医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

恐ろしい体験 その2

昨日の続きですが、一応前回の内容を短くまとめて書いておきます。
ある詩人の話ですが、その詩人は中隔欠損で心臓が悪く、その影響で腎不全も患っていると私に説明。
そしてその詩人は以前、友人に誘われ教会に行ったことがあり(聞いてみると、残念ながらその教会はカルトとして世界的にも有名な教団の教会だった)キリスト教にはいいイメージを持っているとのことだったので、そこでクリスチャンである私は教会で行われた講演会の話が録音されたディスクを送ってあげる事にした(念のため書いておきますが、それは無許可のものではなく、以前教会から300円で購入して持っていたものです)。
その時にその詩人は体調を崩しておりあまり動けない様子だったので、ディスクと一緒に手作りの料理を送ってあげることにした。
そうしたところ、メールで「タッパ買わなきゃ」という意味不明のメールが送られてきた。

タッパくらいの買い物をいちいち他人に伝えること自体がまず変なのだが、その後もおかしな会話は続く。
前回の内容はざっとこんな感じ。

あまりにもタッパ、タッパとうるさい詩人についに私は根負けし、90円で売られているタッパを送ることを約束。
するとその詩人はメールで一言「楽しみ」と。
後で考えるとその詩人、最初から自分でタッパを買う気などさらさらなく、最初から私にタッパを贈らせるつもりで「タッパ、タッパ」と大騒ぎをし、私に要求していたのではないかと思わざるを得ない。

そして、たかが90円のタッパを北海道から東京に送らされるはめになった私にお礼を言うわけでもなく、「悪いからいいよ」と遠慮するわけでもなく、「じゃあ、悪いからせめても着払いで」という言葉も全くなしだ。
この時点で、私はその詩人にけっこうムカッとしていた。

そして、自分の詩を掲載している本をさりげなく紹介(全然有名な人でもなく、それで生計を立てられるほどの収入もない様子だった)。
一応、ブログに載せていたその詩人の詩を数か所読んでみた(勿論、無料のもの)。
その内容は主に、詩人がまだ乳幼児の時に家を出てしまい若くして亡くなった母のことや、これまたその詩人が20歳くらい(18歳だったかな、忘れました)の時だったかに亡くなった父のこと、そして自分の病気に関する詩が多かったが、それを読んだときに中隔欠損は嘘だな、と確信した。
そして、ブログには自分の病気は心筋症(だったか忘れたが、とにかく中隔欠損ではない病名が書かれていた)だ、と。
おまけに精神疾患も持っており(本人はうつ病と記していたが、別の精神疾患のような感じが、、、)長い間、薬も服用していた(現在は不明だが)、と。

肝心な詩の内容はというと、、、正直ゾッとするような内容だった。
父に関する詩の内容では、
まず自分は父のことが好きであると強調した上で、病床にあり余命いくばくもなく弱り切っていた父親に対しても平気でむごい仕打ちをする(とにかく冷たい。常に自分の気持ちを満たすことを優先し、周囲のことなど全く我関せずで究極の自己中心)。
そして、父親が亡くなってから35年以上(正確にはわからないのでだいたいですが)経ち詩人となった現在でも、親の恥ずかしい過去を詩と共に暴露し、今もなお父親を辱め続け(どこまでが本当の内容なのかは不明ですが)、子供の時に持ったであろう父親に対する恨みを延々と死んでもなお晴らし続けているその姿に正直、背筋が凍ってしまいそうな冷たい印象を持ちました。
正直、このような行動には愛情のひとかけらも見当たりません。が、本人は父親を愛している、と。
その辺に、この詩人の心の中の深い闇みたいなものを感じ、正直ゾッとした次第です。
それから、母親に対する詩にも別な怖さみたいなものを感じましたね。
なぜならば、それは母親に対する詩というよりは、恋い焦がれる女性に贈っている詩のように見えたからです。
なんだろうな、、、詩の内容にはところどころに異様なエロさが含まれていて、それが母親への詩だと思うととてつもなく気持ち悪い気分になるのです。
まだまだ他にも異常だと思えることろはあるのですが、、、詩に対する感想はこのくらいにしておいて

その辺りで私はどんでもない過ちに気づいてしまったのです。
それは詩人に送った講演会のディスクのことなのですが、私はそれを1枚送ってあげたのですが、よくよく見るとそのディスクは2枚セットになっており前半、後半の2枚に分かれていた。
が、私は1枚(半分)しか送っていなかったことに気が付いてしまったのです。
それで、仕方がないのでまた残り半分を送ることにしたのですが、、、

その時(10月)に、その詩人から「(送った料理を)完食しました~。とうもろこしが美味しかった」とだけ書いたメールが送られてきました。
その送ったとうもろこしというのはシーズン最後のとうもろこしだったので(北海道では生のとうもろこしは9月一杯くらいで販売終了になる)、そのメールが来た時にはもうスーパーにとうもろこしは売っていませんでした。
私はその詩人に催促されないよう念のため、もう北海道ではとうもろこしの収穫時期は終わったのでもう売っていないから、ということをしっかりと伝えました。
その後で、ディスクが2枚セットだったんだけど私の勘違いで1枚しか送っていなかったから残りのもう1枚送ることと、以前約束したタッパを一緒に送ること、そしてついでに(最後に)そのタッパに食べ物を入れてあげることを詩人に伝えました。

そうしたところ、詩人から返って来た返信メールには
「とうもろこしもお願いします」と。
私はわざわざ「とうもろこしはもう売っていない」と伝えたにもかかわらず、です。
そこでさらにむっとした私は
「とうもろこしの収穫時期はもう終ったので、生のとうもろこしは売っていないって伝えましたよね。生でない冷凍とうもろこしならばどこで買っても同じだから自分で買ってください。つまり、とうもろこしは送りません。」とメールで返しました。

こいつには無制限にいつまでもたかられまくられそうだと感じた私は、荷物を送る前に一つの条件をつけました。
その詩人が多分、絶対にしないだろうな、という条件です。
「それをしたらならば確認のメールをして下さい。それをしたならば、私は荷物を送りましょう。」と

それは何かというと、、、
聖書を買うこと、です。
その詩人、元々聖書は持っていたそうなのですが、自分の家が火事になったときに焼けて聖書も何もかも全て失ってしまったとのことだった(どこまでが真実なのかもはや不明だが)。
それで私は気の毒に思い、電子で聖書全巻(買ったものではなく自分で作成したものですが)を送っていましたが、電子だと目が疲れるから無理だのなんだのとごねた。
しかも、その時も愚痴だけでお礼の一言も全くなし。
その流れもあったので条件は「聖書購入」とした。

そもそも私は布教の意味でディスクを送ったり(おまけで料理もつけましたが)それをしたのですが、私が食べ物を送った後にその詩人は自分のブログに「私は皆さまの善意によって支えられています」と訳の分からないアピール。
まるで、自分の詩人活動はファンの皆さまによって支えられています。と人々が誤解するような書き方をその詩人はしたのです。

やられたと思いましたね、
そもそも私はその詩人のファンでもなんでもなく、むしろ不快になる詩だな、くらいにしか思っていたにもかかわらず、です(そして、さりげなくその感想は伝えていましたが)。
にもかかわらず、私の布教活動のためという意図が全て変えられて(隠されて)しまい、自分は援助してもらった、というところだけアピールされ、まんまと善意が利用されしまったのです。
そのことにも正直むっとしていましたので、敢えて、あなたが本当に聖書を買ったならば荷物を送りましょう、という条件を付けたのです。

その後の詩人の返信はというと、、、またもや訳の分からない内容の言葉が
「だって、タッパ」と一言、、、
もう本当に意味が分かりませんが取り敢えず、「だから、タッパはあなたが聖書を購入し、私がそれを確認できた後に贈ります。」
と。

本当もうお手上げでした。

あれから半年以上も経ちました。
私も一切連絡をしませんでしたが、タッパ詩人からも連絡は来ていません。

世の中、勿論人にたかろうとする人ばかりではありませんが、たかろうとして近づいて来る人がいることも確かです。

皆さんもどうかご注意ください。
まぁ、そんな心配は必要ないか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/18(火) 15:24:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<一番下に動画を追加しました。完全にプロパガンダ。沖縄で起きた少女暴行事件の犯人はアメリカ軍人ではなく沖縄の人だった。安倍晋三ら右翼による大日本帝国復活(アメリカからの独立計画)のために「アメリカ悪という嘘」に騙さている日本国民。それと、よる相変らず質問から逃げまくる菅義偉。民間だととっくにクビになっているレベル | ホーム | 信じられない出来事>>

コメント

タッパって何ですか?
  1. 2017/07/18(火) 20:36:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

タッパ

> タッパって何ですか?
プラスチックの密閉容器のことですよ。
私が送ろうとしていたものは、器のほうがガラス(小鉢型)で出来ていてプラスチック製のふたがついた密閉容器なのですが(90円)、説明が面倒なのでタッパと書きました。

  1. 2017/07/18(火) 21:34:42 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

1980年代後半に日本で「タッパーと呼べるのはタッパーウェアだけ」のメッセージを添えたテレビCMが流れていた。
これですね!
  1. 2017/08/09(水) 19:04:35 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

「恐ろい」ってなんですか?
  1. 2017/08/09(水) 19:05:59 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ご指摘ありがとうございました。

> 「恐ろい」ってなんですか?
「恐ろしい」の間違いですね~
気が付かなかった、、、、
教えてくれてありがとうございます。直しておきます。
  1. 2017/08/10(木) 17:18:59 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

それは知らなかった、、、

> 1980年代後半に日本で「タッパーと呼べるのはタッパーウェアだけ」のメッセージを添えたテレビCMが流れていた。
> これですね!
タッパ―と呼べるのはタッパーウェアだけなんですね、、、いや、知らなかったので密閉容器を全てタッパと言っていました。
今100均などでも、ガラスの小鉢にプラスチックの蓋が付いたものが売られていて、冷凍庫に入れるための容器としてもラップなしで使えるし、そのまま食器にも使えるのでわざわざ食器に移す必要もないのでけっこう便利なんですよね。
なので、そういうのものがあるよと教えたのですが、、、タッパーウェアではないので、それはタッパとは言わなかったのかもしれないですね。プラスチックの蓋つきガラス小鉢という言い方になるのかな、、、長い、、、
なにはともあれ一つ勉強になりました。ご指摘、ありがとうございました。
  1. 2017/08/10(木) 17:32:10 |
  2. URL |
  3. sheep37 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iryoukago.blog.fc2.com/tb.php/677-f4e6c459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)