医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射??それは集団的自衛権を閣議決定したいために自民党公明党らが北朝鮮にやらせたんだろう

北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイル発射??

拉致問題での協議で北朝鮮は、日本からの制裁解除と多額の支援金を受け取れるかもしれないこの時期に??
それはいくらなんでもありえないだろう。

では何故この時期に、北朝鮮は日本海に向けてミサイル発射なのか。

考えられる理由は、、
現在、集団的自衛権問題で憲法を守ろうとしない自民党公明党に日本中が怒り、自民公明を一斉に批判している。
ここで一発、北朝鮮が日本に向けてミサイルをぶっ放してくれれば、集団的自衛権に反対している日本国民も恐怖を覚え、一斉に批判を止めるのではないか、と自民党公明党は思ったのではないか。

要するに、
北朝鮮の金正恩と大親友の安倍晋三が、何がなんでも集団的自衛権を閣議決定したいために金正恩に依頼し、国民を震え上がらせるためにか、またはミサイル騒動を起こして集団的自衛権問題から目を逸らさせるために、北朝鮮にミサイルを発射させたのではないか、という事だ、安倍晋三(自民党公明党ら)ならやりかねない。


そもそも安倍晋三のやっていることは全て矛盾しているのだ。
北朝鮮の脅威を訴え集団的自衛権のために憲法の解釈を変えようとしながら、拉致問題解決のためと言い多額の支援金を北朝鮮に渡そうとする。
北朝鮮に「もっとミサイルを作りなさい」と言っているようなものだ。

日本国民を支配しようと企み独裁国家を目指す自民党公明党らは、将来的に北朝鮮と手を組むことだってなきにしもあらずだろう。
そもそも、だ。
北朝鮮と戦争中なのは韓国であって、日本ではない。
よって、日本にとって北朝鮮は脅威でもなんでもないのだ。


こういう危険な嘘つき集団を支援してきたカルト狂信者の右翼と創価学会信者ら(他にも危険極まりない創価学会を信じてしまった愚かな団体もいるようだが)はこの騒動に対しどう責任を取るつもりなんだ??


公明党の地方議員らにしても、憲法解釈変更に反発し自民党との連立離脱を訴えているようだが
何がなんでも反対する覚悟があるなら、まず地方議員全員が公明党から離脱し、本気の覚悟を見せたらいいんじゃないのか。
それが出来ないのならば、自民党との連立を離脱出来ない、与党というおいしい立場を捨てることが出来ない公明党の国会議員らと同じで、結局は自分らの欲を優先させるってことになる。


他の党の反対している地方議員らも同じだ。
本気で集団的自衛権に反対するなら、当然自ら党を捨てても反対するべきだ。
それが出来ないのならば、反対する姿勢は支持者離れを防ぐための地方選挙に向けたパフォーマンスだったということになる。

まあ、仮に離脱したとしても、与党自民党から野党自民党になって野党という立場から与党自民党を助ければ良いだけだろうが。

現在も、そんな野党議員はうじゃうじゃいる。

だから、日本の政治はいつまで経っても健全にはなれないのだ。


洗脳されない国民は、こんな議員らに騙されるような愚か者ではない。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 12:18:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

殺人カルト狂信者である自民党(日本神道)公明党(創価学会)らは、日本人を殺害しようと計画し協議中(集団的自衛権問題)

現在、無い脳ミソを振り絞り、憲法違反である集団的自衛権をどうやったら行使させられるかを協議中の殺人カルト集団である自民党(日本神道)と公明党(創価学会)。

周囲の目を気にし、一応反対する素振りを見せたが、それが公明党お得意のお家芸である下手な猿芝居だということは誰もが気付いただろう。
いつもの手だ。



そもそもであるが
国会議員は国民として、法治国家であるがゆえに日本の法律(憲法も含め)に従いこれを守る義務がある。


そ・も・そ・も
この集団的自衛権問題も、法治国家であることを最初から無視して考えているその考え自体、根本から間違えているのだ。

本来であれば、法律を守らない時点で国会議員をする資格などない!!



しかも、この国は民主主義である。

よって、安倍晋三が個人的に憲法を変えていいような独裁国会ではない。
要するに、民主主義であるが故に、安倍晋三ら自民党も公明党も国民の意見に従わなければならないのだ。

自民党、公明党らは、もうそこから理解出来ていないのだ。
憲法の意味すら理解出来ないバカ集団が憲法解釈を変える議論??

ふざけるのもいい加減にしろ!!



それと、残業代ゼロ法案にしても同じだ。
戦後、法整備がされたことによって今まで労働者の権利が守られてきたが
それをまた戦前の無法状態に戻す??

お前ら、バカか!!


国民として法律すら守れないのであれば日本から出ていけ!!
そして国会議員らはさっさと朝鮮に帰れ!!(創価学会教祖池田大作も朝鮮人)


前も書きましたが、在日の方全員に言っているわけじゃないですよ、他の在日の方誤解しないでね。
在日の方で良い人達もいらっしゃいますからそういう人は日本にいてくれて感謝しています。
  1. 2014/06/26(木) 19:49:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界中の国々の数えきれない程の大勢の人々は河野氏を守る。河野談話を守る。しかし安倍晋三は国外に味方は1人もいない

また今週も呆れる事件が次々と起きた。
勿論、今回も事件を起こしたのは右翼や与党議員の連中だ。


まず、東京都議会で、塩村文夏氏(みんなの党)が質問を行っている最中、周囲からセクハラやじが飛び交ったという問題。

本人はこのやじにたいそうショックを受け、途中で泣き出し質問出来なくなったとのことだが

まず、国会中継を観ている人ならば分かる筈だが
自民党議員や右翼議員らの下品極まりなく非常識なやじは、今に始まったことではない、昔からだ。

にも関わらず、今まで問題視された事など一度もない。
では何故こんなに大騒ぎになったのだろうか。

その答えは単純なものだ。
塩村文夏は初当選議員、経験が無かった。
議会でこんなにやじが飛び交うとは思っていなかったのだろう。
だからそのやじに驚き、言葉を失い泣き出してしまった、ってトコか。


私も以前から、国会中継で映し出されるやじや与党議員らの態度に怒りを覚え、過去記事でも書いていた。

だからこんなふうに大騒ぎになって喜んでいる。

確かに喜んではいるのだが、その前にちょっと待て、だ。
普段から政治に興味を持ち、政治の動きに注視していたならば塩村文夏は国会中継を見ていた筈。
見ていたらもっと酷いやじが国会でも飛び交っていたことを知っている筈。
知っていたならば、自分に向けられたやじにそうも驚かなかった筈である。
しかし知らなかったということは、
塩村文夏は、国会中継すら観たことがなく、政治になんの興味も無かったってことじゃないか、と、、
元は恋のカラ騒ぎという明石家さんまの番組に出演していたらしいから、そもそも露出するのは好きなのだろうが。

だから要するに、議員に立候補した目的は金目当てか目立ちたかったとか、、そういう目的で議員になったのではないか、と。
まあ、こういうミーハーにも都税で議員給与を支払わなければならないのであるから、東京都民は哀れなのだが。


話しは戻り、、
今回大騒ぎになったからだろう、桝添やら石破が白々しく出てきてコメントしているが
今まで散々国会で、自民党や右翼議員らの悪質極まりないやじを聞いて喜んでいた連中がよくコメントしたものである。

しかし、言ったからには石破茂は当然、今まで散々やじを飛ばしてきた右翼国会議員に対してもちゃんと謝罪をさせるんだろうね。

特に、
民主党の海江田氏や社民党の福島氏、共産党議員を散々罵倒した自民党ら右翼議員らはこの人たちには100回謝罪しても足りないくらいじゃないのか。

まあ、やじる議員らを石破茂は謝罪させるようだから、皆さん、是非ともチェックしましょう。


あっ、ついでに
右翼の個人ブログ並みの内容で、新聞社を私物化し、自民党の政策に反対する野党を叩いてきた自民党公明党の犬である最低な新聞社(3Kとか)、メデイアもそろそろ自分のみっともなさに気付き、一緒に謝罪したらどうだろうか。



みんなの党も、渡辺よしみの選挙時の多額な借金問題や、元ホステスであった金遣いの荒いフェラーリ妻が話題になりイメージはがた落ち。

次回の選挙では、誰も当選していないかも、塩村文夏も、って感じだが

まあ、実質野党自民党であるみんなの党、(野党には大勢右翼自民党議員が反自民党のふりをして野党に潜り込み、内部から野党を崩壊させ骨抜きにしてきている、大きく崩壊したのは民主党)は、今更正義感を演出して犯人探しをしたところで党の崩壊は免れないだろう(ちなみに、国会でのやじに対し、みんなの党も散々知らんぷりをしてきている)。



次に
相変わらずバカな安倍晋三による河野談話検証事件。

なにがバカなのかと言うと
河野談話にミソをつけたいがために行われた今回の検証なのだが
結局は結論(河野談話踏襲)は変えられないのだから、いくらあがいても時間と金の無駄にしかならない、だから安倍晋三ら右翼はバカなのだ。

もし安倍晋三が河野談話の結論を変えてしまえば韓国、中国だけではない、多くの国が一斉に安倍晋三を批判し、日本は完全に国際社会から孤立する。
安倍晋三は、河野談話(真実)を歪曲してまでも変えたくてしょうがないだろうが、それは絶対に出来ない。
その憂さ晴らしだろう、今回、河野談話に少々ミソをつけてみたのだろうが、これが安倍晋三が出来る精一杯だ、これ以上は絶対に河野談話に手出しは出来ないのだ。

何故ならば、河野談話は世界中の国々の、数えきれない程の人々によって守られているからだ。

安倍にはそんな支持者は国外には1人もいない。

ここが河野氏とバカでしかない安倍との大きな違いだ。

おまけに、安倍には、今回河野談話にミソをつけた行為に対する報復が待っている。
私たちは、楽しみにその日を待っていようではないか。


ところで、カジノ法等の法案。
自民党は選挙でヤクザ票まで買っていたんだな。最低のクズだ。
もう呆れて言葉もない。
  1. 2014/06/22(日) 20:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おバカだが狡猾なカルト集団でおまけに嘘つきな自民党と公明党にアメリカは気をつけよ。

自民党らはやっぱりバカ集団。


まずは、自民党のマヌケなパフォーマー飯島勲。

集団的自衛権の件で時間の引き延ばしを行う(しかし、これも公明党のお家芸である反対するふりだろうが)公明党に対し飯島勲は「公明党と創価学会の関係は政教一致と騒がれてきたが、法制局の発言の積み重ねで政教分離ということになっている。法制局の答弁が変われば『政教一致』が出てきてもおかしくない。」とアメリカから公明党に圧力をかけたということだが



そもそも政教分離を守らないのは安倍晋三ら自民党だ、ということを飯島勲は理解出来ないらしい。

そして、世界中から批判されているのは、靖国参拝(カルト)を強行した安倍晋三ら自民党と野党の右翼議員らだ。


そもそも自民党自体が政教分離を守らないのだから、公明党は自民党らからそこをつつかれても痛くも痒くもないだろう。


では何故、公明党は今まで反対しておきながら集団的自衛権を急に容認したか、なのだが
これは公明党お得意のお家芸でもある反対するする芸だろう。
そもそも公明党も自民党と一緒で、金と権力さえ手に入ればいい。
後は、創価学会信者を再洗脳するだけ。
まあそもそも洗脳されている状態なんだから、どんな無理を言っても信者は簡単に聞き入れるだろう。

しかし、他の国民に対してはそうはいかない。
あくまでも腹黒さを悟られないように、反対する素振りを皆に見せておかなければならない。
そこで捻り出した答がこの茶番劇だったのではないか。
すなわち、自民党から脅され容認を強要され仕方なく了承した公明党、という茶番だ。


そもそも公明党は今までもっとエグいことをしてきているだろう。
信者にも違法行為を散々やらせてきているカルトだ。
その創価学会の政治部である公明党が、国民(創価学会信者も含めて)のことなど考えるはずもない。
頭のなかにあることは、どうやって洗脳すれば金を搾り取れるか、それか、権力を拡大、維持出来るかしかないだろう。
しかも、創価学会の教祖、池田大作は、ヤクザともズブズブの関係だったことは有名な話だ。
権力と金を握り、維持するためならなんでもするだろう。

しかも、創価学会の違法な選挙運動がなければ、自民党は議員の席すら確保出来ないのだ(創価学会信者は「自民党に票を入れて~」と堂々と電話をしてくる→選挙違反。しかし警察はこういった創価学会の犯罪は見てみぬふりをし続けている)。
自民党が公明党を切れる訳がない。
公明党、すなわち創価学会が倒れれば、当然自民党も共倒れになるからだ。

では飯島勲の一件は、というと
こんなバカげた茶番を茶番だと気付かずにやってくれるバカは飯島勲しかいなかった、ってことじゃないのか。


それから、アメリカからの創価学会に対するカルト認定に公明党議員らは震え上がった、ということだがこれも不思議な話である。
そもそもアメリカは、創価学会も日本神道もどちらも同レベルのカルトと見なしている。

このマヌケな飯島勲が、アメリカにそのような話をもし持ち掛けたのならば、きっと腹の中でアメリカは失笑していただろう。
カルトがカルトを非難か?と。
もしそうならば、見事なまでのおバカっぷりをこの男、飯島勲はアメリカで晒したことになるが。


いずれにしても、このアメリカからのカルト認定の脅しの話が本当であれば(日刊ゲンダイの記事内容、集団的自衛権を公明党が容認しないと、アメリカも創価学会をカルト認定するぞとアメリカ政府が公明党を脅したらしい)、アメリカ政府の力が衰えた原因はこういった部分にあるだろう。(誤解のないように書いておくが、自民党らがなにをしても一切非難しない大手新聞社やメデイアよりも日刊ゲンダイはマトモだと思っている)
すなわち、カルトに一寸でも隙を見せればどんどん入り込まれガン細胞のように広がり、国はどんどん崩壊してくる。
日本を見れば、それくらいは予想がつくだろう。

この間のオバマ大統領来日時の明治神宮前参拝でも同じことが言えるが、
少しでも行動を誤ると、そこからどんどんカルト(安倍晋三)につけこまれ収集がつかなくなってくる。



そもそもなのであるが、アメリカが日本の集団的自衛権を認める時点で大きな間違いを犯している。
以前も書いたが、いつ裏切るか分からない日本をやすやすと信用することは、アメリカにとって非常に危険極まりないこと。

しかも、ついこの間まで安倍晋三内閣は、邪魔になったらアメリカとの同盟関係を切って、他国と同盟を結ぼう、と企んでいたばかりだ。
あいにくロシアがあんなことになって、安倍晋三の企みは打ち砕かれたようだが。
そんな輩どもを1ミリでも信用するほうもどうかしているって話だ。

しかし今からでも遅くはない。
アメリカは、ただちに日本の憲法解釈変更(集団的自衛権)に反対するべきだ。
  1. 2014/06/17(火) 15:12:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三ら与党が考える法案は全て犯罪だ!!


<写真展>「めぐみに会わせて」

拉致被害者家族にとっては面白くない表現かもしれないが
拉致被害の救出が、すっかり自民党の悪いイメージの払拭に利用されている、そう私は感じる。

日刊ゲンダイによると、この拉致問題解決(?まだ解決されるかは不明)のために、北朝鮮に貢ぐお金(国民の税金)は1兆円とも2兆円とも言われているらしい。

当然、この日本から渡されるお金は北朝鮮の軍事費にも使われるだろう。

安倍晋三が渡したお金で金正恩が勢いづき、もし韓国にミサイルが打ち込まれたら韓国国民の命を奪うかもしれない。
安倍晋三が渡したお金で金正恩が勢いづき、北朝鮮にいる人たちも虐殺され、被害者が大勢出てしまうかもしれない、、、
そういったことを、拉致被害者家族は全く考えないのだろうか?

しかも、拉致被害者家族は、以前、拉致被害をアメリカにも訴えに行っておきながら、アメリカ人が北朝鮮にくだらない理由で拘束され刑務所に入れられていても「知らんぷり」なのではないだろうか。

拉致被害者家族は、今まで多くの人たちから関心を得ようとしてきたが、
この人たちは、今まで心配して心を寄せてくれた相手のことをどれだけ心配したのだろうか、、
残念ながらそういった様子は全く感じられない。

そして、拉致被害者救出のために、自民党公明党ら与党の応援(または投票)をしていたとすれば、日本国民全員をも犠牲にし、自分達の家族を救出しようとしている、ということになるだろう。


秘密保護法、消費税増税、集団的自衛権、血税バラ蒔き、労働者の奴隷化、利権で税金着服etc・・自民党公明党ら与党が出してきた悪法は、あげればキリがない。
これらの悪法によって犠牲になっているのは国民全員である。

自民党公明党らは、国民の財産と生命と安全を奪い、苦しめて不幸にしてきているのだ。

こういう悪魔のような人間に物事を頼むと、多くの犠牲がついてくる。


拉致被害者家族は、国民をも犠牲にしていることを少しは考えたらどうなのだろうか。
とりあえず多くの国民は自民党公明党ら与党のせいで苦しんでいる。
いいかげんにバカ騒ぎをするのは是非とも止めて頂きたいものだ。

嫌悪感しか持てなくなる。




次に
患者をも喰い物にしようとしている保険診療と保険外診療(自由診療)を併用する「混合診療」問題。

安倍晋三は、いかにも困難な病気と闘う患者を気遣うふりをしているが、実は患者から貪ろうとしているだけだ。

そもそもであるが、自由診療が高額で、保険外の診療は受けたいけど受けられないという患者さんがいるならば、今まで保険適応外だった治療を保険適応にすればいいだけの話だ。

では、何故そうせずに安倍晋三はこんな酷い法案を考えたのか?
まず、混合診療の法案を通してしまえば、国の負担金が減る。
混合診療で、保険適用の診療が減れば国が負担する金額も下がるって訳だ。
オマケに、高額な自由診療を受けるためには、民間の保険への加入も必要になってくる。
よって安倍晋三は保険会社に媚を売ることも出来、支援もして貰える。
安倍晋三ら国にとってはまさに一石二鳥なのだが、国民は、保険料が二重になり、両者から保険料を貪られ地獄に突き落とされることになる。
誰もが気づくと思うが、保険はどちらか1本にするべき、混合診療など絶対にありえない。


しかも
今までは、高額な保険適用外治療でも、数年経てば保険適用となり安くなっていたが、こんな法案が通ってしまったら、今後、いくら待っても高額な保険適用外治療がスムーズに保険適用に移行されなくなるかもしれない。


そもそも、だ。
厚労省がいいかげんな仕事しかせず、国民から集めた保険料をガバガバと、詐欺集団である製薬会社にばら蒔いてきたからこういうことになるのだ(お金が足りなくなる)。

今回のノバルティスファーマ(東京)の降圧剤「ディオバン」問題にしてもそうだ。

そもそも大事な国民の保険料をこの不正な会社にも厚労省はばら蒔いてきたのだから、厚労省も製薬会社の共犯じゃないか。
一緒に処罰を受けるべきだ!!


とにかく混合診療など国民には一円の得にもならないどころか、返って損。

国民は、集団的自衛権問題もそうだが安倍晋三らと闘い、こんな法案は絶対に反対すべきだ。


まだ書きたいことはあるのですが、長くなるのでここまでにします。
  1. 2014/06/13(金) 20:25:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

医療犯罪被害患者は殺してでも、自分(医療機関、医療者)の身は守る。ヤブいのこ歯科猪子光晴(そもそもこいつのインプラント埋入に問題あり)と北海道大学病院の許されざる犯罪(一部間違いに気づいたので訂正しています)

まずは医療関係のニュースから


東京女子医大病院で今年2月、2歳男児が手術後に、全身麻酔薬であるプロポフォールを通常の2.5〜2.7倍(成人による使用量)投与され、死亡してしまったという痛ましい医療事故が起きたようだ。

ここで疑問なのは、何故通常の使用量の2.5~2.7倍もの量を使用したのか、ってことだ。

単純に考えて疑わしい理由は、使用量の計算を間違えた(体重に対しての薬剤の量)とか、シリンジポンプを使用していた場合には、設定の操作を間違えた(1時間に対して注入される薬剤の量の設定を間違えた)とかしか考えつかないが、、、
どうしても、2.5~2.7倍もの量のプロポフォールを故意に2才児に投与したとは思えない。
上記のような単純ミス(過誤)だったのではないのか、と疑ってしまう。
この子のカルテの記録にはどう記録されているのだろうか、、
4日間も2.5~2.7倍もの量のプロポフォールを投与し続けたのか?
それとも4日間の内の数時間のみ増量されたのか?

いずれにしてもこの件については同病院の医師ら3名が「病理解剖の担当によると鎮静剤の副作用を示す症状も出ており、カルテに記載された自然死ではなく異状死だ」告発を行っており、警察も捜査に乗り出しているようだ。


がしかし大学側は「(告発は)あくまで私的な会見。学内の内部統制の混乱が社会に出たことをおわびする」というコメントのようなので、ひょっとしたら医療過誤であったとしても認めない方向か?という嫌な感じがするが、、、

プロポフォールを投与した件も、家族には説明していなかったところをみると、やはり大学としては隠蔽しようとしているのではないだろうか。

私も同っていることもあるが、この事件がどうなっていくのかしばらく目が離せない。


ちなみに私も、両下顎5.6部に埋入されていたインプラント(人工歯根)の除去手術でプロポフォールを投与された。
しかし、39mlものプロポフォールを投与されていたならば私はあっという間に呼吸停止し、現在生きていることはなかっただろう。
よって、北海道大学病院による記録の改ざんは明らかなのだ。

では、何故こういとも簡単に医療機関側はカルテの改竄(レントゲン等の画像や検査記録の改竄もだが)が出来るのだろうか。

それは、患者側がカルテ開示の要求をしてから、患者に開示されるまでに2週間もの時間を置かれるからである。

これはレセプトの開示にしても同じなのだが、その猶予期間で患者に係わるデータは病院側の都合のいいように改竄されるのだ。

日本の法律はこのように、国民にとっては不利、組織にとっては有利になるよう作られている。


人間のクズである自民党らは、いかにロクなことをしてこなかったかがこういったことでも充分分かるだろう。
このような医療犯罪を無くすためには、まともな人間が政治をやらなきゃダメだ。

医療機関とズブズブの関係である現在の政治家じゃあ、国民の生命や財産は奪われ危険に晒されるだけ。


私の場合、どのような被害だったのか
以下、過去記事「麻酔記録」を一部抜粋し再掲載する。
医療の専門用語の補足説明については()内に書いておくが、誰でも理解出来そうな略語については省略する。


先に矛盾点を説明しておくと麻酔記録には
Propofol bolus(プロポフォールボーラス) 30mg. CIV (持続静脈注射)
10mg/kg/hで開始(プロポフォール投与 30mg(30mg=3ml)1時間、体重1kgにつき10mgを持続静脈注射で開始)
6-8mg/kg/hで持続
と書かれている。
が、プロポフォールの容量は、導入で2~2.5mg/kg,
就眠が得られるまで、だ。
最終的に、私に投与されたプロポフォールの総量は約39ml(390mg)/hとなっているが
ちなみに規定の容量は0.3~3mg/kg/h静注(静脈注射)である。

手術時間は1時間で終了し、術後にはプロポフォールは使用されていないと麻酔記録には書かれている
が、レセプトでは、プロポフォールは長時間に渡って使用されたという記録になっている。


以下麻酔記録

ANESTHESIA RECORD(カルテの麻酔記録)
Date 2008(年) 10(月) 31(日)Fri
DENTAL ANESTHESIOLOGY(歯科麻酔)  
HOKKAIDO UNIVERSITY HOSPITAL(北海道大学病院)
Name (私の氏名)♀
BW(体重)         52.1kg
Diag(診断)        両側下顎56部 インプラント周囲炎
Ope(手術)        インプラント除去
Surgeon (外科医)     馬渕(2口外)←(第2口腔外科の略)
Anesthesiologist(麻酔科医) 詫間
Ope Time(手術時間)   50分 9:15(開始) 10:05(終了)
Anesth Time(麻酔時間)  1時間  9:15(開始) 10:05(終了)
Preorder、premedi(術前準備) 0:00-禁食 5:00-禁水Method
(手法)      IVA(静脈内鎮静法)
Reason for Management, Complication(管理の理由)    
侵襲大Dental 
Phobia(歯科治療恐怖症) (ー)←なし 
Allergy(アレルギー)(ー)←なし 
Risk(I)
Habit Drugs(常用薬)(+) 鎮痛剤
Pretreatment, Management Plan(前処置 計画)
Propofol(プロポフォール)による静脈麻酔にて管理
Postoperative Note(術後)
Hospitalization(入院)     
10/31~11/2Discharge(退院)     
11/2O2 1N2O(笑気ガス)                
1Propofol(プロポフォール)          387mg
2%Xylocaine ct(2%キシロカイン→局部麻酔)     4.5ml
Fluid lnf(輸液) A/R              150ml
Patient's Impression(患者の感受)辛いことはなかったです
Sammary(要約)  
Propofol bolus(プロポフォールボーラス) 30mg. CIV (持続静脈注射)10mg/kg/hで開始(プロポフォール投与 30mg(30mg=3ml)1時間、体重1kgにつき10mgを持続静脈注射で開始)6-8mg/kg/hで持続、比較的感受性低いvital signはstableに経過(バイタルサインは安定に経過)
術中のPain controlもup(術中の疼痛管理もアップ)問題なく終了                 (詫間)カルテ記載者 詫間 

麻酔記録はここまで


もう記録はどれも一致せずぐちゃぐちゃであった。

では事実はどうだったのか。
北海道大学病院は、手術日は10月31日、と改竄、捏造したのだが、実際の手術日は10月30日だった。
要するに私は手術中に、血管の損傷により大量出血を起こし生死をさまよった。
しかし、北海道大学病院はその事実を隠蔽するために、丸1日私を病院内に隠した。
そしてその間、私にも知られないようにするために全身麻酔で私を眠らせていたのだ。
私が麻酔から覚醒した時には、実際には手術から丸1日経過していたのだが、手術から1時間しか経過していないように北海道大学は装ったのだ(改竄と捏造、そして犯罪もみ消し)。

そして、この事実を知りながら、北海道大学の犯罪をもみ消した北海道警察、厚生局、保健所、そして北海道大学の顧問悪徳弁護士。

もはや北海道の公的機関は犯罪者集団だ。
  1. 2014/06/09(月) 17:50:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北朝鮮による拉致被害者の家族を骨の髄までしゃぶり尽くすハゲ鷹ハイエナ鬼畜議員、安倍晋三ら自民党

安倍晋三ら自民党はまたも
北朝鮮による拉致問題を解決するかのようなことを言っている。
以前も書いたが、選挙前になると拉致問題を持ち出しとことん被害者家族を利用するハイエナ自民党。

今回、また拉致問題を持ち出した理由はなんだ?
安倍晋三のおバカ法案である集団的自衛権の問題で、国民が安倍晋三らに大激怒しているが
ひょっとして、そういった非難を免れるために、また拉致問題で大騒ぎし、国民の目を自分から逸らそうって魂胆か?


いずれにしても、小泉時代、拉致被害者を「一時帰国」という手段で日本に帰国させたはいいが、その後「やっぱり一時帰国はやめた、もう北朝鮮には帰さない」と手の平を反し、金正日をカンカンに怒らせたまま放置している。


そして今回は、保身のためには親戚すら簡単に殺すような息子、正恩が相手だ。

一番心配なのは、現在拉致被害者が生きていたとしても、日本に帰国させるためにわざわざ殺し、遺骨にされて返されるんじゃないか、ってことだ。


そういうことをいとも簡単にやってのける、それが金正恩だから心配なのだ。


マスコミによると、現在、北朝鮮の経済状況は最悪らしいのだが
それであれば日本は、北朝鮮に対する金融制裁を強化するアメリカと歩調を合わせ、金一族による独裁体制を崩壊させ、貧しい思いをさせられ苦しめられている北朝鮮国民のためにも、南北統一を目指している韓国を、アメリカと共に支援したほうがよっぽどいい選択だ。

拉致被害者も、残虐で危険な金正恩から奪還するより韓国に委ね、南北統一後、韓国によって帰国させてもらったほうが一番安全だろう。


急がば回れ、だ。


そうすれば、日本の拉致被害者のみならず、北朝鮮で苦しめられている多くの国民をも救うことだって可能になるのだ。


しかし、安倍晋三ら鬼畜自民党議員は、拉致問題を韓国に委ねることを嫌がるだろう。

何故ならば、拉致被害者家族を利用し、骨の髄までしゃぶれなくなるからだ。

そもそも、拉致問題が簡単に解決しなくて一番喜んでいるのは、自民党の鬼畜議員らだ。


一刻も早く家族を北朝鮮から帰国させたい
そういう拉致被害者の家族の気持ちは充分理解出来るが、冷静になって、どうすることが一番ベストな選択なのか、よく考えてから結論を出した方がいいのではないか、そう私は思う。
  1. 2014/06/03(火) 11:24:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0