが湯川さんと後藤さん殺害を利用し、集団的自衛権の行使を認めさせるために「許さない」と言っているだけだ。

しかし、争いではなにも解決などしない、ということをアメリカを見ていれば十分理解できるはず。
そして、争いは、国民の安全と財産を奪うだけだということを、第二次世界対戦の悪夢で国民は十分分かっているはずだ。

莫大なお金を要する軍備費のために、国民はお金だけでなく、土地や財産までもが国に強制的に没収された。
しかも、その結果、原爆投下で多くの国民の命までもが奪われた。

これと同じことを、安倍晋三ら与党やアメリカに繰り返させていいのか?
いいワケがない(怒)

戦争で損するのは、どこの国でも国民だけである。

だから、アメリカ政府の関与NO!!
安倍晋三ら与党NO!!と声を大にして言わなければならない。

そして、安倍晋三ら与党を国会から追い出せ(怒)、日本国民!!

ところでアメリカ大統領のオバマ
「中東からの撤退」この公約はいつ果たすんだ(怒)

アメリカ政府と安倍 は
「イスラム国を許さない」と言っているが


日本国民が(アメリカ国民もだと思うが)アメリカ政府と安倍晋三を決して許さない!!

注 イスラム国を擁護しているわけではありません。
  1. 2015/02/02(月) 12:05:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三ら与党(野党も含めだが)と、日陰の存在だったインドネシア元大統領スカルノの第3婦人デヴィに強い怒りを覚える(ネトウヨも含め)

強い怒りを覚える。

イスラム国による湯川さん、後藤さん殺害事件。

自己責任だのなんだのとほざいている右翼と思われる頭のおかしなネトウヨがいるようだが、
これは明らかに安倍晋三の責任だ。

安倍晋三ら自民党、公明党は、人質事件を知りながらこれを放置し、解散総選挙でお祭り騒ぎ。
そもそも
湯川さん、後藤さんを本当に助ける気があったのならば人命を優先し、人質事件が発生している最中に保身のための解散総選挙など行なわず、人質救助を最優先していたはずだ。

しかも、野党も誰一人、安倍にもの申す者がいないって、一体どういうことだ?
情けないにも程がある。

それから許せん奴がもう一人いる、インドネシアのスカルノ元大統領の第3婦人だったデヴィだ。
第3婦人といっても、インドネシア国民はデヴィの存在すら知らなかったようだが(私の知り合いのセレブ夫婦はデヴィを全く知らなかった。ちなみに、私の知り合いは、幼少の頃からデヴィよりも多くのメイドがいたお金持ちだ、勿論自分専用のメイドだけで、だ)
そのデヴィは、インドネシアで起きたクーデターの時に自決出来ずに日本に逃げ帰ってきているが、自分でも出来なかった自決をジャーナリストの後藤さんに迫るって、、おまえ、一体どういう性格しているんだ(怒)!!って感じだ。
デヴィは、どのツラ下げて自決(死ね)と言っているんだ(怒)
そういうことは、自分でやってみせてから他人に言え(怒)
  1. 2015/02/01(日) 12:30:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0