医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

北海道大学が患者に架空請求のその後

督促状の件で、先週金曜日に北海道大学病院から普通郵便で謝罪文が届いた。


以下、転記。

       平成26年4月24日


(私の名前) 様

先日は督促の書類を郵送しましたこと、誠に申し訳ありませんでした。

歯科の担当者に確認したところ(私の名前)様にわたるべき書類がわたっていないことが

確認されました。

今後このようなことの無いよう注意いたしますのでご容赦ください。

     北大病院医事課
         債務管理者

ここまで。


今回、初めて北大病院は私に謝罪をしたのだが
これは、私がブログに書くだろうことを予想しての謝罪だろう。


私がブログで公開していなかったらこの件もきっとすんなりとは謝罪していなかっただろうが、やっとここにきて北海道大学は少しは学んだようだ。

しかし、問題はまだ解決していない。

私が歯科医師 松沢佑介に記入を依頼した文書に、前回記入されなかった手術日がやっと書き込まれたようなのだが、問題なのは又もやその日付が改ざんされていないかどうかだ。

裁判所に提出していなかった手持ちの証拠と日付が一致するか、そこが見物だ。

平気でカルテの改竄までし、裁判所に提出してきた悪質な北海道大学病院だ。
おまけに職員は平気で嘘をつく悪質な異常者集団だ。

まあしかし、こちらは毅然とした態度で真実を訴えるが。

それと、手術が必要な患者に対し、診療拒否を行うという犯罪まで行っている。

これに対しても、こちらは毅然とした態度で違法行為を訴えるのみだ。

とにかく、自分の体調をみながら文書を取りにいく予定なので、北大病院の犯罪行為、治療拒否の件も含め、その様子はまたブログで報告しようと思っている。

また、前回電話口で、ギャーギャーわめきながら嘘をつきまくった歯科診療センター医事課の倉田からの謝罪もまだないので、その件も確認するつもりだ。


ということで、医療犯罪被害者の皆さま

医療機関の犯罪を隠蔽するために病院側は、ありもしない嘘をでっち上げてまでも患者を精神的に追い詰め、心身共に闇に葬ろうとします。
その事を踏まえ、しっかりとした証拠を、真実を握りしめ、悪徳病院と闘っていきましょう。
勿論、警察も行政も事件の握り潰しを行います。
録画、録音機を2つ持ってしっかり証拠を記録しましょう。

今後も自分が受けた医療機関からの被害を公開していきますから、その手口をしっかり覚えてしかるべき対応を行って下さいね。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/28(月) 06:48:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道大学が患者に不正請求。犯人は北海道大学病院 歯科診療センター 医療事務課 事務員 「クラタ」

昨日昼過ぎ、北海道大学からとんでもない郵便(普通郵便)が届いた。

中を見てびっくり、身に覚えのない医療費の督促状だ。


以下が、北海道大学から送られてきた督促状の内容である。

平成26年4月22日

(私の名前) 様

H25年、5、23 以降入金ありません。
入金お願いします。

          入金が遅いと弁護士事務所に督促業務が移管されます。


1:患者名 (私の名前) 様

2:診療科 歯科

3:診療年月日 H25、5、23

4:診療費  残 3675円

5:支払い方法等
    振込先銀行:(省略)
    預金種別:普通預金
    口座番号: (省略)
    振込先名義:国立大学法人
      北海道大学総長 山口 佳三


     お問い合わせ先
     060-8648
     札幌市北区北14条西5丁目
     北海道大学病院
     医事課債権管理係 011-747-0071

転記はここまで。


まず、私に未払いの医療費は一切ない。
ということで、早速、上記にある電話番号に(Pm3:52)電話を入れた。

電話口に出たのは医事課債権管理係の「すわ」という人物だった。
早速、昨年5月(上記の日付)に受診もしていないのに何故、医療費未払いの督促状が来るのか理由を訊いた。

「すわ」氏いわく、金額が診断書の金額のようだからその料金ではないか?ということだった。

昨年、診断書は依頼していないが別の文書の提出は依頼はしている、が、受け取ってはいない。
とにかく何故料金が発生しているのか、と私は訊いたのだ。
請求内容だけを訊いた訳ではない。

北海道大学は、患者に物も渡していないのにもかかわらず、患者本人の知らない内に、または患者に知らせないまま、勝手に約1年前に料金の請求を発生させていた。
しかも督促状まで出すというのはどういうことなのか、ということに対し、「すわ」氏は結局「歯科の医事課じゃないと分からない」ということだった。



歯科の医事課からの依頼だとしても、内容も確認しないまま患者に督促状を送り付けること自体が信じられないことなのだが、全くなにやってんだ?という話だ。
チェック機能が全く果たされていないのだ。


しかも「お問い合わせ先」を記載しておきながら、問い合わせに全く答えられないのでは「お問い合わせ先」の業務が全く果たされていないではないか。
まったく、これで給料を貰っているなんて本当に信じられないことだが、結局そっくりこの課が無くてもコトが足りるってことじゃないか。


結局、上記の課ではらちが明かなかった、ということで、「後で歯科の医事課から連絡させるので」ということになった。

そして約1時間後5:01分に、歯科医事課の「倉田」から電話がかかってきた。

上記の架空請求を行った理由として倉田は
「先生が書いたんで請求させていただいた。」
「患者には渡していなくても、先生が(文書を)書いた時点で料金は前払いして貰っている。」
と。

まず私は、この北海道大学病院で、過去何度か文書を書いてもらっているが、前払いしたことは一度もない。
いつも文書を受け取ってから支払いをしているし、事前に請求されたことなど一度もない。
しかも、昨年依頼した文書には、絶対に記入されていなければならない手術日の日付が未記入だったのだ。
だから、使い物にならないものにお金を払う訳にはいかない、ちゃんと必要な項目(日付)が書かれてから文書を受け取ってお金を払う、と言ってあったのだ。

そうしたら倉田は、「(歯科口腔外科)松沢先生に聞いてくるって言ったのに、󾀕(私の名前)さん、帰っちゃったじゃないですか。(昨年5月のこと)」と又もや嘘をついたのだ。


昨年5月、私が渡された書類に対し「未記入な箇所がある、日付が書かれていない。これじゃあ使い物にならない」と訴えたところ、医療事務員 倉田は松沢佑介(歯科医師)に確認しに行き、戻ってきて(私は帰ってなどいない、待っていたのだ)、私に「松沢先生が日付は必要ないって言っているから、記入はしない」と伝え、日付が未記入なまま渡そうとした、これが事実である。

そもそも必要な項目が未記入で、患者に渡す文書としては不充分である、そういうことも理解出来ない事務員「倉田」は無知なのだ。
こういうバカに仕事をさせている北海道大学にも問題があるが。


その上、そもそもこの書類の受取人が松沢佑介であるならば、松沢が「日付は書かなくてもいい」と言うことが出来るが、残念ながら受取人は松沢佑介ではない。
よって未記入でよいかダメか、松沢佑介が判断することではないのである。
要するに松沢佑介は、提出先が定めた項目をきちんと責任を持って記入しなければならない、そうしないと歯科医師法違反になるのである(患者の求める文書の提出拒否ということで違法行為となる、受診拒否、治療拒否もだが。歯科医師法の応招違反)。

しかも昨年も、きちんと記載内容が満たされたら受け取ってお金を支払う!と言ってあるのだ。
今回も、同じことを伝えたが、そうしたら倉田は「昨年(5月に)松沢先生は日付を書いていた」と更に嘘を重ねてきた。

「松沢先生が日付は必要ないって言っているから、記入はしない」と倉田は昨年5月に言っていたのである。


おまけに、文書費を勝手に請求していたことに対し、理由を問うても「渡していなくても患者に請求している。」と言い張り、挙げ句の果てにはまだ話が終わらない内に電話を切ったのだ。


北海道大学の医療事務員は、まったく質が悪い。
その上、知識も皆無、おまけに大嘘つきなのである。

そもそもこういうことは事務員が行う説明ではない。
本来は主治医がしなければならないのだ。
なので、こういうことをさせている北海道大学にそもそも問題があるのだが
では、どうして事務員にこういうことをさせるのかというと、事務員は法律に縛られていないからである。
医療者が違法行為を行えば、医師法に縛られている医師が違法行為を行った、ということになり責任を負わなければならなくなるが、事務員は法に縛られてはいない。
だから、事務員にやらせてはならない説明だということを北海道大学は分かった上で、あえて事務員にやらせているのだ。

まあ、いつまで経っても学長が変わっても、病院長が変わっても、北海道大学はカス集団ってことです(学んでいる大学生のことじゃないですよ、職員のこと)。


さて、話は戻りますが
このバカな人間のカス倉田が話の途中で電話を切ってしまったため、同日再度5:09分に医事課債権管理係 すわ氏に電話を入れた(倉田との通話時間は約5分程度)。

私は、「倉田は文書を渡してなくても請求している、と言っていたが」と伝えたところ、「すわ」氏は「倉田はどういう意味で言ったのか、、」と言っていたが
私は、発生していない請求、即ち督促状を取り消す内容を書いて私に文書を送るよう北海道大学に要求した。
「すわ氏」は、申し訳ありませんでした、という謝罪と督促状を取り消す内容を書いて送ります、とのことだった。

当然、北海道大学病院 歯科診療センター 医療事務課 事務員 倉田にも、私に対する謝罪をさせしかるべき対応を取るんでしょうね。


あっ、それから送られてきた督促状には

「3:診療年月日 H25、5、23

4:診療費  残 3675円」

と書いてあるが、私が北海道大学病院 歯科に行ったのは5月24日。
上記の日付に、私は北海道大学がある北区にすら足を踏み入れておりません。
録画しているのでね、間違いはないですよ。

要するに上記督促状の請求が発生したとされる受診日も嘘ってことですわ。


ということで、被害者の皆さま、何時でも何処でも録画は大事ですよ。
私は、録画と録音と2重に録るようにしてますが。

とりあえず倉田の処分を楽しみに待つとする。


ということで、重ねて医療過誤被害者の皆さま、こういうのは決して放置しないで下さいね。
私は知らずにこういうことをされていましたが、身に覚えのない架空請求(不正請求)で、知らない内に医療費を支払わない患者として、嘘が
全病院にバラ蒔かれてしまう可能性もありますから。


ちなみに、私が起こしてもいないトラブルを起こした、と捏造され、北海道大学が日本中の病院に、私の悪口を吹聴しまくった、ってことも以前ありました。

その他、恵佑会札幌病院では、「(他院への紹介状の手紙かな、私が)手紙を盗み見た」という嘘、言いがかりで、ずっと処方していた薬をいきなり処方拒否(診察)し、私を病院から追い出した、ってこともあった。
勿論この時も、知識のない事務員に対応させている。

主治医が手紙を書いていた時、私は診察室を出た廊下で待っていたので、盗み見れる訳がないってのに。
画像を撮っといて本当良かったが。

後、恵佑会札幌病院でも不正請求がありましたわ。
途中で中止になった胃カメラ検査、しっかり不正請求してましてね。
おまけに他の患者の検査データを私の胃の内部画像とし、捏造までしてね。
私は検査を受けていないので、当然画像なんて存在するわけがないのにね。

おまけにその後、カルテ開示の要求まで恵佑会札幌病院は拒否ですわ。

そりゃあ、悪いこといっぱいしたからカルテも開示したくなかったんでしょうが、違法は違法。

北海道大学病院 歯科も、撮ってもいないパノラマの不正請求を私に行い、私からお金を騙し取っていますが。

しかし、札幌警察署も札幌市保健所もこの事件を握り潰す、これじゃあ医療機関が良くなる訳がない。

病院は、犯罪犯し放題。

医療法規など無いようものだ。

ということで被害者の皆さま
どんどん医療犯罪の証拠を集め、皆でどんどん告発致しましょう!!
  1. 2014/04/24(木) 01:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日来日予定のオバマ大統領を待ち構える安倍晋三ら自民党の悪魔のお・も・て・な・し

いよいよ明日、アメリカのオバマ大統領が来日する。

スケジュールでは明日23日に、安倍晋三と私的な夕食会となっているようだ。

何時の晩餐会かは不明だが、バカ集団自民党の衆院議員 二階俊博がオバマ大統領にクジラの肉を食べさせるよう要求したそうだ。
しかも、ハーグ国際司法裁判所で「南極海で行っている調査捕鯨は違法。科学調査のためとは言えず、国際捕鯨取締条約に違反している」との判決が出た問題のクジラ肉をわざわざ選んで、だ。

もし食卓に出されたクジラ肉にオバマ大統領が手を付けなかったとしても、きっと「オバマ大統領、クジラ料理に舌鼓を打った」と宣伝されてしまうだろう。

その前に、クジラ料理をオバマ大統領にわざわざ出すこと自体、常識的には考えられないことだが、本当にこの狂ったバカ集団 自民党はやることなすこと全て狂っている。

まったくこの恥知らずな大バカ者の在日 二階俊博にはとっとと国に帰れ!!という言葉しか出てこない(在日の方々全員に帰れ!と言っている訳ではないので在日の皆さん、誤解しないでね。在日の方でも尊敬に値する良い人が居ることは知っていますから)。

そして、クジラ肉でおもてなしされた翌日は、オバマ大統領は明治神宮を強制的に参拝させられ、その後は日本神道の教祖である天皇家との晩餐会に参加させられるそうだ。


安倍晋三が企んだこのカルト三昧な3日間の予定は、オバマ大統領にとって、そしてキリスト教国アメリカにとっては非常に屈辱的なスケジュールとなっている。


たとえオバマ大統領が明治神宮を参拝する意思がなかったとしても、参拝ではなく立ち寄るだけだとしても、明治神宮に足を踏み入れてしまえば「オバマ大統領が明治神宮を参拝した。」ということに日本ではなってしまう。
そして日本の歴史にそう刻まれ永遠に語り継がれてしまうのだ。


オバマ大統領は明治神宮についてどのような説明を受けているのか知らないが、明治神宮は靖国神社と同じ日本神道の施設だ。
靖国神社でなくても日本の神社はどこも同じ歴史修正主義なのだから、明治神宮に行くのも靖国神社に行くのも結局同じことになる。


安倍晋三は、今回の春季例大祭の靖国参拝を見送ったようだが、代わりにアメリカのオバマ大統領を連れて明治神宮を参拝させるのだから、安倍晋三が靖国神社参拝を見送っても安倍晋三が一部の右翼国民に与える収穫は大きい。
右翼はオバマ大統領の明治神宮参拝を大喜びするだろう。

そして仕上げは日本神道の教祖、天皇家との晩餐会だ。


今回、TPP交渉の終結が望めないのならば、やはりオバマ大統領は訪日を中止した方が得策だったのではないか、と私は思う。


こんなスケジュールでは、安倍晋三に利用し尽くされるためにオバマ大統領は日本に来るようなものだ。


が、それでも訪日するのであれば今からでも遅くはないので、明治神宮への立ち寄りと宮中晩さん会を断り、食卓に並ぶかもしれないクジラの肉には手をつけず、無事に韓国に渡って欲しい、、、そう強く願っている。


どうか、オバマ大統領が日本カルトの手から守られますように、クリスチャン仲間として祈っております。
  1. 2014/04/22(火) 00:55:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

歯科の医療過誤手術でで多量の出血他、南極海でのクジラ漁の再開を企む呆れる日本政府、その他バカな政治家らが立案した集団的自衛権(憲法解釈変更)の問題

先週土曜日朝、目が覚めると息苦しさがあり鼻腔に何かが詰まっている感じがした。

とりあえずステロイドを噴霧してから鼻をかんでみると、凝血しかけていた血液が多量にドロッと排出された。

今月は、止まらぬ咳にも苦しみ何時もにも増して調子が悪かった。


こんなものが気管に詰まってしまったら、と想像しただけでゾッとしたが、またもや私は生かされ危険から守られた。

まだブログに書いていないことも色々とあるが、私は今まで何度も危険な目に遭いつつも、その度にいつも神様に助けられ生かされてきた(そのうちに書こうとは思っているが、起き上がるのも辛いことが多い上、録音他裁判記録を確認しながら事実をそのまま書かなければならないので結構大変な作業、ということでいつも後回しになっているが、必ず書き残そうと思っている)。

でも、もし私がクリスチャンでなかったならば、こんな困難には精神的に耐えられず、自殺していたかもしれないと思う。
しかし、私は自分の忍耐力の限度をはるかに越えた困難をも神様の助けによって越えてきた。
このような経験により、この後待ち構えているかもしれないどんな困難をも、私は乗り越えられる自信を得た。

そして、私がここまで生かされてきたのには意味があると思っている。

出来れば私が経験してきたことが、少しでも同じような犠牲者のお役に立つならば、色んなことを証していきたいと願っている。


さて、日本が行ってきた調査とは名ばかりの鯨漁。
その日本の鯨漁は、オーストラリアから国際司法裁判所に提訴され、見事に敗訴したのであるが、先ほど信じられない記事を発見。

「政府は、2015年度以降の南極海での再開を目指して、2014年秋までに新しい計画を策定する方針。」Yahooニュースより引用

また南極海での鯨漁の再開を日本政府が企んでいる、ということをオーストラリアが知ったら、さぞかし驚かれ失望することでしょう。
が、これが日本の政治家なのです。
とにかく傲慢で汚く、法律に従う気など更々ありません。
日本国内で自分らのやりたい放題、ワガママ放題なのですから、国外に対しても変われる訳がありません。

ということで、こうなったら徹底的に北西太平洋も含めて、日本がクジラ漁を完全に止めるまで日本を提訴し続けて欲しいですね、是非お願い致します。
私は勿論、日本のクジラ漁を提訴してくれる国を応援致します。

ついでにイルカ漁もいい加減に止めてくれませんか!!
ごく一部の日本人が行っているこの漁によって、日本人全員が野蛮人だと思われる。
いい加減にそういうことをいつまでも無視しないで大いに気にしなさい!!


次に、秘密保護法、原発再稼働同様にほとんどの国民が大反対している集団的自衛権問題。

日本軍は過去に、ヒトラーにも負けない程の残虐な行為を行って来ている。
そういうことを含めて考えるならば、私は日本軍を復活させるのも危険だし、その危険な日本軍に武器を持たせることも非常に危険なことだと思っている。

大きなニュースにはならないが、現在ある自衛隊も旧日本軍と同じような問題を起こしており、今でも自衛隊内では、しごきに耐えられず自殺者も出ている(私の知り合いも自殺した者がいるが)し、過去、訓練中に不審死した者もいるではないか。

そのような限度をわきまえられないような者達が、海外で戦争に加わること自体が恐ろしい。

武器は容易に人を傷付けることも、殺すことも可能なのだから。

そもそも日本のバカな政治家らは、強さの意味を理解していない。

このおバカどもは、軍備の強化をすることが強さだと思っているが、そういう考え自体が間違っているのだ。
人間の本当の強さは、武器を持たないことだ。
逆に言うと、弱い人間こそ武器を持ち、権力を握りたがる。
まさに政治家らがこういう弱い人間ばかりなのであるが、武器を持たないこと、人を傷付けないことこそが本当の強さなのだ。

オバマ大統領は、武器をなるべく使わない方法で平和的な問題解決をしようと努力しているではないか?
こういった行動こそが本当の強さなのだ。
バカな日本の政治家は、オバマ大統領からそういうことを少しは見習え!!

と言っても今更バカは直らないだろうから、とっとと早く政治家を辞めるべき。
こんなバカ集団に政治を任せたら、必ず日本は崩壊してしまうから!!
  1. 2014/04/19(土) 15:16:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HN「いの」こと、いのこ歯科、猪子光晴のとんでもない主張

過去記事「北見市から札幌市へ 治療経過」に、「いの」という名前でとんでもないコメントが書き込まれていた。

「あなたを診察したことがある」という内容と、内科医ではなさそうな内容から、このコメントを書き込んだのは「いのこ歯科」の「猪子光晴」であることは間違いない。
名前も「いの」と書かれているが、「北見市から札幌市へ 治療経過」の内容の時期に定期的に受診していたのは歯科だけだったからである。


このコメントは鍵コメではないのでここで公表するが(まだ認証していないので公開してないが)、この「いの」は、私がいのこ歯科から受けたインプラント埋入手術後、白血球が1万を越え入院したことにいちゃもんをつけたいようだ。

この入院時に私を診察した医師は内科医で、記事「北見市から札幌市へ 治療経過」に書いてあるように、内科Drは「消化器には異常がない」(血液データでは腎キ、肝キ、腫瘍マーカーも正常値)とは診断したが、全てに於いて異常がないと診断したわけではない。

血液データでは白血球が1万を越えていたため、治療が必要との判断で即入院となり毎日抗生物質の点滴治療が施された。
それでなんとかその時は白血球は下がったが。

にも関わらずこの「いの」は、「内科で検査して異常なしなんだから、異常はないのです。」とバカ丸出しな勝手な解釈をしているのだ。

私を診察した内科医は、確かに「消化器には異常はない」とは診断はしたが、だからと言ってどこにも「異常なし」と診断したわけではない。
異常があるから入院を勧め、治療を行ったのだ。

しかもこの「いの」は白血球1万で、内科医は何も治療しなかったと思い込んでいるようだが、とんでもない思い込みだ。
というか、、白血球が1万で、医師がなんの治療も施さないと思っていること自体がもうあり得ない。


そして「局所の原因で気が失うくらいの症状が全身に及ぶのであれば、内科の検査、診察で異常が発見されるはず。診察した本人が言ってるのだから、間違いない」(猪子光晴は内科医のふりか?これは私を診察した内科医本人が激怒しそうな内容だ)とも書いてあるが、
私を診察した内科医は、こんなことは一言も言っていない。

ちなみに、この時私が入院した病院は、職員全員が私のことをよく知っている。
私を診察した内科医が、上記のようなアホな説明などしていないことは、そこの病院の医療者全員が証言するだろう。


そもそも意識を消失する原因は、内科の疾患だけではないのだから内科医がこんなアホな説明を患者にする訳がない。

おまけに、意識喪失の原因も嘔吐の原因の検査も特定も出来ない、そして意識喪失、嘔吐(嘔気)の治療も出来ない歯科医師が説明することではない。


ちなみに、循環器の症状 心房細動を診断したのは札幌医科大学附属病院の端野医師。
不整脈、頻脈、心臓の症状は口の手術が原因である、と診断したのは心臓外科の佐々木医師。
口腔内の症状と耳鼻咽喉の症状は、口の手術が原因と特定したのは北海道大学病院と札幌医大病院の耳鼻咽喉科。
抗核抗体上昇は口の手術が原因と特定したのは北海道大学病院。
顔面から頭部、頚部の痛みは口腔が原因と特定したのは札幌医大病院。
白血球上昇は口の手術が原因と特定し、手術が必要と診断した医師、歯科医師多数。
このブログ内容は、私の主観で書いている訳じゃない。


しかも、いのこ歯科との裁判で猪子光晴本人が証人出廷した時に、私に対し「悪かった、申し訳なかった」と何度も謝ったが、1つも反省していないと言うことがハッキリした。


裁判で係争中に、いのこ歯科の代理人弁護士が「和解をして欲しい、医療過誤で刑事告訴をしないで欲しい、他言しないで欲しい、金額をもっと上げるから」と持ちかけてきた時に、和解せずに判決を出して貰って本当に正解だった。
  1. 2014/04/14(月) 19:06:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医療過誤、医療ミス、医療事故被害者の皆さん、被害者のグループを作って皆で情報交換しましょう!!

まず先にお詫びがあります。

自分のブログの管理画面を見ている時に、気づかないで、訪問して下さっている他の方のブログをリンクしてしまっていることがたまにあります(タッチ画面なので気付かないで触ってしまっているのです、すいません󾌣󾮕)。

気づいた時に慌ててリンクを外すのですが、こんな調子でブログの管理人の方に報告もせずにリンクを貼ってしまっている場合がありますので、どうかご容赦くださいますように御願い致します。

中にはリンクOKの方もいっらっしゃるかもしれないのですが、、、

私には色んな事情がありまして…
実は、北海道大学病院で医療過誤の被害に遭ってから、北海道大学からの嫌がらせがずっと続いております。
被害の直後に、知り合いの医療者からの情報提供で
「北海道大学が全医療機関に、私に対するありもしない中傷をばら蒔いている」と知らせが。


加害病院が被害者に、肉体的な苦痛と共に精神的な苦痛を与え追い詰め、被害者をとことんいたぶった後、精神障害者扱いをし屈辱を与えた後、病院から追い追い出す、というのは加害医療機関が行う常套手段なのですが(酷いでしょ~、でも平気でやるんですよ)

北海道大学病院は、さすがに私を精神障害者扱い出来なかったようなので、別なことで屈辱を与え、散々私を精神的に追い詰めようとしてきました。
しかし、手の内を知っているだけにこちらも用意周到なのですが。
でも、これがとにかくしつこいんですわ。

なので、毎日皆さんのブログは楽しく読ませて頂いてますが
皆さんのブログのリンクなど貼ろうもんなら、北海道大学がそれを目敏く見つけ、また嫌がらせをしてきそうなんで(なんせ北海道大学病院は私のブログの愛読者ですから(笑))リンクは止めておきます。
でも、皆さんのブログは面白いので訪問はさせて頂きますよ。

まあ、でも今まで本当に色々ありました。
北海道大学病院がばら蒔いた嘘を鵜呑みにし、立ち去った人も正直いましたが、そもそもそういう人は最初から親しい間柄ではなかったので、それほどダメージはありませんが。

逆に、嘘や悪魔の囁きを鵜呑みにするような人ならば、まずは信用出来ないので、こういう時にこそ、その人が良い人なのか、またはそうではないかの見極めが出来てよかったのかもしれません。


さて、コメントのお返事です。

インプラントの手術で(埋入か除去か分かりませんが)頬粘膜を縫合した医療者が医師なのか歯科医師なのか、そこが重要ですね。

医師ならば違法にはなりませんが、もし歯科医師だったのであれば、歯科医師が治療出来る範囲を逸脱していますので医師法違反になります。

もう少し情報交換出来れば、と思いますので連絡お待ちしております。



それと、他にも医療過誤、医療事故、医療ミスの被害者の方がいましたら、被害者の方々同士で情報交換をしませんか?

加害病院がどのような手を使ってどのような改ざんや偽造をしてくるかを知り、対策を立て、準備をしておくことも重要です。

加害病院によって医療被害者は、八方塞がりにされてしまいますが
被害者の輪が大きくなってくれば、たくさんの被害の声が集まれば、おのずと道が開けてくるかもしれません。

まずはコメントを残してアドレスを頂ければ(なるべく鍵コメでお願いします)ご連絡させて頂きますので宜しくお願い致します。
  1. 2014/04/10(木) 22:02:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本神道の教祖 天皇一族は国民から盗むのを止め、自力で生活せよ!!そして国民に真の信教の自由を!!

北海道はまたもや雪、、、、最高気温4℃。
この急激な気温の低下により、私の体調が更に悪化。
1日中止まらぬ咳に体力がすっかり消耗されてしまい、どうなることかと思っていた。

が、なんとか少し復活してきた。
こういう時にはいつも、私は理由があって神に生かされているということを強く思う。
そしてつくづく私はクリスチャンで良かったと感じる。


さて、しばらく世間を騒がせているSTAP細胞の論文捏造問題。

台湾での実験でSTAP細胞が再現出来そうだ、という小保方晴子さんにとって有益な情報が出れば俄然元気が出て、攻撃的ともいえる態度になるが、その情報が一転して間違っていた、という情報が流れた途端にまた病弱になった小保方晴子氏。

子供の知恵熱か??と小保方晴子さんに言いたくもなってくるが

そもそも早稲田の博士号論文でもコピペをしていたとなると、STAP細胞の論文でも故意(悪質な)にコピペをしたと思われても仕方ないのではないか。

そのコピペに対する説明もまだしてないにも関わらず、「理研を辞める意思はない」だの「研究は続けていきたい」だのと、自分の要求ばかりを突きつけてくる小保方さんは人としてどうなのよ?と思う。


コピペに気付かなかった早稲田や理研のチェック機能にも問題があったにせよ、そもそもコピペをした人間(小保方晴子氏)が原因を作っているにも関わらず、自分の要求だけで、謝罪の気持ちは更々ないように感じる。

小保方氏のコピペ研究にお金を出していたのは国民(税金)だ、ということを小保方氏は分かっているのか疑問だ。

分かってないかな、自己中な人は自分のことしか考えないから。

持った性格を変えるのは難しいだろうが
こういう時こそ、親が娘にどうすればいいのか助言を与えてもいいんじゃないんだろうか。


Yahooニュースから引用

1日に都内で行われた調査委の最終報告会見には約300人の報道関係者が集まった。小保方氏は3日に電話で「あんな雰囲気のところに、私は到底出て行けない!」と訴えた

三木弁護士は「悲鳴のような、泣きそうな感じでした」と振り返った。

引用ここまで。

嘘をついていないのであれば、堂々とマスコミの前にも出られた筈。

小保方氏「入院してもいいですか?」会見キャンセル?
逃げも隠れもしない、ではなく思いっきり逃げて隠れるつもりなら
益々「やっぱりクロか」と全員に思われるだけでしょう。

逃げても隠れても、してしまった事実は消えませんよ。

逃げて隠れる(弱さ)よりも、素直に過ちを認める強さを持って欲しいものです。

医療過誤を隠蔽、揉み消した馬渕亜希子、北海道大学、猪子光晴他、協力した弱~いみなさんもね。
それと「ヒポクラテスの誓い」を捨て去ったみなさん、報いは必ず受けなければならない時がくる。


次に
もう笑ってしまうのだが、この小保方晴子氏と同じ行動を取っているのが、みんなの党の渡辺喜美8億円借金問題。
小保方晴子氏と同様、隠されていた不都合な真実(借金)が、他者によって暴かれてしまい、これまた同じく都合が悪くなれば都合よく体調を崩し、説明義務も果たさず逃げ隠れしている渡辺喜美。

もう笑ってしまう。

猪瀬の5千万借金問題は黒で、渡辺喜美の8億円の借金は白ってことはまさかないでしょうね!!

そもそも政治家は無駄な選挙運動が多すぎ。
うるさいだけで迷惑でしかない選挙カーもウグイス嬢も一切不必要。
時間と税金の無駄でしかない。

選挙運動は、TVやネットで充分。

そもそもバカみたいなお祭り騒ぎを選挙でやるから無駄なお金がかかるんでしょ、恥ずかしいバカ騒ぎは全部ヤメちまえ!!


次に
アメリカのオバマ大統領を4月24・25日に国賓として招く??
天皇皇后両陛下との会見や、宮中晩さん会??

そもそもであるが
日本の天皇というのは、国王ではない。
日本神道の教祖=天皇である。
日本神道の天皇という地位を、仏教で例えるならば住職、キリスト教で例えるならば神父(カトリック)、または牧師(プロテスタント)ってところだろう。

私はクリスチャンなので当然他の宗教は信じていない。
よって日本神道の教祖である天皇も、私にとっては天皇ではないのだ。


そして、日本国憲法でも、信教の自由が与えられている。
日本神道を信じない自由が保証されている。

にもかかわらず、だ。
この一宗教(日本神道)の教祖でしかない天皇だけを特別扱いし、国で面倒をみるってどういうことだ??
そして、日本に産まれ落ちると本人の意思に関係なく、しかも信仰がなくても日本神道の教祖(天皇家)の面倒を、納税という形で義務付けられるのだ。
これは悪質な強制献金でしかない。


憲法では「信教の自由」が定められているにも関わらず、日本神道への捧げ物は強制的に納税として、全国民は搾り取られているのだ(結局は宗教の自由が与えられていないってことになる)。

私はこの日本神道の教祖 天皇問題も、日本国民にとって非常に悪質な、かつ重大な問題だと思っている。

この矛盾した憲法を正すためには1条を排除するしかない。

日本国民に、真の宗教の自由を与えよ!!

天皇制反対!!

皇族は早く解散せよ!!

国民から盗むのをやめ、自分たちで働いて生活せよ!!
  1. 2014/04/05(土) 18:45:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0