医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

憤り

書きたいことが山ほどあったのですが、脱線が続いてしまい後手後手になりました。

まず、
Yahooニュースより引用

サーチナ 4月28日(日)11時36分配信
 4月20日に発生、マグニチュード7.0を記録した四川省雅安市の大地震。発生から一週間が過ぎ、200人近くの死者が確認され、約36万人が住まいを失うなどして混乱が続いている状況だが、台湾メディアが中国の報道を参考に、地震の原因などを分析した。

 台湾の日刊紙「自由時報(ザ・リバティ・タイムス)」は、「5年の間に強い地震が2回も発生した四川地区。その原因が三峡ダムにあるのでは!? という声が出て、ダムの建設によって地質の構造が変わり地震が起きやすくなったのではないか、といった議論がインターネット上である」ことを伝えた。

 中国の地震研究家たちにも取材しており、「影響が出るとは断言できないが、ダム建設が地震を引き起こす可能性はある」という見解や、「三峡ダム建設とは無関係だろう。もしダムが引き起こした地震ならば、もっと震源は浅く、震度も小さかっただろう。またダムが原因ならば、地震活躍層には発生しないはずだ。だが今回雅安市の地震は、龍門山地震層で起こった」とダムは影響していないという、別の見解も掲載した。ちなみに三峡ダムは1994年に着工し、2009年に完成している。

引用はここまで

まずは、今回の地震でお亡くなりになってしまった方々のご冥福をお祈りすると共に、残されたご遺族の方々の上に、慰めがありますようにお祈りいたします。

このような時は政治的な問題など横に置いておいて、家も失い食料も不足している状況なのであれば、世界各国の支援を被災している方々が受けられるよう中国政府にはお願いしたいですね。

そして、中国で最近起きた大きな地震、2回に対しては、ダム建設が地震の引き金になった可能性はあるという見解を示した専門家もいたようです。

私もダム建設反対、道路工事反対(アスファルトを増やすな)、原発反対、水のペットボトル販売反対者です(トップ固定記事等参照)。

さてこのような悲しい震災の一報があった中、日本では心ない一部の人達によるヘイトスピーチデモが行われていたようです。

その内容もかなり酷く「朝鮮人を殺せ!女はレイプしろ!」 「朝鮮人はガス室に送れ」等など信じられないような言葉を発しながら街中をねり歩いたようです。

まったく、人として恥ずかしくないんでしょうか、、

その前に正しい歴史認識がないのだと思いますが、「朝鮮人を殺せ!女はレイプしろ!」 ←このようなことは既に日本軍が過去に行ってしまった過ちです。

以前、私のブログの拍手ページにも、突然韓国人を批判するようなコメントの書き込みをしてきた人が1人だけいました(全く交流などなかった整体師でしたが)。
正しい歴史を知らない愚かな内容でしたが(整体師<2名>以外で、コメントを書き込んで下さった他の方々は、鍵コメを含め皆さん全員とても良い方ばかりです)、、
総理の安倍氏も2月の参院本会議で「アジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えたという認識は、歴代内閣の立場と同じだ」と答弁している通り、日本がアジア諸国に泥棒の如く侵略し、大量虐殺、強姦の強要等を行い、ヒットラーの如く残虐な行為を繰り返し行ったことは曲げようもない歴史的事実です。

しかし、この歴史的事実を嘘で塗り替え、まったく別のものにしようとしている輩が日本にいることも確かなようですが、その嘘を鵜呑みにするバカが、度々こういったおバカな事件を引き起こす。

自分が情報操作をされ、中国、韓国に敵意を抱くように誘導され、このような行動を起こすように操られていることも知らずに本当に愚か(哀れな)ものです。

日本人の一部がこのような恥ずべき愚かなデモ行動を起こすことによって、他の日本人全員も同じような目で見られることが無いように願うばかりですが、そんなくだらないデモをする前に、正しい歴史認識を持って欲しいものです。

今後も北朝鮮問題等で、米日中韓で手を取り合い協力していかなければならない状況なのだから、尚更日本国民がそんなバカ騒ぎを起こしている場合か!と、ただただ呆れるばかりなのだが、

それ以上に呆れるおバカな言動をする人達といえば、当然自民党を含める議員達だ。

何がおバカな言動なのかというと、靖国参拝の一件だ。

今回の安倍内閣で靖国神社を参拝した閣僚は、副総理である麻生太郎氏を含む計4人に増え、その他の議員は、自民党・高市政調会長ら国会議員168人(内訳 自民132民主5維新25人 等)が靖国参拝をし、 過去最多の人数だったようだが、この行動がどれだけ中国や韓国の人達の神経を逆撫でしたことだろうか。

国会議員であれば、中韓からの反感をかうことは重々分かっていながらもこのような心ない議員の態度、こうした傲慢な日本の頑なな態度が、益々中国や韓国の反感を強めている。

言うまでもないが、天皇を神と崇めさせられ、天皇のために命を奪われた人達は中国、韓国(アメリカも含むが)の人達だけではない。
亡くなった日本兵も同じ犠牲者ではあったが、天皇による恐怖政治の支配により洗脳され、人としての良心すら無くなり多く人の命を奪った。
そればかりではなく、最後は天皇のために自分の命すら捧げさせられた。
この恐怖政治で多くの兵士達の命や外国人達の命も天皇支配により奪われた。

そのご遺族の怒りを鎮めるためにも、亡くなった兵士達を神社に祀り上げ英雄化(偶像化)することが必要だったのだろう。

日本人に対しては、それで何とか誤魔化しがきいたかもしれない。
しかし、洗脳されていない外国の方々にとってこの国会議員の靖国参拝はとても許されるものではない。

(皆さん、ここまで読んだら、どこかの国に似ていることに気付かれたでしょう?そうです、北朝鮮です。
カルト・独裁国家はどこも中味が似ているんですよね。)

そもそも国(日本・天皇)に洗脳され、凶器と化した日本兵に殺された国の方々なのだから、その兵士を英雄扱いし参拝する議員に憤るのは当たり前の話だ。

こんな簡単なことすら理解出来ず、心ない参拝をどや顔で行う残酷な議員など今すぐ議員バッチを外してただのオジサン、オバサンに戻って頂きたい。
何故ならこんな人達に外交問題など解決出来るはずもなく、更に悪化させるばかりだからだ。

こんな残虐な殺人を行った過去を持つ日本に、アメリカや韓国、中国が日本の軍隊化なんて許すと思いますか?

しかも、現在は自民党多数で、天皇崇拝・悪の歴史に戻りそうな勢いなので、なんとか政治を国民の手に戻し、独裁者は追い出さなければ日本は独裁国家のまま(本当の民主化はされない)だと思う。
ところで、副総理である麻生太郎氏はカトリックだと思うが、偶像崇拝は許されない行為なはず。
ということで堂々と許されていない神社参拝をしたクリスチャン、麻生太郎氏をカトリックは注意もせず放置するのだろうか??
それとも麻生太郎氏は、カトリックを捨て日本神党に改宗するのか?
スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 19:41:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重要

皆さんのためになる情報だと思うので、最後まで読んで頂ければと思います。

「社会保障会議

超高齢社会を迎える中で、急増する医療・介護費用の伸びを抑え、信頼される社会保障制度を築くことが急務である。

政府の社会保障制度改革国民会議が、医療・介護について改革の論点をまとめた。

 国民会議が示した論点のうち、実現を急ぐべきなのは、価格の安いジェネリック医薬品(後発品)の普及である。」

「」内は引用です。


後発品の価格は先発品の2~7割。

ジェネリック医薬品の普及が進めば医療費の削減につながるばかりではなく、患者側(慢性疾患で長期、薬の服用を(投与)しなければならない)にとっても金銭的な負担は軽くなる。

このジェネリック医薬品の普及
米国、イギリス、ドイツでは、処方薬のうち後発品(ジェネリック)の占める割合が6~7割、これに対し、日本は4割程度のようだ。

では何故なかなか日本ではジェネリック医薬品が普及しないのだろうか。

その答えは簡単だ。
医療者が患者に先発品を勧めるからだ(全医療機関でではない)。
処方薬のうち、全体の半数以上が先発品を勧められているという現状。
持病がなくめったに病院にも行かない、たまにしか処方薬も飲まない、といったほとんどが急性期であろう患者ならばあまり医療費も負担に感じないかもしれないが、これが慢性期で定期処方薬が欠かせぬ患者さんであれば、その治療費が何年も生活に重くのし掛かる。

しかし、薬代の負担がどんなに患者の生活に重くのしかかり圧迫していたとしても、主治医から「ジェネリック医薬品だと安定した効果が得られるか疑問、先発品の方がよい」等と説明されれば、患者は先発品を選ぶしかなくなる。

しかし考えてみて欲しい。
その後発品(ジェネリック)は、数年前まで先発品だった薬なのだ。
新薬として出されていた時には、「安定した効果が得られていた薬」が、数年後、後発品になり金額が下がった途端に「ジェネリック医薬品は安定した効果が得られるか疑問」と、、

新薬が数年後、後発品になった途端、同じ成分なのに薬の評価が下る。

皆さん、これどういうことか想像つきますよね。

薬は新薬として売られている時には、その高額な金額には研究費が含まれている。
その薬が数年後、新薬落ちし後発品・ジェネリックとなった時には、新薬として請求できる研究費の金額が請求できなくなる。
そのため、その分薬価格も下がる。
だから後発品・ジェネリック医薬品は安いのだ。

しかし薬品会社は、どうしても金額の低い後発品・ジェネリックよりも、研究費として金額を上乗せ出来、高い金額で売れる先発品を売りたい。
ということで、「ジェネリック医薬品は安定した効果が得られるか疑問」と、不安を煽るような説明がなされ、先発品を売りつけられる。


そこで役立たずな給料泥棒である政治家達は、

「現在は医療機関の裁量に任されている医薬品の処方について、厚生労働省は後発品の使用を原則とする仕組みを検討すべきだ。」と

↑とんでもない責任転嫁の内容だが、このような的外れな検討案を出す。

しかーし、こんな検討案では何一つ状況など変わらない。

問題はそんなことではないし、そんなことで解決もされない。

では、本当の問題は何処にあるのか?
ジェネリック医薬品が普及しない原因は?

同じ薬を何度も新薬として認定し、薬品会社に莫大な研究費の上乗せを許してきた厚生労働省、問題の諸悪の根元は厚生労働省にある。


後発品落ちした薬を、再度新薬として認める前に、その薬効がどのように変わったのか、なんの成分が違うのか、そこを厳しくチェックさせるようにし規制をかけ、厚労省に、簡単に新薬と認めるようなことを止めさせる。
この厚生労働省のアマアマなチェックを止めさせないと何も改善なんかしない。

例えばですよ、新薬とジェネリック医薬品の成分の違いが、イチゴ味とミルク味の違いだけだったらどう思います??


それと、消費者にも新薬(先発品)とジェネリック医薬品(後発品)の成分と薬効の違いが分かるように、薬の説明文に全成分の記載を義務付けるようにする。

そうすれば、「ジェネリック医薬品は安定した効果が得られるか疑問」なんていう医療者はいなくなるだろうから、問題は一気に解決するだろう。


しかーし、
政治家は、本来このばら蒔き厚生労働省に早くメスを入れるべきだったのだが、自民党は長期に渡り見てみぬふりをし、黙認してきた。

そう、医療界は自民党の支持(指示)母体だからだ。

皆さん、企業や官僚の言いなりになり、ばら蒔きを続ける政治家なんか必要ですか?



追記
それと、筋引き整体師氏
まだワメいているのかどうか知らないが、どこに行ってもあなたが注意され、あなたの立場が悪くなるだけだと思うので、ためしに警察でも弁護士でも行って話してみたら。
ついでに、どういった施術をして傷病を一発で治すのか、マスコミに取材して欲しいくらい。
  1. 2013/04/27(土) 19:13:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も脱線

続 筋引き整体師

たまたま人から違法性を注意され、悔い改めることもなく激しい怒りを表す整体師。
おまけに、親切でした「注意」を「攻撃された」としか理解出来ず、実際の会話が整体師の頭の中では全く違うものに変わっていく、、妄想もあり、、、

うーん、とにかくこちらの簡単な話の内容も理解出来ないようだ。

まあ、その整体師「これ以上相手の行為がエスカレートした場合は警察への通報もやむなしと考えております」ということらしいので、それをやってみるといいかも、だ。


検事、弁護士からもきっと相手にされないだろうが、自分の意見が他人にどれだけ通用するのかやってみたらいいと思う。

そうして現実を直視することは、整体師にとって有益だと思う。
警察は無料だが、弁護士は有料なのでその整体師の出費となるが、、
  1. 2013/04/25(木) 21:54:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つづき

無資格である整体師に対する記事の追記

前回整体師について、特に講習など受けなくても誰でも名乗ることができる、その程度のお仕事、そして、整体師に患者さんの対応は出来ない、といった内容のことを書きましたが(極端なことを書くと、お子ちゃまでも「自分は整体師」と名乗ることすらできます)、では「患者」という言葉を使わず「お客さん」という言葉に変えれば問題がないんじゃないか、と誤解し安易に考える(屁理屈)整体師がいるかもしれないので、面倒ですが追記を書き加えることにしました。

整体師は、患者さんを相手に施術が出来ないのですから、当然、慢性的な腰痛や、疼痛のある方々には施術などできませんが、、

しかしある整体師は、『「ぎっくり腰」「すべり症」、「慢性腰痛」、そして「腰椎脊椎管狭窄症」と様々な腰痛を施術し症状の改善・緩和が出来る」』などと、堂々と公に語っています。
本当に恐ろしい。

このような傷病に対する施術を行うのであれば診療行為となり、医師法違反なのですから、これらの傷病をお持ちの「患者さん」を「お客さん」と言い換えて施術したとしても、違法行為じゃなくなる訳ではありません。

その整体師への疑問その1
そもそもこの「ぎっくり腰」、「すべり症」、「慢性腰痛」、「腰椎脊椎管狭窄症」等の傷病名は誰が特定するのでしょうか。
それが医師ではなく整体師であるならば、もうこの時点でアウト、既に医師法違反です。

そして、疑問2
その整体師は、「ぎっくり腰」、「すべり症」、「慢性腰痛」、「腰椎脊椎管狭窄症」これらの傷病の症状を改善・緩和させられるということですが、それをどのような手法で評価し、改善・緩和した、と判断するのでしょうか?

整体師は、レントゲン等の画像検査が出来る訳ではないのだから、適当にあちこち身体をひねったりしながら疼痛の有無だけで判断しているのでしょう。
そんな適当な手段で「腰椎脊椎管狭窄症」等のお客さん(患者さん)に施術後、症状が改善されたと嘘(診断=医師法違反)を伝えるならば、詐欺行為でしょう。

症状が改善されたかどうか、検査した上で診断(判断)出来るのは医師だけですから。
そんなことすら知らないのか?と言いたくなりますが。

そもそもこういった行為は、整体師が本当に患者さんの健康を第一に考えているのであれば決して出来ないはずです。

本当に患者さんの健康を第一に考え、責任ある行動がとれるのであれば、疼痛の訴えに対して手を出さず(施術せず)、「自分はそういった患者さんの対応は出来ません、健常者に対するリラクゼーション程度のことしか出来ません」と事実をハッキリと伝え帰らせるでしょう。

しかし逆に、患者さん(お客さん)の健康のことよりお金儲けしか考えていないような危ない整体師は、解剖や病理の知識など全くないにも関わらず、痛みで苦しんでいる方に対し、「痛みに対する考察」などというトンチンカンな嘘の説明を行い(基礎知識がないから考察など出来ません、きっとどこかで見たか聞いたことを適当に話すのでしょう)、根拠のない無責任な施術とアドバイスをしてしまうでしょう。

そのような整体師の適当な言動と施術が、結果的には症状を悪化させ、犠牲者を出すことになっているのでしょうけど。
逮捕者が出て当たり前ですね。

それと法律を知らなさ過ぎる、いというのも問題の一つでしょう。
勉強すればそのような行為が出来るようになる、知識さえ身に付ければいい、なんて安易に思っている整体師もいるかもしれませんね。
しかし、勉強すればそのような行為が出来るようになる、ということはありません
整体師である限り、自分でどんなに勉強しようが、免許がない訳ですから永遠に出来ません。

にも関わらず、「お客様の痛み、辛さを改善・解消する事を目的とする施術師」と堂々と語っている医療法規も知らない危険な勘違い整体師にはどうぞ皆さま、お気をつけ下さいね。

そもそも整体師は医療を行えない前提なので、医療の関係法規は知らないでしょうけど一番厄介なのは、医療とリラクゼーション程度の境目が分からない、ってことでしょうね。
  1. 2013/04/23(火) 22:15:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

なんだかなー

本来、自分が体験した医療過誤についての記事を書くつもりでブログを始めたのですが、あまりにも目につくニュースや出来事が多い為に、ついいつも脱線してしまい、いつの間にやら何でもブログになってしまいました。

その為、最初から読んで下さっている読者の方から、「早く続き(医療過誤についての)が読みたい」、「更新は?」という連絡が来ることしばしば(のんびりでどうもスイマセン)、、

それでもいつも応援して下さり感謝、感謝なのですが、スイマセン、ちょっと気になる話題があるので今日も脱線で、、、
世間を騒がすニュースがなければ、次回は医療過誤の続きを書きますね。

その気になる話題というのは、整体師についてなのですが

この無資格で誰でも行えてしまう整体師に対しては、あんま、マッサージ師(免許保有者である、あはき師)の方々が中心となって「整体師撲滅運動」をされているようです(埼玉県)。

無資格、無免許(そもそも免許制度がない)である整体師に職域を侵された鍼灸師、マッサージ師(免許保有者)のお怒りはごもっともというところでしょうけど、問題はそれだけではないようです。

消費者センターにも苦情が多数寄せられているようですが、整体師による被害者(健康被害)がけっこう出ているようです。

その被害の一部
整体師によるバキバキ療法で施術された部位を痛めた、とか、子宮筋腫はもみもみすれば治るというふざけた内容の説明を行った上、施術をした、ということのようですが、医師法違反及び傷害罪で実際に逮捕されている方もいるようです。

そもそも整体師は、当然医療に関しての知識など全くありません。
にも関わらず、お客さん(整体師は、患者さんを扱えませんので)に対し病気の説明を行う、とか、ボキボキ、もみもみで病気が治る、とか、痛みの原因を説明したり(そもそも整体師には痛みの原因など特定できません)、痛みの軽減の為に施術を行ったり指導を行うなどの行為をしてしまえば診察、治療行為(医師法違反)になってしまうので無免許者が行うことは許されない、違法、ということくらいは誰もが知っている当たり前のことだと思いますが、、、
実際にその罪名で逮捕されてしまうということは、この誰でも知っている常識すらないということになりますかね。
無知=恐ろしい。

そのようなことを言ってしまう整体師には決して近づかない方がよろしいかと思いますが、整体師も、集客するためには施術が効果的であることを強調しなければお客さんを呼び込めないのでしょうから、つい言ってはいけないことを説明してしまうのかもしれませんがバレたらアウトなので、結果的にはとっても危ない綱渡りになってしまうんでしょうけどね。

そんな余計な心配などしなくてもいい場所は、やはり専門医がいて検査の出来る医療機関しかありませんね。
  1. 2013/04/21(日) 19:03:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問題なのは心根

前回も書きましたが

アメリカのボストンマラソンでとても悲しい事件が起きましたが、犯人らしき人物が特定されたようでとても感謝な事です。

引き続き、捜査されていらっしゃるアメリカの警察の方々や、オバマ大統領を含めた議員さん達に怪我や事故がありませんように、そして犯人が逮捕され早期に解決されますように、それと犠牲者の方々の回復のためにもお祈りしております。

さて、北朝鮮問題の方は静かでなによりです。

過去、日本は北朝鮮にも負けない程の天皇による独裁国家(北朝鮮の金一族偶像化の手法は、日本の天皇崇拝(偶像崇拝)を参考にしたとも言われているようです)であり超カルト集団(国民は騙された犠牲者ですが)だったわけですが、、、

昨年末、安倍氏が総理になったことでまた日本は右傾化するのではないかという声も海外から多く出ました。

その自民党はしきりに集団的自衛権を主張していますが、そもそも日本が単独で自衛権を持つことに対しての最大のネックとなっているのが、この右よりというカルト的な思考が根底にあるということが原因になっているということに自民党は気付かないのでしょうか、、、それとも気付かないふりをしているのでしょうか、、
日本はこのカルト的な思考から抜け出さない限り、このような国際問題では特に、日本が単独で動くことは許されないのではないか、と思いますが。

なので、今の日本の状況では余計に、「日本はアメリカから首に鈴を付けられ勝手に行動しないように監視され」つつ、アメリカの指示で日本が協力を行う、主導権はアメリカ、日本は今の立場で充分です。
  1. 2013/04/19(金) 16:11:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日、アメリカのボストンで行われていたマラソン大会で爆破事件が起きたようです。
ニュースによると、3名の死亡者が出ておりその内の1名はまだ8才の子供だったようです。
残されたご家族は突然家族を奪われ、どんなにか心を痛められておられることでしょう。

このような残忍な無差別殺人を起こす犯人は、決して逃げきられる訳がないと私は確信しております。
オバマ大統領が言われるように、必ず報いがあると思います。
(北海道大学病院や協力した医療機関、そして医療過誤を起こした歯科医師、猪子光晴氏と馬渕亜希子氏、あなた方、加害者も同じですよ。)

ご遺族の方々の上に、神様の慰めと支えがありますようにお祈り致します。
そして、140名以上の負傷者の方々の傷の回復の為にもお祈り致します。

それと、事件を捜査している方々の上にも怪我がありませんように、そして1日も早く犯人を捕まえられるようにお祈りしております。
  1. 2013/04/16(火) 18:21:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動

フィギュアのフリー

カナダの4回転KING ケヴィン・レイノルズ選手の4-3-2のジャンプ、凄かったですね~。
誰も出来ない4回転ジャンプ5回跳びに挑戦し、今回はちょっとだけショートは残念でしたが、フリーでは素晴らしい演技を魅せて(見せて)くれ感動を与えてくれました。
あのジャンプを成功させる為に、これまでどれ程血の滲む思いで練習してきたのでしょうか、、、、そんなことを考えると、ケヴィン・レイノルズ選手が頑張って滑りきった後に見せてくれる最高の笑顔に感動してしまいます。
この素晴らしい演技を観れて、生きてて良かった~と本当に思います。
残念ながら今シーズンはもう最後ですが、また、ソチも含めて来期の試合まで楽しみに待つとします。

そして、日本も良かったですね。
特に印象的だったのが、無良お父様。
無良選手の隣で、最高に幸せそうな笑顔だったお父様にほんわかさせてもらったので、TVの前で勝手にお父様に100点をつけますた。

それと、ロシアのメンショフ選手、転倒で肩を傷めたようですが辛そうでしたね、大丈夫だったでしょうか、、残念だったでしょう(涙)
大きな怪我などしていなければ良いのですが、、可哀想に、、、

それから女子
アメリカのアシュリー・ワグナー選手とグレイシー・ゴールド選手の華麗な演技の後、鈴木選手がやってくれましたね~、凄い高得点でした。
是非あのキルビルポーズ(?)、次回も入れて欲しい。

ということで今夜のエキジビション、今シーズン最後の演技なので楽しみです。

追記 続きを読む
  1. 2013/04/14(日) 17:56:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自爆提訴か?

世界フュギュア国別対抗戦が始まりました。
ショートは全体的に転倒が多かったような、、でも緊張する中、ノーミスで演技をすること自体がそもそも凄いことなのでしょうけどね。

注目のカナダ、男子の4回転KING ケヴィン・レイノルズ選手のジャンプも惜しかったですね~、ノーミスで観たかった。
今日に期待です。

パトリック・チャン選手も転倒してしまい残念でしたね。

日本は、、高橋選手の月光、曲でも演技に迫力が増していた感じがありましたが、ベテランっぽい落ち着きが感じられ安心して観ていられました。

さて真央ちゃん、頑張った頑張った、えらかった!(私が褒めるのもおかしいかも、ですが)
トリプルアクセルは転倒だったけど、まだフリーがある、大丈夫、頑張って欲しいです。
鈴木選手のジャンプは3-2だったけど、キルビルは全体的に迫力があって良かった。

ところで羽生選手、前回の世界フュギュア前に、練習のし過ぎで膝を傷めていたようで。
しかもショートで転倒していたので心配でしたが大丈夫だったのでしょうか、、
フリーでは頑張って感動的な演技を見せてくれ、巻き返しはしましたが、それだけにショートでの転倒と抜けたジャンプは勿体なかったのですが、来年のソチでは万全の状態でまた感動的な演技を見せて欲しいですね。

ところで、さっき発見しました。
ブログ「ときどき黒猫」
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1256742/1275350
を書いていらっしゃるHN黒猫さんなのですが、韓国 キム・ヨナ選手の採点を疑って出した自費出版本「フィギュアスケート 疑惑の高得点」に対して、韓国 キム・ヨナ選手の所属事務所が黒猫さんを提訴する、と騒いでいるようです。

ネット上でも「転倒しても加点される事から、「ウルトラ・ステーン・コロリ」「美しい転倒の芸術点」と揶揄されるキム・ヨナ」と書き込まれ、キム・ヨナ選手の高得点は疑問視されているようです。
しかし、ウマイ皮肉ですね。

さらに、
「▼オリンピックフィギュアスケート元審判のパトリック・アイベンス氏「I Would Say 10% of Judges Are Completely Honest」(訳:完全に公正な審判は全体の10%だと思う)」ということなのだそうです。

黒猫さんは「ATスポーツの提訴によって、ソチオリンピックが真っ当な採点となる可能性が出てきました。喜ばしいことです。」と。
韓国 キム・ヨナ選手の所属事務所が黒猫さんを提訴するとなれば、日本でもマスコミの話題になるだろうことから、裁判という状況を歓迎しているようです。
ついでに是非、世界中のマスコミがこの件を取り上げて報道し、世界中で大騒ぎして欲しいですね。

黒猫さんには、是非頑張って欲しいですね。
本当に素晴らしい勇気の持ち主です。

ところでキム・ヨナ選手の疑惑の高得点については、疑問視しているのは日本人だけじゃないですよね。
ということは、キム・ヨナ選手の所属事務所は、こんなことで日本人を提訴したら、逆に世界中から反感を買ってしまうんじゃないのかしら??
  1. 2013/04/12(金) 17:07:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マインドコントロールか?

北朝鮮の挑発行為について

総理の安倍氏は「国民の安全と命を守るために万全を尽くします」とのことですが、国民の不安を煽りすぎじゃないのか?と思えてしまう。
毎日加熱する報道、この騒動は自民 安倍氏のイメージアップのために利用され、国民をマインドコントロールするためにわざと加熱させているんじゃないのか?と疑いたくなる、選挙も近いのでね。

まあ、ただのお飾りのような(中身のない人形のような)総理の安倍氏が「国民を守る」と言っても、信用などしていないのだから安倍氏に感謝する気も起きないし、報道を鵜呑みにする気にもなりませんが。

それより、毎日400tも汚染水を出し続け、トラブルを起こし続けている福島原発に対して、安倍氏は国民に謝罪をし、原発全廃の判断をするべきだと思います。
「よりた~か~く~、よりは~や~く~」なんて下手くそな歌を公共の電波を使って歌っている場合か󾭗と私は思います。

勿論、今回も北朝鮮は、他国の人命に危険を及ぼすようなことはしないと思ってますが、マスコミはかなり煽りすぎです。

特にワイドスクランブルのコメンテーターなんかは(火曜だったか× 間違えで月曜でした)、最終的にはアメリカは北朝鮮の要望を受け入れて欲しい、と言わんばかりの発言もあり、とても不愉快になりました。
この人は北朝鮮からの回し者か?と疑ってしまいたくなるような発言でしたが、今北朝鮮にお金を持たせてしまったら核やミサイルに使われるとしか思えない、北朝鮮の要望など聞いてしまったら今よりも状況は悪化する、こんな状況で北朝鮮に譲歩や支援などあり得ないと思います。

それに万が一、アメリカ、韓国、日本に被害が出たとしたら、他の国々が北朝鮮の金正恩を放っておかないでしょ。
そんなテロ行為を行えば、北朝鮮もただでは済まされない。
北朝鮮でも多くの命が奪われ、金正恩も生きていられなくなる訳ですから。

にもかかわらずマスコミの異常な煽りと、恥ずかしくなるようなオロオロとした態度を見せる一部の番組に対して、その情けない言動に同じ日本人として恥ずかしく思います。

もっとアメリカや韓国のように自信を持ってドンと構えてられんのかね?と思ってしまいますが、信じるものが偶像ばかりのカルト宗教国 日本(全員ではありませんが)、その影響による心の弱さがこんなところでも見えてしまいます。

追記 
読者の方からご指摘がありました誤字 安部→安倍 を訂正致します。ありがとうございました。
それと、私の記事内容で、韓国嫌いや韓国人を否定する方には面白くない表現があるかもしれませんが、私は実際に韓国やアメリカの国々の方々と(20年以上前から)実際に交わった経験や宗教的な背景から書いておりますので、この件に関しては他者の考えを受け入れるつもりは一切ございませんのであしからず。

もう一ヶ所の訂正
上記のワイドスクランブル(TV番組)の一件は、火曜日ではなく月曜日のコメンテーターでした。

  1. 2013/04/11(木) 12:00:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

危険だったH21年 その2

さて、医療問題の続きを書きます。

北見市松浦歯科医院 松浦信一氏の勧めで、私は、H21年8月25日に麻生 北見病院の歯科を受診した。

担当したのは副院長(歯科口腔外科、歯科医師)でもある鈴木 豊典氏であった。
診察時、鈴木氏は「見ただけで酷いというのは分かります、こんな田舎の病院では手術は出来ない、大学病院か総合病院じゃないと、、でもきっと札医(札幌医科大学附属病院)が対応してくれると思うので。でも何かあったらいつでも電話して下さい。」と。

抜粋してまとめて書いてますが、どちらかといえば鈴木氏は親切な素振りを私に見せたのであるが、実は親切そうな顔の裏に隠した真実の姿は悪魔そのものであった。

この鈴木 豊典氏(そもそも北海道大学から来ている)は、松浦歯科医院の松浦信一氏(私とは元々知り合い)と共謀し、治療目的ではなく、医療過誤の前のレントゲン写真を偽造するために術後の状態の私のレントゲンを撮ることを目論んだ、その偽造目的のために私を北見市まで呼んだのだ。
鈴木氏と松浦氏は北海道大学にとっては忠実な犬、シモベだが、患者にとってはただの犯罪者だ。

この日(医療過誤後)、麻生北見病院 歯科で撮ったレントゲンは、北海道大学病院他、医療過誤前に受診したことのある北見市 松浦歯科医院、北見市 いのこ歯科医院(最初に医療過誤を起こした歯科)、岩見沢市 舘山歯科医院等で手術前に撮っていたレントゲン写真の偽造に使われた。
簡単に言うと、手術前レントゲンを手術後のレントゲンにすり替えられたということだ。

しかも、麻生北見病院で撮ったレントゲンは顔面XPだったのであるが、国保のレセプトを札幌市役所から取り寄せて見てみると顔面XPから歯科用パノラマに改竄してあったのだから、結局麻生北見病院でも自らレントゲンとレセプトを改竄してしまったのだ。

しかし、あまりに急いで改竄してしまった為か、レセプトにも明らかな改竄の痕跡が残された。
このような手口のズサンな改竄の痕跡は、北海道大学病院のレセプトにも見られたが(他の医療機関もであるが)、このレセプトの改竄は医療機関だけでは勿論出来ない。
札幌市役所(市長 上田 文雄)と全国健康保険協会の協力なくしてはレセプトの改竄は不可能であることから、札幌市役所及びレセプト協会も共犯者であることは明らかである。
ちなみにレセプトは、間違いがないかを調べ確認された後、市役所やレセプト協会に渡される。
なので、レセプトの内容がおかしい場合(金額や検査項目、受診回数、点数等)は改竄を疑って下さい。

こうしてこの犯罪は組織犯罪化し、どんどん悪質に、そしてどんどん大きくなっていく。
  1. 2013/04/09(火) 16:57:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オモシロ

面白い記事を見つけました。

「アイドル芸能見張り隊」の記事

タイトル「◎北朝鮮の無慈悲な挑発を、”チャーハン作り”に例えたコピペが秀逸!」より

http://idol-geinou-mihari.seesaa.net/s/article/354329938.html

最近の北朝鮮の無謀な挑発行為をチャーハン作りに例えた記事なのですが、面白すぎるのでどうぞ覗いてみて下さい。

3代に渡って独裁政治を続けている北朝鮮ですが、正しくあの親あってのあの息子という感じです。

「悪の枢軸」とまで言われた2代目が亡くなり、その葬儀の場に息子が姿を表しましたが、その顔つきはかなり人相が悪く、きっと親よりも残忍なのだろうと思ってTVを観ていましたが私の予感は的中でした。

ミサイル、核をオモチャのように扱い、他国に対して「僕の言うことを聞いてくれなきゃ爆弾落としちゃうぞ!!」とばかりに無茶苦茶な言動を繰り返すこのバカボン、どう見ても子供以下です。

他人に物をねだる時にこのようなねだり方をして、誰がその願いを聞き入れてくれると言うのでしょうか、あり得ません。

もしこのような挑発行為を繰り返し行うのであれば、北朝鮮は自分で自分の首を益々締めることになるのでしょうが、、、

例えばもし正常な一般家庭でこのような我が儘をいう息子がいれば、正しい親であればバカ息子に一発拳骨をお見舞いするか、お尻ペンペンか、ご飯抜きになるか、教育と矯正の為に何かの罰を与えるでしょう。
その働きをする人間が、北朝鮮にはいないことが大問題なのでしょうけど、、

金正恩氏は、贅沢で高額な遊び道具(核 ミサイル)を買うための無駄遣いを止めて悔い改め、自分がいかに無力な人間かを知り、人に感謝する気持ちを持ち、更に一人一人の国民のことを考えられるようになり、へりくだって他国の指導者に協力を求めれば、きっと脱北者もいなくなり少しづつ国は良い方向に向かっていくのでしょうけど、今のまま、欲深く傲慢な態度をずっと取り続ければもう誰も相手にしてくれず、北朝鮮は益々全てを失っていくでしょう。

あっ、これは日本の政治家にも言えることですね。
今の状態では、日本よりも韓国の方が明らかにアメリカから信用されており支持されている、日本は信用されていないと思うので。
日本国民からも信用や支持はされていないと思いますが(一部オイシイ思いが出来る人は支持するでしょうが)。


自民の安部氏は「止まった時計が動き出した」と言っていましたが、まさにその通り、また自民の悪しき習慣が動き出した、という感じです。

このまま参院選で自民がまた圧勝すれば、間違いなく原発も早期に再稼働されるでしょうね。

ところで、何故ネットで投票を出来るようにしないのでしょうか、、国民の多くが原発再稼働反対だと思うのですが、ヤラセが得意の日本なので、原発推進派の自民の圧勝に疑問を感じでいます。

こんな疑問を国民に抱かせない為にも、選挙をネット投票可にして自分の1票が確実に入ったかどうかを確認出来るようにして欲しいものです、国は信用出来ないので!
その方が投票率も高くなるはずだしね。
でもね、信用出来る人が立候補してくれないと、、なのですが。
  1. 2013/04/07(日) 17:03:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ 医療過誤被害者からの声

ずっと陰で支えて下さっている皆さまへ

ブログタイトル「医療過誤被害者からの声」から私のブログを応援して下さり心より感謝しております。

多くの皆さまに応援して頂いていた「医療過誤被害者からの声」なのですが、今年1月から私のブログはこの「医療過誤 医療の問題」のみになっていました。
しかし「医療過誤被害者からの声」のブログ閉鎖後も非常にアクセスが多く、本当に皆さまの温かいお気持ちや応援が伝わってきて頭の下がる思いでなんとお礼を言っていいのか、、という気持ちなのですが、「医療過誤被害者からの声」はもうすっかりアカウントが削除になっておりもう復活しませんので、あちらにアクセスして下さっていた方々には今後こちらのブログのアクセスに協力をして下さるととても有難く存じます。

そして、このようにいつも皆さまの温かいお気持ちと力強い応援に励まされ、弱っている時に立ち上がろうとする力を与えられており心より感謝しております。

今後も、同じような犠牲者が出ないようにという気持ちを込めて、諦めずにブログを発信していきたいと思っていますので応援していただけると幸せです。
  1. 2013/04/04(木) 18:10:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

定期処方

4月に入りやっと夜間でも気温がプラスになってきて、なんとなく気分的にもホッとしております。

関東方面ではもう桜も満開のようで、人様のブログに載っている綺麗な桜の写真を眺めては感動しているのですが、、ここ北海道の気色はまだ殺風景、雑草すら見あたりません。

しかし、日中の気温がもう10度近くまで上昇してきているので、明日は寒いのかな、吹雪かな、なんて心配は必要なくなり、それだけでも気分的には楽になるような気がします。

とは言っても、身体は北海道大学病院で馬渕亜希子氏から受けた違法な手術の後遺症で年中辛いままなのですが、、
そして、その辛さは年々酷くなっているので薬は欠かせない状況なのですが、、

今日は、その大事な薬の話題です。
先月、薬の処方をしてもらった日が1日、30日分頂いて来ました(ラコールだけは2週間分毎の処方ですが)。
なので、次回は同月の31日に処方してもらわなければならなかったのですが、今月1日に行くことに、、

痛み止め(内服のボルタレン)だけが31日で無くなるのですが、以前処方して貰ってたロキソニンがあったのでそれで我慢するか、と思ったのがアマかった。
やはりロキソニンでは痛みが抑えられずにけっこう苦しみまして、、やっぱり先月29日に薬を貰いに行っときゃ良かった、と後悔した2日間でした。
  1. 2013/04/03(水) 10:12:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

責任

今日、受診後にもう一度今までの経過を頭の中で整理をしてみた。

昨年、北海道大学病院 形成外科を受診した時には、「歯科(同病院の)が患者(私)に対する治療はしない方針だという事だから形成もしない」ということだった(こんなお馬鹿な理由は通用しませんが)。

そして形成から「歯科を受診してきて」と言われた為、そのまま同日同病院の歯科を受診しようと歯科受付に行くも、歯科事務員から、「裁判担当者から、〇〇さん(私)と北大は係争中だから、あなたの診察はしないように言われているから診察は受けられない」と。

しかしそれは弁護士の嘘で、実際には係争中ではなかった。

とすると、やはり責任を取らなければならないのは北海道大学の顧問弁護士ということになる。

そしてこの顧問弁護士は昨年、馬渕亜希子氏にも(札幌市大通りルル歯科口腔外科クリニックで)私の診察はしないようにと伝えていることからも、やはり弁護士の責任は大きい。

さてさて、証拠もバッチリ揃っているし、顧問弁護士にこれは責任を追求しなければなりませんね。

そもそも法律上受診拒否は出来ないのだから!
  1. 2013/04/01(月) 18:11:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0