医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

今夜放送されたTV ナイナイアンサーに、元サッカー選手、そしてコーチだったラモス瑠偉さんが出演されていました。
そして、ラモスさんの奥さまがお亡くなりになられた当時の再現VTRが流れていましたが、献身的な御夫婦の愛の姿に感動し私も思わずポロポロと涙を流してしまいました。

番組の中でラモス瑠偉さんは奥さまに「ありがとうを言いたかった、でも言えなかった」と仰っていたと思いますが、、、(余命約1ヶ月だったそうですが1週間程でお亡くなりになってしまったそうです)。

でも、心停止後でも話しかけていたら聞こえているんですよ。

何故私がこうハッキリと言い切っているかというと、ハイ、私、心停止経験者です、一度死んでます。
そこから息を吹き返してますが、ハイ、心停止中でも聞こえておりました。

いつかこの事を皆さんにお伝えしようかと思っていましたが、タイミングが今のような気がするので今日はこの内容にしました。

私が心停止した原因は、歯科 下顎臼歯部のインプラント手術の医療過誤からの心房細動で心停止です。
ちなみに私は一切病気がない健康体でした。

医療過誤を起こした歯科医師は以下に記しますが
インプラント埋入の術者は、北見市いのこ歯科医院 猪子光晴
インプラント除去の術者は、北海道大学病院歯科 馬渕亜希子(現在 札幌市大通ルル歯科口腔外科クリニック)

過去記事の古い方から経過を書いております。
もしお時間のある方は読んで頂けると感謝です。

さて話しは戻りますが今日は何が言いたいかというと、大切なご家族や、愛する人が亡くなってしまっても「もう話しかけても聞こえてないから」と諦めずに、話したい事があったならば話しかけてあげてくださいね、聞こえてますから。

ということで
今日は、皆さんにお伝えしたい内容の1つが消化できました、いつもお付き合いありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 22:29:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おかしな交渉

アメリカのオバマ大統領と安部さんの会談の様子の映像、、

安部さんが正面を向いている時には(カメラ目線)、オバマ大統領は安部さんの顔をまばたきもせずにジーッと見つめ(安部さんは睨まれているようにも見えます(笑))、
安部さんがオバマ大統領を見つめている時には、思いっきり180度反対方向を向いているオバマ大統領、、、この拒絶しているんじゃないか?とも思えるオバマ大統領のボディランゲージには正直ウケました。

さて、農家さん達や生産者さんはTPP導入に反対かもしれませんが、国民も生活や食べる物にも困っている人が大勢いるじゃないか。
なので、外国産のバカ高い関税が撤廃され商品が安く入るなら消費者には嬉しい話だ。

そもそもTPPへの参加、不参加を、消費者側の意見は無視で、生産者側だけの意見で交渉される、というのは本来の民主主義的な判断ではない。

どう考えても生産者側よりも消費者側の人数の方が多いんだし単純に多数決をとれば、米を含む食品の関税も撤廃してくれという方が圧倒的多数でしょ。
ここはちゃんと安部さんも考えないとさ~、ダメじゃないのかね。
それに、米がダメだの食品は止めてくれだのブツブツ文句いうのは日本ぐらいなんじゃないの?

以前、このTPP参加に対する韓国の米の生産者の意見がTVのニュースで流れてましたが覚えいる人はいるでしょうか。

韓国の生産者さん達はTPP参加に大賛成のご意見でした。
その参加大歓迎の理由は、自分がつくった物には自信がある、だから安い外国産が入ってきても問題ない、客は離れない、というご意見でしたね。

少なくともこれくらいの自信をもった意見を、日本の生産者さんにも言って欲しいものです。

その上で、安い外国産を選ぶか高い国産を選ぶか消費者にも選択権を与えるべき、それが公平ですよね。
今の状況ではその選択すらできない状況なんで。

それと、日本の政治家にそんな大きな器の人間はいないが(視野の広い考えを出来る人がいない)、日本の事ばかりバカみたいに主張するんじゃなくて、アジア全体の事も考えて発言しないと、、恥ずかしいよ、日本!!と思う。

それに聖域なき関税撤廃って、、そもそも不公平じゃないですか。
やるなら全てを対象にTPPに参加しないとさ、恥ずかしいんじゃないの~、安部さん、
って鈍感な(もしくは参院選の得票数しか頭にない)人には感じないか~、
何でも票に繋がる事が第一の目的だろうし、
世界の平和や貧困なんかどうでもいいんだろうしね、安部さんは。と思うとなんかひたすら恥ずかしい。

それでなくても安部さんが総理になってから、日本が右傾化するんじゃないか、第二次世界大戦前に戻るんじゃないかと世界中から思われそれだけでも恥ずかしいのに、、

あっ、皆さん、意味は分かりますよね。
簡単に例えて言うならば、現在の北朝鮮が世界から見られているような目で日本も見られるという事なのだが、その崇拝対象が北朝鮮では金正男氏となるが、日本では天皇ということになる。
日本は、天皇(当時は天皇は神であると国民は洗脳された)の為には命をも捨てるというカルト国家だったが、安部氏の靖国参拝によって、またカルト返りするのではないかと警戒されている。
そしてカルト国日本人はかなり残虐な国民性だっただけに、外国からみれば、日本の右向き=危険という認識しかないだろう。

日本国内では、安部氏の支持率は70%らしいが(それもたった100人のアンケート結果だそうだが)、世界からの支持率はかなり低いだろうと私は思う。
  1. 2013/02/25(月) 21:13:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前回の続きの内容になりますが

そういえば、刑務所から出所しても全然反省していない元政治家もいました、鈴木宗男氏。
出所してもTVに出まくり(鈴木宗男氏を出演させるTV局の倫理観はどうなってんの?と不快に思うが)、政党を立ち上げ精力的に活動してますが、その姿をTV等で国民が観たらどう思うと思っているのだろうか、犯罪を犯した後反省しなくても問題ない、と思うんじゃないのか?

このような行動からみても鈴木宗男氏は、自分の事(欲)しか考えない自己中心な人物としか思えないが、、そもそもそんな人間だから逮捕されるような犯罪に手を染めたのだろうが、、

しかし、支持する人達はいたでしょう。
実際に私の知人(ムネオにはオイシイ思いをさせてもらった、タップリと儲けさせてもらっていたと話していた)も「ムネオには絶対に票を入れる」と言ってたから。
でも支持者にとったら政策など関係なく、「ムネオにはただ欲を満たしてもらいたい、儲けさせて」ってだけなのだから、本当の支持者という訳ではない、刑務所出でミソがついたムネオ氏に危機感をもてばいとも簡単に離れていく。
思えばどんなことがあろうともしっかりとした絆で結ばれている信頼できる友ではないんだから、利害関係だけではさっさと人は離れる、なんとも哀れな話かもしれないが。

そんな地元のムネオ氏の評判であるが、ムネオアレルギーの人は多く、あまり好きではないという程度のものではなく「大嫌い」という声をよく耳にした(逮捕前)。

とにかく昨年末の選挙で新党大地が惨敗した事実から、ムネオアレルギーの人数は増えているでしょうが、道民からどう見られているかをしっかりと鈴木宗男氏は受け止めるべきじゃないかと思う。

まあ、刑務所生活を送っていた元政治家からしてそんな姿を国民にさらしているんだから、倫理観や正義感が欠落しているという根本的なところで問題を抱えている日本が益々傾くのも当たり前、と私はつくづく思う。

ところで、政治といえば公明党の母体とも言える創価学会って、外国では創価学会をカルト指定している国もあるんだそうな(ネット情報です)、、
まあそりゃそうでしょうが、このようにカルトと判断されている新興宗教団体から派生した政党を、国民の代表として議員を海外に外交に出して日本として恥ずかしくないのでしょうか、、、
まあそもそもここまで公明党が巨大化した理由は、創価学会の支援、票欲しさに公明党を取り込んでしまい自分の欲に負けた自民党の責任ですが。

そして、なんとなくあれこれネットを見ていたら
創価系企業情報というのが出てきました。


洋服のアオヤマ、ワタミ、積水ハウス、HIS、ビッグカメラ(ソフマップを支援) 、ヤマダ電気、ニトリ(創価大学の就職者が多い)
ブックオフ(古物関係)、TSUTAYA 、ユニクロ 、ドトールコーヒー(学会員が公認) 、キリンビール、伊藤園、アシックス (社長は学会員) 、コムサ デ モード、イズム、白木屋、魚民 を運営する株式会社モンテローザ  
100円ショップ ダイソー 正式名『(株)大創』
日本ハム(社長は学会員) 、エステdeミロード 
びっくりドンキー 、天下一品 (ラーメン屋) 
「東京バナナ」や『銀のぶどう』のお菓子屋、新菱冷熱(株) 
馬車道(ファミレス) 、アイホップ(ファミレス) 
居酒屋の「養老の滝」(学会員の常連の飲み屋として昔から有名) 東京ディズニーランド(オリエンタルランド) 創価がディズニーの株10%所有 
(創価同窓生6期 星野 康二 ウォルトディズニーカンパニージャパン代表取締役 他信者役員2~3人) 
東京三菱銀行(創価学会のメインバンクは東京三菱銀行で、そのキャラはミッキー) 
三菱商事,三菱電機,三菱重工、宝塚歌劇団
ドトールコーヒー(学会員が公認) 
K1 (資金的にバックアップ:入場券の購入など) 
アシックス (社長は学会員) 、ソーテック 
ソフマップ 、パソコン工房(古物関係)、パソコンスクール・アビバ 
健康食品SFのナミス 、健康家族の店 
まわる寿司「蔵(くら)」チェーン(八王子などに多い) 
浜寿司 、高円寺環七沿いの「創家」 
アニメプロダクションのトランス・アーツ 、スタジオ アリス(写真屋) 
珈琲の青山(学会員には口コミで「ここが池田先生が座った席」などと教える) 
博文堂書店 

ふーん、こんなにあるんですね~。
気をつけなくちゃ!
興味のある人はネットで検索してみてくださいな、多くの企業が出てきますよ~
  1. 2013/02/24(日) 22:15:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根本的な問題

法律

今日、3名の死刑囚の死刑が執行されたようだ。

第二次世界大戦後、戦争に敗れた日本は「軍国主義からの脱却と民主的な政府の確立」をスローガンにアメリカ法の影響を強く受けた「日本国憲法」がつくられた(表面上)。

ではアメリカの法律はどのようにつくられたのか、というと聖書を基礎につくられている。

よくアメリカ大統領の就任式や裁判での証言前に、聖書に手を置いて宣誓するが、あれは神(キリスト教)と人の前に誓いを立てているのだ。
聖書の知識が少々ある人ならば理解出来ると思うが、神の前に誓いを立てるという重みは想像を絶するくらいの重圧だ。
だから、軽々しく神の前に誓いは立てられない。
決して嘘は許されないからだ。
ここが日本とは全然違う。

私も驚いたが、日本の法廷では宣誓しても平気で偽証を行っている(医療過誤裁判)。
それは、人を陥れる為につく嘘が、結局自分の人生を崩壊させ最終的には地獄に落とされることを知らないからだろうが、最終的には自分の罪が自分を滅ぼすことになる。

ちなみにアメリカの大統領に立候補出来る条件は、クリスチャンであることらしい。

以前、弁護士から聞いた記憶があるが、日本の大学の法学部でも法律の基礎となっている聖書は学んでいると言っていたと思うが、、

要するになにが言いたいかというと、どうも日本の法律家、専門家は(全員ではないが)法律の表面ばかりを見てその中身、所謂人間の罪とは何ぞやとか、悔い改めの必要性やあがないという人間に必要な欠かせない知識を知らない、または考えないか無視したまま刑を執行しているように思える。

それがあの法務大臣. 谷垣 禎一氏の軽い言葉に表れているように思える。
まがりなりにも法務大臣となる政治家には、死刑の執行を言い渡す前に、法律の成り立ちや、表現が難しいがもっと人間が抱えている根本的な罪の問題と対処を学んで欲しい、いや学ぶべきだ。
そして学んでから人の上に立ちその職責を果たすべきなのではないかと思う。

そして、今回の死刑執行の際にも今までと同じような言葉を耳にしたが、「死刑囚には反省の色が無い」と、、、

じゃあ刑務所で税金使ってなにやってんの?と言いたくなる。
反省のないまま犯人を死刑にしただけで遺族の心は慰められるのか?
答えはNOではないのか?

最低でも殺人を犯してしまった人に、悔い改める心を芽生えさせる、そして遺族に心からの謝罪が出来るように教え諭す。
そういうことは、刑務所の中でやらないと誰がやる?
それを「死刑囚は反省してない」って、、よく堂々と言ってのけられたものだと思うが、刑務所ではこんな事も教えられない無能な人間の集まりだ、と言っているようなものじゃないのか?
それで恥ずかしくないのか?

私は、人間は良い人との出会いで劇的に変われる、そう確信している。

しかし刑務所では、殺人犯に限らず罪を犯してしまった人間を立ち直らせる能力が無いのだろう(自ら立ち直った人は別として)。
なんでこの大事な問題を放置し続けるのか?
今までそれが出来ないで来たのであれば、外部から専門家でもいれてやるべきなんじゃないのか?

本当になにもかもがオカシイ日本なのだが、このような異常な日本の政治は、根本的にカルトに汚染されてきた国が抱えている問題だと思う。

このままのカルト体質(独裁性)では、医療過誤被害者に対する裁判の不正も、医療過誤に限らず納得のいかないような裁判や判決も無くならないと思う。
  1. 2013/02/22(金) 00:16:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道大学病院 医療事務課 早坂勇二氏の違法行為(元事務部長であったが退任)

ここのところずっと強い痛みと痙攣が起きていたのですが、薬の調整をしてもらい少しは軽減したので続きを書きます。

前回に続き札幌医科大学附属病院のカルテから(裁判所に証拠物として提出済み)
記載者 歯科医師 五十嵐友彦氏

H21年9月30日
   本日 北大医事課(医療事務課)の早坂氏よりTelあり
   9/19に北大にあてたletterに対する返事としてのTelとのこと
   Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)より、早坂氏は連絡を受けた上でのTelとのことであった。
   内容としては
   最終通告(H21.6/1付)しましたとおりインプラント除去術と術後kr(患者)が訴える諸症状との関連はないため、対応はできないとのことであった。
   また、他院に対する紹介状についても、当科から北大に依頼する形では作製できないとのこと。
   早坂氏いわく、Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)は、もし他院で治療をすることになり、そのHp(病院)のDrが診療情報提供、etcを求めたのであれば応じることも可能であると言っていたとのことであった。
   それであればその旨を文章にして次回kr(患者、私のこと)の来院日である10/9までに郵送して頂けるよう依頼した。
   早坂氏は即答できないので、後日、Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)と相談した上で再度連絡するとのことであった。五十嵐(サイン)

カルテの転記はここまで。

上記カルテ内容は、違法行為満載である。
まず1つ目
   「本日 北大医事課(医療事務課)の早坂氏よりTelあり
   9/19に北大にあてたletterに対する返事としてのTelとのこと
   Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)より、早坂氏は連絡を受けた上でのTelとのことであった。」

この内容であるが、札幌医科大学附属病院の歯科 五十嵐友彦氏は、北大病院の歯科、馬渕亜希子(現在 札幌市大通ルル歯科口腔外科クリニック)と松沢祐介宛に手紙を出したのであるが、その返事を歯科医師でもない無資格の事務員 早坂勇二氏(当時は事務部長であったが退任)が代わりに答えることは当然出来ないのであるから、この行為は非常識どころか病院職員としても全く倫理観が欠如している。

このようなことは当然の事ながら医療過誤被害者患者以外の一般の患者には行わない行為だが、医療過誤隠しのためにあれこれと汚い根回しをしていた北海道大学は、国立の法人という与えられた権力ゆえに傲慢になりその立場をフルに利用しこのような悪事を行ったのである。


   「内容としては
   最終通告(H21.6/1付)しましたとおりインプラント除去術と術後kr(患者)が訴える諸症状との関連はないため、対応はできないとのことであった。」

この内容であるが、北大病院 医科では、現症状は歯科で行った手術が原因、まずは手術、治療はその後で(炎症、耳鳴り、変形、抗核抗体の高値等等について)という診断だ。
まず、被告病院の医科で手術が原因、と診断しているにも関わらず、歯科では関係ない、と。
しかも歯科では採血しかしていないのだ、レントゲンも撮らず詳しい検査もせずにそれで判断出来る歯科医師が北大にいると言うのか?
世界中でもそんな歯科医師はいないと思うが!
そして札幌医科大学附属病院でも同じ診断(手術が原因)。
恵佑会札幌病院 循環器は、心臓の症状は口腔外科の手術が原因、手術をすれば症状がなくなる可能性がある、早く手術をしてください、という診断だった。
その他複数の医療機関で、歯科医師では治療出来ない馬渕亜希子氏による違法な手術(頬の縫合)は確認されている。
刑事も、医療過誤を認めた。
にも関わらず、北海道大学は自分の立場を守るだけの為に患者の命を危険にさらしているのである。
まさに悪魔の所業だ。

さて次
   「また、他院に対する紹介状についても、当科から北大に依頼する形では作製できないとのこと。
   早坂氏いわく、Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)は、もし他院で治療をすることになり、そのHp(   病院)のDrが診療情報提供、etcを求めたのであれば応じることも可能であると言っていたとのことであった。」

この内容であるが、そもそも札幌医科大学附属病院 歯科 五十嵐友彦氏が書いた手紙の依頼内容というのは、「北大病院が他院に診療情報提供を書かないのであれば、当科(札幌医科大学附属病院 歯科)で他院宛に書くから、患者(私)に行った手術内容を含めた術前、術後の経過の診療情報提供を書いて下さい」(開示済み)という内容だ。
なので「他院に対する紹介状についても、当科から北大に依頼する形では作製できないとのこと。」←このような内容の依頼ではない。
簡単に言えば、北大病院から札幌医科大学附属病院宛に診療情報提供書を提出してください、というだけのことだ(他院宛に書いて札幌医科大学附属病院宛に送れ、という内容ではない)。
これは法律で定められている義務だから拒否は出来ないのだ。
にも関わらず、完全に質問の答えをはぐらかす内容なのだが、おまけに「早坂氏いわく、Dr(歯科医師)松沢(松沢祐介)は、もし他院で治療をすることになり、そのHp(病院)のDrが診療情報提供、etcを求めたのであれば応じることも可能であると言っていた」とあるが、診療情報提供書、etcを求めたのであれば応じることも可能って、可能不可能の選択の余地など当然なく医療機関は義務として書かなければならないのだ。

このように堂々と違法行為を行う病院を、大学病院だからといって目をつぶる行政に私は怒りを覚えるが、この事からもいかに日本が独裁的なのかがよくわかる

この結果は次回明らかになるので、後日記す。
  1. 2013/02/20(水) 17:56:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作られた奇跡の茶番劇

陸前高田で復元作業始まる「奇跡の一本松」帰郷 なんだそうだが、そもそもこの松は奇跡なのか?

確かにこの松は津波にさらわれずに残ったのかもしれないが、すでに腐っておりそのままにしておけば枯れてしまう状況だった。
それを、億のお金をかけ人の手をかけて何とか残したのだが、ここまでお金と手をかければ、この一本松じゃなくても他の腐りかけた松でも再生可能なんだからそもそも奇跡でもなんでもないだろう!と思う。

しかも、復興予算のお金が無い、という状況で億単位のお金をこんな木一本にかける無神経さとおかしな金銭感覚が信じられない!

こんなくだらないお金の使い方をされる為に消費税を上げられるのなら、誰も納得しないだろうよ。

生活に困っている貧乏人が、ポルシェを買うようなものだ!

しかも、900億円だったと思うが、寄付された義援金はどこに消えたか知らないが、こんなくだらないお金の使い方をするなら、もう二度と日本が被災しても、誰も無理してまで寄付しようと思わないだろうな。

以下、復興という名目のお金にタカる政府と官僚の記事

http://www.cyzo.com/i/2013/02/post_12555.html

安倍さんは、「昔のようなばら蒔きではない」と言ったが、人間そうそう変われるものではないね!
どこが「美しい国、日本」なのか、やっていることはヤクザみたいなもので、国民を騙して骨の髄までしゃぶり尽くすとことん汚い政治家軍団じゃないのか!

そして、今回の核実験を行った北朝鮮に対する対応も、安倍氏はまたも??な言動だ。
先に北朝鮮を日本側が攻撃したところで何の解決にもならない。
どうせ北朝鮮を放っておいても、日本やアメリカの国土に核を落とせる訳がない、それをやれば国際的にもアルカイダと同じ扱い(テロ国家扱い)になるだろう。
いくらなんでもそこまで北朝鮮もバカじゃないでしょ。

かといって今までの経緯をみても、対話で解決出来るような相手(国)ではないだろう。

とすれば、アメリカのオバマ大統領のように、北へ「断固した行動、核実験などの挑発行為は北朝鮮の孤立を深めるだけだと指摘、非核化に向けた国際義務を果たすこと。それが、関係改善に向けた唯一の道であることを強調」要求することが最善策なのだから、安倍さんは、余計な勇み足を出すのは止めて、倫理観の高い世界のリーダー、アメリカのオバマ大統領と心と足並みを揃えて行動して欲しいものだ(要するに安倍さんは余計なことをせず、オバマ大統領に従った方が日本国民としては安心、安倍さんは信用できないということだ)。

少なくても、「自衛隊を軍にして自衛権を強化」なんておバカ発言はもう止めて欲しいものだね。
そんなことは結局必要なかった、なんてことになるだろうと思うからだ。 続きを読む
  1. 2013/02/13(水) 14:31:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌医科大学附属病院の違法行為

札幌医科大学附属病院の違法行為

以下、札幌医科大学附属病院 歯科のカルテ(裁判所には証拠物として提出済み)

21.9.17 再(再診)
    (抜粋)
    今後 東京でのope(手術)を希望するため紹介状を書いて欲しいと依頼受けた。
    当科でopeをしていないため北大Dr(ドクター)に依頼するよう話したが、以前に、もう対応しないと言われ    たため、当科から北大に依頼して欲しいとのこと。
    北大へLetter出すこととした。
           10/9(何の日付けの記載か不明)
    処方                    68
    ロキソニン60mg 3T(3錠) 3×21days 五十嵐(サイン)

転記はここまで。

この内容のどこがおかしく違法行為なのかについて。

まず私は、北大病院歯科が手術記録を提出しなかったため(これも違法行為であるが)、札幌医科大学附属病院歯科 五十嵐友彦氏に、他医療機関宛に手紙(診療情報提供書)を出して欲しいと依頼したのだが、これを五十嵐友彦氏は拒否。

勿論、五十嵐友彦氏は手術記録は書けないのであるが、検査をし、現状態を手紙に書いて他医療機関に診療情報提供書は出せるのだ、いや、法律上から言っても出さなければならなかった。
しかし、五十嵐友彦氏は頑なにこれを拒否した為、仕方なく、五十嵐友彦氏から北大歯科主治医宛に手紙を出してもらい、札幌医科大学附属病院への診療情報提供、手術記録の提出を再度求めて貰った(これで2度目である。1度目は、北大歯科 松沢祐介氏から札幌医科大学附属病院歯科の佐々木敬則氏宛に診療情報提供を書くよう依頼しているが、手術記録の内容は無しだった。佐々木敬則氏は、こんなもん(松沢祐介氏が書いた診療情報提供書)あっても何の役にもたたない、とお怒りだったが)。

本来、手術記録を含めた他医療機関への診療情報提供は、医療法で定められた義務、法律であるのだから、診療情報提供の拒否は許されないのであるが、何故このように堂々と違法行為を行えてしまうのか?

それは政府、国ぐるみで医療を散々甘やかしてき、やりたい放題やらせてきた結果、医療機関は何をやっても守ってもらえると思っているからこのような違法行為も堂々とやれるのである。
ちなみに既に、この時点で札幌の厚生局、保健所には連絡済みであるが、違法行為に全く動かない。

まさに医療に関しての法律は、ただたて前上無いと民主主義っぽく見えないから一応あるだけで、実際、医療の違法行為を、厚生省も保健所も見てみぬふりで無視をするのだから実質上無いも同然だ(大学病院に対しては特にだ)。
まさしく医療の関係法規は「絵に書いた餅」なのだ。

このように、人の命よりも医療従事者の立場を守る独裁者ら(厚生省や保健所ら)が、皆さんの税金で生活しているんですよ、本当に恐ろしい国ですよね。
、、というか国民にとってこのような公務員など必要ない筈だ、ただの税金泥棒なのだから!!

今日はここまで。
短めですが、痛みの増悪と共に痙攣が続いているため、無理せず少しずつ書いていこうと思っていますので、これからもどうぞお付き合い下さいね。
  1. 2013/02/12(火) 18:29:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北見市いこの歯科及び、北大病院歯科診療センター、馬渕亜希子氏(現在札幌市大通ルル歯科口腔外科クリニックを開院)の医療過誤

北見市いこの歯科医院及び、北海道大学病院 歯科診療センター 馬渕亜希子氏(歯科医師、現在北大病院を退職、その後札幌市大通ルル歯科口腔外科クリニックを開院)による医療過誤で、耐え難い痛みと後遺症を負わされたのであるが、痛みが増強、頓服に加え就寝前に使う座薬を25mgから50mgにアップしてもらったが、左顎、頸、肩、腕の痛みが激しく、動かすとのたうち回る程の痛みに襲われるので左が動かせない状態に、、
札幌医科大学病院、及び恵佑会札幌病院で、痛みはどんどん酷くなっていくる事は聞いていたが、想像を絶する痛みだ。
左側使用不可で日常生活が益々困難になってしまったが、北大病院による治療の妨害で治療(手術)すら受けられない、、、
こんな犯罪が可能なのだから、いかに日本が権力者独裁国家なのか容易に分かるだろうが。

しっかし、国の税金で生活している人達は、誰のお陰で生活できれると思っているんだろうか、本当に怒りを覚える。
  1. 2013/02/08(金) 17:42:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりなー

前回も暴力問題について書いたが、桜宮高校の問題だけはどうも違和感があったので一切触れないでおいた。

何を不審に思ったかというと、、高校生活も残り1年だというのに何故そんなにバスケのキャプテンにこだわっていたのか疑問だった。
学校生活の全てが嫌だった訳ではないのであれば、クラブを辞めれば済んだだけの話ではないのか?と。
そもそも3年になれば、進学や就職の準備でもうクラブなどやっている場合じゃないだろう、そこが疑問だったので、これはクラブの顧問による暴力問題だけじゃなく別な悩みがあるのではないか?と疑いを持っていたところ、文春で桜宮高校の体罰問題を追った特集記事が出たようで、それをネットの記事で読んでやっと腑に落ちた。
以下URLを張り付けたので興味のある方はどうぞ。

http://www.cyzo.com/i/2013/02/post_12495_4.html


http://www.cyzo.com/i/2013/02/post_12495_5.html

この内容を見る限りでは、桜宮の高校生の自殺は顧問の暴力が原因ではなく、その子の親の誤った誘導に混乱して絶望的になり自殺した、という方が自然な解釈になるのではないだろうかと思う。

勿論、暴力はよくないが、マスコミと政治家(市長)を味方につけ、弱者を装い世論を巻き込んで全て学校と顧問の責任にしてしまおう、という方法もかなりの暴力なのではないのではないのか?と思う。

この子の親が癒される為には、自分自身も息子さんにしてしまったことを心から悔い改めることしか慰められないのではないか?と思うが、この両親にそれが理解出来るのだろうか、、疑問だが。

しかし大阪市長の橋下さん、なぜもっと丁寧に調査しなかったのか疑問だ。
これじゃあ不公平もいいところだろう。
本当にこの人に政治が任せられるのか??あまりにも軽はずみな言動が多すぎる!
そして、この子とその両親の問題は完全無視で、学校と顧問に全責任を負わせてしまうのか?
そうするのならば、市長という権力を利用したパワハラということになる。
この一件を、参議院選挙に向けた人気取りの為に利用したなんてことがなければいいのだが、、
  1. 2013/02/06(水) 12:16:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

権力と力と暴力

ここ最近、指導者による暴力が毎週のようにニュースに流れている。
そしてその暴力は、最近起きた事ではなく数年前からあったという内容が多い。

数年前からそのような暴力があって、なんの問題にもなっていなかったということは、権力者による暴力はこの日本では当たり前に容認されていた、ということになる。
そもそも暴力は犯罪行為なのであるが、そのような暴力行使が権力によって許されている環境で育った子供達が大人になったときに、権力があれば多少の暴力は許されているから問題にはならない、という野蛮な考えになってしまうのではないか?

そして暴力問題は、体罰ばかりではなく言葉の暴力、パワーハラスメントも含まれるだろう。

この日本では、うつで悩んでいらっしゃる方が多いようだが、パワハラを含めた暴力行為が、学校、職場とあらゆるところで日本人の心を蝕んでいるのではないかとさえ思える。

勿論、一番心が蝕まれているのは、権力を盾にし、パワハラを含めた暴力行為を行っている権力者だが。

そしてこれを放置してきた結果、暴力が横行しているということになるのであるが、医療機関でもこのようなドクハラ(ドクターハラスメント)やパワハラがある。

私は、この医療機関による暴力行為(北海道大学病院、大通ルル歯科口腔外科クリニック 馬渕亜希子、札医大病院等で)を患者という立場で身をもって体験したのであるが、医療界の不祥事やパワハラ、違法行為等はまだまだ簡単に握り潰される(そろそろまた続きを書き始めます)。

そして、政権が変わり政治にもまた同じようなことが(暴力)起きようとしているように思える。

それは、安部氏がやろうとしている自衛隊の強化、防衛軍とやらだ。
日本の野蛮な暴力行為は歴史が長い。
過去、日本は戦争に負けているが、先に日本が仕掛けた真珠湾攻撃や落下傘攻撃、それらの攻撃によって多くのアメリカ人が殺された。
そしてその後、広島に原爆が投下されるに至った。
この戦争で、日本は多くの外国人を殺しているが、多くの日本人兵や国民も亡くなり日本は崩壊した。
誰のせいだ?
先に挑発行為を行った日本のせいだ。
かなり前になるが、日本はアメリカに対して、この原爆で亡くなった犠牲者に謝罪と献花をしに来るべき、みたいなことがあったと思うが、常識的に普通に考えれば、その前に天皇と日本政府はアメリカに謝罪をするべきなのだ。
私はこの出来事に同じ日本人として、憤りと恥ずかしさを感じていた。
そうして日本は、いつも都合の悪い事実は無かったことにしようとし、被害ばかりを責め立てるのだが、事の発端は日本側にあったのだ。
勿論一般の国民にはなんの責任もない、全て当時の天皇と日本政府の責任であるのだが、このような野蛮な国民性が、現在の暴力やハラスメントの問題行為に繋がっている。

何を言いたいかというと、このような暴力的な解決方法からは何も生まれない、そればかりか全てマイナスになったということだ。

にも関わらず、日本は過去の失敗からはなにも学んでいないばかりか、また同じ過ちを繰り返そうとしている。
それは、政府がまた戦争を起こそうとしている訳ではないにしても、軍隊を作り、核開発でもやりそうな勢いすら感じるのだが、それらは結局、会話ではなく暴力で、力で対抗しようというものではないか。
その結果、前線に立たされている人達が犠牲になる。
実際、中国と日本間でもめた場合、現場の人間が怪我でもすればどう責任をとるつもりだ?安部さん!

そもそも事の発端は前都知事、現維新の代表である石原氏の言動だ。
あの中国を挑発するような言動から、中国にある日本人企業が攻撃され暴動が起きた。
その損害は莫大なものだろう。
石原氏は、そのような挑発的な言動をし争いを巻き起こして起きながら、また国政進出をし、政党の代表にイケシャーシャとおさまっていることに憤りを覚えるのであるが、とても知的な解決策とは言えないだろう。

今、問題になっている北朝鮮の核ミサイル攻撃問題と、自民党がやろうとしていることが、会話ではなく暴力的な方法という点で同じに見えてしまう。
北朝鮮は、核攻撃の脅しでアメリカや日本を含めた各諸国から支援を得られるか?
答えは簡単、余計に北朝鮮に対する経済制裁が強まるばかりで逆効果、北朝鮮がますます窮地に立たされるだけだ。

このことから見ても、政治家は、争い、力を問題の解決策に持ってくるべきか?
過去の失敗(敗戦)からみても、明確に答えはNO、対話だ。

全てのことをひっくるめて、自民党の安部氏や政治家がTVに映ると色んな怒りがこみ上げてくるのであるが、昨年末の衆議院選挙では、国民の半数以上は自民党を支持している訳ではない、その事を絶対に忘れないで欲しいものだ。

話は変わりますが、多くの人達が私の知らないところで私を支え応援してくださっていたことに感動しましたが、本当に心から感謝をしております。

皆さまからの支えに力を頂き、パワーに代えてこれからも発信していきますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。 続きを読む
  1. 2013/02/04(月) 19:24:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0