医療過誤 医療の問題 医療機関は医療過誤を起こすと患者を殺す

sheep37のブログです

安倍晋三小学校事件 【記者会見】美並義人氏(財務省近畿財務局長、当時)の刑事告発 それから、自分の立場(相撲協会理事×評議委員〇)を利用して、恫喝するばあさん池坊保子は、クビにするべきだ

いよいよ冬到来。
気温が下がる度に、1枚1枚着衣が増えていくのだが、今でははなんとTシャツを含めて上半身で計7枚着こんでいる。
なので、もうもこもこだ。
そして、着るよりも脱ぐ方が大変。
これを量ってみると、その着衣の重さはなんと4キロ超えだった。

というか、、、体重45kgはあると思っていたのだが、着衣を脱いで体重に乗ってみて絶句。(着衣の重さの目測を誤った)
現在の体重は、45kgなどなく、とうとうIBMは16になってしまっていた。(たまたま最近記事になっていた、痩せすぎ芸人のカラテカの矢部氏と同じIBMだった)

服を着ていれば、少々ふっくらして見えるのだが、少しでも体を冷やしてしまうと、心臓の動きが悪いため(医療過誤の後遺症)、なかなか体温が上昇しない。
なので、着衣の数は減らせないのだ。
それから、いっぱいき込むと重いので、それもなかなか大変なのだが仕方がない。
、、、まぁ、春が来るまで、後3か月くらい我慢だなぁ
やれやれ

さて、加計の告訴に続き、再び森友問題

20171122 UPLAN【記者会見】美並義人氏(財務省近畿財務局長、当時)の刑事告発




森友事件に関しても、結局はやはり安倍晋三による総理という立場の私物化という以外に言葉はないが、
安倍晋三の男たちの悪だくみに協力した行政や、それから安倍を庇ってきたお仲間の自民党員、そして梯子を掛けた共謀罪が疑われる大阪の維新の会等(知事の松井)も、皆等しく罪の償いをするべきだと私は思う。

それから、権力欲と金銭欲にまみれた政治家らに権力を持たせ過ぎないないこと。
こういうことが大事だと思う。

前から書いているが、私は基本的には無政府主義なので、国(または地方)に関わる重要なことを決める時には、時間がかかってもいいから、国民全員が全て自分達で決めるべきだと思う。
例えば、都道府県の各地域で区切り、全員が公民館かどこかに集まり、全員が賛否を出し結論を出す。
勿論、時間がかかっても、国民全員が賛否を出す。
そして、地方で出た結果を集めて多数決で決めるべきだと思う。

だいたい、選挙に当選したからといって、一部の政治家が勝手に国の法律を変えるという事事態がおかしい。

こんなことをずっとして来たからこそ、政治家らが腐敗し、どんどん図々しくなっていき汚職問題が起きるのだ。

だから一刻も早く今の政治の在り方を変えないと、日本国民はどんどん国富を政治家に盗まれ、おまけにケツの毛まで抜かれて捨てられてしまう。(表現が汚くてすいませんが、この表現がぴったりなので)

それから、貴乃岩事件、これも相当嫌な気分になる事件だ。
これも、現在の政治のシステムと同じだな、と。
記事によると、すもう協会は、協会より先に鳥取県警に被害届を提出した貴乃花を非難しているが、
そもそも、傷口を縫うほどの切創があるのであれば、当然警察に行くでしょう。
警察じゃなきゃ、被害届も提出できないし、対応なんて出来ないのだから。
にもかかわらず、元議員だったらしい相撲教会の理事 池坊保子(こいつも相当やばい人間だと思う)とやらは
「すみやかに理事長に報告していれば、対処のしようがあったと思います」と。

この池坊とやらは、何の対処をしたかったんだろうね、と。
まぁ、相撲界のイメージを守るために、大ごとにはせず、相撲の世界の中だけで内々で処理をしてしまおう、告訴なんか絶対にさせないよ、ってことなんだろうけど
そもそもこういったことが、日本の悪しき習慣ではないか。

悪しき習慣とは、つまり上の立場の人間が、下の人間に対して絶対的な権限を持つ、そして全服従をさせて来たってこと。
それが、悪い事であろうと良いことであろうとね。
上司の言うことは絶対に服従、黒いものでも白と言わなければならない。
そして、上がどんなに悪いことをしようが、下の人間は目をつむらなければならない。
もし告発しようもんなら、職場を追われることになる(前川喜平氏など)。
良いことをしようと、天下り行政をバサバサ切った元経済産業省の官僚 古賀茂明氏も退職に追い込まれたので、良いことをすることすら公務員は許されない。
なんなら自分の出生のために、上がやらかした失敗や犯罪を一緒になって隠蔽しもする。(元理財局長の佐川。そして、この問題は、根本的には医療の問題と根は同じ)

こんなことをずっとやらかして来たから、若いお相撲さんが暴行によって死亡する、という事件が起こったのではなかったのか。

にもかかわらず、「(警察よりも先に)すみやかに相撲協会に報告・・・」と立場を使って恫喝し、内々で話をつけてしまおうとするような池坊保子は、評議員をクビにするべきだ。

それから、相撲の国技扱いはもう廃止にするべき。
そもそも、力が一番強い者、ってだけで神扱いする、こういうことを言っているから、横綱は”何をやっても許される”と本人が勘違いをする。
こういうおかしな団体は、国で保護する価値はなし。
プロレス並の扱いで十分だ。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/23(木) 18:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三に対する告発の賛同は、是非黒川あつひこ氏のツイッターで

こんなのを見つけました。

20171118 UPLAN 安倍晋三総理に真向勝負を挑んだ黒川敦彦が語る 「もり・かけ追及・総選挙総括・今



安倍晋三告発に対する賛同は、是非、黒川敦彦氏のツイッターでどうぞ。
  1. 2017/11/19(日) 16:22:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現在、中東で起きている最大の危機 テロリストを抱えるトルコとロシアが、中東で次々と戦争を始めようと企んでいる。

テレビでもやっていたが(私はいつものごとく動画で視聴)、現在中東でものすごいトラブルが起こっている。
ただ、メディアからの情報は、またもや肝心な部分がすっぽりと抜けていたが。
、、まぁいつもの事なのだが
それが故意なのか、気付かないのか、気付かないふりをしているのかは不明。

まずこの1週間の間で放送された内容は(まったく放送していない所も多いが)

まず、ドイツから流出した情報の”パラダイスペーパー”(一応、合法的な脱税の事)の件

テレビ等で放送されたのは、このリストの中にはエリザベス女王の名前も記載されていた、ということぐらい。
肝心な内容については、日本のテレビや新聞は一切報道しなかった。

ではこの報道で、一番問題な事は何だったのかと言うと、ジョージ・ソロスが欧州議会の270人以上の議員達や党派に金銭を支払っていた、ということだ。
ということは、欧州議会の議員ら、少なくとも3分の1以上がジョージ・ソロスに雇われていたということになる。
単刀直入に言えば、欧州議会が超富裕層であり、支配層であるジョージ・ソロスから雇われていた(乗っ取られていた)ということ。
日本のメディアは、この重大なニュースを全く国民には伝えなかった。

そしてお次はサウジアラビアのニュース。
テレビでは、「汚職の疑いのあるサウジアラビアの王子らや、ビジネスマンらがホテルに拘束された。その王子の内の1人は、側近とともにヘリコプター事故で死亡、王子も側近も全員が死亡した」、と。
そして”サウジアラビアには一体何人王子いるのか。豪華なホテルに拘束?”など、小学生が作る学級新聞のようなくだらない内容しか放送していなかった。
一切、重要な内容は伝えないのだ。

このサウジアラビアのニュースで一番重要なのは、”今月4日に、イラン(シーア派)が、サウジアラビアの国際空港にミサイルを撃った”ということだ。
一応サウジアラビアは、このシーア派(イラン)からのミサイルを迎撃できたようだが、サウジアラビアはイランのこの攻撃によって、
バーレーンにいるサウジの全国民に、バーレーンからの引き上げを勧告。
勿論、バーレーンの銀行から全てのお金を引き出して、だ。(ちなみに、バーレーンの前首相は既にサウジアラビアに逃げているので、バーレーンは現在無政府状態のようなもの)

しかし、バーレーンの銀行で資金を得ていたのはヒズボラ(国際社会では、ヒズボラをテロリスト認定している。ヒズボラは一応政治組織集団)なので、バーレーンの銀行が破綻すると、ヒズボラは資金が調達できなくなる。

そこでなぜイランは、サウジアラビアに攻撃をしかけたのか、ということなのだが、一応名目上は、サウジアラビアに居留しているシーア派(イラン人はほとんどイスラム教のシーア派。そして、ヒズボラは、イランの手先)のため、ということなのだが、
しかし実際は、アメリカ、イスラエル側にサウジアラビアがつく事に対するイランからの警告だと考えられる。

そして、フランスの大統領であるマクロンが、現在サウジアラビアを訪問。
それはなぜかというと、バーレーンというのはフランスの属国のような国だからだ。
バーレーンが干上がれば、フランスの商業と経済にダメージが出るからだろう。
フランスのマクロンのサウジ訪問で、どのような手打ちが成されるのかはまだ不明だが。

このように、イランの動きがこのところ活発になってきている。

これは前回の記事でも書いた内容だが、
イランは、イスラエルを攻撃するために、イスラエルへと続く地下トンネルをシリアで秘密裏に掘り進めていた。
そして、そのトンネル内には爆弾が運び込まれ、イスラエルへ侵入するためのテロリストも控えていた。
そのトンネルがl、イスラエルに侵入し、完成間近のところで、イスラエルに破壊され、イランの攻撃は頓挫した。

その次に起きたのが、イランによる(シーアはを使った)サウジアラビアへの攻撃というわけだ。

イランと同盟を結び、イランに兵器を売り、イランを支援していたのは勿論ロシアだ。(北朝鮮もだが)

ロシアはどうしてイスラエルを狙うのか、というと、これも以前に書いたのが、
今までヨーロッパはロシアからガスや石油などのエネルギーを購入してしたのだが、イスラエルで豊富なガスや、石油が見つかったことにより、ヨーロッパはイスラエルと、石油やガスのパイプラインを結ぶ計画を立てた。
これに激怒したのがロシアのプーチン。
ヨーロッパがロシアからエネルギーを買ってくれないと、ロシアの経済はたちまち破綻する。
そのために、ロシアはイスラエルを崩壊させて、そのパイプラインを奪いたいのだ。
まさに駄々っ子としか言いようがない。

まぁ、普通の感覚であれば、”ロシアは経済破綻の原因になっている軍事費を削ればいいじゃん。
そしてロシアを自給自足の国家にして、ある物で満足して生活することを考えれば?”
と思うのだが、プーチンは、いつまでも大統領でいることと、これに加え中東を支配し、次はヨーロッパを支配し、アメリカを破綻させたい、という野望がある。

そのプーチンの野望と、イランの利害が一致してしまっているからやっかいなのだ。
イランはすでに、イラクを支配しているようなもの。
そして、クルド人問題で、トルコもイランに追従してしまっている。(イラクで独立宣言をしたクルドは、トルコに居住するクルド人も、シリアに居住するクルド人も独立宣言をし出すのではないかと思われ、そのためにシリアに居住しているクルド人もトルコに居住しているクルド人も、それぞれの国から虐殺されている)

ロシアがイスラエルを破壊し、これを強奪した後は、次に狙われるのはエジプトの港だと言われている。
そしてすでにロシア軍は、はエジプトの国境に控えている。

この地上では、実に恐ろしいことが現在起きている。
  1. 2017/11/12(日) 17:12:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さん、注意して。666(イルミナティ組織 悪魔崇拝者)の協力者であるベンジャミン・フルフォードと朝堂院大覚がまた嘘情報を垂れ流し中。それから、イラン(バックにロシア)が戦争を起こすことに失敗!!

またベンジャミン・フルフォードが、「イスラエルは戦争を起こせなかった。」と偽嘘情報を流したようだ。
しかし事実はまったく真逆。

ついこの間、イランは戦争を起こそうとして、イスラエルに侵略しようとしたが失敗した。

これが事実だ。

イラン(後ろにはロシア)は、イスラエルを破壊しこれを強奪する目的をもって、イスラエルと国境を共にするシリアにイラン軍を配備し、駐留させていた。
そしてイスラエルにバレないように、隠れてこっそりシリア内からイスラエルまで通じる地下トンネルを掘り進め、そのトンネル内にテロ集団と多くの爆弾を配備し、イスラエルに戦争を仕掛ける準備を進めていたのだが、
しかし、そのトンネルの存在をすでにイスラエルは把握していた。

しかし、イスラエルの領土の外であるシリア内で、イランがトンネルを掘っている分にはイスラエルは手を出せない。
が、そのトンネルが少しでもイスラエルの領土内に入るならば、それはイスラエルへの侵略とみなすので、イスラエルは自国を守るため、すべての国に与えられている自衛の権利をイスラエルは行使しなければならなくなる。

ということで、イランがシリアからイスラエルに向けて掘ったトンネルが、イスラエル領土内に入った時点で、イスラエルはこれを侵略とみなし、イスラエル領土内に入ったトンネルの部分だけをイスラエルは破壊した。
まぁ、それは当然の権利でしょう。

ところがそのトンネル内には、イランがイスラエルに送り込む予定だったテロリストが20人いて、そしてそのトンネル内には多くの爆薬が配備されていたようで、イスラエルが自衛のためにトンネルを破壊した時(イスラエルの領土内に入った部分のみ)、同時にトンネル内に配備されていた爆弾も爆発、そしてそこに控えていたテロリスト20人も同時に死亡した。

そこで
「なぜイランはこうもしつこくイスラエルを強奪しようとするのか。」という疑問を持つ人のために、一応解説をしておく。

まず、イランのバックにいるのはロシア。
ロシアは今までも強引な手段で他国に侵略(クリミア)し、これを強奪してロシアの支配を強めてきた。
勿論、暴力(戦闘行為)でね。
現在ロシアが行っているシリアへの軍事介入もこれと結局は同じことで、その最終的な目的は(以前から書いていたが)、ロシア中東を乗っ取っり支配することだ。

アジアはというと、
安倍晋三は危険なまでにプーチンと仲がいいので、いざとなると簡単に日本はアメリカを裏切る可能性が高い、
次に韓国はというと、北朝鮮のバックにはロシアがいるので、アメリカの力が弱まった時には黙っていても韓国は北朝鮮の支配下に置かれることになる。
フィリピンはというと、現在のドゥテルテ大統領はロシアから武器を購入したりしているので、かなりロシアに寄っている。
ちなみに、安倍のために嘘を垂れ流すワイドショーでは、「今までアメリカの大統領が日本の首相を頼ったことは一度もなかった。しかし、トランプは安倍首相に相談して物事を決めているので、安倍首相は頼られている。安倍首相はすごい」とお笑いネタのような内容を放送していたが(テレビはバカすぎる)、
いやいやいや、これはただトランプ大統領は、その質問で安倍が何て返答するのか試しただけでしょう。
なのはともあれ、日本はいつでもアメリカを裏切れるので、そうなるとロシアによるアジア支配はより簡単になる。

しかし、中東のイスラエルはというと、安倍晋三のように簡単にアメリカを裏切り、ロシアに寝返えるなんていうことは絶対にしない国だ。
なので、イスラエルにどんなワイロを渡したとしても、何をしたとしてもロシアの悪には絶対に加担しないイスラエルを黙らせるためには、ロシアはこれを殺し、破壊するしか手段はないのだ(シリアやイランをそのために利用し)。
勿論、アメリカのトランプ大統領に対しても同じだ。

なので、そんな理由でイスラエルは攻撃されている。
まあ、アメリカもなのだが。

ロシアがイスラエルを破壊し、略奪が完成したら、中東支配は完了。
次はアメリカを破綻させて潰し、ロシアはバチカンや国連EUと組んで世界を支配を達成させるだろう。
ニューワールドオーダーのための世界統一政府、世界統一宗教を。

この世界は、いよいよイルミナティが企んでいる666(悪魔)が支配する世界となってしまう。

それから、体内に埋め込むタイプのマイクロチップのことも、これがどういうものなのか是非覚えておいて。

マイクロチップ(キラーチップ)には、青酸カリ(またはそれ以外の毒物か病原菌など)が粉入されている。



マイクロチップを入れてしまった頭の悪い愚かな関暁夫なんかには絶対に騙されてはいけません。
  1. 2017/11/10(金) 09:34:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランプ大統領が”リメンバー パールハーバー”と発言した意味と、トランプ大統領来日を利用して安倍晋三を美化し、安倍を偶像化する腐敗メディアの愚行

来日していたドナルド・トランプ大統領が韓国訪問を終え、無事中国に到着したようだ。

トランプ大統領が日本に滞在した3日間
連日放送していたワイドショー(YouTube動画で視聴)や新聞は、トランプ大統領の訪日を、安倍のために最大限に利用した。
安倍晋三を持ち上げるのためのフェイクニュースを捏造するために、毎日毎日トランプ大統領を利用してそれをメディアは垂れ流し続けた。

メディアは”トランプさんは大満足だった。”と報じるが
しかし実際の動画を観る限りではトランプ大統領は”心、ここにあらず”といった感じだった。
その理由は、、、後ろの方で書くことにする。

ちなみに、安倍晋三の忠実な飼い犬の一人であり、よくワイドショーの解説で呼ばれている記者の田崎史郎は(他の人も皆ですが)、もうまるで北朝鮮の高官そのものだった。
田崎は、安倍のことは「安倍首相」と言うが、トランプ大統領のことは「トランプさん」、そして中国と韓国に対しては「習近平、ムンジェイン」と呼び捨てに。
まるで格付けをしているようだ。
テレビであからさまなマウンティング行為を行う。
安倍のしもべらはこのように、テレビでそんな姿を隠しもせずに堂々と見せるようになった。

まぁ、テレビや新聞は、全て安倍と共謀しているので(安倍や自民党に厳しいことを言う論客は、安倍政権になってから全て業界から排除されているので、テレビに出演する人間は全て自民の犬しか出演しなくなった。つまり、日本も北朝鮮と同じ体制になったということ)、メディアの内容は全て安倍を美化したものとなっており、安倍を礼賛し、安倍を偶像化している。

しかし、安倍をいくら美化しようとても、トランプ大統領の表情や細かいしぐさや、自然とあふれ出て来る感情まで捏造(画像修正)することはできない。

まず、トランプ大統領が日本に到着した日の安倍らとのゴルフについて
ワイドショーでは、”このゴルフを行なったことにより、両首脳は腹を割って特別な話ができただろう、両者の関係はますます深まった”と説明。

しかし、実際のところは
日刊ゲンダイの記事
ミス連発、ほぼ会話なし…安倍首相のゴルフ外交は大失敗

そして、ゴルフの時の実際の映像はどうだったかというと
トランプ大統領は、安倍やもう一人のプロプレイヤーの打ち損じたボールをさっさと拾ってしまうなどして”早く終わらせてくれ”アピール(少なくとも私にはそう見えた)。
まぁ、どう見てもトランプ大統領は、ゴルフを喜んでいるようには見えなかった。
そしてゴルフをしていた時間も短時間のようだったし
仕方なく我慢して少しだけ安倍につき合ってやったという感じだったのだろう。

その時は、アメリカで悲惨な銃撃事件が起きた直後でもあった。
そんな時にでも、ゴルフを強行させるアベの無神経さには・・・だが

そして、翌日は天皇との会見があったが
トランプ大統領の翌日の表情も全く同じだった。
というか、正直言って天皇らとの会見などトランプ大統領にとってはどうでもいい、最も無くてもよかった予定だっただろう。
その会見時間も、安倍とのゴルフ時間よりもさらに短くわずか20分程度。
まぁそれ以上時間を長くされても、お互い会話もないのだろうから困るだろうけど。
その20分の会見の内容は、アメリカで起きた銃撃事件に関してのお悔みを伝られた以外は、よっぽど会話がなくて困ったのだろう
トランプ大統領は、はっきりいってどうでもいい皇居の設計の質問をしただけだったようだ。
その様子もテレビで流されたが、その動画を観る限りでは、またもやトランプ大統領はそうとうイライラしている様子だった。(それが動作に如実に表われていた)

しかし
これを大手新聞等は、事実に反して大盛に盛って報道。
まぁその理由は、天皇を偶像化し、国民に天皇崇拝をさせるためなんだろうけどね

まず大手新聞の見出しには大きく
”トランプ大統領、天皇陛下に「お会いできて光栄です」”と伝えた、と。

これ、アメリカ人や英語圏に住んでいる人たちと会話したことがある人なら誰でも分ると思うが、
英語圏に住んでいる人たちが使う「お会いできて光栄です。」という言葉は、「おはよう」という挨拶の言葉と同じくらい頻繁に使う言葉で、この言葉に特別な意味などは全くない。
まぁ、社交辞令のような言葉なのだから。

にもかかわらず、安倍の意向を汲んで天皇を偶像化し、国民を洗脳したいマスコミは、”アメリカの大統領は、天皇に会ったことを特別光栄に感じているのだ”、と国民に思わせるように大げさに報道。
もう本当マスゴミは悪質としか言いようがないが

来日する前にトランプ大統領はハワイでわざわざ、「リメンバー。パールハーバー」と発言している。
真珠湾攻撃の一番の戦争犯罪者であった天皇ヒロヒトの息子に対して、この発言から↑みても、トランプ大統領が天皇を礼賛するような言葉を天皇にかけるわけがない。

しかも、これらに加えてトランプ大統領の支持者は、キリスト教福音派のクリスチャンたちだ。
そのクリスチャンたちにとっても日本の天皇(神道、神社)は、キリスト教が忌み嫌っている偶像崇拝(悪魔崇拝者)という認識、
そしてトランプ大統領自身もクリスチャンなのだから、なおさら天皇を人としても特別扱いするはずもない。

長くなったし、疲れてきたので続きは次回
  1. 2017/11/08(水) 21:03:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

与党と野党の共謀!!  すべてが欺瞞だらけの茶番劇!!

第4次安倍政権が発足し、与党側は最初、国会の会期を今月の8日までとしたところ、野党側がこれに猛反発。
最終的に、会期は来月の9日までの39日間となり、野党側はどや顔で「会期を延長させた!!」といばって言っていたが、
これのどこに胸を張って言える内容があったのか。

現在安倍は、トランプと祭り気分でおおはしゃぎ中。
それが終われば今度は、APEC,ASEAN出席のために国外逃亡。
17日に安倍が帰国し、やっと所信表明。
野党の代表質問が開始される日はというと、これまたやっと20日から。
審議がやっと開始されそうな日は早くて27日だそうだ。
そうすると、審議は実質1週間程度。
しかも、安倍の^出席はないかもしれないという。

そして、今回確実に審議されるのは、公務員の給与アップの話くらいだそうだ。

野党よ、こんな内容で承諾しやがってまったく

ふざけんじゃねー







  1. 2017/11/06(月) 08:16:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党お得意の毒饅頭(支援金57億円)を、へらへら笑って受け取ってしまった愚かなトランプの娘、イヴァンカ。その愚かな行為は、アメリカ国民をさらに苦しめることになるだろう。

トランプ大統領の娘イヴァンカ氏の来日で連日メディアは大騒ぎをし、イヴァンカ氏を「美しい、交渉力が高い」などと褒めまくっている。
確かにイヴァンカ氏は美しいには美しい。
誰が見ても文句なく美しいと思うだろう。
が、交渉力が高いというのはどうなんだ?と思う。

確かにイヴァンカ氏は安倍晋三に57億円の支援を確約させた(安倍が自らイヴァンカに金を握らせたと思うが)ようだが、そのイヴァンカ氏に支払われるお金は、自民党の悪政により貧しくされた国民から搾り取った大事な税金だ。
アベノミクス(お友達とアベノミ クスくす笑うアベノミクス、と植草氏はうまいことを言っていたが)のせいで一部の富裕層は大笑いしているが、その他大勢の国民の所得は低下し、年収も200万円以下という人がほどんどになったらしい。
しかもこういった安倍のばら撒きにより、日本の社会保障制度までもが乏しくなった。

多くの人々が低所得ながらも苦しみながら支払った税金を、イヴァンカは57億円も笑顔でかっさらって行って嬉しいのか?
もし喜んで受け取ったのだとすればバカもいいところだ。
そのお金は、紛れもなく自民党お得意の毒饅頭になるからだ。

しかもイヴァンカが安倍晋三から受け取った毒饅頭(お金)によって、今後どんな無理難題をアメリカが日本から強要されるかわからない。

しかもアメリカの借金は膨大で、一時57億円をもらったとしても焼石に水ではないか。
何故アメリカ国民は貧困に陥っているのか、国が借金まみれになっているのかという根本的な問題が解決されない限り、永遠にアメリカとアメリカ国民は貧困から抜け出せないだろう。
そして、アメリカはお金を出してもらった国々の奴隷に成り下がるしかなくなるだろう。

結論
目の前のお金に何も考えずにすぐに手を出すイヴァンカはけっして賢いとも言えないし(むしろ愚かしい)、交渉力に長けていると、も思えない。
その饅頭の中に蛇が入っていないか、イヴァンカはよく確かめてみるべきだっただろう。
そして、相手に笑顔で饅頭を渡しながら、裏でそろばんを弾いている日本人独特の性質をよく研究してからイヴァンカは日本人と接するべきだったと思う。
しかし、もう手遅れだろう。

世界の崩壊をもう誰も止めることはできない。


  1. 2017/11/04(土) 16:52:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍晋三の再選で、日本だけではなく世界の民主主義は終焉を迎える。そしてイルミナティのアジェンダ21が強行される「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」

解散総選挙でごたごたした民進党。
その民進も今日新たな代表が決まったようだが、その新代表もまたなんだか野田佳彦臭がぷんぷんする。

そもそも民進の参院議員も小沢一郎の元愛人 小池百合子が作った希望の党に入党する予定だった人が多かったのだから、まぁ新たな代表もあんな人なんだろうなと。

この輩たちは、小池新党の支持率が高かったならば、そして小池党が野党第一党になっていたならば(もしくは与党)間違いなく希望の党に入党していただろう。
しかし、”排除さらさら”発言で小池の支持率が低下するやいなや、先に希望の党に移って希望の党の比例で当選をもらった元民進議員らと一緒になっていきなり態度を急変させた。
そして、排除した側の立憲民主に人気が集中したことにより、今度は立憲に日和った。
本当、卑しいったらありゃしない。

まぁ前原とその他数名(細野ら)は、希望の党が維新のように弱小政党になれば、ほとぼりが冷めた頃に恐らく自民党に入党するだろう、この度の件で安倍には十分貢献したんだから(笑)。

そして、安倍の次の総理は小泉進次郎だろう。
既にマスコミによる小泉進次郎の偶像化は始まっているが、言っておくが小泉進次郎は安倍よりも残虐な人間だ。
そしてこの冷徹無血の小泉進次郎によって、人類の選別が行われる。

まぁ何はともあれ安倍自民の日本支配により、日本の終りは始まった。

もうすぐ来日するトランプ大統領もすでに安倍に支配されているようだし、それがどういう結果をもたらすかは火を見るよりも明らか

日本だけではなく世界の民主主義が終焉を迎える。

  1. 2017/10/31(火) 20:39:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選挙期間中はおとなしくしていた金正恩。安倍が困る時期には絶対にミサイル実験は行わない。それから「憲法違反の選挙で選ばれた国会議員が改憲発議をしようとしている!!」~弁護士の升永英俊氏、久保利英明氏、伊藤真氏らが1票の格差は違憲だとし、衆院選の無効を求め289小選挙区一斉提訴!(動画)など

やっぱり
金正恩は、選挙期間中にミサイル実験を行うことはなかった。
もし、選挙期間中に北朝鮮がミサイル実験を行ったならば、北朝鮮のミサイルの脅威をあおっておきながら、安倍はこんな危ない時期に自己保身のためだけに解散をした、と日本中から非難を受け、自民党は壊滅状態になったただろう。
しかし安倍にどこまでも忠実な安倍友 金恩正は、安倍が困るようなことは一切行わない。
さすが悪魔教仲間だ。

さて
早速今回も、違憲となっている(衆議院)選挙の提訴が弁護士によって行われたようだ。

「憲法違反の選挙で選ばれた国会議員が改憲発議をしようとしている!!」~弁護士の升永英俊氏、久保利英明氏、伊藤真氏らが1票の格差は違憲だとし、衆院選の無効を求め289小選挙区一斉提訴!



小沢一郎の悪だくみによって始まった小選挙区制。
これに比例が加わることによって、一度落ちた議員らがゾンビのように復活してしまう。

もういいかげんにこの制度を変えていかないと、動画にもあるように、自民党支持者である少数の金持の意見だけで、延々と国の法律が決められてしまうことになる。
本当いいかげんにしてほしい。

それから余談ですが
野党共闘、オリーブの木構想などという甘い言葉で、自分の元愛人小池百合子を使ってリベラル潰しを企んだ小沢一郎は、
小池が失敗するやいなや、すっとぼけて全ての罪を小池百合子と前原誠司に負わせてまたもやさっさと逃亡。

岩手県民は、どうしてこんなゲスクズ人間を毎回当選させるのか、、、本当に理解に苦しむ。


そしてお次は
安倍晋三が行った詐欺の手口を民進の小西洋之議員が暴露



ザ・ぺージ
民進党の小西洋之参院議員が会見(2017年10月25日)

  1. 2017/10/25(水) 17:35:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またもや自民は他党の議席を強奪か  2017年1022日 不正選挙

立憲民主党が獲得した議席は54議席でしたが

2017年10月22日 衆議院不正選挙 

開票速報ライブが始まり、早い段階で立憲民主の獲得議席数はすでに57もありました。

安倍自民は、他党の票を途中で捨て去ってしまったのでしょうか。
今回も不正の臭いがプンプンです。
  1. 2017/10/24(火) 11:17:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ